外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

外壁塗装を行う際に検討したいのは、汚れにくい外壁塗装選びです。汚れにくい外壁塗装を選ぶことで、メンテナンスや清掃の手間を減らして長く快適な状態をキープできます。外壁が汚れる、または汚れて見える理由を解き明かし、汚れにくく、汚れても目立たない外壁塗装を選びましょう。

外壁が汚れてしまう主な理由

外壁は自分たちで対策をしていても自然に汚れてしまうことがあります。外壁の汚れの原因と成分を知ることで、汚れにくくするためのヒントを掴みましょう。

・大気汚染による汚れ
気づかないうちに溜まってしまう自然な汚れのひとつです。排気ガスや落ちている砂などが舞って、外壁の凹凸に溜まります。最近では黄砂やPM2.5などの問題もあり、外壁を汚す要因が増えています。

・湿気、カビやコケによる汚れ
湿気は外壁を含む建材や住宅設備の大敵であり、外壁を汚す原因にもなります。日当たりの悪い方角では、外壁の周りが湿気を多く含み、カビやコケが生えやすくなります。特に北側の壁は湿気が多くなり、カビやコケの汚れが多くなりがちです。

・窓枠付近のシーリング材による汚れ
窓枠から垂れたように外壁を伝っている汚れは、シーリング材に含まれている油分の汚れの可能性があります。シーリング材のなかの可塑剤には油分が含まれており、それが溶け出すことで外壁を汚します。

・排気口周りの油汚れ
排気口や換気扇の周りには、油汚れが垂れていることもあります。頑固な汚れで取りにくいものです。定期的に掃除をする必要があります。

汚れが目立ちにくい外壁の色と目立ちやすい外壁の色

外観をキレイに保つ場合には、汚れが目立ちにくい色と目立ちやすい色を把握することが大切です。目立ちやすいけどどうしても気に入った色がある場合には、汚れが付着しにくい外壁材や塗料を採用して汚れを防ぐことを考える必要があります。

・汚れが目立ちにくい外壁の色
外壁材の色として、もっとも汚れが目立たないのはグレーです。グレーは汚れの色で多い中間色に近く、多くの種類の汚れの色をぼかしてくれます。砂や土の薄茶色もコケやカビの緑が買った茶色も、グレーの外壁なら目立ちにくいものです。

次いで、アイボリーや薄いブラウン、ベージュなども汚れの色と同化して、汚れが見えにくくなります。

・汚れが目立ちやすい外壁の色
汚れが目立ちやすい外壁の色は、白や黒です。埃やコケは白系や緑系になることが多く、白や黒だと目立ちやすくなります。汚れと壁の色のコントラストがはっきりとしてしまう色は、汚れが目立ちやすい色といえるでしょう。

汚れにくい外壁塗料材の選び方

汚れが目立ちやすい外壁の色を選びたい場合や、メンテナンスを減らしたい場合などには、汚れ自体がつきにくい外壁塗料材を選ぶことも必要です。汚れが目立たない色で汚れにくい外壁塗料材を選べば、さらに長い期間、美観を保つことができそうです。

汚れにくい塗料材として選ぶなら、フッ素系塗料と光触媒塗料があります。フッ素系塗料は、フライパンのフッ素コートなどと同じような働きをしてくれるものです。塗膜に汚れがつきにくく、寿命も長いので、長期間美しい状態を維持することが期待できます。

また、光触媒塗料は、光が当たると汚れが落ちやすくなる親水効果を発揮するタイプの塗料で、光が当たる場所で使うと効果的です。

逆に、合成樹脂や弾性塗料はどちらかと言えば、汚れがつきやすい性質を持っています。合成樹脂は静電気が発生しやすく、ホコリやゴミをひきつけてしまう可能性があります。また、弾性塗料は柔らかい塗膜のため、ホコリやゴミが刺さって残ってしまいます。刺さった汚れは取れにくく、掃除もしにくくなります。

さらに、表面がツルツルの塗膜と比べるとザラっとした塗膜は汚れがつきやすくなります。

シーリング材の汚れを防ぐために、変性シリコンといった可塑剤が少ないものやノンブリードタイプを選ぶことも大切です。

メンテナンスで外壁塗装を行う際の注意点

メンテナンスで外壁塗装を行う場合は、既存の外壁材を確認してから外壁塗装を選ぶことが重要です。例えばモルタルの場合には、弾性塗料で中塗りをしてからウレタンやシリコン、フッ素を上塗りすることができます。サイディングには、シリコン系が向いています。

劣化している部分は防水や防カビなど現在不足している機能を考えて補修を行いましょう。

外壁塗装を行う前には、上記を参考に汚れにくさや汚れの目立ちにくさも加味して、外壁塗装材を選んでみましょう。外壁材や塗料にはいろいろな種類があり、それぞれ機能が異なります。自分の欲しい機能や外観にするために何が良いか分からない場合には、施工業者に相談してみるのもお勧めです。

メンテナンスのおすすめ記事

  • こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

  • 玄関ドアの塗装は必要? 玄関ドアの塗装を考えるべきタイミング

    玄関ドアの塗装は必要? 玄関ドアの塗装を考えるべきタイミング

    その家の顔ともいうべき玄関ドア。しかし、そのドアの塗装が剥げていたり色褪せていたりすると、これだけで家全体の印象が悪くなりかねません。そのため、玄関ドアの塗装や補修が必要になるわけですが、塗装のタイミングや、塗装ではなく…

  • 現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    雨漏りや湿気が家の大敵なのは、どうして? 梅雨の時期は、どうしても湿度が高くなります。 また、雨漏りも気になるもの。現代の住宅では、湿気や雨漏りは建物に大きなダメージを与える可能性がある大敵です。 その理由は、断熱と気密…

  • 外壁の塗装メンテナンスって、どんなことをするの?

    外壁の塗装メンテナンスって、どんなことをするの?

      外壁メンテナンスの基本とは わが家でいつまでも快適に暮らすためには、適切にメンテナンスを行って家を良好な状態に保つことが欠かせません。特に戸建住宅の場合は、雨風から直接住まいを守ってくれる外装のメンテナンス…

  • 外壁にカビができる原因と落とし方とは? 予防する方法も紹介

    外壁にカビができる原因と落とし方とは? 予防する方法も紹介

    家の外壁が汚れている、こすってみてもなかなかシミが落ちない……という場合、その汚れやシミの正体はカビかもしれません。そこで、そもそもなぜ外壁にカビができるのか、カビを落として再びカビができないようにするにはどうすればよい…

  • ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    雨漏りというと屋根が原因のように思われがちですが、ベランダやバルコニーから起こることもあるのはご存知でしょうか。放置しておくと建物の劣化を引き起こすため、早めの対策が必要です。天井のシミなどを見つけたら、まずはベランダや…

  • DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク 自宅の外壁塗装は道具を揃えることでDIYでも行うことができます。しかし、DIYにはメリット・デメリットがあり、これらを十分に理解しておかないと後で後悔する可能性があります…

  • 葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    どんなに小まめに掃除をしている家でも、年月が経過すれば劣化してしまうもの。特に、雨や風、雪や紫外線などから私たちの暮らしを守ってくれている“屋根”は大きなダメージを負うことになります。 ちょっとした色あせ程度であれば塗装…

  • 玄関ドアが古びてきたら、塗装メンテナンス? それとも取り替え?

    玄関ドアが古びてきたら、塗装メンテナンス? それとも取り替え?

    玄関ドアは「家の顔」の主要パーツ 玄関は「わが家の顔」とも言える重要なものです。気持ちよくお客様を迎えられるよう、いつもきれいにしておきたい場所でもあります。そうした玄関の空間を構成する主要パーツのひとつが玄関ドアですが…

  • 家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    シロアリは木造住宅にとって大敵です。シロアリが発生してしまうと家の土台や根太(ねだ)なども浸食されますし、放置しておくと被害は拡大します。ここでは、木造住宅の天敵とも言えるシロアリへの対策についてご紹介しますので、被害を…

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    シロアリは木造住宅にとって大敵です。シロアリが発生してしまうと家の土台や根太(ねだ)なども浸食されますし、放置しておくと被害は拡大します。ここでは、木造住宅の天敵とも言えるシロアリへの対策についてご紹介しますので、被害を…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ