DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

自宅の外壁塗装は道具を揃えることでDIYでも行うことができます。しかし、DIYにはメリット・デメリットがあり、これらを十分に理解しておかないと後で後悔する可能性があります。そこで今回は、外壁塗装を検討している方へ向けてDIYで行う際の流れや、メリット・デメリットに関して詳しく紹介します。

DIYで外壁塗装を行う流れ

・下地処理
外壁塗装をDIYで行う際は、まず外壁の下地処理のために壁の清掃を行います。この工程は外壁塗装の仕上げをキレイするために重要です。やり方としては、家庭にある掃除道具を使用する方法か、専門的な道具を使う方法に分かれます。スポンジやブラシなどの家庭にある掃除道具を使用する場合はコストが抑えられますが、頑固な汚れはどうしても取り除きにくいのがネックです。高圧洗浄機などの専門的な道具を使用すると壁に付着した汚れを綺麗に落とすことができますが、費用がかかるのと騒音が発生したりするので注意が必要です。

・養生
次の工程は養生です。養生とは塗装しない予定の箇所に塗料が付着しないように保護する作業です。具体的には、保護するためのテープやビニールを使って、塗料を塗る箇所以外を保護します。このような道具はホームセンターで購入できます。

・下塗り
養生を終えた後には下塗りを行います。この工程の目的は、外壁の素地と付着させる塗料の密着性を高めるためです。ホームセンターで購入できるシーラー下塗り材を使います。

・中塗り
次の工程は中塗りです。この作業は仕上がりにムラができないことを目的としています。中塗りを省いてしまった場合、塗料の付着していないところが出てきてしまうため注意が必要です。中塗りと上塗りの間には必ず乾燥させるインターバルが必要ですので注意しましょう。シリコン塗料やフッ素系塗料を使います。

・上塗り
最後は上塗りを行います。上塗りは仕上げの工程となっており、塗料が持っている役割を発揮するために必要な工程です。この工程により耐久性を発揮することができます。

DIYで外壁塗装を行うメリット

DIYで外壁塗装を行うことによって3つのメリットが生まれます。

一つめは、人件費や手数料といったコストを下げられるメリットです。必要な塗料や機材等もホームセンターで購入すれば、比較的安くそろえることができます。

二つめは、外壁のデザインや色を自分の好みで決められるメリットがあります。さらに、当初予定していたデザインから急遽変更したり、コスト面を考えて別の色の塗料へ変更したりする等、様々な変更が可能となっています。

三つめは、自分の好きなスケジュールで作業工程を組むことができるメリットです。平日に仕事をしている方であれば、土日や祝日といった休日を利用して好きな時間に作業することができます。家族と一緒に作業をすれば思い出に残る時間になるかもしれませんね。

DIYで外壁塗装を行うデメリット

一方 、DIYで外壁塗装を行うと、いくつかのデメリットやリスクが発生する恐れがあります。

一つめは、仕上がりにムラが発生してしまう可能性がある、というデメリットです。塗料を塗る作業には専用の道具を使用しますが、このような道具は正しい使い方や注意点などが存在します。さらに、ムラを作らないよう 塗装を行うのは、非常に根気と集中力の必要な作業です。専門業者でない方が作業することで塗りムラが発生しやすくなり、塗料が本来の力を発揮できなくなってしまいます。

二つめは、転落のリスクです。外壁塗装は高所での作業が発生します。そのための足場を組む必要がありますが、素人が足場を組むと強度が足りなくなる場合があります。足場を組まずに脚立やハシゴ等を使って作業を行ったというケースもありますが、このような時もきちんと固定をしないと転落のリスクが発生します。一人で作業をするような場合には、転落してケガをするとすぐに助けを呼べない可能性もあるので注意が必要です。

三つめは、外注の業者に作業してもらうより、時間がかかってしまうことです。例えば、延床面積30坪の住宅で外壁塗装を業者に依頼した場合、洗浄から仕上げの上塗りまでの作業日数は14~20日程となっています。しかし、これらの工程を一人で行った場合、個人差はありますが45~60日ほどかかるケースがあります。急ぎで無い場合はこの位の期間で作業を行っても問題ないかもしれませんが、途中で予定が入ったり、急遽作業を中断したりする必要が出てきてしまうと、より作業期間が長くなってしまいます。

四つめは、長い目で見るとコストが高くなる可能性があることです。DIYの外壁塗装は必要な道具や塗料等を自分で用意する必要があります。ホームセンターのようなお店で販売される道具や塗料はコストの安いものが多いですが、プロが使用するものよりも耐久性が低い可能性があります。耐久性が低いと、通常より早い段階で塗り直しが必要になり、その都度一定のコストが発生します。こうなってしまうと結果的には大きなコストがかかってしまいます。

外壁塗装をDIYで行うことで、いくつかのメリットが生まれますが、それ以上に大きなデメリットが発生する可能性もあります。結果的にかかるコストの大きさや、転落などのリスクもしっかりと比較をしてから検討してみてはいかがでしょうか。

メンテナンスのおすすめ記事

  • 屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根はいつか「葺き替え」が必要に 家は長年にわたって住み続けるもの。戸建住宅でいつまでも快適に暮らしていくには、内外装や設備の適切なメンテナンスやリフォームが欠かせません。住まいの快適さを支えるのは住宅の性能ですが、住宅…

  • 外壁塗装で起こる可能性のある近所トラブルとは

    外壁塗装で起こる可能性のある近所トラブルとは

    家を建てる時やリフォームの時に行う外壁塗装工事ですが、近所に配慮をしないとトラブルになることがあります。この記事では外壁塗装で起こる可能性のあるトラブルについてと、リスクを軽減するための方法を紹介します。 外壁塗装をする…

  • 手入れは大変? 勾配天井がある家のメリットとデメリット

    手入れは大変? 勾配天井がある家のメリットとデメリット

    古民家風のカフェなどに入ると、勾配天井になっていることがあります。こうした天井はなんとなく趣もあって、素敵だなと感じている方も多いのではないでしょうか。もしかすると、自宅の新築やリフォームで勾配天井を採用してみようと考え…

  • 屋根のメンテナンスやリフォームをしないと、どうなるの?

    屋根のメンテナンスやリフォームをしないと、どうなるの?

    屋根のメンテナンスは雨漏りを防ぐため 屋根は日々の雨風や直射日光、また台風などから住まいを守ってくれる大切な部分です。トラブルなく快適に暮らしていくには、定期的な屋根の点検やメンテナンスが欠かせませんし、耐用年数が過ぎた…

  • 外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    最近自宅の外壁がなんだか古臭くなってきた、と感じることはあるでしょうか。もしかすると、それは塗装のチョーキング現象かもしれません。 の可能性があります。チョーキング現象という言葉は建築用語ですので、あまり聞きなじみがない…

  • 外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は家を守るためにも一定周期で行う必要がありますが、その塗装を長持ちさせるためには適した季節に塗装作業をすることが大切です。そこで、塗装に適した季節はいつ頃なのか、雨の日に塗装はしてもよいのか、その場合作業…

  • 雨樋にも種類があるって本当? 代表的な雨樋の種類と特徴

    雨樋にも種類があるって本当? 代表的な雨樋の種類と特徴

    雨樋にもいろいろな種類があり、それぞれに違った特徴があることをご存知でしたか?実は雨樋はデザインで選択することもできるほど様々な形・材質のものがあります。ここでは代表的な雨樋の種類と特徴についてご紹介しますので、交換時の…

  • 住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    雨どいが大切な理由 戸建住宅の屋根や外壁は住まいを雨風から守る大切な部分です。それとともに、雨水から家を守るために大きな役割をしているのが雨どいです。雨どいには屋根の付属品のようなイメージがあるかもしれませんが、十分に機…

  • 住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるために大切なこと 春の花が咲き、過ごしやすい季節になりました。比較的気候が穏やかに安定しているこの時期に、ご自宅のお手入れについて考えてみてはいかがでしょう。いつまでも快適に暮らすために、マイホームは…

  • 戸建住宅の修繕計画を立てよう

    戸建住宅の修繕計画を立てよう

    家は購入してからが大事 マイホームを持つことが将来の夢という人は少なくないでしょう。しかし、家は手に入れることがゴールではありません。長年にわたって良い状態を維持し、快適に暮らし続けるのが大切です。 日本では、これまで木…

その他のおすすめ記事

  • 屋根

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の塗替えをする理由は? 日本の夏といえば、台風がつきもの。台風をはじめとする自然災害が多い日本の住宅においては、屋根メンテナンスをきちんとすることが家の寿命を伸ばす秘訣になります。屋根はつねに紫外線や風雨に直接さらさ…

  • 屋根材

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根のデザインと屋根材選び 住まいを守る上で屋根はとても重要なものであり、さらには住宅の外装の大部分を占めることから、外観イメージにも大きく影響します。したがって、家を建てるときに、どのような屋根にするかは大きな問題です…

  • 屋根材

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    現代にも通じる洋館のスタイル 「家を建てるなら、おしゃれな洋館のような建物にしたい」そう思う人は少なくないでしょう。日本に洋風建築が入って来た明治以降から昭和初期にかけ、日本で暮らす外国人や裕福な日本人の住宅として、美し…

  • メンテナンス

    戸建住宅の修繕計画を立てよう

    戸建住宅の修繕計画を立てよう

    家は購入してからが大事 マイホームを持つことが将来の夢という人は少なくないでしょう。しかし、家は手に入れることがゴールではありません。長年にわたって良い状態を維持し、快適に暮らし続けるのが大切です。 日本では、これまで木…

  • 屋根

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    姫路城の屋根の色は白? それともグレー? 国宝であり、日本で初めての世界遺産である姫路城は、白鷺城(はくろじょう、しらさぎじょう)とも呼ばれ親しまれてきました。そう呼ばれるゆえんは、天守群のシルエットが、まるで鳥のシラサ…

  • 屋根

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    屋根ってメンテナンスが必要なの? ここ数年、中古住宅のリフォームやリノベーションが増えています。これからは、1度建てた住宅を長く大切に維持していく傾向にあるようです。 マイホームを長持ちさせ、いつまでも快適に暮らすには定…

  • 屋根材

    シンプルモダン、それとも和風? ガルバリウム鋼板でデザインにこだわる家づくり

    シンプルモダン、それとも和風? ガルバリウム鋼板でデザインにこだわる家づくり

    人気の住宅スタイル、シンプルモダンとは 住宅の建築デザインには、さまざまなスタイルがあります。いつまでも暮らしやすく、飽きのこないおしゃれなデザインの家をつくりたいと思ったら、どのようなスタイルにすればいいのでしょう? …

  • 屋根材

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根の雨漏りの意外な原因 雨の多い季節になりました。木造住宅の大敵、雨漏りをしっかり防いでいきたいものです。 雨漏りの原因といえば、屋根の瓦やスレートの破損、ズレ、または窓のサッシまわりのシーリングの劣化などが考…

  • ライフスタイル

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールという考え方 家は快適に暮らすための場所であるのはもちろんですが、住む人のセンスやライフスタイルを表現できる場でもあります。おしゃれな家づくりをするなら、内装から外観までトータルにコーディネートしたいもので…

  • 耐震

    「在来工法」と「2 x 4」、耐震性が高い家はどっち?

    「在来工法」と「2 x 4」、耐震性が高い家はどっち?

    木造住宅の工法の違いをご存知? これから家を建てるのなら、地震に強い家にしたいですね。木造住宅の場合、どのような建て方をすれば、耐震性の高い家にできるのでしょう? 建物の耐震性を確保する方法は、工法(建て方)によって異な…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ