外壁塗装後に塗り残しを発見してしまった場合の対処法

外壁塗装を行なった時に起こるトラブルとして多いのが、色のムラや塗り残し。せっかく費用と手間をかけたのに、仕上がりが完璧でないとがっかりしてしまいますよね。ここでは塗り残しの原因や予防策について説明します。

外壁塗装工事で塗り残しができてしまう原因

外壁塗装は、職人が手作業で塗っていく作業になります。そのため、ヒューマンエラーが起こる可能性もゼロではありません。また、熟練度の違いによっても仕上がりは変わってきます。塗り残しの原因は具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

最も多い原因として作業の中断が発生することによるケアレスミスがあります。
外壁塗装は屋外で行う作業のため、荒天が続いてしまうと作業を中断せざるをえません。中断期間が長くなるほど、どこまで作業を行ったかがあいまいになってしまい、塗り残しが発生してしまう場合があります。
さらに、無色透明のクリア塗料を使っていると、外壁の色の変化で確認できないため、塗り残しが出ても気づかない可能性があります。養生テープ等で目印をつける、できる限り連続で作業を行う、塗るのを忘れやすいところを先に塗装しておく、といった工夫で出来る限り塗り残しをなくす努力がなされていますが、荒天で数日作業が中断した場合や、真夏日など気象条件の厳しい中で作業を行うことになった場合はより一層の注意が必要といえるでしょう。

外壁塗装工事で塗り残しを放置するリスク

まず気になってしまうのは見栄えが悪くなることです。例えば、窓のサッシの周りや入隅や出隅など住宅の目立つところに塗り残しがあったりすると、どうしても目立ってしまいます。もともとの色とは異なる色で塗り直している場合には、なおさら塗り残しが際立ってしまうでしょう。

また、塗り残しの箇所は外壁を保護するものがなくなるため、劣化しやすくなります。塗料の密着性を高めるために高圧洗浄機や工具を用いて、外壁に付着している汚れ、コケ、カビなどの異物を取り除くのですが、その際、それ以前の塗膜も仕上がりに影響が出るため一緒に落とします。したがって、塗り残された箇所には外壁を保護するものがなくなってしまうため、紫外線や雨、カビ等に対して通常の箇所よりも弱く、劣化しやすくなってしまいます。

外壁塗装工事で塗り残しを発見してしまったときの対処法

外壁塗装の塗り残しを発見した場合には、速やかに業者に連絡しましょう。塗り残しは基本的に業者の責任になるため、ほぼ間違いなく補修を行ってくれるはずです。ただし、支払いを済ませて工事完了後時間が経ち過ぎている場合には、なかなか対応してくれないことがあるために注意が必要です。

塗り残しの補修を行う際には、後々トラブルに発展しないためにも、書面等で施工箇所と期間について記録を残しておきましょう。口頭のみの約束ではこころもとなく、業者によっては十分に補修を行なってくれない可能性も高くなります。

外壁塗装の塗り残しを防ぐために

塗り残しを防ぐために大切なことは業者任せにせずに自分でもしっかり確認し、相談しながら進めることです。打ち合わせの段階から、業者の方としっかりとコミュニケーションをとり、要望をしっかりと伝えたり、疑問点を伝えて解消してもらったり、工程をしっかりと確認したりするようにしましょう。この際に、工事完了検査が行われる旨の記載があるのかもポイントになります。

また、施工中も工程の進み具合や問題の有無等に関して確認を取るようにしましょう。そして、工事完了後には、業者の方と一緒に工事完了検査を行うことが重要です。塗り残しがないか、打ち合わせ通りに施行されているかを確認する大切な工程になります。もし不備があれば、その場でやり直しを行なってもらうことが可能です。悪天候が続くなどして作業が長期間になってしまった場合等には、コミュニケーションを取りながら業者と一つ一つ丁寧に確認しましょう。

万全を期すには、「住宅瑕疵保険」に加入するという方法もあります。この保険に加入しておくと、工事完了後に現場で第三者である保険会社の検査員による検査を受けることができます。この保険を利用するためには、塗装業者が「住宅瑕疵保険」に登録している必要があるので、契約時に確認しておく必要があります。

外壁塗装の塗り残しは、建物の美観が損なわれるだけではなく、耐久性にも影響を及ぼします。塗り残しによるトラブルにならないためにも、打ち合わせの段階や工事中も業者の方とコミュニケーションをしっかりととり、工事完了検査にも立ち会って、塗り残しや色ムラがないか自分の目で確認するようにしましょう。

メンテナンスのおすすめ記事

  • 外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁の塗装メンテナンスが必要な理由 ご自宅の外壁が色あせてきたり、汚れが目立ってきたりすれば、それは塗替えメンテナンスが必要なサインかもしれません。外壁は、屋根とともに住まいを雨風や直射日光から守ってくれる大切な部分。外…

  • 外壁の塗装メンテナンスって、どんなことをするの?

    外壁の塗装メンテナンスって、どんなことをするの?

      外壁メンテナンスの基本とは わが家でいつまでも快適に暮らすためには、適切にメンテナンスを行って家を良好な状態に保つことが欠かせません。特に戸建住宅の場合は、雨風から直接住まいを守ってくれる外装のメンテナンス…

  • 外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    最近自宅の外壁がなんだか古臭くなってきた、と感じることはあるでしょうか。もしかすると、それは塗装のチョーキング現象かもしれません。 の可能性があります。チョーキング現象という言葉は建築用語ですので、あまり聞きなじみがない…

  • 雨樋にも種類があるって本当? 代表的な雨樋の種類と特徴

    雨樋にも種類があるって本当? 代表的な雨樋の種類と特徴

    雨樋にもいろいろな種類があり、それぞれに違った特徴があることをご存知でしたか?実は雨樋はデザインで選択することもできるほど様々な形・材質のものがあります。ここでは代表的な雨樋の種類と特徴についてご紹介しますので、交換時の…

  • 外壁塗装で起こる可能性のある近所トラブルとは

    外壁塗装で起こる可能性のある近所トラブルとは

    家を建てる時やリフォームの時に行う外壁塗装工事ですが、近所に配慮をしないとトラブルになることがあります。この記事では外壁塗装で起こる可能性のあるトラブルについてと、リスクを軽減するための方法を紹介します。 外壁塗装をする…

  • 外壁をツートンカラーにするなら、どんな色の組み合わせがおすすめ?

    外壁をツートンカラーにするなら、どんな色の組み合わせがおすすめ?

    外壁塗装をする際にはカラー選びが重要になってきます。どのカラーを選ぼうか迷ったときには、思い切っておしゃれにツートンカラーにしてしまうのはいかがでしょうか。ここでは、ツートンカラーの外壁塗装についてご紹介していきます。 …

  • 戸建住宅の修繕計画を立てよう

    戸建住宅の修繕計画を立てよう

    家は購入してからが大事 マイホームを持つことが将来の夢という人は少なくないでしょう。しかし、家は手に入れることがゴールではありません。長年にわたって良い状態を維持し、快適に暮らし続けるのが大切です。 日本では、これまで木…

  • リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    住宅の細かい不具合はリフォームのタイミングで一気に解決 住宅のリフォームをするきっかけや理由は人によりさまざま。とはいえ、戸建住宅の場合、壁紙の貼り替えや古くなったシステムキッチンやユニットバスの交換など、おおよそ10年…

  • 屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    家を守る大切な外壁や屋根の工事だから 外壁や屋根の修繕・リフォームが必要になったら、外装業者に工事を依頼することになります。外装は住宅全体を雨風から守る重要な部分ですから、きっちりとした施工が欠かせません。とはいえ、屋根…

  • 住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるために大切なこと 春の花が咲き、過ごしやすい季節になりました。比較的気候が穏やかに安定しているこの時期に、ご自宅のお手入れについて考えてみてはいかがでしょう。いつまでも快適に暮らすために、マイホームは…

その他のおすすめ記事

  • リフォーム

    ウッドデッキも可能?ベランダをおしゃれで便利にリフォームしよう

    ウッドデッキも可能?ベランダをおしゃれで便利にリフォームしよう

    ベランダリフォームでアウターリビングに 初夏や秋口など気候のよい時期には、自然の風を家の中に上手に取り込んで快適に暮らしたいですね。家の中と外をつなぐ場所で自然の風を感じながらくつろげる、そんな「アウターリビング」という…

  • リフォーム

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    外壁のリフォームが必要になったら 外壁は屋根とともに雨風から住まいを守ってくれる大切な部分です。そのため、外壁にはいろんな性能が求められますが、なかでも、快適に暮らすために重要になるのが断熱性です。断熱性が高ければ、冷暖…

  • メンテナンス

    戸建住宅の修繕計画を立てよう

    戸建住宅の修繕計画を立てよう

    家は購入してからが大事 マイホームを持つことが将来の夢という人は少なくないでしょう。しかし、家は手に入れることがゴールではありません。長年にわたって良い状態を維持し、快適に暮らし続けるのが大切です。 日本では、これまで木…

  • ライフスタイル

    屋根の人気色 、色彩相談室!

    屋根の人気色 、色彩相談室!

    屋根の色にも流行がある? うららかで過ごしやすくなりました。梅雨に向かう前の春は四季の中でも屋根の塗替えに適した季節です。これから街中の緑も生い茂ってきますから、周辺環境と合わせて家のカラーリングを考えるのもいいかもしれ…

  • 屋根

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の塗替えをする理由は? 日本の夏といえば、台風がつきもの。台風をはじめとする自然災害が多い日本の住宅においては、屋根メンテナンスをきちんとすることが家の寿命を伸ばす秘訣になります。屋根はつねに紫外線や風雨に直接さらさ…

  • 屋根材

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    金属瓦は現代の屋根材? 日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。 ガルバリウム鋼…

  • リフォーム

    「雨漏りがなければ大丈夫」は大間違い! 屋根のリフォームのタイミングと方法は?

    「雨漏りがなければ大丈夫」は大間違い! 屋根のリフォームのタイミングと方法は?

    雨漏りしてからでは遅すぎる 家を構成する部位の中でも、屋根は直接雨風から住まいを守ってくれる重要な部分です。しかしながら、日ごろはあまり屋根のことを気にしていない人が多いのではないでしょうか? また、新築から何年も経過し…

  • 屋根材

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の優れた屋根材とは この4月から電力の全面自由化がスタートします。自由化によって事業者間で競争になれば、電気料金は安くなると思いがちですが、そうとは限りません。発電用の燃料費の変動が電気料金に大きく影響するよう…

  • メンテナンス

    外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    最近自宅の外壁がなんだか古臭くなってきた、と感じることはあるでしょうか。もしかすると、それは塗装のチョーキング現象かもしれません。 の可能性があります。チョーキング現象という言葉は建築用語ですので、あまり聞きなじみがない…

  • リフォーム

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    浴室の施工法の違いとは? 自宅の浴室をリフォームすることになったら、快適でくつろげる場所にしたいものですね。ところで、浴室づくりといえば、ユニットバスが主流ですが、在来工法という選択肢もあるのをご存知ですか? 既成のパー…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ