どう選べばいい? 部屋に付ける照明器具の選び方

部屋につける照明器具は、その選択によっていろいろな演出ができる大切なもの。部屋の快適性を高めるとともに、見て楽しむインテリアとして活躍するものもあります。照明器具の種類とシェード、そしてライトの明るさや色の選び方について説明いたします。

部屋に設置できる照明器具の種類

照明器具にはいろいろなタイプのものがあり、それぞれに特徴が違います。照明器具のそれぞれの役割や機能を知ることで自宅の照明器具の選び方に生かしましょう。

・シーリングライト
引掛シーリングと言う器具に取り付けられており、天井にピッタリと沿うようにして設置する照明器具です。視界を邪魔しないため、スッキリとした印象になります。

・卓上ライト
デスクやテーブルに置いて、ベッドサイドや手元を照らしたりインテリアにしたりして楽しめるライトです。持ち運びができ、手軽に取り入れられます。

・フロアスタンド
床に置くタイプのスタンドライトで、読書をする際やインテリアとしても雰囲気を楽しめるライトです。

・ブラケット
壁面に取り付けるタイプの照明です。補助照明として明るさやお部屋の華やかさを演出します。

・ペンダント
コードや付属の鎖などでぶら下げるタイプのライトです。天井から下がった位置にあるため、視界に入りやすく、インテリアとしての効果も期待できます。高さを変えることで明るくしたい範囲や場所を調整することもできます。

・シャンデリア
複数の灯具(電球)を持つ華やかな印象の照明です。吊り下げタイプでペンダントライト同様に視界に入りやすく、インテリアとしての役割が大きくなります。

・スポットライト
ピンポイントに照らす、補助照明、間接照明です。照明を当てた先にアートなどを飾り、アクセントにすることもできます。

・ダウンライト
天井にあらかじめ埋め込まれた器具にライトを設置して照らします。主に下方向への明かりとなります。

昼光色、昼白色、電球色の違いは?

電球や蛍光灯、シーリングライトの光には、いくつかの種類があります。それぞれに特徴があり、種類によって目的や役割も違います。

・昼光色
どちらかというと青みがかった光です。すっきりとしたクリアな視界で、子どもの勉強や作業に適しています。

・昼白色
昼光色と電球色の間くらいの、視認性に優れた白っぽい光です。こちらも勉強や作業に適しています。

・電球色
温かみのあるオレンジかかった光です。昼光色や昼白色では明るすぎると感じる場合やくつろぐことを重視する場所に適しています。

部屋別、おすすめの照明器具と電球の色

部屋ごとに相性の良い照明器具と電球の種類を紹介します。部屋の持つ役割や目的に合わせて選び方を考えることが必要です。

・リビングに設置する照明器具と電球の選び方
リビングは人が集まり、楽しく過ごしたりリラックスしてくつろいだりする場所です。家族がそれぞれ快適に過ごせるよう、複数の明かりを設置して、それぞれに用途の違った使い方ができるようにしておくと良いでしょう。

主照明には、シーリングライトやちょっとゴージャスなシャンデリアを配し、補助照明としてブラケットやフロアスタンドなどを設置すると便利です。

電球はそれぞれの場所や目的に応じて選ぶ他、光の色や明るさを切り替えられる電球を用いることで、その場でさまざまな用途をこなせます。また、キッチンやダイニングとスペースが続いている場合には、それらの照明器具や光の色と統一感を持たせる照明選びも必要です。

・キッチンに設置する照明器具と電球の選び方
キッチン照明としては、ペンダントライトを主照明として、備え付けのキッチンライトで手元を照らすと便利でデザイン性も高くなります。オープンキッチンでもおしゃれに見せることができます。また、作業カウンターやダイニングテーブル上には、ダクトレールを設置して複数の小さなペンダントライトを設置してもおしゃれです。

食べ物をおいしく見せる演色性の良いハロゲン電球や白熱球を使うことも大切です。

・寝室に設置する照明器具と電球の選び方
寝室の照明は、横になった時に直接光が目に入らないように設置します。主照明の他に卓上スタンドや足元灯を使ったり、間接照明を利用したりして、常夜灯代わりに使うのも便利です。

オレンジの光はリラックス効果が期待できるため、電球色を選んだり、暖色系のシェードを使ったりすると良いでしょう。反対に青白い光はリラックスしにくく、寝室にはあまり相性が良くないようです。

照明の選び方としては、お部屋の目的に合わせて機能性を高めることを意識することが必要です。過ごしやすい明かりを作れる照明器具や光の種類を選びましょう。また、照明器具にはいろいろなタイプのものがあり、デザイン性の高いものも多く見られます。機能面をカバーできるもののなかから好みのデザインを選べば、インテリアとしても楽しむことができるでしょう。

ライフスタイルのおすすめ記事

  • 室内壁のプチリフォームで外国みたいなおしゃれな家に

    室内壁のプチリフォームで外国みたいなおしゃれな家に

    手軽に室内壁のイメージを変えるには 住宅の内装を構成する要素のうち、室内壁はつねに視界に入り、大きな面積を占める部分です。したがって、壁の色や模様、テクスチャーによってインテリアの印象は大きく変わります。外国の家やおしゃ…

  • ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    外装材選びのポイントは? 建物の屋根と外壁はあわせて外装と呼ばれます。屋根の葺き替えや外壁の張り替えなど、外装の大規模なリフォームが必要になったら、また家を建てることになったら、どのような外装材を選べばいいのでしょう? …

  • 天然の木材を使った家のナチュラルな内装づくり

    天然の木材を使った家のナチュラルな内装づくり

    心地よく飽きのこない内装づくりなら 家は長年にわたって暮らすものなので、その内側は心地よく飽きのこないデザインにしたいものです。また、数年前にはシックハウス症候群が問題になったことからも、天然木などの自然素材を活かしたナ…

  • 外国人も興味津々、神社の屋根デザインあれこれ

    外国人も興味津々、神社の屋根デザインあれこれ

    屋根を見れば建てられた時代がわかる このところ、伊勢神宮の式年遷宮と出雲大社(写真)の大遷宮が重なり、京都では下鴨神社、上賀茂神社の遷宮が続きました。その話題はテレビやネットなどでも取り上げられ、日本国内はもちろん、外国…

  • モデル・香菜子さんインタビュー:使ってみて分かる本当に良いものの美しさ

    モデル・香菜子さんインタビュー:使ってみて分かる本当に良いものの美しさ

    モデル、イラストレーター、デザイナーと、いくつもの顔を持つ香菜子さん。二児の母でもある彼女は、本当に欲しいものを自分で作り、自然体のライフスタイルを実践することで、多くの女性からの支持を得ています。そんな彼女に、ご自身の…

  • 新築か中古?戸建住宅を購入するならどっち?

    新築か中古?戸建住宅を購入するならどっち?

    新築 vs 中古、メリット・デメリットを知ろう 現在、新築マンションの価格が高騰し、新築戸建住宅の価格も高めで推移しています。戸建て派にとっても、マイホームに「新築」か「中古」のどちらを選ぶのかは大きな問題です。ピカピカ…

  • 見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    収納で個性的な住まいを演出? ライフスタイルにこだわった個性的な住まいにしたいと思う人は少なくないでしょう。特に戸建住宅なら、外観から内装まで、まるごと思い通りの家づくりができます。わが家の個性を演出するなら、内・外装の…

  • 在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    ライフスタイルは変わるものだから 家は長年にわたって暮らすもの。家を建てることになったら、いつまでも家族みんなが快適で暮らしやすい住まいにしたいものです。とはいえ、年月が経つうち、住む人のライフスタイルは変わっていきます…

  • メルヘンの国の世界遺産と秘境に見る 美しい屋根と外壁の色合い

    メルヘンの国の世界遺産と秘境に見る 美しい屋根と外壁の色合い

    屋根と外壁の色はどう決める? 住宅の外観を形づくる屋根と外壁。どのようなカラーリングにするかで、大きく印象が異なります。屋根と外壁の色合いは家の個性を左右するものといえますが、住む人のこだわりを反映させる一方で、景観との…

  • 今どきのおしゃれな家に和室は不要?それとも必要?

    今どきのおしゃれな家に和室は不要?それとも必要?

    和室があれば、何かと便利? ライフスタイルの欧米化にともない、現代は和室のない家が増えています。これから家を建てるなら、欧米風のモダンな家にしたいと思う人も多いでしょう。そんなおしゃれな家には和室は不要かもしれません。 …

その他のおすすめ記事

  • 耐震

    地震に強い家の条件とは

    地震に強い家の条件とは

    家に求められる耐震性能は? この国で住まいについて考えるとき、避けて通れないのが地震対策です。ここ数年でも、記憶に新しい大きな地震がありました。これから家を建てたり、購入するのなら、しっかりと耐震性能を見きわめたいもので…

  • リフォーム

    収納のリフォームトラブルを防ぐには

    収納のリフォームトラブルを防ぐには

    使いやすい収納をつくるには 何かとスペースが限られる日本の住宅事情では、収納に悩むご家庭は少なくないと思います。自宅をリフォームするのなら、後になって「収納が足りない」「なんとなくクローゼットが使いにくい」といったことは…

  • ライフスタイル

    今どきのおしゃれな家に和室は不要?それとも必要?

    今どきのおしゃれな家に和室は不要?それとも必要?

    和室があれば、何かと便利? ライフスタイルの欧米化にともない、現代は和室のない家が増えています。これから家を建てるなら、欧米風のモダンな家にしたいと思う人も多いでしょう。そんなおしゃれな家には和室は不要かもしれません。 …

  • ライフスタイル

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    収納で個性的な住まいを演出? ライフスタイルにこだわった個性的な住まいにしたいと思う人は少なくないでしょう。特に戸建住宅なら、外観から内装まで、まるごと思い通りの家づくりができます。わが家の個性を演出するなら、内・外装の…

  • ライフスタイル

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    おしゃれな家にするには間取りも重要? 家を新築したりリノベーションすることになったら、訪れた人がほめてくれるようなおしゃれな家にしたいですね。内外装のデザインはもちろん、壁紙や床材なども気になりますが、おしゃれな家づくり…

  • リフォーム

    リフォームやリノベーションの前に考えよう 使いやすいキッチンの条件とは

    リフォームやリノベーションの前に考えよう 使いやすいキッチンの条件とは

    使いやすいキッチンって、どんなもの? キッチンは家の中でも特にモノが多く、長い時間家事をする場所ですから、効率のよい空間であってほしいもの。リフォームやリノベーションをすることになった場合も、何かと要望が多くなる場所です…

  • ライフスタイル

    湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    収納にはしっかりと湿気対策を 高温多湿の日本で快適な住まいをつくるには、湿気対策が重要になります。それは、居室だけではなく、収納についてもいえることです。家の中には、ふだんあまり開け閉めすることがない収納スペースもあるか…

  • ライフスタイル

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールという考え方 家は快適に暮らすための場所であるのはもちろんですが、住む人のセンスやライフスタイルを表現できる場でもあります。おしゃれな家づくりをするなら、内装から外観までトータルにコーディネートしたいもので…

  • リフォーム

    キッチンリフォームを成功させよう リフォームトラブルを防ぐためのポイントとは

    キッチンリフォームを成功させよう リフォームトラブルを防ぐためのポイントとは

    キッチンのリフォームトラブルを防ぐには 主婦(夫)が毎日長い時間を過ごすキッチン。リフォームをするなら、便利で快適な場所にしたいものです。とはいえ、あれこれと要望をつめ込みすぎて、工事の完成後に「なんとなく使いづらい」、…

  • ライフスタイル

    個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    家づくりにとって重要な収納プラン 家を新築したり、リフォームしたりするなら、わが家のライフスタイルに合った家づくりをしたいですね。それには、ライフスタイルに合わせて機能・デザインともに暮らしやすいような内装や外装にしたい…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ