床から音が……床がきしむ原因と対策

床がきしむ音は、音量自体は小さなものかもしれませんが、一度聞いてしまうとその後もずっと気になってしまうものです。家が古いから、木材だからといった理由だけでなく、新築でも起こりうるのはご存知ですか?床がきしむ原因は意外なことにあり、改善のための対策も可能です。

床がきしむ原因とは?

床がきしむのは古い家というイメージがありますが、その根本にはさまざまな原因があります。

・木材の伸縮や膨張
基本的に床のきしみとは、建築に使われている木材が擦れ合っている音です。木材が伸縮や膨張することによって擦れ合い、きしみが出ます。日本家屋の床には木材を使うのが一般的です。フローリング床に使われた木材は湿気を吸ったり、放出したりを繰り返し、それとともに伸縮しています。

新築の家では木材の質や施工の問題できしみが出ることもありますが、それ以外にも床材の継ぎ目やくぎなどで固定されている部分、床板を支える土台の木材など、さまざまな部分の接着不良やすきまが原因できしみ音が発生します。

・床組みの痛み、腐食
床板を支える土台である床組みがきしむ場合、伸縮、膨張が原因であることもありますが、痛みや腐食、強度が不十分なことなどが原因となっていることも考えられます。

床組みは床板を支えるための「根太(ねだ)」と呼ばれる横木や、その下の根太に対して縦に置かれる「大引き(おおびき)」、端を止める「床束(ゆかづか)」、「束石(つかいし)」などでできています。それらが傷んだり腐食したりすることで強度が衰え、きしむこともあります。

・シロアリの被害
シロアリは、家に棲みついて木材を食い荒らす害虫です。床の木材を食い荒らすことで隙間ができ、床がきしみ出すこともあります。特に水周りの床下を好んで棲みつくため、キッチンや洗面所などの床のきしみの原因となることがあります。

床のきしみを放置してしまうとどうなる?


フローリング材が湿気を吸収することによる伸縮や膨張が原因の場合には、放置しても自然に直る場合も多くあります。きしみ音がそこまで大きくない場合には、湿気が原因の可能性が高いと言えるでしょう。

しかし、床下の傷みやシロアリ被害が原因の場合には、そのまま放置してしまうと床が抜け落ちたり、修復が難しくなったりすることがあります。こうした原因の場合には、きしみ音が比較的大きくなることが多いものです。ただし、きしみの音の大小については判断しにくく原因も特定しにくいため、業者の方を呼ぶことが必要です。

床がきしんだときの対策とは?

床がきしんだときには、自力で直せる場合とそうではない場合があります。その後の安全のために無理をせずにできる範囲のことをして、難しい場合には専門の業者に依頼することが必要です。

・自力で直す場合
湿気が原因の場合、多くは市販の補修材で修繕可能です。また、床のきしむ場所に隠しクギを使うこともできます。隠しクギはクッション材が付いたクギで、フローリングと土台の隙間を無くすために使います。打ち込んでから頭部が取れるため、目立たずに対策することができます。

しかし、実際にきしみ音のする場所を見つけ、原因の特定をするのは難しいものです。修理も慣れない人が行うと、失敗のリスクがあります。また、シロアリ被害の場合は個人で対策をせず、速やかに専門業者に連絡をしたほうが良いでしょう。

・業者の人に依頼する場合
業者に頼る場合、まず新築の建物ではメーカーの保証が利用できるか確認しましょう。保証期間を確認して、期間内であれば保証を使って直してもらうことが可能です。保証が過ぎていた場合には専門業者に依頼することになります。費用は10~15万円ほどが目安となるでしょう。

今後、床がきしまないようにするためには

床がきしまないための日常的な予防は、自ら行う事ができます。床のきしみを防ぐための対策は、家を長持ちさせたり衛生的に保ったりするためにも役立つことばかりです。

まずは通気や換気を定期的に行い、除湿器や加湿器を使って部屋の湿度をできるだけ一定に維持すること。また、掃除では水拭きはあまりしないほうがきしみを予防できます。小さいことですが、水をこぼしたらすぐに拭くような対策も大切です。

また、厚手のカーペットや、椅子の下にはチェアマットを敷き、床は定期的にワックスがけをすることもきしみ予防となります。

床のきしむ音に悩まされた際には上記のことを参考にして、まずは原因を知ることが大切です。自宅の床がきしむ原因を突き止め、適切な対策を行います。原因が分からない、自力で改善する自信がない場合には、専門業者に依頼することが必要です。

ライフスタイルのおすすめ記事

  • 照明に工夫しておしゃれな家づくり

    照明に工夫しておしゃれな家づくり

    おしゃれな家づくりのコツは照明にあり? 自宅を新築したりリフォームする際には、おしゃれな家にしたいですね。それには、内外装のデザインにこだわる、家具や生活雑貨のテイストを揃えるなど、いくつかのコツがありますが、照明の使い…

  • とんがり屋根の異人館 風見鶏の大切な役割とは?

    とんがり屋根の異人館 風見鶏の大切な役割とは?

    神戸北野を代表する異人館 歴史ある異人館が建ち並び、多くの観光客が訪れる神戸市北野地区。その中でもひときわ有名で、この街を代表する建物が「風見鶏の館」の愛称で親しまれる旧トーマス邸です。なぜ、そう呼ばれているかは、その外…

  • あこがれの海外インテリアを上手に取り入れるには

    あこがれの海外インテリアを上手に取り入れるには

    海外インテリアを日本の住まいに取り入れるには 自宅の新築やリフォームをすることになったら、おしゃれでステキな住まいにしたいですね。そこで、気になるのが、ミッドセンチュリーや北欧スタイル、アーリーアメリカンなどのハイセンス…

  • 屋根の人気色 、色彩相談室!

    屋根の人気色 、色彩相談室!

    屋根の色にも流行がある? うららかで過ごしやすくなりました。梅雨に向かう前の春は四季の中でも屋根の塗替えに適した季節です。これから街中の緑も生い茂ってきますから、周辺環境と合わせて家のカラーリングを考えるのもいいかもしれ…

  • おしゃれな外壁の色選びって、どうすればいいの?

    おしゃれな外壁の色選びって、どうすればいいの?

    まずは「景観ガイドライン」の確認を 戸建住宅の外壁は建物の最も多くを占める部分なので、外壁の色によって家の外観イメージは大きく変わります。したがって、新しく家を建てるときや外壁の塗替えの際には色にこだわって、おしゃれな外…

  • 新築やリフォームの前に知っておきたい 広々としたリビングダイニングづくりのコツ

    新築やリフォームの前に知っておきたい 広々としたリビングダイニングづくりのコツ

    ワンルームのリビングダイニングが人気 近年は、戸建住宅でもリビングルームとダイニング、あるいはダイニングキッチンをつなげたワンルームのリビングダイニングやLDKが一般的になりました。ワンルームの大きな空間は、部屋を細かく…

  • 屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    おしゃれな家は屋根がポイント? 「おしゃれな家を建てたい!」と思ったら、何を参考にすればいいのでしょうか。まずは建築の歴史に残るおしゃれな住宅を見ることをおすすめします。とりわけ1920年代に成立したモダニズムと呼ばれる…

  • 知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    茅葺き屋根は日本だけじゃない? この5月に開催予定の伊勢志摩サミットで注目される伊勢神宮。その本殿の屋根は急な勾配がついた特徴的な形をしています。これは、板の上に草で葺かれた茅葺屋根であるためです。茅葺きの「茅」とは、ス…

  • フローリングにはどんな種類がある? 床材の種類と特徴

    フローリングにはどんな種類がある? 床材の種類と特徴

    住宅リフォームで人気のプランと言えば、やはりフローリングの張替えではないでしょうか。フローリングを新しいものに変更するだけで、室内の印象を大きく変えることができます。ここでは、フローリングの種類やその他の床材、特徴などに…

  • 残暑を乗り切るために 窓辺の遮熱対策はできていますか?

    残暑を乗り切るために 窓辺の遮熱対策はできていますか?

      暑い夏、住宅に求められる性能は 年々、夏の暑さが厳しくなり残暑の時期も長くなっています。室内にいても熱中症になることもあり、冷房の効率を良くして家の中を涼しく保つことが大切です。そこで、最近注目されているの…

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    残暑を乗り切るために 窓辺の遮熱対策はできていますか?

    残暑を乗り切るために 窓辺の遮熱対策はできていますか?

      暑い夏、住宅に求められる性能は 年々、夏の暑さが厳しくなり残暑の時期も長くなっています。室内にいても熱中症になることもあり、冷房の効率を良くして家の中を涼しく保つことが大切です。そこで、最近注目されているの…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ