玄関ドアの塗装は必要? 玄関ドアの塗装を考えるべきタイミング

その家の顔ともいうべき玄関ドア。しかし、そのドアの塗装が剥げていたり色褪せていたりすると、これだけで家全体の印象が悪くなりかねません。そのため、玄関ドアの塗装や補修が必要になるわけですが、塗装のタイミングや、塗装ではなく補修したほうが良いのかなど、なかなか分からないことも多いはずです。そこで塗装するタイミングのことも含め、ここでは玄関ドアの塗装や補修について詳しく紹介しましょう。

玄関ドアの塗装あるいは補修を考えるべきタイミングは?

玄関ドアの種類によってタイミングが異なります。種類によっては塗装が不可能なドアもあります(後ほど紹介します)。

・木製ドアの場合
ドア全体の光沢感が落ちていたり、爪でひっかいたときに塗料が剥がれてしまったりするなどの状態になったら塗装すべきタイミングと言えます。腐食など木材の劣化が進んで、ドア本体にヒビ割れや大きなキズが目につくようになった場合には塗装ではなく補修が必要です。

・金属製ドアの場合
キズやサビの大小から判断していきます。金属製ドア表面の小さいキズや軽いサビ程度であれば、キズを修復した上から塗装したり、サビ落としのケレンがけをしたりすれば済みます。ただし、キズがかなり目立ったり、サビの進行具合が深刻だったりする場合には、ドア自体を交換するなど全面的な改修が必要になります。

中には塗装ができない玄関ドアもあるって本当?

中には塗装するのに困難な玄関ドアがあることも知っておきましょう。それはアルミ製の玄関ドアです。アルミ製の場合、外壁などで使用する通常の塗料ではなく、硬度を増すための強溶剤塗料による吹付けが必要になります。準備する専用塗料はもちろん、吹付けの際にも高度な専門的技術を要するため、アルミ製の玄関ドアについては断る業者もあるので注意が必要です。どうしてもアルミ製ドアの塗装が必要な時には、信頼できる専門業者をじっくり探すことが大切です。このような業者を見極めるためには、インターネットで業者の公式HPや口コミを調べたり、塗装実績や工法事例を書面等で見せてもらい、詳しい話を聞くといいでしょう。

玄関ドアの塗装工程や期間

先述したように、玄関ドアの材質や劣化進度ごとに、塗装のタイミングや使用する塗料が異なります。このことから当然、塗装の工程や期間にも以下のような違いが出てきます。

・木製ドアの場合の塗装工程と期間
まず旧塗膜を剥離し、あるいは研磨しながら下地処理を行います。次に周囲の養生を行った上で、木材用の塗布剤で下塗りをします。下塗剤が乾いたら、薄めのペイント剤で中塗り、さらに上塗りを実行して完成です。期間については2~4日ほどですが、湿度や温度に反応しやすい木製ドアの場合には、季節や天候にも左右されるので、多めに1週間は見込んでおいた方がよいでしょう。

・金属製ドアの場合の塗装工程と期間
ケレンがけと呼ばれるサビ落としの下地処理から始まります。これが終わると周囲の養生をして、サビ止め剤の入った塗料で下塗りを行います。下塗りが乾けば、木製ドアと同じく中塗りと上塗りを繰り返して完成です。ここでも必要な期間は、2~4日程度と考えておくとよいでしょう。

玄関ドアの塗装を外壁塗装と一緒に行うメリット

玄関ドアの塗装にかかる費用は、木製の場合がおよそ約3~10万円、さらに、補修になると約25~数十万円が相場です。また、金属製の場合でも塗装が約5~10万円、補修をするとやはり約25~数十万円が必要です。
ドアのみの塗装や補修にしては高い費用に感じる方もいるかもしれませんが、業者側としては準備する塗料や要求される技術に比べ、あまり利益に結びつかないことから、玄関ドアだけの依頼には難色を示すケースもあります。そこでおすすめしたいのが、家の外壁と一緒に玄関ドアの塗装を発注することです。より費用のかかる外壁と一緒であれば、養生なども1回で済むので、コストを抑えたいオーナー側は交渉しやすくなります。また、家全体の見積もりから工事までをトータルに行えば、工期の短縮にもつながります。業者側としても見積もりや養生の効率化を図れる上、塗装面積が増えれば利益の向上も期待できるため、費用面でのサービスもしやすくなります。

玄関ドアの種類や材質によって、塗装や補修のコストも大きく変わってきます。まず業者に依頼する前に、メンテナンスをしたい家の玄関ドアの素材や劣化具合を自分でしっかり把握した上で、そのニーズにマッチした業者を見つけることが肝心です。家の顔である玄関ドアだからこそ、納得のいく仕上がりになるようにしていきましょう。

メンテナンスのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • 耐震

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • ライフスタイル

    スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    外観イメージを決めるものとは 住宅の外観イメージは住まいの「顔」ともいえる大切なもの。家を新築したり、外装のリフォームをすることになったら、景観にほどよくマッチし、住む人はもちろん訪れる人にも好印象を与える外観にしたいで…

  • 屋根

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    屋根ってメンテナンスが必要なの? ここ数年、中古住宅のリフォームやリノベーションが増えています。これからは、1度建てた住宅を長く大切に維持していく傾向にあるようです。 マイホームを長持ちさせ、いつまでも快適に暮らすには定…

  • 屋根材

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    再注目される国立代々木競技場 2020年の2度目の東京オリンピック開催に向け、新国立競技場や選手村の建設が急ピッチで進んでいます。一方で、前回開催時の施設を今回も利用することが決まっています。そうした施設の中でも、特に有…

  • メンテナンス

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    どんなに小まめに掃除をしている家でも、年月が経過すれば劣化してしまうもの。特に、雨や風、雪や紫外線などから私たちの暮らしを守ってくれている“屋根”は大きなダメージを負うことになります。 ちょっとした色あせ程度であれば塗装…

  • リフォーム

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    外壁のリフォームが必要になったら 外壁は屋根とともに雨風から住まいを守ってくれる大切な部分です。そのため、外壁にはいろんな性能が求められますが、なかでも、快適に暮らすために重要になるのが断熱性です。断熱性が高ければ、冷暖…

  • 屋根材

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    金属瓦は現代の屋根材? 日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。 ガルバリウム鋼…

  • リフォーム

    リフォームが必要?知っておきたい屋根・外壁のお手入れ

    リフォームが必要?知っておきたい屋根・外壁のお手入れ

    家の状態を長く良好に保つためにできること 新築から数年経ったわが家の屋根や外壁が汚れてきたら、どうすればいいのでしょう。外にさらされている部分だから、多少の汚れは仕方ないでしょうか。 いいえ、その汚れは屋根や外壁リフォー…

  • ライフスタイル

    屋根の人気色 、色彩相談室!

    屋根の人気色 、色彩相談室!

    屋根の色にも流行がある? うららかで過ごしやすくなりました。梅雨に向かう前の春は四季の中でも屋根の塗替えに適した季節です。これから街中の緑も生い茂ってきますから、周辺環境と合わせて家のカラーリングを考えるのもいいかもしれ…

  • リフォーム

    快適な玄関にしよう! 玄関をリフォームするメリット

    快適な玄関にしよう! 玄関をリフォームするメリット

    家の“顔”とも言える玄関。“顔”だけあって、玄関を変えるだけで家のイメージ全体も変わるものなので、リフォームの際にはこだわりたいものです。ここでは玄関リフォームのメリットや種類についてご紹介します。 玄関リフォームを検討…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ