玄関ドアの塗装は必要? 玄関ドアの塗装を考えるべきタイミング

その家の顔ともいうべき玄関ドア。しかし、そのドアの塗装が剥げていたり色褪せていたりすると、これだけで家全体の印象が悪くなりかねません。そのため、玄関ドアの塗装や補修が必要になるわけですが、塗装のタイミングや、塗装ではなく補修したほうが良いのかなど、なかなか分からないことも多いはずです。そこで塗装するタイミングのことも含め、ここでは玄関ドアの塗装や補修について詳しく紹介しましょう。

玄関ドアの塗装あるいは補修を考えるべきタイミングは?

玄関ドアの種類によってタイミングが異なります。種類によっては塗装が不可能なドアもあります(後ほど紹介します)。

・木製ドアの場合
ドア全体の光沢感が落ちていたり、爪でひっかいたときに塗料が剥がれてしまったりするなどの状態になったら塗装すべきタイミングと言えます。腐食など木材の劣化が進んで、ドア本体にヒビ割れや大きなキズが目につくようになった場合には塗装ではなく補修が必要です。

・金属製ドアの場合
キズやサビの大小から判断していきます。金属製ドア表面の小さいキズや軽いサビ程度であれば、キズを修復した上から塗装したり、サビ落としのケレンがけをしたりすれば済みます。ただし、キズがかなり目立ったり、サビの進行具合が深刻だったりする場合には、ドア自体を交換するなど全面的な改修が必要になります。

中には塗装ができない玄関ドアもあるって本当?

中には塗装するのに困難な玄関ドアがあることも知っておきましょう。それはアルミ製の玄関ドアです。アルミ製の場合、外壁などで使用する通常の塗料ではなく、硬度を増すための強溶剤塗料による吹付けが必要になります。準備する専用塗料はもちろん、吹付けの際にも高度な専門的技術を要するため、アルミ製の玄関ドアについては断る業者もあるので注意が必要です。どうしてもアルミ製ドアの塗装が必要な時には、信頼できる専門業者をじっくり探すことが大切です。このような業者を見極めるためには、インターネットで業者の公式HPや口コミを調べたり、塗装実績や工法事例を書面等で見せてもらい、詳しい話を聞くといいでしょう。

玄関ドアの塗装工程や期間

先述したように、玄関ドアの材質や劣化進度ごとに、塗装のタイミングや使用する塗料が異なります。このことから当然、塗装の工程や期間にも以下のような違いが出てきます。

・木製ドアの場合の塗装工程と期間
まず旧塗膜を剥離し、あるいは研磨しながら下地処理を行います。次に周囲の養生を行った上で、木材用の塗布剤で下塗りをします。下塗剤が乾いたら、薄めのペイント剤で中塗り、さらに上塗りを実行して完成です。期間については2~4日ほどですが、湿度や温度に反応しやすい木製ドアの場合には、季節や天候にも左右されるので、多めに1週間は見込んでおいた方がよいでしょう。

・金属製ドアの場合の塗装工程と期間
ケレンがけと呼ばれるサビ落としの下地処理から始まります。これが終わると周囲の養生をして、サビ止め剤の入った塗料で下塗りを行います。下塗りが乾けば、木製ドアと同じく中塗りと上塗りを繰り返して完成です。ここでも必要な期間は、2~4日程度と考えておくとよいでしょう。

玄関ドアの塗装を外壁塗装と一緒に行うメリット

玄関ドアの塗装にかかる費用は、木製の場合がおよそ約3~10万円、さらに、補修になると約25~数十万円が相場です。また、金属製の場合でも塗装が約5~10万円、補修をするとやはり約25~数十万円が必要です。
ドアのみの塗装や補修にしては高い費用に感じる方もいるかもしれませんが、業者側としては準備する塗料や要求される技術に比べ、あまり利益に結びつかないことから、玄関ドアだけの依頼には難色を示すケースもあります。そこでおすすめしたいのが、家の外壁と一緒に玄関ドアの塗装を発注することです。より費用のかかる外壁と一緒であれば、養生なども1回で済むので、コストを抑えたいオーナー側は交渉しやすくなります。また、家全体の見積もりから工事までをトータルに行えば、工期の短縮にもつながります。業者側としても見積もりや養生の効率化を図れる上、塗装面積が増えれば利益の向上も期待できるため、費用面でのサービスもしやすくなります。

玄関ドアの種類や材質によって、塗装や補修のコストも大きく変わってきます。まず業者に依頼する前に、メンテナンスをしたい家の玄関ドアの素材や劣化具合を自分でしっかり把握した上で、そのニーズにマッチした業者を見つけることが肝心です。家の顔である玄関ドアだからこそ、納得のいく仕上がりになるようにしていきましょう。

メンテナンスのおすすめ記事

  • 外壁塗装で起こる可能性のある近所トラブルとは

    外壁塗装で起こる可能性のある近所トラブルとは

    家を建てる時やリフォームの時に行う外壁塗装工事ですが、近所に配慮をしないとトラブルになることがあります。この記事では外壁塗装で起こる可能性のあるトラブルについてと、リスクを軽減するための方法を紹介します。 外壁塗装をする…

  • 外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は家を守るためにも一定周期で行う必要がありますが、その塗装を長持ちさせるためには適した季節に塗装作業をすることが大切です。そこで、塗装に適した季節はいつ頃なのか、雨の日に塗装はしてもよいのか、その場合作業…

  • リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    住宅の細かい不具合はリフォームのタイミングで一気に解決 住宅のリフォームをするきっかけや理由は人によりさまざま。とはいえ、戸建住宅の場合、壁紙の貼り替えや古くなったシステムキッチンやユニットバスの交換など、おおよそ10年…

  • 結露してしまう原因は? 結露を防止するための対策

    結露してしまう原因は? 結露を防止するための対策

    冬場多くの家庭を悩ませている結露。放置するとカビやダニを発生させ家にダメージを与えることにもなるので、しっかりと対策を取ることが大切です。結露の原因を知って、効果的に対処できるよう気を配っていきましょう。 結露の原因とは…

  • 外壁塗装時に発生する臭いの対処法

    外壁塗装時に発生する臭いの対処法

    家を新築するときや外壁をリフォームするときに外壁塗装を行いますが、そこで心配になるのが臭いの問題です。外壁塗装時に気になる臭いは何なのか、身体に害はあるのか?その対策について詳しくご紹介します。 家の中が臭い!外壁塗装時…

  • 外壁にカビができる原因と落とし方とは? 予防する方法も紹介

    外壁にカビができる原因と落とし方とは? 予防する方法も紹介

    家の外壁が汚れている、こすってみてもなかなかシミが落ちない……という場合、その汚れやシミの正体はカビかもしれません。そこで、そもそもなぜ外壁にカビができるのか、カビを落として再びカビができないようにするにはどうすればよい…

  • 外壁にコケが生えてしまう原因は? コケが生えてしまったときの対処法

    外壁にコケが生えてしまう原因は? コケが生えてしまったときの対処法

    コケは観賞用に育てる分には良いものですが、マイホームの外壁に意図せずに生えてしまったものは非常に迷惑です。コケは見た目が悪いだけでなく、実は家や人にも悪影響を与える恐れがあります。コケに気づいたら、早めに正しく対処してお…

  • 在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    住宅工法の種類を知ろう 家を建てることになったら、いろいろと知っておきたいことがあります。その中でも基本となるのが住宅の工法です。工法とは建物の骨組み(躯体)をつくる方法のこと。在来工法とツーバイフォーがよく知られていま…

  • 葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    どんなに小まめに掃除をしている家でも、年月が経過すれば劣化してしまうもの。特に、雨や風、雪や紫外線などから私たちの暮らしを守ってくれている“屋根”は大きなダメージを負うことになります。 ちょっとした色あせ程度であれば塗装…

その他のおすすめ記事

  • 屋根材

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    外壁サイディングってなに? 家を建てたり、外装のリフォームをすることになったら、屋根や外壁にどのような材料を使うかが大きなポイントになります。材料によって建物全体の外観イメージが大きく変わりますし、その後の維持メンテナン…

  • リフォーム

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    外壁のリフォームが必要になったら 外壁は屋根とともに雨風から住まいを守ってくれる大切な部分です。そのため、外壁にはいろんな性能が求められますが、なかでも、快適に暮らすために重要になるのが断熱性です。断熱性が高ければ、冷暖…

  • 屋根

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    外観イメージを左右する屋根の色 屋根の塗替えリフォームをすることになったら、どのように色を選べばいいのでしょう? 屋根は外壁とともに、住宅の外観イメージを構成する主要な部分。屋根の色選びによって、家の見た目は大きく変わり…

  • リフォーム

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    修繕計画を立てて効率よいメンテナンスを 日銀のマイナス金利政策の影響で、預金利息がほぼ0%になっています。貯めて増やすのがむずかしい時代になりましたが、ご自宅の修繕資金は計画されていますか? うちは戸建てなので、マンショ…

  • 屋根材

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根の雨漏りの意外な原因 雨の多い季節になりました。木造住宅の大敵、雨漏りをしっかり防いでいきたいものです。 雨漏りの原因といえば、屋根の瓦やスレートの破損、ズレ、または窓のサッシまわりのシーリングの劣化などが考…

  • メンテナンス

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根はいつか「葺き替え」が必要に 家は長年にわたって住み続けるもの。戸建住宅でいつまでも快適に暮らしていくには、内外装や設備の適切なメンテナンスやリフォームが欠かせません。住まいの快適さを支えるのは住宅の性能ですが、住宅…

  • 屋根

    火災保険が使えるって本当? 火災保険で屋根工事を行う方法とは

    火災保険が使えるって本当? 火災保険で屋根工事を行う方法とは

    住宅ローンを組む際に加入義務があったため火災保険に加入している、という方も多いでしょう。実はこの火災保険、火災が起きたときだけに利用できる保険ではないのです。場合によっては火災保険を使って屋根工事を行うこともできます。こ…

  • 屋根材

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    再注目される国立代々木競技場 2020年の2度目の東京オリンピック開催に向け、新国立競技場や選手村の建設が急ピッチで進んでいます。一方で、前回開催時の施設を今回も利用することが決まっています。そうした施設の中でも、特に有…

  • 屋根材

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    瓦にもいろいろある? 日本の住宅地でよく見かける瓦屋根。その屋根材といえば、当然ながら昔から伝わる日本瓦を思い浮かべる人は多いでしょう。とはいえ、日本瓦によく似た「セメント瓦」という屋根材について耳にしたことはありません…

  • 屋根

    屋根から伝わる熱を遮断できる? 屋根の遮熱方法

    屋根から伝わる熱を遮断できる? 屋根の遮熱方法

    夏になると家の中はどうしても暑くなってしまいますよね。 でも、室内が暑いのは外の気温のせいだけではありません。実は、家の作りによって、室内がとても暑くなってしまう場合があります。ここでは夏に室内が暑くなってしまう原因や、…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ