外壁塗装で重要! 外壁の下塗り材の種類と特徴

外装塗装では、耐久性や仕上がりの美しさを求めるために、下塗り・中塗り・上塗りと複数の工程が実施されます。どの工程も大切なのですが、基本となる下塗りは後の作業や仕上がりに大きく影響する重要な作業です。下塗りの持つ意味や、用いられる下塗り材の特徴や種類について説明します。

外壁を塗るための下塗り材とは?

外壁塗装は、下塗り・中塗り・上塗りと、三段階にわけて実施されるのが一般的です。それぞれの工程には個別の役割があり、使われる塗料も異なります。中塗りと上塗りは着色する工程ですが、その前に下地を作るために使うのが下塗り材です。下塗りは外装のコンディションを整えるものですから、ペンキなどとは異なる特別な塗料が使われます。

下塗り材の役割

中塗りや上塗りに使われる塗料は、そのまま外装に使うと簡単に剥がれてしまうリスクがあります。これらの着色用の塗料を、外壁にしっかり密着させる ために欠かせないのが下塗りです。もしも、下塗りをしなかった場合、さまざまな不具合が起こります。
・上塗り材が短期間に剥がれる
・上塗り材が外壁に吸収されて薄くなったりムラができたりする
・壁がもろい場合は壁ごと剥がれてしまう危険性がある
下塗り材は、外壁と塗料をつなぐ重要な役割を果たしているのです。

下塗り材の種類と特徴

下塗り材にはシーラーやプライマーなどの多彩な下塗り材がありますが、どれを用いるかは、上塗り材や外装の劣化具合などによって決まっていきます。

・プライマー
外装に用いられるステンレスやアルミなどの金属部材に、主に利用されるのがプライマーです。一般的に金属は塗料が密着しづらいのですが、プライマーを使用することで解決することができます。強力に密着する下塗り材で下地を作りその上に色を重ねることで、上塗りの耐久性が大きく向上します。プライマーには浸透タイプや防錆タイプなどがあって、バリエーションが豊富です。防錆タイプは既に錆が生じていても、そのまま塗布できると言う特徴があります。浸透性タイプは、コンクリートなどに塗装する際、上塗りの塗料が吸収されるのを抑えるのが特徴です。

・シーラー
シーラーとプライマーの持つ役割は、ほぼ同じです。ただし、シーラーは下地への塗料の吸い込みを防ぐ効果がある点で、プライマーとは区別されます。コンクリートや木材のような多孔質な素材は、直に塗料を塗ると吸い込みが起き、塗装面が乱れてしまいやすいです。その吸い込みを防止することで塗料の厚みを均一に揃え、美しい仕上がりを実現するのに用いられるのがシーラーとなります。
シーラーは大きく分けると油性と水性の二種類があり、ケースバイケースで選んで行くことが大切です。前回の塗装や劣化度合いなどを見てどのように利用していくかを判断します。

油性シーラーは劣化が進んでいる場合に用いられ、乾燥期間は水性よりも短めです。浸透力が強いので吸い込み量は多くなります。また、強い臭いがあります。

水性シーラーは劣化があまりない時に用いられ、乾燥期間は油性よりも長めになります。浸透力が弱く、吸い込み量は少くなります。また、比較的臭いは弱いのが特徴です。

・フィラー
外装に微細なひび割れや亀裂がある時に利用されるのがフィラーです。ひびや亀裂があると、そのまま塗料を使うと仕上がりに凸凹ができてしまいます。そのためフィラーをパテのように使って、下地を平らに整えておく必要があります。最近では亀裂の修正と同時に塗装のノリを改善する、微弾性フィラーも登場しています。

外壁塗装を業者に依頼するときのポイント

下塗りは外装塗装では大切な工程です。もしも、下塗り工程をおろそかにしたり省いてしまったりする業者を選んでしまうと、仕上がりにムラが出たり、しばらくすると塗装が傷んでしまったりする場合もあります。きちんと下塗り作業を行うことが、外装塗装の成功に繋がると言えるでしょう。
そのため、外装塗装を考える際には、下塗り材や塗装方法についての情報を集めて置くことが大切です。下塗りを行わなかったり、作業を飛ばしてしまったりする業者は注意が必要です。

外壁塗装を行う業者を選ぶポイントしては、下記のことが挙げられます。
・下塗り、中塗り、上塗りと三回の工程がしっかり見積もりに記載されている
作業を飛ばしたりせず、しっかりと三回の工程を行う業者かどうかを見極めます。塗料の進化で一度塗りで充分とする業者もいますが、その場合はしっかりとした理由があるか、どんな塗料を使用するか確認したほうが良いでしょう。

・見積もりに塗料名の記載がある
塗料名がオープンであり、なぜその塗料を使うか明確に答えられる場合は、非常に信頼性が高くなります。また、その塗料をメーカーのホームページなどで確認できるため、きちんとした費用感かの確認もできます。

下塗りは外壁塗装の基本となる重要な作業。下塗りの必要性や下塗り材の種類などについてしっかり確認をして、より信頼できる業者に依頼しましょう。

メンテナンスのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • 屋根

    屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

    屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

    台風シーズンの後の大切なこと ここ数年、台風が大型化し、その被害も大きくなりがちです。雨風から住まいを守る役割を持つ屋根は台風の被害を最も受けやすく、それだけにデリケートな部分です。台風シーズンが過ぎた後、大きな被害はな…

  • メンテナンス

    屋根のメンテナンスやリフォームをしないと、どうなるの?

    屋根のメンテナンスやリフォームをしないと、どうなるの?

    屋根のメンテナンスは雨漏りを防ぐため 屋根は日々の雨風や直射日光、また台風などから住まいを守ってくれる大切な部分です。トラブルなく快適に暮らしていくには、定期的な屋根の点検やメンテナンスが欠かせませんし、耐用年数が過ぎた…

  • 屋根材

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    いま、人気の屋根材とは 家を建てたり、屋根を葺き替えたりすることになったら、どのような屋根材を選べばいいのでしょう? 一般的な住宅用として、広く普及している屋根材のスレート。また、近年、耐震性が高く丈夫なことから人気上昇…

  • ライフスタイル

    ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    ガルバリウム鋼板で美観と耐久性を備えた外装づくり

    外装材選びのポイントは? 建物の屋根と外壁はあわせて外装と呼ばれます。屋根の葺き替えや外壁の張り替えなど、外装の大規模なリフォームが必要になったら、また家を建てることになったら、どのような外装材を選べばいいのでしょう? …

  • リフォーム

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    外壁のリフォームが必要になったら 外壁は屋根とともに雨風から住まいを守ってくれる大切な部分です。そのため、外壁にはいろんな性能が求められますが、なかでも、快適に暮らすために重要になるのが断熱性です。断熱性が高ければ、冷暖…

  • リフォーム

    リフォームが必要?知っておきたい屋根・外壁のお手入れ

    リフォームが必要?知っておきたい屋根・外壁のお手入れ

    家の状態を長く良好に保つためにできること 新築から数年経ったわが家の屋根や外壁が汚れてきたら、どうすればいいのでしょう。外にさらされている部分だから、多少の汚れは仕方ないでしょうか。 いいえ、その汚れは屋根や外壁リフォー…

  • ライフスタイル

    湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    収納にはしっかりと湿気対策を 高温多湿の日本で快適な住まいをつくるには、湿気対策が重要になります。それは、居室だけではなく、収納についてもいえることです。家の中には、ふだんあまり開け閉めすることがない収納スペースもあるか…

  • リフォーム

    浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室は快適で安全であってほしい場所 日本人にとって浴室は単に体を洗うだけの場所ではありません。一日の疲れを取り、ゆったり体と心を癒すスペースでもあります。ただ、浴室は住宅の中でも事故が起きやすい場所ともいわれています。浴…

  • リフォーム

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    「家の顔」づくりに大切なスペース 洗濯物やふとんを干したり、エアコンの室外機置き場として、また植木鉢を置いてガーデニング気分を楽しむなど、ベランダは日々の暮らしに欠かせないスペースです。戸建住宅のベランダを安全に維持して…

  • 耐震

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ