結露してしまう原因は? 結露を防止するための対策

冬場多くの家庭を悩ませている結露。放置するとカビやダニを発生させ家にダメージを与えることにもなるので、しっかりと対策を取ることが大切です。結露の原因を知って、効果的に対処できるよう気を配っていきましょう。

結露の原因とは?

結露とは、空気中の水蒸気が冷やされ、水に変わる現象のことです。結露が起こるのは、屋外と室内の温度差が大きい時です。特に冬場に発生しやすく、暖房によって暖められた室内の空気に含まれる水蒸気が、窓ガラスや壁などの冷えた物体に触れることで結露になるのです。

結露を放置していると、色々なトラブルが発生するようになります。その代表がカビです。カビは湿気の多い場所に発生するため、暖房の温かい空気と結露による水分は絶好の環境です。カビは見た目を損なうだけではなく、ぜんそくやアトピーなどの健康被害を引き起こしたり、カビを餌にするダニの繁殖の原因にもなりますので、要注意です。

また、結露による住宅トラブルで見落としがちなのが、壁に張っている断熱材の内部で起こる「内部結露」です。柱や土台を腐らせたり、断熱材(グラスウール)の性能低下に繋がったりすることもあります。

結露ができやすい場所


結露を効果的に防止するには、結露が発生しやすい場所を知ることが重要です

・窓
窓ガラスやサッシは、結露が発生しやすい場所です。特にサッシは外気によって冷たくなりやすいため、水蒸気が付着しやすくなります。普段人のいない部屋の窓も要注意です。暖房をかけている部屋から水蒸気を含んだ空気が流れていき、冷たい窓ガラスに触れて結露を起こすことがあります。

・押入れの奥
普段開けることがないだけに見落としがちですが、押入れの奥は結露が発生しやすい場所です。押入れの中の空気は部屋の温度より低くなっています。特に押入れの外側と外壁が接している場合、外壁の冷たさが押入れの内部に伝わり結露が発生します。毎日使っている押入れの場合、毎晩汗を吸い込んだ布団をしまうことで押入れ内部の湿度が上がり、結露が起こりやすくなりますので注意が必要です。

・家具の裏
タンスなどの家具を壁に面して置いている家庭は多いですが、そうするとその部分の温度が下がりやすくなります。隙間がないことで換気も不十分になり、知らない間に結露が発生していることがあります。

・畳、カーペットの下
畳の下も要注意です。防湿や断熱が不十分だと、知らない間に結露が発生していることがあります。意外ですが、フローリングにも結露が発生することがあります。フローリングは空気をほとんど含まない合板の材質でできているので床下からの冷気を通しやすく、水蒸気を付着させやすい場所なのです。

結露を効果的に防止するには?

結露の原因と発生しやすい場所が分かったら、積極的に対策を打っていきましょう。

・換気をする
結露対策で最も簡単なのが換気です。料理中などに換気扇を回すことによって、結露の原因となる湿気を部屋の外に逃がすことができます。特に冬場、眠る前に5分だけ換気をするようにすると、朝にできる結露を減らすことができます。押入れやクローゼットを開けっ放しにする時間を作り、中の湿気を逃がすようにするのも効果的です。

・壁と家具の間にすき間をつくる
タンスなどの家具と壁がぴったりとくっついていると、換気が不十分になり結露が発生しやすくなります。5~10センチメートルくらいのすき間をつくると換気になります。

・除湿器を使う
除湿器を使って機械的に湿気を取り除くのも効果的です。押入れやクローゼットなどには除湿剤を使うといいでしょう。

・開放型暖房器具を避ける
暖房機器の種類を選ぶのも結露対策の重要なポイントです。ストーブやファンヒーターといった灯油やガスを使う暖房機器を開放型暖房機器といいます。燃料である灯油やガスには炭素と水素が含まれており、燃やすことで空気中の酸素と結びついて水に変化します。すると室内の湿度が上がり、結露が発生しやすくなるからです。

・断熱シール、吸水テープの使用
賃貸などで大掛かりな工事ができない時に頼りになるのが、ホームセンターなどで購入できる断熱シールや吸水テープです。断熱シールは冷たい空気を家の中に入れないようにすることで、結露の発生を防止します。吸水テープは結露の発生を防止することはできませんが、発生した結露を吸い取ることでカビなどの被害を予防することが可能です。

・内部結露には外張り断熱材
内部結露を予防したい場合は、「金属サンドイッチパネル」による外張り断熱を取り入れるのがおすすめです。断熱性を持つ芯材を鋼板で挟んだもので、高い断熱性を持ちます。

・内窓をつける
もっとも結露しやすい窓ガラス。内窓をつけるリフォームをすることで、もう一つの温度空間ができるため、結露が発生しにくくなります。断熱効果も高まります。

それでもできてしまった結露はどうする?


どんなに対策を施しても、結露を完全に予防することはできません。結露が発生してしまったら、カビが繁殖しないうちに、窓ワイパーやスポンジを使って拭き取るようにしましょう。

ただ根本的な対策を取らないと非常に面倒ですし、家屋を傷めることになります。被害を大きくしないためにも、早めにしっかりとした対策を取ることが大切です。

メンテナンスのおすすめ記事

  • 屋根のメンテナンスやリフォームをしないと、どうなるの?

    屋根のメンテナンスやリフォームをしないと、どうなるの?

    屋根のメンテナンスは雨漏りを防ぐため 屋根は日々の雨風や直射日光、また台風などから住まいを守ってくれる大切な部分です。トラブルなく快適に暮らしていくには、定期的な屋根の点検やメンテナンスが欠かせませんし、耐用年数が過ぎた…

  • 外壁塗装で重要! 外壁の下塗り材の種類と特徴

    外壁塗装で重要! 外壁の下塗り材の種類と特徴

    外装塗装では、耐久性や仕上がりの美しさを求めるために、下塗り・中塗り・上塗りと複数の工程が実施されます。どの工程も大切なのですが、基本となる下塗りは後の作業や仕上がりに大きく影響する重要な作業です。下塗りの持つ意味や、用…

  • 外壁の塗装メンテナンスって、どんなことをするの?

    外壁の塗装メンテナンスって、どんなことをするの?

      外壁メンテナンスの基本とは わが家でいつまでも快適に暮らすためには、適切にメンテナンスを行って家を良好な状態に保つことが欠かせません。特に戸建住宅の場合は、雨風から直接住まいを守ってくれる外装のメンテナンス…

  • 屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根はいつか「葺き替え」が必要に 家は長年にわたって住み続けるもの。戸建住宅でいつまでも快適に暮らしていくには、内外装や設備の適切なメンテナンスやリフォームが欠かせません。住まいの快適さを支えるのは住宅の性能ですが、住宅…

  • 外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は家を守るためにも一定周期で行う必要がありますが、その塗装を長持ちさせるためには適した季節に塗装作業をすることが大切です。そこで、塗装に適した季節はいつ頃なのか、雨の日に塗装はしてもよいのか、その場合作業…

  • 戸建住宅の修繕計画を立てよう

    戸建住宅の修繕計画を立てよう

    家は購入してからが大事 マイホームを持つことが将来の夢という人は少なくないでしょう。しかし、家は手に入れることがゴールではありません。長年にわたって良い状態を維持し、快適に暮らし続けるのが大切です。 日本では、これまで木…

  • DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク 自宅の外壁塗装は道具を揃えることでDIYでも行うことができます。しかし、DIYにはメリット・デメリットがあり、これらを十分に理解しておかないと後で後悔する可能性があります…

  • 現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    雨漏りや湿気が家の大敵なのは、どうして? 梅雨の時期は、どうしても湿度が高くなります。 また、雨漏りも気になるもの。現代の住宅では、湿気や雨漏りは建物に大きなダメージを与える可能性がある大敵です。 その理由は、断熱と気密…

  • 雨樋にも種類があるって本当? 代表的な雨樋の種類と特徴

    雨樋にも種類があるって本当? 代表的な雨樋の種類と特徴

    雨樋にもいろいろな種類があり、それぞれに違った特徴があることをご存知でしたか?実は雨樋はデザインで選択することもできるほど様々な形・材質のものがあります。ここでは代表的な雨樋の種類と特徴についてご紹介しますので、交換時の…

  • スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレートって、どんな屋根材? 住宅用の屋根材として広く普及しているものに人工スレートがあります。人工スレートとは、セメントと各種の繊維を混ぜ、薄く平たい板状に成型し、表面を塗装で仕上げたものです。スレートには、天然石でで…

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレートって、どんな屋根材? 住宅用の屋根材として広く普及しているものに人工スレートがあります。人工スレートとは、セメントと各種の繊維を混ぜ、薄く平たい板状に成型し、表面を塗装で仕上げたものです。スレートには、天然石でで…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ