結露してしまう原因は? 結露を防止するための対策

冬場多くの家庭を悩ませている結露。放置するとカビやダニを発生させ家にダメージを与えることにもなるので、しっかりと対策を取ることが大切です。結露の原因を知って、効果的に対処できるよう気を配っていきましょう。

結露の原因とは?

結露とは、空気中の水蒸気が冷やされ、水に変わる現象のことです。結露が起こるのは、屋外と室内の温度差が大きい時です。特に冬場に発生しやすく、暖房によって暖められた室内の空気に含まれる水蒸気が、窓ガラスや壁などの冷えた物体に触れることで結露になるのです。

結露を放置していると、色々なトラブルが発生するようになります。その代表がカビです。カビは湿気の多い場所に発生するため、暖房の温かい空気と結露による水分は絶好の環境です。カビは見た目を損なうだけではなく、ぜんそくやアトピーなどの健康被害を引き起こしたり、カビを餌にするダニの繁殖の原因にもなりますので、要注意です。

また、結露による住宅トラブルで見落としがちなのが、壁に張っている断熱材の内部で起こる「内部結露」です。柱や土台を腐らせたり、断熱材(グラスウール)の性能低下に繋がったりすることもあります。

結露ができやすい場所


結露を効果的に防止するには、結露が発生しやすい場所を知ることが重要です

・窓
窓ガラスやサッシは、結露が発生しやすい場所です。特にサッシは外気によって冷たくなりやすいため、水蒸気が付着しやすくなります。普段人のいない部屋の窓も要注意です。暖房をかけている部屋から水蒸気を含んだ空気が流れていき、冷たい窓ガラスに触れて結露を起こすことがあります。

・押入れの奥
普段開けることがないだけに見落としがちですが、押入れの奥は結露が発生しやすい場所です。押入れの中の空気は部屋の温度より低くなっています。特に押入れの外側と外壁が接している場合、外壁の冷たさが押入れの内部に伝わり結露が発生します。毎日使っている押入れの場合、毎晩汗を吸い込んだ布団をしまうことで押入れ内部の湿度が上がり、結露が起こりやすくなりますので注意が必要です。

・家具の裏
タンスなどの家具を壁に面して置いている家庭は多いですが、そうするとその部分の温度が下がりやすくなります。隙間がないことで換気も不十分になり、知らない間に結露が発生していることがあります。

・畳、カーペットの下
畳の下も要注意です。防湿や断熱が不十分だと、知らない間に結露が発生していることがあります。意外ですが、フローリングにも結露が発生することがあります。フローリングは空気をほとんど含まない合板の材質でできているので床下からの冷気を通しやすく、水蒸気を付着させやすい場所なのです。

結露を効果的に防止するには?

結露の原因と発生しやすい場所が分かったら、積極的に対策を打っていきましょう。

・換気をする
結露対策で最も簡単なのが換気です。料理中などに換気扇を回すことによって、結露の原因となる湿気を部屋の外に逃がすことができます。特に冬場、眠る前に5分だけ換気をするようにすると、朝にできる結露を減らすことができます。押入れやクローゼットを開けっ放しにする時間を作り、中の湿気を逃がすようにするのも効果的です。

・壁と家具の間にすき間をつくる
タンスなどの家具と壁がぴったりとくっついていると、換気が不十分になり結露が発生しやすくなります。5~10センチメートルくらいのすき間をつくると換気になります。

・除湿器を使う
除湿器を使って機械的に湿気を取り除くのも効果的です。押入れやクローゼットなどには除湿剤を使うといいでしょう。

・開放型暖房器具を避ける
暖房機器の種類を選ぶのも結露対策の重要なポイントです。ストーブやファンヒーターといった灯油やガスを使う暖房機器を開放型暖房機器といいます。燃料である灯油やガスには炭素と水素が含まれており、燃やすことで空気中の酸素と結びついて水に変化します。すると室内の湿度が上がり、結露が発生しやすくなるからです。

・断熱シール、吸水テープの使用
賃貸などで大掛かりな工事ができない時に頼りになるのが、ホームセンターなどで購入できる断熱シールや吸水テープです。断熱シールは冷たい空気を家の中に入れないようにすることで、結露の発生を防止します。吸水テープは結露の発生を防止することはできませんが、発生した結露を吸い取ることでカビなどの被害を予防することが可能です。

・内部結露には外張り断熱材
内部結露を予防したい場合は、「金属サンドイッチパネル」による外張り断熱を取り入れるのがおすすめです。断熱性を持つ芯材を鋼板で挟んだもので、高い断熱性を持ちます。

・内窓をつける
もっとも結露しやすい窓ガラス。内窓をつけるリフォームをすることで、もう一つの温度空間ができるため、結露が発生しにくくなります。断熱効果も高まります。

それでもできてしまった結露はどうする?


どんなに対策を施しても、結露を完全に予防することはできません。結露が発生してしまったら、カビが繁殖しないうちに、窓ワイパーやスポンジを使って拭き取るようにしましょう。

ただ根本的な対策を取らないと非常に面倒ですし、家屋を傷めることになります。被害を大きくしないためにも、早めにしっかりとした対策を取ることが大切です。

メンテナンスのおすすめ記事

  • 外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は家を守るためにも一定周期で行う必要がありますが、その塗装を長持ちさせるためには適した季節に塗装作業をすることが大切です。そこで、塗装に適した季節はいつ頃なのか、雨の日に塗装はしてもよいのか、その場合作業…

  • 外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討したいのは、汚れにくい外壁塗装選びです。汚れにくい外壁塗装を選ぶことで、メンテナンスや清掃の手間を減らして長く快適な状態をキープできます。外壁が汚れる、または汚れて見える理由を解き明かし、汚れにくく…

  • スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレートって、どんな屋根材? 住宅用の屋根材として広く普及しているものに人工スレートがあります。人工スレートとは、セメントと各種の繊維を混ぜ、薄く平たい板状に成型し、表面を塗装で仕上げたものです。スレートには、天然石でで…

  • 外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    最近自宅の外壁がなんだか古臭くなってきた、と感じることはあるでしょうか。もしかすると、それは塗装のチョーキング現象かもしれません。 の可能性があります。チョーキング現象という言葉は建築用語ですので、あまり聞きなじみがない…

  • 屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    家を守る大切な外壁や屋根の工事だから 外壁や屋根の修繕・リフォームが必要になったら、外装業者に工事を依頼することになります。外装は住宅全体を雨風から守る重要な部分ですから、きっちりとした施工が欠かせません。とはいえ、屋根…

  • 在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    住宅工法の種類を知ろう 家を建てることになったら、いろいろと知っておきたいことがあります。その中でも基本となるのが住宅の工法です。工法とは建物の骨組み(躯体)をつくる方法のこと。在来工法とツーバイフォーがよく知られていま…

  • 家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    シロアリは木造住宅にとって大敵です。シロアリが発生してしまうと家の土台や根太(ねだ)なども浸食されますし、放置しておくと被害は拡大します。ここでは、木造住宅の天敵とも言えるシロアリへの対策についてご紹介しますので、被害を…

  • 外壁にひび割れが……ひび割れをしてしまう原因と発見後の対策

    外壁にひび割れが……ひび割れをしてしまう原因と発見後の対策

    外壁のひび割れは見た目が悪くなるだけでなく、ひび割れたところから建物の劣化が始まり非常に危険です。外壁にひび割れを発見した時は放置せず、早めに適切な処置をすることが必要です。外壁がひび割れてしまう原因を解き明かして、正し…

  • 戸建住宅の修繕計画を立てよう

    戸建住宅の修繕計画を立てよう

    家は購入してからが大事 マイホームを持つことが将来の夢という人は少なくないでしょう。しかし、家は手に入れることがゴールではありません。長年にわたって良い状態を維持し、快適に暮らし続けるのが大切です。 日本では、これまで木…

  • 住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    雨どいが大切な理由 戸建住宅の屋根や外壁は住まいを雨風から守る大切な部分です。それとともに、雨水から家を守るために大きな役割をしているのが雨どいです。雨どいには屋根の付属品のようなイメージがあるかもしれませんが、十分に機…

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    ゲリラ豪雨から住まいを守るために メンテナンスやリフォームはここがポイント

    ゲリラ豪雨から住まいを守るために メンテナンスやリフォームはここがポイント

    ゲリラ豪雨からわが家を守ろう 近年、「ゲリラ豪雨」と呼ばれる局地的な集中豪雨が多くなりました。ゲリラ豪雨は、予期しないときに突然、せまい範囲に集中的に降る激しい雨のことで、住宅などに大きな被害をもたらすことがあります。 …

  • 耐震

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

  • 屋根材

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根のデザインと屋根材選び 住まいを守る上で屋根はとても重要なものであり、さらには住宅の外装の大部分を占めることから、外観イメージにも大きく影響します。したがって、家を建てるときに、どのような屋根にするかは大きな問題です…

  • メンテナンス

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    持ち家の価値を維持するために 建築の専門家が住宅の状態を検査するサービス「ホームインスペクション(住宅診断)」が広がりつつあります。中古住宅市場の活性化を目指し、国交省もホームインスペクションを普及させる方針です。これか…

  • ライフスタイル

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    ライフスタイルは変わるものだから 家は長年にわたって暮らすもの。家を建てることになったら、いつまでも家族みんなが快適で暮らしやすい住まいにしたいものです。とはいえ、年月が経つうち、住む人のライフスタイルは変わっていきます…

  • メンテナンス

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    どんなに小まめに掃除をしている家でも、年月が経過すれば劣化してしまうもの。特に、雨や風、雪や紫外線などから私たちの暮らしを守ってくれている“屋根”は大きなダメージを負うことになります。 ちょっとした色あせ程度であれば塗装…

  • ライフスタイル

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    美しい街並を作り出すものとは ぬけるような青い空に映えるオレンジ色の屋根と白い壁の家並、??そんな南欧の街並にあこがれる人は少なくないでしょう。地中海の青い空と美しいコントラストを作り出している屋根はテラコッタと呼ばれる…

  • メンテナンス

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるために大切なこと 春の花が咲き、過ごしやすい季節になりました。比較的気候が穏やかに安定しているこの時期に、ご自宅のお手入れについて考えてみてはいかがでしょう。いつまでも快適に暮らすために、マイホームは…

  • リフォーム

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    中古物件で思い通りの家づくり? ここ数年間、戸建住宅の建設費用ならびに新築住宅の価格も高止まりの傾向が続き、新築着工件数も低水準で推移しています。ただ、細部までこだわって思い通りの家を新築したい、ピカピカの新築住宅に住み…

  • 屋根

    ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ライフスタイルを広げるスペースとは 断熱性の高い現代の住宅の室内は冷暖房がよく効き、季節を問わず暮らしやすくなっています。そうはいっても、気候の良い時期には、住まいの中に自然の風や光を取り入れたいもの。 屋内と外をつなぐ…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ