外壁塗装で起こる可能性のある近所トラブルとは

家を建てる時やリフォームの時に行う外壁塗装工事ですが、近所に配慮をしないとトラブルになることがあります。この記事では外壁塗装で起こる可能性のあるトラブルについてと、リスクを軽減するための方法を紹介します。

外壁塗装をすることで起こる可能性のある近所トラブルとは

外壁塗装をする際は外に足場を組み立てて行うことがほとんどです。その足場の組立や解体にはどうしても騒音がつきものです。また、業者の出入りや使用する高圧洗浄機の音も騒音として迷惑をかけてしまう 可能性があります。
騒音以外では臭いによるトラブルもあります。ペンキなどの外壁塗装用塗料は有機溶剤としてシンナーを用いていることが多く、独特の臭いがしてしまいます。またシンナーは人によっては健康被害が出ることもあり、トラブルになりやすいです。その他、塗料や水などが近所の家に飛散してしまい、塗装業者の車が路上に駐車していて近隣の居住者の邪魔になってしまい、トラブルになるということもあります。

外壁塗装による近所トラブルを防ぐには

まず、塗装工事を始める前に必ず挨拶回りをしておくことをおすすめします。ほとんどの塗装業者が工事前日には近所への挨拶回りを行ってくれますが、施工主自ら挨拶をした方がさらに印象はよいでしょう。その際に伝えておかなくてはならないのは、施工開始日と施工終了予定日、加えて施工する時間です。日程の見積もりは業者が出してくれますが、場合によっては長引くこともあります。その際は長引くことが分かった時点で再度挨拶に出向き、何か迷惑していることがないかを尋ねると印象はよくなります。もちろん工事が終わった後に挨拶をしておくと、次回塗装をすることがあった際に役立ちます。

近所の方に挨拶するタイミング

直前に言われても対応ができない、仕事などで不在ということがあるので、施工開始1週間前までには告知をしておくとよいでしょう。また、工期はもちろん簡単な内容を伝えておくと近所の人も安心します。業者によっては施工開始前の挨拶に付き添ってくれるところもあります。その際は詳しい説明は業者にお願いし、施工主は迷惑をかけることについて挨拶をしておきましょう。

また、足場設置や高圧洗浄の実施など、大きい騒音が出るタイミングではその直前にもお知らせしておくと良いでしょう。工事が完了したら感謝の挨拶回りをするとさらに印象が良くなります。

挨拶をする際に持っていったほうが良いもの

挨拶回りをする際に何か粗品などを配る方もいるでしょうが、何を送ればいいか悩むところです。あまり高価なものを渡されてもかえって迷惑となってしまうことがあるため、500円から1000円程度の日用品、例えばお菓子やタオル、洗剤などが好まれるようです。
粗品を贈る際には挨拶状もつけておくとよいでしょう。文書でのやり取りは、後々のトラブルを避けるのにも重要です。工期や時間、連絡先などの情報をつけておくとよいでしょう。

どの範囲まで挨拶をするべき?

さらに悩むのはどの範囲まで挨拶をするのかということでしょう。
一般的には両隣、向こう3軒、裏3軒と言われています。自宅が通りに面しているのであれば周囲8軒に挨拶回りをしておきましょう。もちろん、住宅が密集している地域ではもっと範囲が増えることもありますし、逆にほとんど家が建っておらず周囲に迷惑をかけないのであれば少なくても構いません。
住宅が袋小路になっている場合、通りに面した住宅に比べて車でのトラブルが起こりやすいので、自宅のある袋小路に面している家には全て挨拶回りをしておく方が無難と言えます。

外壁塗装には様々な理由から近所トラブルが起こりがちです。しかし、施工主の挨拶で避けることのできるトラブルも多いです。外壁塗装をすることが決まり、工期の見積もりが出たらなるべく早いタイミングで、遅くても着工1週間前までには近所に挨拶をしておきましょう。その際、粗品などを持っていき、挨拶状も添えておくとよりよいです。塗装業者と相談し、トラブルの原因となるものが避けられるのであればなるべく避けるようにしましょう。そして、万が一トラブルが起こったときはまず謝罪をし、解決策を伝えることで事を荒立てずにすむことがほとんどです。しっかりと対応して近所との関係が悪化しないように努めましょう。

メンテナンスのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • 屋根

    屋根に太陽光発電を設置する際の注意点

    屋根に太陽光発電を設置する際の注意点

    近年ではスマートハウスやゼロエネルギーハウス(ZEH)が話題となっています。また、2020年の省エネ基準適合住宅の義務化などもあり、ますます太陽光発電に注目が集まっています。ここでは、太陽光発電を設置できる屋根の種類やメ…

  • リフォーム

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    外壁のリフォームが必要になったら 外壁は屋根とともに雨風から住まいを守ってくれる大切な部分です。そのため、外壁にはいろんな性能が求められますが、なかでも、快適に暮らすために重要になるのが断熱性です。断熱性が高ければ、冷暖…

  • メンテナンス

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク 自宅の外壁塗装は道具を揃えることでDIYでも行うことができます。しかし、DIYにはメリット・デメリットがあり、これらを十分に理解しておかないと後で後悔する可能性があります…

  • ライフスタイル

    メルヘンの国の世界遺産と秘境に見る 美しい屋根と外壁の色合い

    メルヘンの国の世界遺産と秘境に見る 美しい屋根と外壁の色合い

    屋根と外壁の色はどう決める? 住宅の外観を形づくる屋根と外壁。どのようなカラーリングにするかで、大きく印象が異なります。屋根と外壁の色合いは家の個性を左右するものといえますが、住む人のこだわりを反映させる一方で、景観との…

  • メンテナンス

    外壁塗装で重要! 外壁の下塗り材の種類と特徴

    外壁塗装で重要! 外壁の下塗り材の種類と特徴

    外装塗装では、耐久性や仕上がりの美しさを求めるために、下塗り・中塗り・上塗りと複数の工程が実施されます。どの工程も大切なのですが、基本となる下塗りは後の作業や仕上がりに大きく影響する重要な作業です。下塗りの持つ意味や、用…

  • メンテナンス

    外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討したいのは、汚れにくい外壁塗装選びです。汚れにくい外壁塗装を選ぶことで、メンテナンスや清掃の手間を減らして長く快適な状態をキープできます。外壁が汚れる、または汚れて見える理由を解き明かし、汚れにくく…

  • 屋根材

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    再注目される国立代々木競技場 2020年の2度目の東京オリンピック開催に向け、新国立競技場や選手村の建設が急ピッチで進んでいます。一方で、前回開催時の施設を今回も利用することが決まっています。そうした施設の中でも、特に有…

  • メンテナンス

    外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁の塗装メンテナンスが必要な理由 ご自宅の外壁が色あせてきたり、汚れが目立ってきたりすれば、それは塗替えメンテナンスが必要なサインかもしれません。外壁は、屋根とともに住まいを雨風や直射日光から守ってくれる大切な部分。外…

  • メンテナンス

    外壁塗装後に塗り残しを発見してしまった場合の対処法

    外壁塗装後に塗り残しを発見してしまった場合の対処法

    外壁塗装を行なった時に起こるトラブルとして多いのが、色のムラや塗り残し。せっかく費用と手間をかけたのに、仕上がりが完璧でないとがっかりしてしまいますよね。ここでは塗り残しの原因や予防策について説明します。 外壁塗装工事で…

  • 屋根

    屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

    屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

    台風シーズンの後の大切なこと ここ数年、台風が大型化し、その被害も大きくなりがちです。雨風から住まいを守る役割を持つ屋根は台風の被害を最も受けやすく、それだけにデリケートな部分です。台風シーズンが過ぎた後、大きな被害はな…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ