DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

自宅の外壁塗装は道具を揃えることでDIYでも行うことができます。しかし、DIYにはメリット・デメリットがあり、これらを十分に理解しておかないと後で後悔する可能性があります。そこで今回は、外壁塗装を検討している方へ向けてDIYで行う際の流れや、メリット・デメリットに関して詳しく紹介します。

DIYで外壁塗装を行う流れ

・下地処理
外壁塗装をDIYで行う際は、まず外壁の下地処理のために壁の清掃を行います。この工程は外壁塗装の仕上げをキレイするために重要です。やり方としては、家庭にある掃除道具を使用する方法か、専門的な道具を使う方法に分かれます。スポンジやブラシなどの家庭にある掃除道具を使用する場合はコストが抑えられますが、頑固な汚れはどうしても取り除きにくいのがネックです。高圧洗浄機などの専門的な道具を使用すると壁に付着した汚れを綺麗に落とすことができますが、費用がかかるのと騒音が発生したりするので注意が必要です。

・養生
次の工程は養生です。養生とは塗装しない予定の箇所に塗料が付着しないように保護する作業です。具体的には、保護するためのテープやビニールを使って、塗料を塗る箇所以外を保護します。このような道具はホームセンターで購入できます。

・下塗り
養生を終えた後には下塗りを行います。この工程の目的は、外壁の素地と付着させる塗料の密着性を高めるためです。ホームセンターで購入できるシーラー下塗り材を使います。

・中塗り
次の工程は中塗りです。この作業は仕上がりにムラができないことを目的としています。中塗りを省いてしまった場合、塗料の付着していないところが出てきてしまうため注意が必要です。中塗りと上塗りの間には必ず乾燥させるインターバルが必要ですので注意しましょう。シリコン塗料やフッ素系塗料を使います。

・上塗り
最後は上塗りを行います。上塗りは仕上げの工程となっており、塗料が持っている役割を発揮するために必要な工程です。この工程により耐久性を発揮することができます。

DIYで外壁塗装を行うメリット

DIYで外壁塗装を行うことによって3つのメリットが生まれます。

一つめは、人件費や手数料といったコストを下げられるメリットです。必要な塗料や機材等もホームセンターで購入すれば、比較的安くそろえることができます。

二つめは、外壁のデザインや色を自分の好みで決められるメリットがあります。さらに、当初予定していたデザインから急遽変更したり、コスト面を考えて別の色の塗料へ変更したりする等、様々な変更が可能となっています。

三つめは、自分の好きなスケジュールで作業工程を組むことができるメリットです。平日に仕事をしている方であれば、土日や祝日といった休日を利用して好きな時間に作業することができます。家族と一緒に作業をすれば思い出に残る時間になるかもしれませんね。

DIYで外壁塗装を行うデメリット

一方 、DIYで外壁塗装を行うと、いくつかのデメリットやリスクが発生する恐れがあります。

一つめは、仕上がりにムラが発生してしまう可能性がある、というデメリットです。塗料を塗る作業には専用の道具を使用しますが、このような道具は正しい使い方や注意点などが存在します。さらに、ムラを作らないよう 塗装を行うのは、非常に根気と集中力の必要な作業です。専門業者でない方が作業することで塗りムラが発生しやすくなり、塗料が本来の力を発揮できなくなってしまいます。

二つめは、転落のリスクです。外壁塗装は高所での作業が発生します。そのための足場を組む必要がありますが、素人が足場を組むと強度が足りなくなる場合があります。足場を組まずに脚立やハシゴ等を使って作業を行ったというケースもありますが、このような時もきちんと固定をしないと転落のリスクが発生します。一人で作業をするような場合には、転落してケガをするとすぐに助けを呼べない可能性もあるので注意が必要です。

三つめは、外注の業者に作業してもらうより、時間がかかってしまうことです。例えば、延床面積30坪の住宅で外壁塗装を業者に依頼した場合、洗浄から仕上げの上塗りまでの作業日数は14~20日程となっています。しかし、これらの工程を一人で行った場合、個人差はありますが45~60日ほどかかるケースがあります。急ぎで無い場合はこの位の期間で作業を行っても問題ないかもしれませんが、途中で予定が入ったり、急遽作業を中断したりする必要が出てきてしまうと、より作業期間が長くなってしまいます。

四つめは、長い目で見るとコストが高くなる可能性があることです。DIYの外壁塗装は必要な道具や塗料等を自分で用意する必要があります。ホームセンターのようなお店で販売される道具や塗料はコストの安いものが多いですが、プロが使用するものよりも耐久性が低い可能性があります。耐久性が低いと、通常より早い段階で塗り直しが必要になり、その都度一定のコストが発生します。こうなってしまうと結果的には大きなコストがかかってしまいます。

外壁塗装をDIYで行うことで、いくつかのメリットが生まれますが、それ以上に大きなデメリットが発生する可能性もあります。結果的にかかるコストの大きさや、転落などのリスクもしっかりと比較をしてから検討してみてはいかがでしょうか。

メンテナンスのおすすめ記事

  • 手入れは大変? 勾配天井がある家のメリットとデメリット

    手入れは大変? 勾配天井がある家のメリットとデメリット

    古民家風のカフェなどに入ると、勾配天井になっていることがあります。こうした天井はなんとなく趣もあって、素敵だなと感じている方も多いのではないでしょうか。もしかすると、自宅の新築やリフォームで勾配天井を採用してみようと考え…

  • 住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるために大切なこと 春の花が咲き、過ごしやすい季節になりました。比較的気候が穏やかに安定しているこの時期に、ご自宅のお手入れについて考えてみてはいかがでしょう。いつまでも快適に暮らすために、マイホームは…

  • スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレートって、どんな屋根材? 住宅用の屋根材として広く普及しているものに人工スレートがあります。人工スレートとは、セメントと各種の繊維を混ぜ、薄く平たい板状に成型し、表面を塗装で仕上げたものです。スレートには、天然石でで…

  • 外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は家を守るためにも一定周期で行う必要がありますが、その塗装を長持ちさせるためには適した季節に塗装作業をすることが大切です。そこで、塗装に適した季節はいつ頃なのか、雨の日に塗装はしてもよいのか、その場合作業…

  • 戸建住宅の修繕計画を立てよう

    戸建住宅の修繕計画を立てよう

    家は購入してからが大事 マイホームを持つことが将来の夢という人は少なくないでしょう。しかし、家は手に入れることがゴールではありません。長年にわたって良い状態を維持し、快適に暮らし続けるのが大切です。 日本では、これまで木…

  • 屋根のメンテナンスやリフォームをしないと、どうなるの?

    屋根のメンテナンスやリフォームをしないと、どうなるの?

    屋根のメンテナンスは雨漏りを防ぐため 屋根は日々の雨風や直射日光、また台風などから住まいを守ってくれる大切な部分です。トラブルなく快適に暮らしていくには、定期的な屋根の点検やメンテナンスが欠かせませんし、耐用年数が過ぎた…

  • 外壁塗装で重要! 外壁の下塗り材の種類と特徴

    外壁塗装で重要! 外壁の下塗り材の種類と特徴

    外装塗装では、耐久性や仕上がりの美しさを求めるために、下塗り・中塗り・上塗りと複数の工程が実施されます。どの工程も大切なのですが、基本となる下塗りは後の作業や仕上がりに大きく影響する重要な作業です。下塗りの持つ意味や、用…

  • 結露してしまう原因は? 結露を防止するための対策

    結露してしまう原因は? 結露を防止するための対策

    冬場多くの家庭を悩ませている結露。放置するとカビやダニを発生させ家にダメージを与えることにもなるので、しっかりと対策を取ることが大切です。結露の原因を知って、効果的に対処できるよう気を配っていきましょう。 結露の原因とは…

  • 玄関ドアが古びてきたら、塗装メンテナンス? それとも取り替え?

    玄関ドアが古びてきたら、塗装メンテナンス? それとも取り替え?

    玄関ドアは「家の顔」の主要パーツ 玄関は「わが家の顔」とも言える重要なものです。気持ちよくお客様を迎えられるよう、いつもきれいにしておきたい場所でもあります。そうした玄関の空間を構成する主要パーツのひとつが玄関ドアですが…

  • 現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    現代の住宅の大敵、雨漏り・湿気はどう防ぐ?

    雨漏りや湿気が家の大敵なのは、どうして? 梅雨の時期は、どうしても湿度が高くなります。 また、雨漏りも気になるもの。現代の住宅では、湿気や雨漏りは建物に大きなダメージを与える可能性がある大敵です。 その理由は、断熱と気密…

その他のおすすめ記事

  • 屋根

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    地震対策で意外に大切なこと 地震や台風など、日本は災害の多い国です。それだけに、大切なわが家をしっかりと守りたいものです。特に、ここ数年は大きな地震が相次いでいることから、自宅の耐震性が気になる方は少なくないでしょう。地…

  • 耐震

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

  • 屋根材

    屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    ハイグレードな塗装鋼板とは 近年、住宅の外壁や屋根といった外装の材料として普及が進むガルバリウム鋼板をご存知でしょうか? 鋼板でありながら、サビに強く高い耐久性があり、金属特有の軽さから耐震性にもすぐれた建材です。このよ…

  • 屋根材

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根の雨漏りの意外な原因 雨の多い季節になりました。木造住宅の大敵、雨漏りをしっかり防いでいきたいものです。 雨漏りの原因といえば、屋根の瓦やスレートの破損、ズレ、または窓のサッシまわりのシーリングの劣化などが考…

  • ライフスタイル

    個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    家づくりにとって重要な収納プラン 家を新築したり、リフォームしたりするなら、わが家のライフスタイルに合った家づくりをしたいですね。それには、ライフスタイルに合わせて機能・デザインともに暮らしやすいような内装や外装にしたい…

  • メンテナンス

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    持ち家の価値を維持するために 建築の専門家が住宅の状態を検査するサービス「ホームインスペクション(住宅診断)」が広がりつつあります。中古住宅市場の活性化を目指し、国交省もホームインスペクションを普及させる方針です。これか…

  • リフォーム

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    「家の顔」づくりに大切なスペース 洗濯物やふとんを干したり、エアコンの室外機置き場として、また植木鉢を置いてガーデニング気分を楽しむなど、ベランダは日々の暮らしに欠かせないスペースです。戸建住宅のベランダを安全に維持して…

  • 耐震

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

  • リフォーム

    ウッドデッキも可能?ベランダをおしゃれで便利にリフォームしよう

    ウッドデッキも可能?ベランダをおしゃれで便利にリフォームしよう

    ベランダリフォームでアウターリビングに 初夏や秋口など気候のよい時期には、自然の風を家の中に上手に取り込んで快適に暮らしたいですね。家の中と外をつなぐ場所で自然の風を感じながらくつろげる、そんな「アウターリビング」という…

  • 屋根

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    姫路城の屋根の色は白? それともグレー? 国宝であり、日本で初めての世界遺産である姫路城は、白鷺城(はくろじょう、しらさぎじょう)とも呼ばれ親しまれてきました。そう呼ばれるゆえんは、天守群のシルエットが、まるで鳥のシラサ…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ