DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

自宅の外壁塗装は道具を揃えることでDIYでも行うことができます。しかし、DIYにはメリット・デメリットがあり、これらを十分に理解しておかないと後で後悔する可能性があります。そこで今回は、外壁塗装を検討している方へ向けてDIYで行う際の流れや、メリット・デメリットに関して詳しく紹介します。

DIYで外壁塗装を行う流れ

・下地処理
外壁塗装をDIYで行う際は、まず外壁の下地処理のために壁の清掃を行います。この工程は外壁塗装の仕上げをキレイするために重要です。やり方としては、家庭にある掃除道具を使用する方法か、専門的な道具を使う方法に分かれます。スポンジやブラシなどの家庭にある掃除道具を使用する場合はコストが抑えられますが、頑固な汚れはどうしても取り除きにくいのがネックです。高圧洗浄機などの専門的な道具を使用すると壁に付着した汚れを綺麗に落とすことができますが、費用がかかるのと騒音が発生したりするので注意が必要です。

・養生
次の工程は養生です。養生とは塗装しない予定の箇所に塗料が付着しないように保護する作業です。具体的には、保護するためのテープやビニールを使って、塗料を塗る箇所以外を保護します。このような道具はホームセンターで購入できます。

・下塗り
養生を終えた後には下塗りを行います。この工程の目的は、外壁の素地と付着させる塗料の密着性を高めるためです。ホームセンターで購入できるシーラー下塗り材を使います。

・中塗り
次の工程は中塗りです。この作業は仕上がりにムラができないことを目的としています。中塗りを省いてしまった場合、塗料の付着していないところが出てきてしまうため注意が必要です。中塗りと上塗りの間には必ず乾燥させるインターバルが必要ですので注意しましょう。シリコン塗料やフッ素系塗料を使います。

・上塗り
最後は上塗りを行います。上塗りは仕上げの工程となっており、塗料が持っている役割を発揮するために必要な工程です。この工程により耐久性を発揮することができます。

DIYで外壁塗装を行うメリット

DIYで外壁塗装を行うことによって3つのメリットが生まれます。

一つめは、人件費や手数料といったコストを下げられるメリットです。必要な塗料や機材等もホームセンターで購入すれば、比較的安くそろえることができます。

二つめは、外壁のデザインや色を自分の好みで決められるメリットがあります。さらに、当初予定していたデザインから急遽変更したり、コスト面を考えて別の色の塗料へ変更したりする等、様々な変更が可能となっています。

三つめは、自分の好きなスケジュールで作業工程を組むことができるメリットです。平日に仕事をしている方であれば、土日や祝日といった休日を利用して好きな時間に作業することができます。家族と一緒に作業をすれば思い出に残る時間になるかもしれませんね。

DIYで外壁塗装を行うデメリット

一方 、DIYで外壁塗装を行うと、いくつかのデメリットやリスクが発生する恐れがあります。

一つめは、仕上がりにムラが発生してしまう可能性がある、というデメリットです。塗料を塗る作業には専用の道具を使用しますが、このような道具は正しい使い方や注意点などが存在します。さらに、ムラを作らないよう 塗装を行うのは、非常に根気と集中力の必要な作業です。専門業者でない方が作業することで塗りムラが発生しやすくなり、塗料が本来の力を発揮できなくなってしまいます。

二つめは、転落のリスクです。外壁塗装は高所での作業が発生します。そのための足場を組む必要がありますが、素人が足場を組むと強度が足りなくなる場合があります。足場を組まずに脚立やハシゴ等を使って作業を行ったというケースもありますが、このような時もきちんと固定をしないと転落のリスクが発生します。一人で作業をするような場合には、転落してケガをするとすぐに助けを呼べない可能性もあるので注意が必要です。

三つめは、外注の業者に作業してもらうより、時間がかかってしまうことです。例えば、延床面積30坪の住宅で外壁塗装を業者に依頼した場合、洗浄から仕上げの上塗りまでの作業日数は14~20日程となっています。しかし、これらの工程を一人で行った場合、個人差はありますが45~60日ほどかかるケースがあります。急ぎで無い場合はこの位の期間で作業を行っても問題ないかもしれませんが、途中で予定が入ったり、急遽作業を中断したりする必要が出てきてしまうと、より作業期間が長くなってしまいます。

四つめは、長い目で見るとコストが高くなる可能性があることです。DIYの外壁塗装は必要な道具や塗料等を自分で用意する必要があります。ホームセンターのようなお店で販売される道具や塗料はコストの安いものが多いですが、プロが使用するものよりも耐久性が低い可能性があります。耐久性が低いと、通常より早い段階で塗り直しが必要になり、その都度一定のコストが発生します。こうなってしまうと結果的には大きなコストがかかってしまいます。

外壁塗装をDIYで行うことで、いくつかのメリットが生まれますが、それ以上に大きなデメリットが発生する可能性もあります。結果的にかかるコストの大きさや、転落などのリスクもしっかりと比較をしてから検討してみてはいかがでしょうか。

メンテナンスのおすすめ記事

  • 外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討したいのは、汚れにくい外壁塗装選びです。汚れにくい外壁塗装を選ぶことで、メンテナンスや清掃の手間を減らして長く快適な状態をキープできます。外壁が汚れる、または汚れて見える理由を解き明かし、汚れにくく…

  • 外壁の塗装メンテナンスって、どんなことをするの?

    外壁の塗装メンテナンスって、どんなことをするの?

      外壁メンテナンスの基本とは わが家でいつまでも快適に暮らすためには、適切にメンテナンスを行って家を良好な状態に保つことが欠かせません。特に戸建住宅の場合は、雨風から直接住まいを守ってくれる外装のメンテナンス…

  • 玄関ドアの塗装は必要? 玄関ドアの塗装を考えるべきタイミング

    玄関ドアの塗装は必要? 玄関ドアの塗装を考えるべきタイミング

    その家の顔ともいうべき玄関ドア。しかし、そのドアの塗装が剥げていたり色褪せていたりすると、これだけで家全体の印象が悪くなりかねません。そのため、玄関ドアの塗装や補修が必要になるわけですが、塗装のタイミングや、塗装ではなく…

  • 外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    最近自宅の外壁がなんだか古臭くなってきた、と感じることはあるでしょうか。もしかすると、それは塗装のチョーキング現象かもしれません。 の可能性があります。チョーキング現象という言葉は建築用語ですので、あまり聞きなじみがない…

  • 屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    遮熱って、なに? 断熱との違いは? 今夏は記録的な猛暑となり、外出を控えたいほど暑い日が多くなっています。熱中症を防ぐためにも屋内を涼しく保つことが大切ですが、冷房のための電気料金も気になるところです。暑い夏だからこそ、…

  • 結露してしまう原因は? 結露を防止するための対策

    結露してしまう原因は? 結露を防止するための対策

    冬場多くの家庭を悩ませている結露。放置するとカビやダニを発生させ家にダメージを与えることにもなるので、しっかりと対策を取ることが大切です。結露の原因を知って、効果的に対処できるよう気を配っていきましょう。 結露の原因とは…

  • ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    持ち家の価値を維持するために 建築の専門家が住宅の状態を検査するサービス「ホームインスペクション(住宅診断)」が広がりつつあります。中古住宅市場の活性化を目指し、国交省もホームインスペクションを普及させる方針です。これか…

  • 住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるために大切なこと 春の花が咲き、過ごしやすい季節になりました。比較的気候が穏やかに安定しているこの時期に、ご自宅のお手入れについて考えてみてはいかがでしょう。いつまでも快適に暮らすために、マイホームは…

  • 屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    家を守る大切な外壁や屋根の工事だから 外壁や屋根の修繕・リフォームが必要になったら、外装業者に工事を依頼することになります。外装は住宅全体を雨風から守る重要な部分ですから、きっちりとした施工が欠かせません。とはいえ、屋根…

  • ゲリラ豪雨から住まいを守るために メンテナンスやリフォームはここがポイント

    ゲリラ豪雨から住まいを守るために メンテナンスやリフォームはここがポイント

    ゲリラ豪雨からわが家を守ろう 近年、「ゲリラ豪雨」と呼ばれる局地的な集中豪雨が多くなりました。ゲリラ豪雨は、予期しないときに突然、せまい範囲に集中的に降る激しい雨のことで、住宅などに大きな被害をもたらすことがあります。 …

その他のおすすめ記事

  • リフォーム

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    住まいの断熱って、どんなもの? 木枯らしが吹く季節になってくると、家の中で暖かく過ごしたいと思う一方、暖房コストも気になりますよね。「家の中がなんだか寒い。暖房が効きにくい。」、そんなふうに感じることがあれば、実は住まい…

  • リフォーム

    リノベーションの予算はどう考えればいい?

    リノベーションの予算はどう考えればいい?

    リノベーションは大きな買い物 既存の住宅の内外装や設備を一新し、新築同様かそれ以上の状態に改修するリノベーション。新築よりも割安な費用で済むこともあり、近年注目されています。「古くなってきたわが家を住みやすく手直ししたい…

  • ライフスタイル

    メルヘンの国の世界遺産と秘境に見る 美しい屋根と外壁の色合い

    メルヘンの国の世界遺産と秘境に見る 美しい屋根と外壁の色合い

    屋根と外壁の色はどう決める? 住宅の外観を形づくる屋根と外壁。どのようなカラーリングにするかで、大きく印象が異なります。屋根と外壁の色合いは家の個性を左右するものといえますが、住む人のこだわりを反映させる一方で、景観との…

  • 屋根材

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    ユニークな異人館 異国情緒ただよう神戸市北野地区の異人館街には、歴史ある美しい洋館が立ち並びます。これらの洋館が異人館と呼ばれるのは、幕末や明治時代以降に欧米人の住居として建てられたためです。北野の異人館には、贅を尽くし…

  • リフォーム

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家は永遠じゃない? 家を購入したり、建てたりしたなら、いつまでも快適に暮らしたいものですね。とはいえ、新築から10年以上経てば、何かしらメンテナンスや修繕が必要になってきます。 また、エアコンや給湯器などの住宅設備の多く…

  • リフォーム

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    外壁のリフォームが必要になったら 外壁は屋根とともに雨風から住まいを守ってくれる大切な部分です。そのため、外壁にはいろんな性能が求められますが、なかでも、快適に暮らすために重要になるのが断熱性です。断熱性が高ければ、冷暖…

  • ライフスタイル

    おしゃれな外壁の色選びって、どうすればいいの?

    おしゃれな外壁の色選びって、どうすればいいの?

    まずは「景観ガイドライン」の確認を 戸建住宅の外壁は建物の最も多くを占める部分なので、外壁の色によって家の外観イメージは大きく変わります。したがって、新しく家を建てるときや外壁の塗替えの際には色にこだわって、おしゃれな外…

  • 屋根材

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    スレート屋根にもいろいろある? 現代の戸建住宅向けの一般的な屋根材の1つにスレートがあります。スレートは薄い板状の屋根材で、瓦に比べて色数も多く、軽量で耐震性にも優れています。 そうしたことからか広く使用されているのです…

  • 屋根

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    住宅の外観デザインのポイントは これから家を建てることになったら、家の中も外も思い通りのデザインにしたいですね。このごろは、立地環境やライフスタイルにあわせて、住宅の外観にこだわる人が増えています。道行く人が感心するよう…

  • 耐震

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ