外壁塗装後に塗り残しを発見してしまった場合の対処法

外壁塗装を行なった時に起こるトラブルとして多いのが、色のムラや塗り残し。せっかく費用と手間をかけたのに、仕上がりが完璧でないとがっかりしてしまいますよね。ここでは塗り残しの原因や予防策について説明します。

外壁塗装工事で塗り残しができてしまう原因

外壁塗装は、職人が手作業で塗っていく作業になります。そのため、ヒューマンエラーが起こる可能性もゼロではありません。また、熟練度の違いによっても仕上がりは変わってきます。塗り残しの原因は具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

最も多い原因として作業の中断が発生することによるケアレスミスがあります。
外壁塗装は屋外で行う作業のため、荒天が続いてしまうと作業を中断せざるをえません。中断期間が長くなるほど、どこまで作業を行ったかがあいまいになってしまい、塗り残しが発生してしまう場合があります。
さらに、無色透明のクリア塗料を使っていると、外壁の色の変化で確認できないため、塗り残しが出ても気づかない可能性があります。養生テープ等で目印をつける、できる限り連続で作業を行う、塗るのを忘れやすいところを先に塗装しておく、といった工夫で出来る限り塗り残しをなくす努力がなされていますが、荒天で数日作業が中断した場合や、真夏日など気象条件の厳しい中で作業を行うことになった場合はより一層の注意が必要といえるでしょう。

外壁塗装工事で塗り残しを放置するリスク

まず気になってしまうのは見栄えが悪くなることです。例えば、窓のサッシの周りや入隅や出隅など住宅の目立つところに塗り残しがあったりすると、どうしても目立ってしまいます。もともとの色とは異なる色で塗り直している場合には、なおさら塗り残しが際立ってしまうでしょう。

また、塗り残しの箇所は外壁を保護するものがなくなるため、劣化しやすくなります。塗料の密着性を高めるために高圧洗浄機や工具を用いて、外壁に付着している汚れ、コケ、カビなどの異物を取り除くのですが、その際、それ以前の塗膜も仕上がりに影響が出るため一緒に落とします。したがって、塗り残された箇所には外壁を保護するものがなくなってしまうため、紫外線や雨、カビ等に対して通常の箇所よりも弱く、劣化しやすくなってしまいます。

外壁塗装工事で塗り残しを発見してしまったときの対処法

外壁塗装の塗り残しを発見した場合には、速やかに業者に連絡しましょう。塗り残しは基本的に業者の責任になるため、ほぼ間違いなく補修を行ってくれるはずです。ただし、支払いを済ませて工事完了後時間が経ち過ぎている場合には、なかなか対応してくれないことがあるために注意が必要です。

塗り残しの補修を行う際には、後々トラブルに発展しないためにも、書面等で施工箇所と期間について記録を残しておきましょう。口頭のみの約束ではこころもとなく、業者によっては十分に補修を行なってくれない可能性も高くなります。

外壁塗装の塗り残しを防ぐために

塗り残しを防ぐために大切なことは業者任せにせずに自分でもしっかり確認し、相談しながら進めることです。打ち合わせの段階から、業者の方としっかりとコミュニケーションをとり、要望をしっかりと伝えたり、疑問点を伝えて解消してもらったり、工程をしっかりと確認したりするようにしましょう。この際に、工事完了検査が行われる旨の記載があるのかもポイントになります。

また、施工中も工程の進み具合や問題の有無等に関して確認を取るようにしましょう。そして、工事完了後には、業者の方と一緒に工事完了検査を行うことが重要です。塗り残しがないか、打ち合わせ通りに施行されているかを確認する大切な工程になります。もし不備があれば、その場でやり直しを行なってもらうことが可能です。悪天候が続くなどして作業が長期間になってしまった場合等には、コミュニケーションを取りながら業者と一つ一つ丁寧に確認しましょう。

万全を期すには、「住宅瑕疵保険」に加入するという方法もあります。この保険に加入しておくと、工事完了後に現場で第三者である保険会社の検査員による検査を受けることができます。この保険を利用するためには、塗装業者が「住宅瑕疵保険」に登録している必要があるので、契約時に確認しておく必要があります。

外壁塗装の塗り残しは、建物の美観が損なわれるだけではなく、耐久性にも影響を及ぼします。塗り残しによるトラブルにならないためにも、打ち合わせの段階や工事中も業者の方とコミュニケーションをしっかりととり、工事完了検査にも立ち会って、塗り残しや色ムラがないか自分の目で確認するようにしましょう。

メンテナンスのおすすめ記事

  • 外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁の塗装メンテナンスが必要な理由 ご自宅の外壁が色あせてきたり、汚れが目立ってきたりすれば、それは塗替えメンテナンスが必要なサインかもしれません。外壁は、屋根とともに住まいを雨風や直射日光から守ってくれる大切な部分。外…

  • 在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    住宅工法の種類を知ろう 家を建てることになったら、いろいろと知っておきたいことがあります。その中でも基本となるのが住宅の工法です。工法とは建物の骨組み(躯体)をつくる方法のこと。在来工法とツーバイフォーがよく知られていま…

  • 外壁にひび割れが……ひび割れをしてしまう原因と発見後の対策

    外壁にひび割れが……ひび割れをしてしまう原因と発見後の対策

    外壁のひび割れは見た目が悪くなるだけでなく、ひび割れたところから建物の劣化が始まり非常に危険です。外壁にひび割れを発見した時は放置せず、早めに適切な処置をすることが必要です。外壁がひび割れてしまう原因を解き明かして、正し…

  • こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

  • スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレートって、どんな屋根材? 住宅用の屋根材として広く普及しているものに人工スレートがあります。人工スレートとは、セメントと各種の繊維を混ぜ、薄く平たい板状に成型し、表面を塗装で仕上げたものです。スレートには、天然石でで…

  • ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    雨漏りというと屋根が原因のように思われがちですが、ベランダやバルコニーから起こることもあるのはご存知でしょうか。放置しておくと建物の劣化を引き起こすため、早めの対策が必要です。天井のシミなどを見つけたら、まずはベランダや…

  • 手入れは大変? 勾配天井がある家のメリットとデメリット

    手入れは大変? 勾配天井がある家のメリットとデメリット

    古民家風のカフェなどに入ると、勾配天井になっていることがあります。こうした天井はなんとなく趣もあって、素敵だなと感じている方も多いのではないでしょうか。もしかすると、自宅の新築やリフォームで勾配天井を採用してみようと考え…

  • 家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    シロアリは木造住宅にとって大敵です。シロアリが発生してしまうと家の土台や根太(ねだ)なども浸食されますし、放置しておくと被害は拡大します。ここでは、木造住宅の天敵とも言えるシロアリへの対策についてご紹介しますので、被害を…

  • DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク 自宅の外壁塗装は道具を揃えることでDIYでも行うことができます。しかし、DIYにはメリット・デメリットがあり、これらを十分に理解しておかないと後で後悔する可能性があります…

  • 外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は雨の日でもできる? 塗装作業への影響について

    外壁や屋根の塗装は家を守るためにも一定周期で行う必要がありますが、その塗装を長持ちさせるためには適した季節に塗装作業をすることが大切です。そこで、塗装に適した季節はいつ頃なのか、雨の日に塗装はしてもよいのか、その場合作業…

その他のおすすめ記事

  • 屋根材

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    再注目される国立代々木競技場 2020年の2度目の東京オリンピック開催に向け、新国立競技場や選手村の建設が急ピッチで進んでいます。一方で、前回開催時の施設を今回も利用することが決まっています。そうした施設の中でも、特に有…

  • メンテナンス

    外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁の塗装メンテナンスが必要な理由 ご自宅の外壁が色あせてきたり、汚れが目立ってきたりすれば、それは塗替えメンテナンスが必要なサインかもしれません。外壁は、屋根とともに住まいを雨風や直射日光から守ってくれる大切な部分。外…

  • メンテナンス

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

  • メンテナンス

    外壁塗装時に発生する臭いの対処法

    外壁塗装時に発生する臭いの対処法

    家を新築するときや外壁をリフォームするときに外壁塗装を行いますが、そこで心配になるのが臭いの問題です。外壁塗装時に気になる臭いは何なのか、身体に害はあるのか?その対策について詳しくご紹介します。 家の中が臭い!外壁塗装時…

  • メンテナンス

    外壁塗装で重要! 外壁の下塗り材の種類と特徴

    外壁塗装で重要! 外壁の下塗り材の種類と特徴

    外装塗装では、耐久性や仕上がりの美しさを求めるために、下塗り・中塗り・上塗りと複数の工程が実施されます。どの工程も大切なのですが、基本となる下塗りは後の作業や仕上がりに大きく影響する重要な作業です。下塗りの持つ意味や、用…

  • ライフスタイル

    メルヘンの国の世界遺産と秘境に見る 美しい屋根と外壁の色合い

    メルヘンの国の世界遺産と秘境に見る 美しい屋根と外壁の色合い

    屋根と外壁の色はどう決める? 住宅の外観を形づくる屋根と外壁。どのようなカラーリングにするかで、大きく印象が異なります。屋根と外壁の色合いは家の個性を左右するものといえますが、住む人のこだわりを反映させる一方で、景観との…

  • メンテナンス

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク

    DIYでもできる? DIYで外壁塗装を行うリスク 自宅の外壁塗装は道具を揃えることでDIYでも行うことができます。しかし、DIYにはメリット・デメリットがあり、これらを十分に理解しておかないと後で後悔する可能性があります…

  • 屋根

    屋根から伝わる熱を遮断できる? 屋根の遮熱方法

    屋根から伝わる熱を遮断できる? 屋根の遮熱方法

    夏になると家の中はどうしても暑くなってしまいますよね。 でも、室内が暑いのは外の気温のせいだけではありません。実は、家の作りによって、室内がとても暑くなってしまう場合があります。ここでは夏に室内が暑くなってしまう原因や、…

  • 屋根

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の塗替えをする理由は? 日本の夏といえば、台風がつきもの。台風をはじめとする自然災害が多い日本の住宅においては、屋根メンテナンスをきちんとすることが家の寿命を伸ばす秘訣になります。屋根はつねに紫外線や風雨に直接さらさ…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ