子育てしやすくなる家に! リフォームの際のポイント

今まで二人で暮らしていたマイホームに迎える新しい生命。子どもが生まれて新しい家族が増えるタイミングで、マイホームもリフォームしようと考えられる方も多いのではないでしょうか。ここでは子育てのためのリフォームについて、その検討時期やリフォーム内容についてお伝えします。

子育てのためにリフォームをする場合の検討時期

子育てのためにリフォームを考えているものの、具体的なプランニングはもっと先のほうが良いのか、それとも今から始めるべきなのか判断がつかず悩んでしまうところです。ただ、子どもが生まれた後だと子育てでいろいろと手がかかってしまい、とてもリフォームどころではなくなってしまいます。夫婦にかかる負担を考えると、やはり生まれる前に検討し、施工も済ませておいたほうが良いでしょう。

子育てがしやすい家ってどんな家?取り入れたい間取りや設備

そもそも、子育てがしやすい家とはいったいどのような家なのでしょうか。まず安全であることはもちろんですが、コミュニケーションが生まれやすい空間があること、家事の動線が良くなり負担が軽くなることなども重要なポイントです。ここでは、いくつかの具体的な事例に基づいてみていきましょう。

・吹き抜けがあるリビング
家族がもっとも顔を合わせる空間であるリビングは、子育てにおいてもこだわりを持っておきたい空間です。今人気の吹き抜けのあるリビングですが、実は子育てにも最適です。まず開放感があってリビングが明るくなりますし、両親が階上にいても子どもが今何をしているかということも把握できるようになり安心です。また吹き抜けがあると空間が広く感じられて、食事以外の時間でも同じ空間にいることができるので、コミュニケーションもとりやすくなります。

・対面式のキッチン.

特に子どもが小さい時期は料理中に子どもの姿が見えないと不安なものです。対面式のキッチンだと子どもがどこにいるかも確認しやすいですし、家族とのコミュニケーションもとりやすくなります。また、キッチンだけ孤立してしまうことがなくなるので、料理をする人にとっても安心感が生まれますよね。

・スタディーコーナー
スタディーコーナーは最近人気のリフォームメニューの一つです。家族のすぐそばで学習が行えるようにリビングや廊下などにちょっとした勉強スペースを設置するものです。部屋として区切られていないので、勉強中も親子間のコミュニケーションがとりやすいのが特徴です。親にとっても家族と一緒にいながらPCデスクとしても利用することが可能なので、コミュニケーションが活発になるでしょう。

・小上がり和室

小上がり和室は文字通り少し床の上がった和室です。リビングに隣接して小上がり和室を設置することで、目が届く範囲で子どもの遊び場として活用できることが最大のメリットです。フローリングなどと比較しても子どもが寝っ転がりやすく、床を引っかいたり汚したりしても畳を取り換えるだけで済むなど、子育てのメリットが多く詰まった空間です。また畳下をおもちゃ等の収納スペースにすると、さらに活用の幅が広がるでしょう。

子育てを考えた際に選択したい床材

床材と聞くと真っ先に思い浮かぶのは木製のフローリング材ですが、子どもが引っかいたりして傷がつきやすいですし、転ぶとケガもしやすいので心配です。最近ではホームセンターなどでも柔らかい材質のクッションフロアやコルクタイルを販売しているので、フローリングの上に敷くと安心です。また、アレルギーなどの対策として自然素材の床材も最近では増えてきています。

子供が大きくなったらどうする?

子どもはどんどん成長していくものです。そのため、リフォームをするときにも子どもが成長したときのことを考えておく必要があります。子どもの部屋が必要になることを考えて、余分な部屋を一つ用意したり、間仕切りで簡単に部屋を分割できる大きな部屋を造っておくといった工夫も必要になるでしょう。子どもが大きくなる度にリフォームすると多くの費用もかかってしまうため、将来を見越してのリフォームをプランニングしておくことをおすすめします。

子育てがしやすいようなリフォームを行うことはもちろん、子どもの成長を考えた設計、造りにするのも大切なポイントです。今後ライフスタイルがどのように変化するのか、家族計画はどうなるのかも考えてリフォームをすれば、失敗する確率も低くなるのではないでしょうか。大事な家族のためにも、しっかりしたリフォームを行いたいものです。

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    住宅の細かい不具合はリフォームのタイミングで一気に解決 住宅のリフォームをするきっかけや理由は人によりさまざま。とはいえ、戸建住宅の場合、壁紙の貼り替えや古くなったシステムキッチンやユニットバスの交換など、おおよそ10年…

  • 耐震

    地震に強い家の条件とは

    地震に強い家の条件とは

    家に求められる耐震性能は? この国で住まいについて考えるとき、避けて通れないのが地震対策です。ここ数年でも、記憶に新しい大きな地震がありました。これから家を建てたり、購入するのなら、しっかりと耐震性能を見きわめたいもので…

  • リフォーム

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    「家の顔」づくりに大切なスペース 洗濯物やふとんを干したり、エアコンの室外機置き場として、また植木鉢を置いてガーデニング気分を楽しむなど、ベランダは日々の暮らしに欠かせないスペースです。戸建住宅のベランダを安全に維持して…

  • 屋根

    軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    屋根は家づくりの重要ポイント 屋根は、住まいを直射日光や雨風から守ってくれる大切な部分です。屋根をどう作るかで、住宅の性能や外観のイメージにも大きく関係します。このように家づくりにおいて屋根は重要なポイントといえますが、…

  • リフォーム

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家は永遠じゃない? 家を購入したり、建てたりしたなら、いつまでも快適に暮らしたいものですね。とはいえ、新築から10年以上経てば、何かしらメンテナンスや修繕が必要になってきます。 また、エアコンや給湯器などの住宅設備の多く…

  • 耐震

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • リフォーム

    リフォームやリノベーションを予算内で納める方法って?

    リフォームやリノベーションを予算内で納める方法って?

    リフォーム・リノベーションの予算オーバーを防ごう 自宅をリフォームやリノベーションすることになったら、「理想の家づくりがしたい!」といったふうに夢が広がります。とはいえ、他の買物と同じように、リフォーム、リノベーションも…

  • メンテナンス

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    持ち家の価値を維持するために 建築の専門家が住宅の状態を検査するサービス「ホームインスペクション(住宅診断)」が広がりつつあります。中古住宅市場の活性化を目指し、国交省もホームインスペクションを普及させる方針です。これか…

  • 耐震

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    日本では比較的新しい工法、2×4 現代の日本で木造住宅を建てる場合、主に木造軸組構法と枠組壁工法の2通りの工法があります。 木造軸組構法は古来より日本に伝わる建築工法であることから、在来工法とも呼ばれます。これに対し、通…

  • 屋根

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    住宅の外観デザインのポイントは これから家を建てることになったら、家の中も外も思い通りのデザインにしたいですね。このごろは、立地環境やライフスタイルにあわせて、住宅の外観にこだわる人が増えています。道行く人が感心するよう…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ