外壁をツートンカラーにするなら、どんな色の組み合わせがおすすめ?

外壁塗装をする際にはカラー選びが重要になってきます。どのカラーを選ぼうか迷ったときには、思い切っておしゃれにツートンカラーにしてしまうのはいかがでしょうか。ここでは、ツートンカラーの外壁塗装についてご紹介していきます。

ツートンカラーにすると費用が上がる?

外壁をツートンカラーで仕上げると、ワンカラーで塗装する時よりも費用がかかると考えている方も多いのではないでしょうか。実際は、同じグレードの材料を使う場合には、外壁をツートンカラーで仕上げても、ワンカラーの時と費用はほとんど変わりません。基本的に塗装する面積と塗料のグレードで金額が決まるため、使用する染料の量や作業のプロセスそのものが変わらなければ、費用が多くかかることはありません。ただ、途中で違うカラーに変更をしたり、塗り直しをすると使用する塗料が新たに必要になり、さらに作業のプロセスも増えるため、費用がかかることになります 。

外壁をツートンカラーにする方法

ツートンカラーにする場合、大きく分けて3つの方法があります。

・垂直に色分けして塗装する方法
2階建ての住宅を垂直方向に分けて塗ると、縦の線が強調されて家全体がスッキリと見えるようになります。比較的同色で色分けをしてアクセントを付けます。

・水平方向に色分けをして塗装する方法
1階部分と2階部分を異なるカラーにするような方法です。例えば、明るめのカラーとダークなカラーを組み合わせると、外壁にメリハリが加わります。1階部分をダークに、2階部分を明るいカラーで仕上げた場合は、1階部分に重心がくるため、どっしりとした安定感のある仕上がりになるでしょう。

・凹凸のある部分だけベースカラーと異なるカラーにする方法も
ベランダなどの凹凸部分だけ別のカラーで仕上げます。コントラストの強いカラーを使うことでメリハリが生まれ、家に立体感が加わるというメリットが得られます。

外壁をツートンカラーにするときの色の選び方

ツートンカラーで外壁を仕上げる際には、相性のよいカラーを選びたいところ。例えば、次のような選び方があります。

・調和がとれた同系色でまとめる
同じトーンのカラーでまとめると、家全体の雰囲気が統一されます。カラー同士が違和感なく馴染めば、一部分だけ目立ってしまうということがなくなり、調和のとれた外壁に仕上げることが出来ます。例えば、ブラウンにホワイトを合わせてツートンカラーにする場合は、ブラウンと馴染みやすいやや黄色みを帯びたオフホワイトや薄いベージュを選ぶのが良い方法です。色味が同じ同系色は一種のグラデーション効果が得られるため、自然な仕上がりになります。

・彩度が同じくらいの色を選ぶ
カラーの彩度が大体同じだと、色分けした部分が不自然に目立つ心配がなくなります。薄いベージュとパステルイエローを組み合わせる場合、イエローの彩度が強すぎるとコントラストが強くなり過ぎてしまうことがあります。2つのカラーの境目を自然に見せるためにも、同じくらいの彩度のカラーを使うのが1つのコツになるでしょう。

・ベースカラーやアソートカラー、アクセントカラーを意識して選ぶ
外壁を複数のカラーで仕上げるときには、ベースカラー、アソートカラー、アクセントカラーの3色を使うのが1つの方法と考えられています。この方法をとる場合、外壁のベースになるベースカラーを約70パーセント、アソートカラーを約25パーセントの割合で使用します。アクセントカラーは、部分的にあしらうカラーであり、割合は約5パーセント。それぞれ相性のよいカラーを選ぶのが、ポイントになってきます。

・景観になじみやすいカラーを選ぶ
近隣の景観も、カラーを選ぶ時に少し意識しておきたい要素です。落ち着いた雰囲気の住宅が多いエリアでは、原色のカラーを避けるなどの工夫も大切になってくるでしょう。

おすすめの色の組み合わせ例

ツートンカラーでおすすめなのが、例えばアイボリーとライトグレーの組み合わせです。これらのカラーで仕上げた場合、ソフトで上品な印象を出すことが出来ます。彩度を同じトーンに合わせれば、違和感のない組み合わせになるでしょう。
少しメリハリのあるツートンカラーを希望するときには、クリームと藍色の組み合わせもおすすめです。黄色みを帯びたクリーム色とブルー系の藍色は補色関係にあり、元々相性のよいカラーです。この組み合わせは、爽やかでありながらも、柔らかい雰囲気の家に仕上がる可能性があります。
また、ホワイトとブラウンも失敗が少ない組み合わせ。レンガや木を彷彿させるブラウンにホワイトを合わせると、ナチュラルな印象の家に仕上がります。適度なメリハリが生まれ、活気のある雰囲気が出るのもメリットと言えるでしょう。

外壁塗装を行う業者は、塗装するカラーのシミュレーションサービスを行っている場合があります。事前にカラーバランスを確認するのに役立ちます。試し塗りやサンプルを見せてもらうといった方法も取り入れて、ベストなカラーを選択していきましょう。

メンテナンスのおすすめ記事

  • 結露してしまう原因は? 結露を防止するための対策

    結露してしまう原因は? 結露を防止するための対策

    冬場多くの家庭を悩ませている結露。放置するとカビやダニを発生させ家にダメージを与えることにもなるので、しっかりと対策を取ることが大切です。結露の原因を知って、効果的に対処できるよう気を配っていきましょう。 結露の原因とは…

  • 手入れは大変? 勾配天井がある家のメリットとデメリット

    手入れは大変? 勾配天井がある家のメリットとデメリット

    古民家風のカフェなどに入ると、勾配天井になっていることがあります。こうした天井はなんとなく趣もあって、素敵だなと感じている方も多いのではないでしょうか。もしかすると、自宅の新築やリフォームで勾配天井を採用してみようと考え…

  • 住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるために大切なこと 春の花が咲き、過ごしやすい季節になりました。比較的気候が穏やかに安定しているこの時期に、ご自宅のお手入れについて考えてみてはいかがでしょう。いつまでも快適に暮らすために、マイホームは…

  • 住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    雨どいが大切な理由 戸建住宅の屋根や外壁は住まいを雨風から守る大切な部分です。それとともに、雨水から家を守るために大きな役割をしているのが雨どいです。雨どいには屋根の付属品のようなイメージがあるかもしれませんが、十分に機…

  • 油断は禁物! ゲリラ豪雨で雨漏りしてしまう前にやっておくべきメンテナンス

    油断は禁物! ゲリラ豪雨で雨漏りしてしまう前にやっておくべきメンテナンス

    近年、「ゲリラ豪雨」と呼ばれる局地的な集中豪雨が多くなりました。ゲリラ豪雨は、予期しないときに突然、せまい範囲に集中的に降る激しい雨のことで、住宅などに大きな被害をもたらすこともあります。 ゲリラ豪雨だけでなく、日本は梅…

  • 葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    どんなに小まめに掃除をしている家でも、年月が経過すれば劣化してしまうもの。特に、雨や風、雪や紫外線などから私たちの暮らしを守ってくれている“屋根”は大きなダメージを負うことになります。 ちょっとした色あせ程度であれば塗装…

  • 屋根のメンテナンスやリフォームをしないと、どうなるの?

    屋根のメンテナンスやリフォームをしないと、どうなるの?

    屋根のメンテナンスは雨漏りを防ぐため 屋根は日々の雨風や直射日光、また台風などから住まいを守ってくれる大切な部分です。トラブルなく快適に暮らしていくには、定期的な屋根の点検やメンテナンスが欠かせませんし、耐用年数が過ぎた…

  • 外壁にひび割れが……ひび割れをしてしまう原因と発見後の対策

    外壁にひび割れが……ひび割れをしてしまう原因と発見後の対策

    外壁のひび割れは見た目が悪くなるだけでなく、ひび割れたところから建物の劣化が始まり非常に危険です。外壁にひび割れを発見した時は放置せず、早めに適切な処置をすることが必要です。外壁がひび割れてしまう原因を解き明かして、正し…

  • リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    住宅の細かい不具合はリフォームのタイミングで一気に解決 住宅のリフォームをするきっかけや理由は人によりさまざま。とはいえ、戸建住宅の場合、壁紙の貼り替えや古くなったシステムキッチンやユニットバスの交換など、おおよそ10年…

  • 屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    家を守る大切な外壁や屋根の工事だから 外壁や屋根の修繕・リフォームが必要になったら、外装業者に工事を依頼することになります。外装は住宅全体を雨風から守る重要な部分ですから、きっちりとした施工が欠かせません。とはいえ、屋根…

その他のおすすめ記事

  • 屋根

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    屋根ってメンテナンスが必要なの? ここ数年、中古住宅のリフォームやリノベーションが増えています。これからは、1度建てた住宅を長く大切に維持していく傾向にあるようです。 マイホームを長持ちさせ、いつまでも快適に暮らすには定…

  • 屋根材

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根の雨漏りの意外な原因 雨の多い季節になりました。木造住宅の大敵、雨漏りをしっかり防いでいきたいものです。 雨漏りの原因といえば、屋根の瓦やスレートの破損、ズレ、または窓のサッシまわりのシーリングの劣化などが考…

  • リフォーム

    「雨漏りがなければ大丈夫」は大間違い! 屋根のリフォームのタイミングと方法は?

    「雨漏りがなければ大丈夫」は大間違い! 屋根のリフォームのタイミングと方法は?

    雨漏りしてからでは遅すぎる 家を構成する部位の中でも、屋根は直接雨風から住まいを守ってくれる重要な部分です。しかしながら、日ごろはあまり屋根のことを気にしていない人が多いのではないでしょうか? また、新築から何年も経過し…

  • 屋根

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の塗替えをする理由は? 日本の夏といえば、台風がつきもの。台風をはじめとする自然災害が多い日本の住宅においては、屋根メンテナンスをきちんとすることが家の寿命を伸ばす秘訣になります。屋根はつねに紫外線や風雨に直接さらさ…

  • メンテナンス

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

  • メンテナンス

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    持ち家の価値を維持するために 建築の専門家が住宅の状態を検査するサービス「ホームインスペクション(住宅診断)」が広がりつつあります。中古住宅市場の活性化を目指し、国交省もホームインスペクションを普及させる方針です。これか…

  • リフォーム

    収納のリフォームトラブルを防ぐには

    収納のリフォームトラブルを防ぐには

    使いやすい収納をつくるには 何かとスペースが限られる日本の住宅事情では、収納に悩むご家庭は少なくないと思います。自宅をリフォームするのなら、後になって「収納が足りない」「なんとなくクローゼットが使いにくい」といったことは…

  • 屋根

    屋根に太陽光発電を設置する際の注意点

    屋根に太陽光発電を設置する際の注意点

    近年ではスマートハウスやゼロエネルギーハウス(ZEH)が話題となっています。また、2020年の省エネ基準適合住宅の義務化などもあり、ますます太陽光発電に注目が集まっています。ここでは、太陽光発電を設置できる屋根の種類やメ…

  • 屋根

    大阪城の美しい緑の屋根をよみがえらせた、驚きの屋根修理とは

    大阪城の美しい緑の屋根をよみがえらせた、驚きの屋根修理とは

    大阪城の屋根材は? 古くから、商都・大阪のランドマークであり続ける大阪城。美しい緑の屋根がそのシンボルになっていますが、この屋根は何でできているかご存知ですか?屋根材としては立派な本瓦の形状をしていますが、緑色の瓦を葺い…

  • 屋根材

    世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    京都・清水の舞台の高さは? 千年の都として栄えた古都・京都。二条城や平等院など「古都京都の文化財」として知られる17ヵ所の文化財は世界遺産にも指定されています。 そうした文化財群のなかでも、特に有名なのが清水寺です。この…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ