外壁塗装時に発生する臭いの対処法

家を新築するときや外壁をリフォームするときに外壁塗装を行いますが、そこで心配になるのが臭いの問題です。外壁塗装時に気になる臭いは何なのか、身体に害はあるのか?その対策について詳しくご紹介します。

家の中が臭い!外壁塗装時に家の中が臭くなってしまう理由

嫌な臭いの発生元は外壁塗装に使用する塗料です。油性塗料には、塗料を薄める溶剤としてイソプロピルアルコール、1-ブタノール、メタノール、トルエン、キシレンといったシンナー(有機溶剤)が含まれており、これらが強い刺激臭を発しています。水性塗料の場合は、塗料を安定させるためのVOC(揮発性有機化合物)が含まれていることが多いです。

家には窓や換気扇といった通気口があり、締め切っていたとしても隙間ができてしまうことが多くあります。シンナー(有機溶剤)は臭いがとても強いので、わずかな隙間であっても家の中まで臭いが入ってきてしまうのです。

シンナー(有機溶剤)が体に与える影響とは

シンナー(有機溶剤)は吸い込む量が増えるのに比例して健康被害が大きくなります。長期的に吸い続けた場合は、不妊、ノイローゼ、シックハウス症候群、呼吸困難、化学物質過敏症などを引き起こす危険性が高くなるのです。

最近は技術が進歩し、シンナーの含有量が少なくても性能のよい塗料が使われることが多くなっています。一昔前と比べると臭いは穏やかで気にならなくなり、健康被害も減りました。しかし、シンナー有機溶剤の含有量がゼロになったわけではないため、気分が悪くなったり体調を崩してしまったりする人がいるのも事実です。主な症状としては、以下のようなものが挙げられます。
・頭…頭痛、めまい
・目…かすみ、チカチカする、二重に見える、かゆみ
・耳…聞こえ辛くなる、かゆみ
・鼻…痛み、鼻づまり、鼻水、鼻血、かゆみ
・口や喉…乾き、痛み、声のかすれ、咳、味覚障害、呼吸困難
・皮膚…ニキビ、発汗、かゆみ、アトピーの悪化
・消化器…腹痛、下痢、吐き気、食欲減退
・精神や神経…手足の冷え、いらいら、うつ状態、睡眠障害
このように、身体のあらゆる部位で影響が出る可能性があります。これらの症状はアレルギーによる影響が大きいと言われており、有機溶剤にアレルギーを起こしてしまう場合は、塗料の有機溶剤含有量がほんの微量であっても反応してしまいます。元々アレルギーを持っている人はもちろん、今は大丈夫な人でも今後アレルギーを発症する可能性はあるので、できるだけ吸い込まないようにすることが大切です。

また、体の小さい赤ちゃんやペットは影響を受けやすいです。マニキュアの除光液を室内で使用したことによって、赤ちゃんがぐったりしてしまったという事例もあります。妊娠中の場合は、お腹の中の赤ちゃんに母親の吸ったシンナーが届いてしまうこともあるので、妊婦の人・赤ちゃん・ペットのいる家庭は特に気をつける必要があるでしょう。

外壁塗装中に発生する臭いへの対処法

では、嫌な臭いやアレルギー症状を避けるためには、どのような対策をすればよいのでしょうか。

・臭いの少ない塗料を使用してもらう
最近使用されている塗料は昔よりも臭いの少ないものが主流ですが、臭いの少ない塗料にも様々な種類があり、逆によい香りのついた塗料などもあります。より安心できると思うものを選ぶこともできるので、塗装業者の人に相談してみてください。また、耐久性や仕上がりは劣りますが、シンナーなどの有害物質を一切含まない自然系塗料というものも存在します。高価ですがアレルギーのある方でも比較的安心して使える塗料です。ただし、塗料自体には有害物質がなくても乾燥の際に少量のホルムアルデヒドを放出するので、ホルムアルデヒドがアレルゲンの人は注意が必要です。

・換気を工夫する
外壁塗装を行っている箇所とは反対側の窓を開け、その窓に向かって扇風機を回します。こうすることで室内に入ってきた臭いを外に追い出すことができます。塗装施工箇所に近い位置に換気扇がある場合は、その換気扇の使用は控えましょう。逆に家の中に臭いを招き入れてしまいます。

・消臭スプレーの使用
シンナーなどの有機溶剤臭専用の消臭スプレーがあります。空気中に向かってスプレーすることで、家の中の嫌な臭いを消すことができます。スプレーをした後に発生した臭いは消せないので、塗装中ではなく塗装後残った臭いを消すのに利用するのがおすすめです。

・仮住まいを用意する
元々有機溶剤にアレルギーを持っていることが分かっている場合や、妊婦・赤ちゃん・大切なペットがいる場合は特に、短期的に住む場所を変えることで有害物質を吸い込んでしまう危険性をなくすことができます。塗装施工中は実家に帰省する他、ホテルやマンスリーマンション・ウィークリーマンションを利用しましょう。ペットのみが心配な場合は、ペットホテルの利用も検討しましょう。

塗料に含まれるシンナー(有機溶剤)は、吸い込みすぎると身体に影響が出る可能性があります。外壁塗装時は対策をしっかりするようにしましょう。塗装に関して心配が残る場合などは、ガルバリウム鋼板を採用する方法もあります。ガルバリウム鋼板にはすでに塗装済みの商品があるので、これを取り入れると臭いや健康被害のおそれがなくなります。新築やリフォームの場合はカバー工法ができる可能性があるので、施工業者に相談してみてください。

メンテナンスのおすすめ記事

  • スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレートって、どんな屋根材? 住宅用の屋根材として広く普及しているものに人工スレートがあります。人工スレートとは、セメントと各種の繊維を混ぜ、薄く平たい板状に成型し、表面を塗装で仕上げたものです。スレートには、天然石でで…

  • 屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根はいつか「葺き替え」が必要に 家は長年にわたって住み続けるもの。戸建住宅でいつまでも快適に暮らしていくには、内外装や設備の適切なメンテナンスやリフォームが欠かせません。住まいの快適さを支えるのは住宅の性能ですが、住宅…

  • 屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    遮熱って、なに? 断熱との違いは? 今夏は記録的な猛暑となり、外出を控えたいほど暑い日が多くなっています。熱中症を防ぐためにも屋内を涼しく保つことが大切ですが、冷房のための電気料金も気になるところです。暑い夏だからこそ、…

  • 外壁塗装で重要! 外壁の下塗り材の種類と特徴

    外壁塗装で重要! 外壁の下塗り材の種類と特徴

    外装塗装では、耐久性や仕上がりの美しさを求めるために、下塗り・中塗り・上塗りと複数の工程が実施されます。どの工程も大切なのですが、基本となる下塗りは後の作業や仕上がりに大きく影響する重要な作業です。下塗りの持つ意味や、用…

  • 外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    最近自宅の外壁がなんだか古臭くなってきた、と感じることはあるでしょうか。もしかすると、それは塗装のチョーキング現象かもしれません。 の可能性があります。チョーキング現象という言葉は建築用語ですので、あまり聞きなじみがない…

  • 葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    どんなに小まめに掃除をしている家でも、年月が経過すれば劣化してしまうもの。特に、雨や風、雪や紫外線などから私たちの暮らしを守ってくれている“屋根”は大きなダメージを負うことになります。 ちょっとした色あせ程度であれば塗装…

  • こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

  • 家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    シロアリは木造住宅にとって大敵です。シロアリが発生してしまうと家の土台や根太(ねだ)なども浸食されますし、放置しておくと被害は拡大します。ここでは、木造住宅の天敵とも言えるシロアリへの対策についてご紹介しますので、被害を…

  • 外壁塗装後に塗り残しを発見してしまった場合の対処法

    外壁塗装後に塗り残しを発見してしまった場合の対処法

    外壁塗装を行なった時に起こるトラブルとして多いのが、色のムラや塗り残し。せっかく費用と手間をかけたのに、仕上がりが完璧でないとがっかりしてしまいますよね。ここでは塗り残しの原因や予防策について説明します。 外壁塗装工事で…

  • 外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は家を守るためにも一定周期で行う必要がありますが、その塗装を長持ちさせるためには適した季節に塗装作業をすることが大切です。そこで、塗装に適した季節はいつ頃なのか、雨の日に塗装はしてもよいのか、その場合作業…

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    外壁塗装後に塗り残しを発見してしまった場合の対処法

    外壁塗装後に塗り残しを発見してしまった場合の対処法

    外壁塗装を行なった時に起こるトラブルとして多いのが、色のムラや塗り残し。せっかく費用と手間をかけたのに、仕上がりが完璧でないとがっかりしてしまいますよね。ここでは塗り残しの原因や予防策について説明します。 外壁塗装工事で…

  • 屋根材

    屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    ハイグレードな塗装鋼板とは 近年、住宅の外壁や屋根といった外装の材料として普及が進むガルバリウム鋼板をご存知でしょうか? 鋼板でありながら、サビに強く高い耐久性があり、金属特有の軽さから耐震性にもすぐれた建材です。このよ…

  • リフォーム

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    外壁のリフォームが必要になったら 外壁は屋根とともに雨風から住まいを守ってくれる大切な部分です。そのため、外壁にはいろんな性能が求められますが、なかでも、快適に暮らすために重要になるのが断熱性です。断熱性が高ければ、冷暖…

  • 屋根

    屋根から伝わる熱を遮断できる? 屋根の遮熱方法

    屋根から伝わる熱を遮断できる? 屋根の遮熱方法

    夏になると家の中はどうしても暑くなってしまいますよね。 でも、室内が暑いのは外の気温のせいだけではありません。実は、家の作りによって、室内がとても暑くなってしまう場合があります。ここでは夏に室内が暑くなってしまう原因や、…

  • ライフスタイル

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールという考え方 家は快適に暮らすための場所であるのはもちろんですが、住む人のセンスやライフスタイルを表現できる場でもあります。おしゃれな家づくりをするなら、内装から外観までトータルにコーディネートしたいもので…

  • 屋根

    屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

    屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

    台風シーズンの後の大切なこと ここ数年、台風が大型化し、その被害も大きくなりがちです。雨風から住まいを守る役割を持つ屋根は台風の被害を最も受けやすく、それだけにデリケートな部分です。台風シーズンが過ぎた後、大きな被害はな…

  • 屋根

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    地震対策で意外に大切なこと 地震や台風など、日本は災害の多い国です。それだけに、大切なわが家をしっかりと守りたいものです。特に、ここ数年は大きな地震が相次いでいることから、自宅の耐震性が気になる方は少なくないでしょう。地…

  • 屋根

    屋根に太陽光発電を設置する際の注意点

    屋根に太陽光発電を設置する際の注意点

    近年ではスマートハウスやゼロエネルギーハウス(ZEH)が話題となっています。また、2020年の省エネ基準適合住宅の義務化などもあり、ますます太陽光発電に注目が集まっています。ここでは、太陽光発電を設置できる屋根の種類やメ…

  • ライフスタイル

    メルヘンの国の世界遺産と秘境に見る 美しい屋根と外壁の色合い

    メルヘンの国の世界遺産と秘境に見る 美しい屋根と外壁の色合い

    屋根と外壁の色はどう決める? 住宅の外観を形づくる屋根と外壁。どのようなカラーリングにするかで、大きく印象が異なります。屋根と外壁の色合いは家の個性を左右するものといえますが、住む人のこだわりを反映させる一方で、景観との…

  • ライフスタイル

    あこがれの海辺の住まい作りを成功させるには

    あこがれの海辺の住まい作りを成功させるには

    海辺の家であこがれのライフスタイル 南の島の茅葺き屋根のリゾートホテルで海を見ながら過ごすひととき…自宅でそんな気分を味わえたら、と思ったことはありませんか?海の見える家にあこがれている方は少なくないかもしれません。 そ…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ