リノベーションとは違う? スケルトンリフォームとは

みなさんは「スケルトンリフォーム」という言葉はご存知ですか?自由な間取りを選べて快適な住まいを作れる方法ですが、スケルトンリフォームにはリスクや注意点もあります。リノベーションとも似ていますが混同せずに正しい意味や効果、コストなどを理解しておくことが必要です。

スケルトンリフォームとは?

スケルトンリフォームとは、一度骨組みの状態に戻してからリフォームを行う、自由度の高いリフォームのことを指します(フルリフォームとも言われます)。リフォームの方法には、設備の入れ替えなど部分的に行うものもありますが、スケルトンリフォームでは既存の間取りにとらわれず、骨組み以外は全く新しい部屋や空間を作ることができます。メリットは新築するより費用を安く抑えつつも、内装を自分好みにできることが挙げられます。中古マンションなどでも内装や設備を一新させ、間取りを自分たちのライフスタイルに合わせやすくなります。

また、スケルトンリフォームの同義語で「リノベーション」という言葉があります。リノベーションは「住まいを作りかえて、物件の価値を向上させる」という意味を持った言葉です。リノベーションでも大幅な間取りや内装、設備の変更が行われますが、スケルトン状態にしなくてもできるケースも含まれます。

スケルトンリフォームを検討するべきシーンとは?

スケルトンリフォームは、部分的なリフォームと違い、全体が新築同様に仕上がりますが、大きな予算がかかるため、本当に必要であるか慎重に判断することが必要です。以下のような状況ではスケルトンリフォームの検討をするとよいでしょう。

・家族の構成に大きな変化があり、大々的なリフォームが必要な場合
家族構成や家族のライフスタイルに変化があった場合には、大幅な住まい構成の変更が必要になる場合があります。とはいえ新築したり引っ越ししたりすると住む場所も変わるため、通勤や通学の問題なども出てきます。このような場合にはスケルトンリフォームが最適です。

また、中古物件を購入して、自分たちの家族構成やライフスタイルに合わせてスケルトンリフォームを行うということもできます。物件の入手コストが安く、立地の良い中古物件は、間取りが合わない場合にはスケルトンリフォームを行って住みやすくすることで活用しやすくなります。

・築年数が古く、配管からの交換が必要な場合
築年数の古い住宅は、配管から交換が必要となる場合が大半です。部分的にリフォームを依頼しても、いざ工事をしてみたら配管工事も必要になったというケースもあります。築年数が15~20年を過ぎている住宅の場合には、配管の交換のタイミングに合わせてスケルトンリフォームを検討したほうがトータルでコストダウンできる可能性があります。

・設備入れ替えや部分リフォームを何度も繰り返してしまう場合
こまごまとした部分的なリフォームは、そのたびにお金がかかるうえ、2度手間、3度手間になることで工費がかさみやすくなります。スケルトンリフォームであれば費用もまとまった金額となり、部分リフォームを繰り返すよりもトータルでコストダウンできることがあります。

スケルトンリフォームの費用と工期とは?

スケルトンリフォームの費用の目安は10~15万円/㎡と考えておきましょう。水回りなどの設備には広さに関係なくコストがかかるため、狭い住居の場合には1㎡あたりの単価は割高になります。また、設備のグレードや材質にこだわるとコストはアップします。配管の移動のない、部屋の間取りの変更だけのリフォームならコストダウンできる可能性は高くなるでしょう。ただし住宅は見えない基礎部分も大切なので、コストを削る部分の検討には注意が必要です。

工期は100㎡以内なら着工後1カ月半程度の完工が一般的です。ただしその前には打ち合わせや契約などにかかる時間もあります。想定以上に打ち合わせが長引くこともあります。また、工事期間も特注工事が多くなると、その分長くかかります。入居するタイミングに希望がある場合には、余裕をもった予定管理が必要です。

スケルトンリフォームの注意点とは?

スケルトンリフォームは、自由度が高いものの、構造や管理規約、権利上での制約によって全て自由にできないこともあります。マンションの場合には、窓のサッシや玄関のドアはリフォームできず、配管の位置も変えられないなどの制約があります。構造上では可能でも、管理規約で制限されている場合もありますので、事前に確認が必要です。

また、将来物件を売る際には、個性的すぎる間取りは買い手がつきづらい可能性が高くなります。次の買い手もリフォームを考えている場合には現在の物件状況は関係なく、リフォームによってまわりの物件よりも価値が高くなることもありません。

スケルトンリフォームは使い方によっては今ある住まいを新築同様の状態にして、より快適な環境を作ることができます。ただし、スケルトンリフォームはメリットばかりではないため、注意点についても確認が必要です。自分も含めた家族の状況がスケルトンリフォームに適していることが分かったら、事前にしっかりと計画したうえで、あなた好みの住居を作りましょう。

リフォームのおすすめ記事

  • 防音対策でリフォームを行うときのポイント

    防音対策でリフォームを行うときのポイント

    家で楽器の練習をしたり、ペットの鳴き声が近所に漏れないようにしたりと、防音対策をすることはご近所トラブルを防ぐ意味でとても重要です。しかし、防音対策としてリフォームを行うにあたっては、費用の問題をはじめさまざまな注意点が…

  • 空き家をリフォーム、リノベーションして居住するメリット

    空き家をリフォーム、リノベーションして居住するメリット

    近年、全国的に増え続けている空き家。総務省が発表した平成25年度住宅・土地統計調査のデータでも、空き家率は過去最高の13.5%となっています(※1) 。なぜ、いま空き家が増えてきているのでしょうか。ここでは、空き家が増え…

  • 戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    浴室の施工法の違いとは? 自宅の浴室をリフォームすることになったら、快適でくつろげる場所にしたいものですね。ところで、浴室づくりといえば、ユニットバスが主流ですが、在来工法という選択肢もあるのをご存知ですか? 既成のパー…

  • 浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室は快適で安全であってほしい場所 日本人にとって浴室は単に体を洗うだけの場所ではありません。一日の疲れを取り、ゆったり体と心を癒すスペースでもあります。ただ、浴室は住宅の中でも事故が起きやすい場所ともいわれています。浴…

  • リフォームが必要?知っておきたい屋根・外壁のお手入れ

    リフォームが必要?知っておきたい屋根・外壁のお手入れ

    家の状態を長く良好に保つためにできること 新築から数年経ったわが家の屋根や外壁が汚れてきたら、どうすればいいのでしょう。外にさらされている部分だから、多少の汚れは仕方ないでしょうか。 いいえ、その汚れは屋根や外壁リフォー…

  • 和室から洋室にリフォームする際の流れと費用

    和室から洋室にリフォームする際の流れと費用

    和室から洋室にリフォームしたいと考える方は少なくありません。イスに座って食事をとれるようにしたい、ソファを置いて家族でくつろぐスペースにしたい、という方もいるかもしれません。ここでは和室から洋室にリフォームする際の流れや…

  • どんなメリットがある? 減築リフォームを行うメリットとデメリット

    どんなメリットがある? 減築リフォームを行うメリットとデメリット

    リフォームといえば、部屋を増やしたり収納箇所を増やしたりと、新しくスペースを作るものをイメージする人が多いのではないでしょうか。しかし、近年では減築というリフォーム方法に注目が集まっています。そこで今回は、減築リフォーム…

  • リノベーションの予算はどう考えればいい?

    リノベーションの予算はどう考えればいい?

    リノベーションは大きな買い物 既存の住宅の内外装や設備を一新し、新築同様かそれ以上の状態に改修するリノベーション。新築よりも割安な費用で済むこともあり、近年注目されています。「古くなってきたわが家を住みやすく手直ししたい…

  • 地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    中古物件で思い通りの家づくり? ここ数年間、戸建住宅の建設費用ならびに新築住宅の価格も高止まりの傾向が続き、新築着工件数も低水準で推移しています。ただ、細部までこだわって思い通りの家を新築したい、ピカピカの新築住宅に住み…

その他のおすすめ記事

  • リフォーム

    在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    こだわりの浴室づくりなら、在来工法? 住まいの中でも浴室は、日々の疲れをいやし明日に向けてリフレッシュするための大切な場所。家を建てたり、リフォームしたりするなら「ホテルや旅館のようなお風呂にしたい!」と思う人も少なくな…

  • リフォーム

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家は永遠じゃない? 家を購入したり、建てたりしたなら、いつまでも快適に暮らしたいものですね。とはいえ、新築から10年以上経てば、何かしらメンテナンスや修繕が必要になってきます。 また、エアコンや給湯器などの住宅設備の多く…

  • 屋根材

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    現代にも通じる洋館のスタイル 「家を建てるなら、おしゃれな洋館のような建物にしたい」そう思う人は少なくないでしょう。日本に洋風建築が入って来た明治以降から昭和初期にかけ、日本で暮らす外国人や裕福な日本人の住宅として、美し…

  • 屋根材

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    外壁サイディングってなに? 家を建てたり、外装のリフォームをすることになったら、屋根や外壁にどのような材料を使うかが大きなポイントになります。材料によって建物全体の外観イメージが大きく変わりますし、その後の維持メンテナン…

  • リフォーム

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    住まいの断熱って、どんなもの? 木枯らしが吹く季節になってくると、家の中で暖かく過ごしたいと思う一方、暖房コストも気になりますよね。「家の中がなんだか寒い。暖房が効きにくい。」、そんなふうに感じることがあれば、実は住まい…

  • メンテナンス

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    家を守る大切な外壁や屋根の工事だから 外壁や屋根の修繕・リフォームが必要になったら、外装業者に工事を依頼することになります。外装は住宅全体を雨風から守る重要な部分ですから、きっちりとした施工が欠かせません。とはいえ、屋根…

  • 屋根

    切妻屋根のファサードがシンボル 生まれ変わったもう1つの公会堂

    切妻屋根のファサードがシンボル 生まれ変わったもう1つの公会堂

    大阪のもう1つの公会堂? 大阪市の公会堂といえば、有名なのが、市の中心部・中之島公園に位置する中央公会堂です。「中之島公会堂」とも呼ばれ親しまれている大阪市中央公会堂は築100年を迎える、赤レンガの壁とアーチ状の銅屋根の…

  • ライフスタイル

    スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    外観イメージを決めるものとは 住宅の外観イメージは住まいの「顔」ともいえる大切なもの。家を新築したり、外装のリフォームをすることになったら、景観にほどよくマッチし、住む人はもちろん訪れる人にも好印象を与える外観にしたいで…

  • 屋根

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    外観イメージを左右する屋根の色 屋根の塗替えリフォームをすることになったら、どのように色を選べばいいのでしょう? 屋根は外壁とともに、住宅の外観イメージを構成する主要な部分。屋根の色選びによって、家の見た目は大きく変わり…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ