防音対策でリフォームを行うときのポイント

家で楽器の練習をしたり、ペットの鳴き声が近所に漏れないようにしたりと、防音対策をすることはご近所トラブルを防ぐ意味でとても重要です。しかし、防音対策としてリフォームを行うにあたっては、費用の問題をはじめさまざまな注意点があります。防音対策を行うときに考えておきたいポイントを事前に抑え、無駄なく快適な環境を手に入れましょう。

防音リフォームの種類とそれぞれの費用

床、壁、窓などに防音対策を施すことで、家の外の音を遮断し、家の中の音を外に漏らさないようにすることができます。床、壁、窓の防音リフォームは、それぞれかかる費用の目安が違います。

床の防音リフォームの方法と費用の目安
床の防音リフォームは、防音効果のある床材に変える工事が一般的です。不十分な場合には、加えて床材の下に遮音マットやグラスウールを敷くリフォームを行うこともあります。反対に、もっと手軽に防音したい場合には、防音カーペットを敷くだけの施工にとどめるという簡単な方法もあります。サイズにもよりますが、防音カーペットだけなら1万円弱のものもあります。しかし床材の変更や遮音マットを敷くなどのリフォームになると、数十万円程度の費用がかかる可能性があります。

壁の防音リフォームの方法と費用の目安
壁の防音リフォームでは、壁の中に遮音シートと吸音材を入れるという方法が一般的です。また換気口が壁にある場合には、換気口も合わせて防音効果のあるものに変えることが必要です。費用の目安としては、壁一面あたりで10〜20万円程度、ただし施工内容や面積によって変動します。

窓の防音リフォームの方法と費用の目安
窓の防音リフォームは、防音ガラスを使ったり、内窓を付けたりする方法を用いることが多くなります。基本的な音漏れはこういった工事でカバーする事ができますが、ピアノ演奏をする場合には、本格的に防音することも必要です。その場合には防音ガラスと内窓を二重構造で取り付ける方法が使われます。窓の防音リフォームでもっとも簡単なのは、遮音カーテンを使うという方法です。金額感は防音ガラスにしたり内窓をつける工事の場合、おおよそ10万円程度の費用がかかります。

防音リフォームで費用を抑えるためのポイントとは?

防音リフォームは広さや防音のレベルによって費用が大幅に異なってきます。リフォーム費用を抑えたい場合には、自分の求める防音設備について施工業者と相談し、適切な対策を選択することが必要です。余計な工事や設備の導入を避けることで、過剰なコストをかけずに防音効果を最適化できることもあります。

例えば、ピアノなどの演奏を行う場合やホームシアターを作る場合の防音の方法と、生活音を漏らさない、家に入れないための防音の方法は違います。場合によっては100万円以上をかけるリフォームも必要ですが、楽器は消音機能を使って楽しむ場合や生活音の防音だけを考えるなら、制振マットを床に敷いたり窓に内窓をつけたりするだけで済ませることもできます。

このように希望する防音効果を達成できる施工を見極めることが、費用ダウンのための重要なポイントとなります。

リフォームを検討する際に注意するべきポイントとは?

実際に防音リフォームを検討する際に注意するべきポイントを、より具体的にチェックしておきます。以下の3点はリフォームを検討する際、しっかりと把握しておきたいポイントです。

適切な費用になるようにリフォームの範囲を決める
費用対効果を求めるなら、大切にしたい効果や範囲を明確にし、必要のない施工内容は削減するという取捨選択が必要です。

隙間なく防音リフォームを
防音リフォームは、コストを抑えるために簡単な方法を選ぶことも可能ですが、簡易的に済ませると効果が得られないこともあります。音は隙間があるともれやすく、壁だけ防音にしてドアや窓はしなかった、防音壁と天井の間に隙間ができていたなどが原因で効果が薄くなる場合も考えられます。費用を圧縮することも大切ですが、きちんと必要な防音効果が得られるように防音対策は隙間なく施すことが大切です。

ちなみに、断熱材の補填は、防音に役立つだけではなく、断熱効果もあります。部屋全体をリフォームする場合には、遮音パネルの導入とともに断熱リフォームを同時に行ったほうが部屋の快適性も高まり、光熱費を抑える効果も期待できます。

過剰な防音対策で音が反響しすぎる可能性がある
ピアノ演奏を自由に楽しみたい場合などには、床、天井、壁と本格的な防音を行うことが必要ですが、部屋の防音だけを行うと音が反響して快適に演奏ができないこともあります。楽器演奏に限らず、話し声やテレビの音でも室内に響くように感じられることもあるため、防音リフォームでは防音材だけでなく吸音材を検討することも必要です。

防音材の種類

防音材には大きく分けて3つのものがあります。それぞれの防音材は異なる特徴を持っているので、リフォームを成功させるには特徴を生かして導入することが大切です。

遮音材
遮音材は音を跳ね返して音を遮断する効果を持っています。同じ階の部屋からもれ聞こえる生活音や自宅から外への音漏れを防ぎます。遮音シートや遮音パネルがあります。

吸音材
吸音材は音を吸収して音漏れを防ぎます。吸音材としてはグラスウールやロックウールなどがあり、遮音材の間に挟んで使うと高い防音効果が期待できます。

防振材
音漏れには振動によって起こるものもあり、振動を防ぐことで防音効果を高めることができます。ピアノのペダルやスピーカーからの振動、足音などが自室の床から階下の天井への伝わるのを防ぐのが防振材です。

防音リフォームはまわりの人への配慮とともに、自宅の居住環境の向上も叶えられる方法です。防音対策を取り入れることで、好きなことを自由にできる環境が手に入ります。上記の内容を参考にして無駄なく効果が得られる防音リフォームを行い、自分好みの生活を始められてはいかがでしょうか。

リフォームのおすすめ記事

  • 清潔でおしゃれなトイレにするためのリフォームとは

    清潔でおしゃれなトイレにするためのリフォームとは

    トイレのリフォームで大切なことは 住まいの中でもトイレは小さなスペースですが、家族みんなにとって欠かせない場所です。 また、お客様が使うこともあるでしょう。したがって、いつでも清潔にしておきたいですし、ちょっぴりおしゃれ…

  • リノベーションとは違う? スケルトンリフォームとは

    リノベーションとは違う? スケルトンリフォームとは

    みなさんは「スケルトンリフォーム」という言葉はご存知ですか?自由な間取りを選べて快適な住まいを作れる方法ですが、スケルトンリフォームにはリスクや注意点もあります。リノベーションとも似ていますが混同せずに正しい意味や効果、…

  • リフォームのトラブル事例集

    リフォームのトラブル事例集

    リフォームのトラブルが急増 ここ数年間で屋根や外壁のリフォームをめぐるトラブルが相次いでいます。 特に、訪問販売によるトラブルが急増しています。突然の訪問で屋根や外壁の不具合を指摘しリフォームを「即契約」させるケースが多…

  • 家の中が寒い……すきま風が起こる原因と対策

    家の中が寒い……すきま風が起こる原因と対策

    暖房をつけているのにも関わらず、部屋の中にすきま風が入ってきてしまい、とても寒いという経験をしたことはないでしょうか。すきま風を放置しておくと、部屋が寒くなってしまうだけではなく、部屋を暖めるために使用する光熱費も高くな…

  • 「在宅時」にも要注意!外装リフォームのときに考えたい今どきの防犯事情

    「在宅時」にも要注意!外装リフォームのときに考えたい今どきの防犯事情

    今どきの防犯事情は在宅時がポイント 建物全体で防犯対策をするマンションと違い、戸建住宅では個別の防犯対策が必要です。特に注意したいのが侵入や窃盗犯ですが、近年は防犯意識の高まりからか防犯設備やホームセキュリティを取り入れ…

  • 子育てしやすくなる家に! リフォームの際のポイント

    子育てしやすくなる家に! リフォームの際のポイント

    今まで二人で暮らしていたマイホームに迎える新しい生命。子どもが生まれて新しい家族が増えるタイミングで、マイホームもリフォームしようと考えられる方も多いのではないでしょうか。ここでは子育てのためのリフォームについて、その検…

  • リノベーションの予算はどう考えればいい?

    リノベーションの予算はどう考えればいい?

    リノベーションは大きな買い物 既存の住宅の内外装や設備を一新し、新築同様かそれ以上の状態に改修するリノベーション。新築よりも割安な費用で済むこともあり、近年注目されています。「古くなってきたわが家を住みやすく手直ししたい…

  • キッチンリフォームを成功させよう リフォームトラブルを防ぐためのポイントとは

    キッチンリフォームを成功させよう リフォームトラブルを防ぐためのポイントとは

    キッチンのリフォームトラブルを防ぐには 主婦(夫)が毎日長い時間を過ごすキッチン。リフォームをするなら、便利で快適な場所にしたいものです。とはいえ、あれこれと要望をつめ込みすぎて、工事の完成後に「なんとなく使いづらい」、…

  • リフォーム中は何処に住む? 仮住まいの選び方

    リフォーム中は何処に住む? 仮住まいの選び方

    リフォームを検討している場合、リフォーム工事中の仮住まいについて気になったことはありませんか?住宅の一部分のリフォームであれば、自宅に住みながら工事をすることができますが、大掛かりな工事となると仮住まいへの引っ越しが必要…

  • 家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家は永遠じゃない? 家を購入したり、建てたりしたなら、いつまでも快適に暮らしたいものですね。とはいえ、新築から10年以上経てば、何かしらメンテナンスや修繕が必要になってきます。 また、エアコンや給湯器などの住宅設備の多く…

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    外観イメージを決めるものとは 住宅の外観イメージは住まいの「顔」ともいえる大切なもの。家を新築したり、外装のリフォームをすることになったら、景観にほどよくマッチし、住む人はもちろん訪れる人にも好印象を与える外観にしたいで…

  • 屋根

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    地震対策で意外に大切なこと 地震や台風など、日本は災害の多い国です。それだけに、大切なわが家をしっかりと守りたいものです。特に、ここ数年は大きな地震が相次いでいることから、自宅の耐震性が気になる方は少なくないでしょう。地…

  • メンテナンス

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    家を守る大切な外壁や屋根の工事だから 外壁や屋根の修繕・リフォームが必要になったら、外装業者に工事を依頼することになります。外装は住宅全体を雨風から守る重要な部分ですから、きっちりとした施工が欠かせません。とはいえ、屋根…

  • 耐震

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

  • 耐震

    知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    地震大国として知られる日本。地震の多い地に併せて建築分野でもその対策が進化していますが、地震対策において耐震、制震、免震という三つの技術が用いられているのはご存知でしょうか。ここではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを…

  • リフォーム

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    「家の顔」づくりに大切なスペース 洗濯物やふとんを干したり、エアコンの室外機置き場として、また植木鉢を置いてガーデニング気分を楽しむなど、ベランダは日々の暮らしに欠かせないスペースです。戸建住宅のベランダを安全に維持して…

  • 屋根材

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    和風建築と洋風建築、どちらの住宅にもなじむ形状と高いデザイン性が多くの方に評価され、今や日本で普及率No.1と言われているのが「スレート屋根」です。陶器の瓦とも金属とも違うスレートとは、一体どのような素材なのでしょうか?…

  • ライフスタイル

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    ライフスタイルは変わるものだから 家は長年にわたって暮らすもの。家を建てることになったら、いつまでも家族みんなが快適で暮らしやすい住まいにしたいものです。とはいえ、年月が経つうち、住む人のライフスタイルは変わっていきます…

  • 屋根

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の塗替えをする理由は? 日本の夏といえば、台風がつきもの。台風をはじめとする自然災害が多い日本の住宅においては、屋根メンテナンスをきちんとすることが家の寿命を伸ばす秘訣になります。屋根はつねに紫外線や風雨に直接さらさ…

  • ライフスタイル

    新築か中古?戸建住宅を購入するならどっち?

    新築か中古?戸建住宅を購入するならどっち?

    新築 vs 中古、メリット・デメリットを知ろう 現在、新築マンションの価格が高騰し、新築戸建住宅の価格も高めで推移しています。戸建て派にとっても、マイホームに「新築」か「中古」のどちらを選ぶのかは大きな問題です。ピカピカ…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ