子育てしやすくなる家に! リフォームの際のポイント

今まで二人で暮らしていたマイホームに迎える新しい生命。子どもが生まれて新しい家族が増えるタイミングで、マイホームもリフォームしようと考えられる方も多いのではないでしょうか。ここでは子育てのためのリフォームについて、その検討時期やリフォーム内容についてお伝えします。

子育てのためにリフォームをする場合の検討時期

子育てのためにリフォームを考えているものの、具体的なプランニングはもっと先のほうが良いのか、それとも今から始めるべきなのか判断がつかず悩んでしまうところです。ただ、子どもが生まれた後だと子育てでいろいろと手がかかってしまい、とてもリフォームどころではなくなってしまいます。夫婦にかかる負担を考えると、やはり生まれる前に検討し、施工も済ませておいたほうが良いでしょう。

子育てがしやすい家ってどんな家?取り入れたい間取りや設備

そもそも、子育てがしやすい家とはいったいどのような家なのでしょうか。まず安全であることはもちろんですが、コミュニケーションが生まれやすい空間があること、家事の動線が良くなり負担が軽くなることなども重要なポイントです。ここでは、いくつかの具体的な事例に基づいてみていきましょう。

・吹き抜けがあるリビング
家族がもっとも顔を合わせる空間であるリビングは、子育てにおいてもこだわりを持っておきたい空間です。今人気の吹き抜けのあるリビングですが、実は子育てにも最適です。まず開放感があってリビングが明るくなりますし、両親が階上にいても子どもが今何をしているかということも把握できるようになり安心です。また吹き抜けがあると空間が広く感じられて、食事以外の時間でも同じ空間にいることができるので、コミュニケーションもとりやすくなります。

・対面式のキッチン.

特に子どもが小さい時期は料理中に子どもの姿が見えないと不安なものです。対面式のキッチンだと子どもがどこにいるかも確認しやすいですし、家族とのコミュニケーションもとりやすくなります。また、キッチンだけ孤立してしまうことがなくなるので、料理をする人にとっても安心感が生まれますよね。

・スタディーコーナー
スタディーコーナーは最近人気のリフォームメニューの一つです。家族のすぐそばで学習が行えるようにリビングや廊下などにちょっとした勉強スペースを設置するものです。部屋として区切られていないので、勉強中も親子間のコミュニケーションがとりやすいのが特徴です。親にとっても家族と一緒にいながらPCデスクとしても利用することが可能なので、コミュニケーションが活発になるでしょう。

・小上がり和室

小上がり和室は文字通り少し床の上がった和室です。リビングに隣接して小上がり和室を設置することで、目が届く範囲で子どもの遊び場として活用できることが最大のメリットです。フローリングなどと比較しても子どもが寝っ転がりやすく、床を引っかいたり汚したりしても畳を取り換えるだけで済むなど、子育てのメリットが多く詰まった空間です。また畳下をおもちゃ等の収納スペースにすると、さらに活用の幅が広がるでしょう。

子育てを考えた際に選択したい床材

床材と聞くと真っ先に思い浮かぶのは木製のフローリング材ですが、子どもが引っかいたりして傷がつきやすいですし、転ぶとケガもしやすいので心配です。最近ではホームセンターなどでも柔らかい材質のクッションフロアやコルクタイルを販売しているので、フローリングの上に敷くと安心です。また、アレルギーなどの対策として自然素材の床材も最近では増えてきています。

子供が大きくなったらどうする?

子どもはどんどん成長していくものです。そのため、リフォームをするときにも子どもが成長したときのことを考えておく必要があります。子どもの部屋が必要になることを考えて、余分な部屋を一つ用意したり、間仕切りで簡単に部屋を分割できる大きな部屋を造っておくといった工夫も必要になるでしょう。子どもが大きくなる度にリフォームすると多くの費用もかかってしまうため、将来を見越してのリフォームをプランニングしておくことをおすすめします。

子育てがしやすいようなリフォームを行うことはもちろん、子どもの成長を考えた設計、造りにするのも大切なポイントです。今後ライフスタイルがどのように変化するのか、家族計画はどうなるのかも考えてリフォームをすれば、失敗する確率も低くなるのではないでしょうか。大事な家族のためにも、しっかりしたリフォームを行いたいものです。

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • リフォーム

    外装リフォームのときには防犯のことも考えよう

    外装リフォームのときには防犯のことも考えよう

    秋冬は空き巣が増える!? このところ、朝夕冷え込むようになってきましたね。衣類を入れ替えたり、暖房器具を出したり、冬への準備をされるご家庭も多いと思います。これに加え、この時期に気をつけていただきたいことがあります。 そ…

  • 屋根材

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    現代にも通じる洋館のスタイル 「家を建てるなら、おしゃれな洋館のような建物にしたい」そう思う人は少なくないでしょう。日本に洋風建築が入って来た明治以降から昭和初期にかけ、日本で暮らす外国人や裕福な日本人の住宅として、美し…

  • リフォーム

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    住まいの断熱って、どんなもの? 木枯らしが吹く季節になってくると、家の中で暖かく過ごしたいと思う一方、暖房コストも気になりますよね。「家の中がなんだか寒い。暖房が効きにくい。」、そんなふうに感じることがあれば、実は住まい…

  • ライフスタイル

    あこがれの海辺の住まい作りを成功させるには

    あこがれの海辺の住まい作りを成功させるには

    海辺の家であこがれのライフスタイル 南の島の茅葺き屋根のリゾートホテルで海を見ながら過ごすひととき…自宅でそんな気分を味わえたら、と思ったことはありませんか?海の見える家にあこがれている方は少なくないかもしれません。 そ…

  • 耐震

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    日本では比較的新しい工法、2×4 現代の日本で木造住宅を建てる場合、主に木造軸組構法と枠組壁工法の2通りの工法があります。 木造軸組構法は古来より日本に伝わる建築工法であることから、在来工法とも呼ばれます。これに対し、通…

  • リフォーム

    リフォームやリノベーションの前に考えよう 使いやすいキッチンの条件とは

    リフォームやリノベーションの前に考えよう 使いやすいキッチンの条件とは

    使いやすいキッチンって、どんなもの? キッチンは家の中でも特にモノが多く、長い時間家事をする場所ですから、効率のよい空間であってほしいもの。リフォームやリノベーションをすることになった場合も、何かと要望が多くなる場所です…

  • リフォーム

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    「家の顔」づくりに大切なスペース 洗濯物やふとんを干したり、エアコンの室外機置き場として、また植木鉢を置いてガーデニング気分を楽しむなど、ベランダは日々の暮らしに欠かせないスペースです。戸建住宅のベランダを安全に維持して…

  • リフォーム

    初めてのリフォームを成功させるために

    初めてのリフォームを成功させるために

    リフォームって、どうするの? 気に入って購入したマイホームも、何年か暮らすうちに修繕や変更したい箇所が出てきます。そこで、リフォームを検討することになりますが、初めての場合は、どこ(誰)に依頼すればいいのか、どのように進…

  • 屋根

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    外観イメージを左右する屋根の色 屋根の塗替えリフォームをすることになったら、どのように色を選べばいいのでしょう? 屋根は外壁とともに、住宅の外観イメージを構成する主要な部分。屋根の色選びによって、家の見た目は大きく変わり…

  • 耐震

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    わが家の耐震性を再確認 1981年に新耐震基準が施行されましたが、それ以前に建てられた木造住宅と以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。全国の多くの自治体では、新耐震基準以前に建てられた木造住宅などを対象に耐震診断…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ