外壁にコケが生えてしまう原因は? コケが生えてしまったときの対処法

コケは観賞用に育てる分には良いものですが、マイホームの外壁に意図せずに生えてしまったものは非常に迷惑です。コケは見た目が悪いだけでなく、実は家や人にも悪影響を与える恐れがあります。コケに気づいたら、早めに正しく対処しておくことが必要です。

外壁にコケが生えてしまう原因とは?

コケはいたるところで発生する可能性がありますが、場所と条件によって生えやすさは異なります。まずは、原因を理解して、自宅の外壁に当てはまるかどうか確認しておきましょう。

・自然が多い
コケはどちらかといえば都心よりも、山や川など自然の多い地域で発生しやすくなります。コケは胞子によって繁殖しますので、胞子が飛ばない場所では発生しません。もともと大量に自生しているような場所では、コケが発生しやすいと言えるでしょう。

・でこぼこが多い外壁である
コンクリート壁やモルタル壁などの凹凸のある壁は、胞子や養分がへこみにたまることから、コケが生える可能性が高くなります。反対に、外壁面がフラットな金属系のサイディングボードは、胞子や養分が溜まりにくくコケが生えにくくなります。

・風通しが良くない
コケは湿気を好み、乾燥している環境を嫌います。風通しの良くない場所は、じめじめとして湿気が多く、繁殖しやすくなります。

・直接日光は当たらないが明るい場所がある
コケも光合成を行いますが、普通の植物のようにそれほど多くの日光を必要とはしていません。わずかな光と湿気でも光合成ができます。

・湿度が高い
コケは湿度の高い場所を好み、外壁においても室内外の温度差によって結露したり、雨水が溜まっていたりすると発生しやすくなります。季節としては、乾燥して湿度が低い冬に動きが鈍くなり、それ以外の季節で胞子をまき、成長します。

外壁に生えたコケを放っておくとどうなるの?

外壁についたコケは、古臭く汚れて見えるだけでなく、実質的な被害の原因にもなりかねません。コケは建物の腐食が進む原因になったり、人に対するアレルギー発症の原因になることもあるので注意が必要です。

コケが外壁につくと、その部分が劣化して変色の原因になったり、湿気を含みやすくなったりします。湿気を含んだことで外壁の劣化や腐食が進むこともあります。

また、コケはカビの原因にもなり、カビによって居住者にアレルギーが出る可能性もあります。コケの種類によっては毒性を持つコケもあるため、注意が必要です。

外壁にのコケが生えてしまったときの対処法

外壁にコケが生えてしまった際には以下の方法でコケの除去が可能です。リスクの少ない方法を選んで適切に対処しましょう。

・自力でコケを落とす
自力でコケを落とす場合、専用スプレーや、ブラシ、バケツ、中性洗剤などを使います。これらはホームセンターなどで用意する事ができます。洗剤などが皮膚や目に飛ばないように、レインコートや手袋、ゴーグルなどを使って掃除をする事をおすすめいたします。

洗いたい壁全体に水をかけて、大きなゴミや泥の汚れを落としたら、バケツに水で薄めた洗剤を入れて、ブラシに付けながらこすっていきます。こすり終わったら金属などの腐食を防ぐために、十分に水洗いしておくことが必要です。また、ブラシでこするときはあまり強い力で行うと、塗装や外壁材を傷つける恐れがあるので注意してください。

高圧洗浄機は、強い水圧を使って汚れを落とせるアイテムで、コケにも効果的です。しかし、水や汚れが高圧によって飛び散ったり、洗浄中はモーター音が響くため、周囲への気遣いや汚れ対策が必要となります。また、高い水圧によって壁やコーキングを傷める恐れもあるため、水圧の調整が必要です。

・業者に依頼してコケを落としてもらう
高い位置のコケや、コケがなかなか落ちにくい場合には業者に依頼することも考えましょう。高所の作業には危険が伴いますし、落ちにくいコケを落とそうとして壁を傷つける恐れもあります。繰り返しコケが生えてしまうような場合は、内部にコケが入り込んでいる可能性があります。個人では上手にコケを取りきれないため、専門業者による対策が必要となるでしょう。

コケが生えにくい壁にするためには?

外壁にコケが生えないようにするには、専用の薬剤を塗布したり、外壁の風通しを良くしたりといった対策が必要です。外壁の塗装にもコケが生えにくいものがあります。コケの生えやすい場所では壁際にものを置いたり植物を植えたりせず、風通しを良くし、乾燥しやすくすることが大切です。また、こまめに外壁洗浄を行う、もしくは業者に外壁洗浄を依頼するなど、定期的に手入れをしてコケの生えにくい環境を作りましょう。

新築やリフォームを考えている場合には、外壁をシンプルでツルツルとしたデザインに替えることも検討してみると良いかも知れません。コケもつきにくく、掃除もしやすくなります。

コケが生えたからといって焦る必要はありません。冷静に自分で対処できるかどうか判断して、無理をせずにより良い方法を選びましょう。セルフケアができる場合には、外壁を傷つけないように注意し、落としきれない場合には専門業者に依頼します。原因を把握してコケの生えにくい環境を作っていくことも大切です。

メンテナンスのおすすめ記事

  • こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

  • 結露してしまう原因は? 結露を防止するための対策

    結露してしまう原因は? 結露を防止するための対策

    冬場多くの家庭を悩ませている結露。放置するとカビやダニを発生させ家にダメージを与えることにもなるので、しっかりと対策を取ることが大切です。結露の原因を知って、効果的に対処できるよう気を配っていきましょう。 結露の原因とは…

  • 玄関ドアの塗装は必要? 玄関ドアの塗装を考えるべきタイミング

    玄関ドアの塗装は必要? 玄関ドアの塗装を考えるべきタイミング

    その家の顔ともいうべき玄関ドア。しかし、そのドアの塗装が剥げていたり色褪せていたりすると、これだけで家全体の印象が悪くなりかねません。そのため、玄関ドアの塗装や補修が必要になるわけですが、塗装のタイミングや、塗装ではなく…

  • 現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    雨漏りや湿気が家の大敵なのは、どうして? 梅雨の時期は、どうしても湿度が高くなります。 また、雨漏りも気になるもの。現代の住宅では、湿気や雨漏りは建物に大きなダメージを与える可能性がある大敵です。 その理由は、断熱と気密…

  • スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレートって、どんな屋根材? 住宅用の屋根材として広く普及しているものに人工スレートがあります。人工スレートとは、セメントと各種の繊維を混ぜ、薄く平たい板状に成型し、表面を塗装で仕上げたものです。スレートには、天然石でで…

  • 在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    住宅工法の種類を知ろう 家を建てることになったら、いろいろと知っておきたいことがあります。その中でも基本となるのが住宅の工法です。工法とは建物の骨組み(躯体)をつくる方法のこと。在来工法とツーバイフォーがよく知られていま…

  • 手入れは大変? 勾配天井がある家のメリットとデメリット

    手入れは大変? 勾配天井がある家のメリットとデメリット

    古民家風のカフェなどに入ると、勾配天井になっていることがあります。こうした天井はなんとなく趣もあって、素敵だなと感じている方も多いのではないでしょうか。もしかすると、自宅の新築やリフォームで勾配天井を採用してみようと考え…

  • 油断は禁物! ゲリラ豪雨で雨漏りしてしまう前にやっておくべきメンテナンス

    油断は禁物! ゲリラ豪雨で雨漏りしてしまう前にやっておくべきメンテナンス

    近年、「ゲリラ豪雨」と呼ばれる局地的な集中豪雨が多くなりました。ゲリラ豪雨は、予期しないときに突然、せまい範囲に集中的に降る激しい雨のことで、住宅などに大きな被害をもたらすこともあります。 ゲリラ豪雨だけでなく、日本は梅…

  • 屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    遮熱って、なに? 断熱との違いは? 今夏は記録的な猛暑となり、外出を控えたいほど暑い日が多くなっています。熱中症を防ぐためにも屋内を涼しく保つことが大切ですが、冷房のための電気料金も気になるところです。暑い夏だからこそ、…

  • 葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    どんなに小まめに掃除をしている家でも、年月が経過すれば劣化してしまうもの。特に、雨や風、雪や紫外線などから私たちの暮らしを守ってくれている“屋根”は大きなダメージを負うことになります。 ちょっとした色あせ程度であれば塗装…

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    雨どいが大切な理由 戸建住宅の屋根や外壁は住まいを雨風から守る大切な部分です。それとともに、雨水から家を守るために大きな役割をしているのが雨どいです。雨どいには屋根の付属品のようなイメージがあるかもしれませんが、十分に機…

  • メンテナンス

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    家を守る大切な外壁や屋根の工事だから 外壁や屋根の修繕・リフォームが必要になったら、外装業者に工事を依頼することになります。外装は住宅全体を雨風から守る重要な部分ですから、きっちりとした施工が欠かせません。とはいえ、屋根…

  • 耐震

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

  • 屋根材

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    金属瓦は現代の屋根材? 日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。 ガルバリウム鋼…

  • 屋根材

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根の雨漏りの意外な原因 雨の多い季節になりました。木造住宅の大敵、雨漏りをしっかり防いでいきたいものです。 雨漏りの原因といえば、屋根の瓦やスレートの破損、ズレ、または窓のサッシまわりのシーリングの劣化などが考…

  • 耐震

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • メンテナンス

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    どんなに小まめに掃除をしている家でも、年月が経過すれば劣化してしまうもの。特に、雨や風、雪や紫外線などから私たちの暮らしを守ってくれている“屋根”は大きなダメージを負うことになります。 ちょっとした色あせ程度であれば塗装…

  • 屋根材

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の優れた屋根材とは この4月から電力の全面自由化がスタートします。自由化によって事業者間で競争になれば、電気料金は安くなると思いがちですが、そうとは限りません。発電用の燃料費の変動が電気料金に大きく影響するよう…

  • メンテナンス

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    持ち家の価値を維持するために 建築の専門家が住宅の状態を検査するサービス「ホームインスペクション(住宅診断)」が広がりつつあります。中古住宅市場の活性化を目指し、国交省もホームインスペクションを普及させる方針です。これか…

  • ライフスタイル

    ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    外装材選びのポイントは? 建物の屋根と外壁はあわせて外装と呼ばれます。屋根の葺き替えや外壁の張り替えなど、外装の大規模なリフォームが必要になったら、また家を建てることになったら、どのような外装材を選べばいいのでしょう? …

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ