外壁塗装後に塗り残しを発見してしまった場合の対処法

外壁塗装を行なった時に起こるトラブルとして多いのが、色のムラや塗り残し。せっかく費用と手間をかけたのに、仕上がりが完璧でないとがっかりしてしまいますよね。ここでは塗り残しの原因や予防策について説明します。

外壁塗装工事で塗り残しができてしまう原因

外壁塗装は、職人が手作業で塗っていく作業になります。そのため、ヒューマンエラーが起こる可能性もゼロではありません。また、熟練度の違いによっても仕上がりは変わってきます。塗り残しの原因は具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

最も多い原因として作業の中断が発生することによるケアレスミスがあります。
外壁塗装は屋外で行う作業のため、荒天が続いてしまうと作業を中断せざるをえません。中断期間が長くなるほど、どこまで作業を行ったかがあいまいになってしまい、塗り残しが発生してしまう場合があります。
さらに、無色透明のクリア塗料を使っていると、外壁の色の変化で確認できないため、塗り残しが出ても気づかない可能性があります。養生テープ等で目印をつける、できる限り連続で作業を行う、塗るのを忘れやすいところを先に塗装しておく、といった工夫で出来る限り塗り残しをなくす努力がなされていますが、荒天で数日作業が中断した場合や、真夏日など気象条件の厳しい中で作業を行うことになった場合はより一層の注意が必要といえるでしょう。

外壁塗装工事で塗り残しを放置するリスク

まず気になってしまうのは見栄えが悪くなることです。例えば、窓のサッシの周りや入隅や出隅など住宅の目立つところに塗り残しがあったりすると、どうしても目立ってしまいます。もともとの色とは異なる色で塗り直している場合には、なおさら塗り残しが際立ってしまうでしょう。

また、塗り残しの箇所は外壁を保護するものがなくなるため、劣化しやすくなります。塗料の密着性を高めるために高圧洗浄機や工具を用いて、外壁に付着している汚れ、コケ、カビなどの異物を取り除くのですが、その際、それ以前の塗膜も仕上がりに影響が出るため一緒に落とします。したがって、塗り残された箇所には外壁を保護するものがなくなってしまうため、紫外線や雨、カビ等に対して通常の箇所よりも弱く、劣化しやすくなってしまいます。

外壁塗装工事で塗り残しを発見してしまったときの対処法

外壁塗装の塗り残しを発見した場合には、速やかに業者に連絡しましょう。塗り残しは基本的に業者の責任になるため、ほぼ間違いなく補修を行ってくれるはずです。ただし、支払いを済ませて工事完了後時間が経ち過ぎている場合には、なかなか対応してくれないことがあるために注意が必要です。

塗り残しの補修を行う際には、後々トラブルに発展しないためにも、書面等で施工箇所と期間について記録を残しておきましょう。口頭のみの約束ではこころもとなく、業者によっては十分に補修を行なってくれない可能性も高くなります。

外壁塗装の塗り残しを防ぐために

塗り残しを防ぐために大切なことは業者任せにせずに自分でもしっかり確認し、相談しながら進めることです。打ち合わせの段階から、業者の方としっかりとコミュニケーションをとり、要望をしっかりと伝えたり、疑問点を伝えて解消してもらったり、工程をしっかりと確認したりするようにしましょう。この際に、工事完了検査が行われる旨の記載があるのかもポイントになります。

また、施工中も工程の進み具合や問題の有無等に関して確認を取るようにしましょう。そして、工事完了後には、業者の方と一緒に工事完了検査を行うことが重要です。塗り残しがないか、打ち合わせ通りに施行されているかを確認する大切な工程になります。もし不備があれば、その場でやり直しを行なってもらうことが可能です。悪天候が続くなどして作業が長期間になってしまった場合等には、コミュニケーションを取りながら業者と一つ一つ丁寧に確認しましょう。

万全を期すには、「住宅瑕疵保険」に加入するという方法もあります。この保険に加入しておくと、工事完了後に現場で第三者である保険会社の検査員による検査を受けることができます。この保険を利用するためには、塗装業者が「住宅瑕疵保険」に登録している必要があるので、契約時に確認しておく必要があります。

外壁塗装の塗り残しは、建物の美観が損なわれるだけではなく、耐久性にも影響を及ぼします。塗り残しによるトラブルにならないためにも、打ち合わせの段階や工事中も業者の方とコミュニケーションをしっかりととり、工事完了検査にも立ち会って、塗り残しや色ムラがないか自分の目で確認するようにしましょう。

メンテナンスのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • リフォーム

    子育てしやすくなる家に! リフォームの際のポイント

    子育てしやすくなる家に! リフォームの際のポイント

    今まで二人で暮らしていたマイホームに迎える新しい生命。子どもが生まれて新しい家族が増えるタイミングで、マイホームもリフォームしようと考えられる方も多いのではないでしょうか。ここでは子育てのためのリフォームについて、その検…

  • ライフスタイル

    新築か中古?戸建住宅を購入するならどっち?

    新築か中古?戸建住宅を購入するならどっち?

    新築 vs 中古、メリット・デメリットを知ろう 現在、新築マンションの価格が高騰し、新築戸建住宅の価格も高めで推移しています。戸建て派にとっても、マイホームに「新築」か「中古」のどちらを選ぶのかは大きな問題です。ピカピカ…

  • リフォーム

    リフォームトラブルを防いで思い通りの家づくりをするために大切なこと

    リフォームトラブルを防いで思い通りの家づくりをするために大切なこと

    思い通りにリフォームするには 自宅をリフォームすることになったら、完成後の住まいへの夢や希望がふくらむものです。しかし、いざ完成してから、「キッチンがなんとなく使いにくい」「予算が大幅にオーバーしてしまった」「外観や内装…

  • 屋根材

    屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    屋根材の塗装の違いで暮らしやすさが変わるって、ホント?

    ハイグレードな塗装鋼板とは 近年、住宅の外壁や屋根といった外装の材料として普及が進むガルバリウム鋼板をご存知でしょうか? 鋼板でありながら、サビに強く高い耐久性があり、金属特有の軽さから耐震性にもすぐれた建材です。このよ…

  • メンテナンス

    屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    遮熱って、なに? 断熱との違いは? 今夏は記録的な猛暑となり、外出を控えたいほど暑い日が多くなっています。熱中症を防ぐためにも屋内を涼しく保つことが大切ですが、冷房のための電気料金も気になるところです。暑い夏だからこそ、…

  • 屋根材

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    歴史あるフシギなお寺 東京の中でも、とりわけ江戸情緒が残る街・築地。 その象徴ともいえる、にぎやかな場外市場から1本の通りをへだてた場所にそのお寺はあります。江戸時代から続く歴史と由緒ある寺院ながら、一歩その境内に踏み入…

  • ライフスタイル

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    ライフスタイルは変わるものだから 家は長年にわたって暮らすもの。家を建てることになったら、いつまでも家族みんなが快適で暮らしやすい住まいにしたいものです。とはいえ、年月が経つうち、住む人のライフスタイルは変わっていきます…

  • ライフスタイル

    スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    外観イメージを決めるものとは 住宅の外観イメージは住まいの「顔」ともいえる大切なもの。家を新築したり、外装のリフォームをすることになったら、景観にほどよくマッチし、住む人はもちろん訪れる人にも好印象を与える外観にしたいで…

  • 耐震

    ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーって、なに? 住宅を建てるにはいろいろな工法があります。日本で木造住宅を建てる場合、在来工法に次いで多く用いられているのが、ツーバイフォー工法です。通称「ツーバイフォー」や「2 x 4」とも呼ばれることが多…

  • ライフスタイル

    照明に工夫しておしゃれな家づくり

    照明に工夫しておしゃれな家づくり

    おしゃれな家づくりのコツは照明にあり? 自宅を新築したりリフォームする際には、おしゃれな家にしたいですね。それには、内外装のデザインにこだわる、家具や生活雑貨のテイストを揃えるなど、いくつかのコツがありますが、照明の使い…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ