玄関ドアの塗装は必要? 玄関ドアの塗装を考えるべきタイミング

その家の顔ともいうべき玄関ドア。しかし、そのドアの塗装が剥げていたり色褪せていたりすると、これだけで家全体の印象が悪くなりかねません。そのため、玄関ドアの塗装や補修が必要になるわけですが、塗装のタイミングや、塗装ではなく補修したほうが良いのかなど、なかなか分からないことも多いはずです。そこで塗装するタイミングのことも含め、ここでは玄関ドアの塗装や補修について詳しく紹介しましょう。

玄関ドアの塗装あるいは補修を考えるべきタイミングは?

玄関ドアの種類によってタイミングが異なります。種類によっては塗装が不可能なドアもあります(後ほど紹介します)。

・木製ドアの場合
ドア全体の光沢感が落ちていたり、爪でひっかいたときに塗料が剥がれてしまったりするなどの状態になったら塗装すべきタイミングと言えます。腐食など木材の劣化が進んで、ドア本体にヒビ割れや大きなキズが目につくようになった場合には塗装ではなく補修が必要です。

・金属製ドアの場合
キズやサビの大小から判断していきます。金属製ドア表面の小さいキズや軽いサビ程度であれば、キズを修復した上から塗装したり、サビ落としのケレンがけをしたりすれば済みます。ただし、キズがかなり目立ったり、サビの進行具合が深刻だったりする場合には、ドア自体を交換するなど全面的な改修が必要になります。

中には塗装ができない玄関ドアもあるって本当?

中には塗装するのに困難な玄関ドアがあることも知っておきましょう。それはアルミ製の玄関ドアです。アルミ製の場合、外壁などで使用する通常の塗料ではなく、硬度を増すための強溶剤塗料による吹付けが必要になります。準備する専用塗料はもちろん、吹付けの際にも高度な専門的技術を要するため、アルミ製の玄関ドアについては断る業者もあるので注意が必要です。どうしてもアルミ製ドアの塗装が必要な時には、信頼できる専門業者をじっくり探すことが大切です。このような業者を見極めるためには、インターネットで業者の公式HPや口コミを調べたり、塗装実績や工法事例を書面等で見せてもらい、詳しい話を聞くといいでしょう。

玄関ドアの塗装工程や期間

先述したように、玄関ドアの材質や劣化進度ごとに、塗装のタイミングや使用する塗料が異なります。このことから当然、塗装の工程や期間にも以下のような違いが出てきます。

・木製ドアの場合の塗装工程と期間
まず旧塗膜を剥離し、あるいは研磨しながら下地処理を行います。次に周囲の養生を行った上で、木材用の塗布剤で下塗りをします。下塗剤が乾いたら、薄めのペイント剤で中塗り、さらに上塗りを実行して完成です。期間については2~4日ほどですが、湿度や温度に反応しやすい木製ドアの場合には、季節や天候にも左右されるので、多めに1週間は見込んでおいた方がよいでしょう。

・金属製ドアの場合の塗装工程と期間
ケレンがけと呼ばれるサビ落としの下地処理から始まります。これが終わると周囲の養生をして、サビ止め剤の入った塗料で下塗りを行います。下塗りが乾けば、木製ドアと同じく中塗りと上塗りを繰り返して完成です。ここでも必要な期間は、2~4日程度と考えておくとよいでしょう。

玄関ドアの塗装を外壁塗装と一緒に行うメリット

玄関ドアの塗装にかかる費用は、木製の場合がおよそ約3~10万円、さらに、補修になると約25~数十万円が相場です。また、金属製の場合でも塗装が約5~10万円、補修をするとやはり約25~数十万円が必要です。
ドアのみの塗装や補修にしては高い費用に感じる方もいるかもしれませんが、業者側としては準備する塗料や要求される技術に比べ、あまり利益に結びつかないことから、玄関ドアだけの依頼には難色を示すケースもあります。そこでおすすめしたいのが、家の外壁と一緒に玄関ドアの塗装を発注することです。より費用のかかる外壁と一緒であれば、養生なども1回で済むので、コストを抑えたいオーナー側は交渉しやすくなります。また、家全体の見積もりから工事までをトータルに行えば、工期の短縮にもつながります。業者側としても見積もりや養生の効率化を図れる上、塗装面積が増えれば利益の向上も期待できるため、費用面でのサービスもしやすくなります。

玄関ドアの種類や材質によって、塗装や補修のコストも大きく変わってきます。まず業者に依頼する前に、メンテナンスをしたい家の玄関ドアの素材や劣化具合を自分でしっかり把握した上で、そのニーズにマッチした業者を見つけることが肝心です。家の顔である玄関ドアだからこそ、納得のいく仕上がりになるようにしていきましょう。

メンテナンスのおすすめ記事

  • リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    住宅の細かい不具合はリフォームのタイミングで一気に解決 住宅のリフォームをするきっかけや理由は人によりさまざま。とはいえ、戸建住宅の場合、壁紙の貼り替えや古くなったシステムキッチンやユニットバスの交換など、おおよそ10年…

  • 住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    雨どいが大切な理由 戸建住宅の屋根や外壁は住まいを雨風から守る大切な部分です。それとともに、雨水から家を守るために大きな役割をしているのが雨どいです。雨どいには屋根の付属品のようなイメージがあるかもしれませんが、十分に機…

  • 家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    シロアリは木造住宅にとって大敵です。シロアリが発生してしまうと家の土台や根太(ねだ)なども浸食されますし、放置しておくと被害は拡大します。ここでは、木造住宅の天敵とも言えるシロアリへの対策についてご紹介しますので、被害を…

  • 戸建住宅の修繕計画を立てよう

    戸建住宅の修繕計画を立てよう

    家は購入してからが大事 マイホームを持つことが将来の夢という人は少なくないでしょう。しかし、家は手に入れることがゴールではありません。長年にわたって良い状態を維持し、快適に暮らし続けるのが大切です。 日本では、これまで木…

  • 外壁塗装時に発生する臭いの対処法

    外壁塗装時に発生する臭いの対処法

    家を新築するときや外壁をリフォームするときに外壁塗装を行いますが、そこで心配になるのが臭いの問題です。外壁塗装時に気になる臭いは何なのか、身体に害はあるのか?その対策について詳しくご紹介します。 家の中が臭い!外壁塗装時…

  • 外壁塗装で起こる可能性のある近所トラブルとは

    外壁塗装で起こる可能性のある近所トラブルとは

    家を建てる時やリフォームの時に行う外壁塗装工事ですが、近所に配慮をしないとトラブルになることがあります。この記事では外壁塗装で起こる可能性のあるトラブルについてと、リスクを軽減するための方法を紹介します。 外壁塗装をする…

  • 葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    どんなに小まめに掃除をしている家でも、年月が経過すれば劣化してしまうもの。特に、雨や風、雪や紫外線などから私たちの暮らしを守ってくれている“屋根”は大きなダメージを負うことになります。 ちょっとした色あせ程度であれば塗装…

  • 手入れは大変? 勾配天井がある家のメリットとデメリット

    手入れは大変? 勾配天井がある家のメリットとデメリット

    古民家風のカフェなどに入ると、勾配天井になっていることがあります。こうした天井はなんとなく趣もあって、素敵だなと感じている方も多いのではないでしょうか。もしかすると、自宅の新築やリフォームで勾配天井を採用してみようと考え…

  • ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    雨漏りというと屋根が原因のように思われがちですが、ベランダやバルコニーから起こることもあるのはご存知でしょうか。放置しておくと建物の劣化を引き起こすため、早めの対策が必要です。天井のシミなどを見つけたら、まずはベランダや…

  • スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレートって、どんな屋根材? 住宅用の屋根材として広く普及しているものに人工スレートがあります。人工スレートとは、セメントと各種の繊維を混ぜ、薄く平たい板状に成型し、表面を塗装で仕上げたものです。スレートには、天然石でで…

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレートって、どんな屋根材? 住宅用の屋根材として広く普及しているものに人工スレートがあります。人工スレートとは、セメントと各種の繊維を混ぜ、薄く平たい板状に成型し、表面を塗装で仕上げたものです。スレートには、天然石でで…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ