家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

シロアリは木造住宅にとって大敵です。シロアリが発生してしまうと家の土台や根太(ねだ)なども浸食されますし、放置しておくと被害は拡大します。ここでは、木造住宅の天敵とも言えるシロアリへの対策についてご紹介しますので、被害を未然に防ぎたい人はぜひ参考にしてください。

シロアリとは

シロアリはその名からアリの仲間だと思っている人が多いかもしれませんが、実はゴキブリの仲間です。非常に発達した社会性をもっており、巣を作って生活しているのが特徴です(熱帯地方で見られる“蟻塚”はほとんどシロアリによるものです)。日本に分布しているのは「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」が多く、どちらも家の柱や土台といった木材を主食として生活しています。生殖力も高いため、気づいた時には家屋が食い荒らされて強度が弱くなってしまっていることもあり、早めの対策が必要です。

シロアリが発生してしまう原因

そもそもどうしてシロアリが発生してしまうのでしょうか。シロアリの主食となる木材を使用している家屋がターゲットとなるのはもちろんですが、加えて湿気が多いことも原因となります。

「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」で習性は違うのですが、どちらも湿った木材を主食にしています。餌となる木材が散らかっていたり、床下の通気性が悪かったり、湿気の多い家だったりすると、シロアリが発生するリスクが高まります。

シロアリが発生する場所


先ほどお話したようにシロアリは湿った木材を好みます。侵入しやすく、湿気が多い家の床下はシロアリが発生する代表的な場所とされています。木材にどんどん侵入してきますので、柱やタンス、本棚などの木製家具も注意が必要です。屋根を入り口として天井裏に侵入することもあります。家の基礎に不自然な土の道ができている場合、すでにシロアリが侵入している可能性が高いので、注意して見てください。

自分でもできるシロアリ対策


住宅に甚大な被害をもたらすシロアリですが、どのように対策をすれば良いのでしょうか。ここではシロアリ対策として効果的な方法をいくつかご紹介しましょう。

・シロアリの嫌いな木材を選ぶ
シロアリは湿った木材のように、木材の柔らかい部分を好みますので、家を新築するときや建替え、リフォームなどをするときに硬い木材を選択すればシロアリの被害に遭うリスクを下げる事ができます。カシやケヤキ、ブナといった木材は硬いことで知られていますから、これらの木材を使用することでシロアリ対策となるでしょう。一方マツなどの柔らかい木材はシロアリの格好の餌になりますので、注意が必要です。

・定期的にシロアリ対策の薬を散布する
シロアリの駆除や予防をしてくれる専門の業者がいます。そのような業者に依頼して、定期的にシロアリ防止の薬を散布してもらうのが効果的です。木材にドリルなどで穴をあけて薬剤を注入する木部処理と、家の土壌に処理剤を散布する土壌処理があります。どちらも薬の効果は5年程度なので、定期的に実施することが必要です。
・湿気対策をする
木材だけでなく湿気もシロアリの大好物ですから、シロアリが発生しやすい場所に対して、湿気対策を行うことも効果的です。まず配管の水漏れがないか、床下の土壌が湿っていないかチェックしましょう。家の基礎についている換気口の前にエアコンの室外機などを置いてふさいでいる場合はすぐどかし、庭に放置している木材などは片づけ、家の換気も定期的に行います。床下にどうしても湿気がたまりやすい場合は、乾燥材などを撒いて湿気対策を行ってください。

もしシロアリに侵食されていることが分かったら

シロアリの被害に遭っていないかどうか気になって床下に潜ってみたら、土台や根太などが食い散らかされていた、ということは十分あり得ます。このようなときいったいどうすれば良いのでしょうか?

すでにシロアリによる被害が発生している場合、素人が対処することは難しくなるため、すぐに専門家に相談したほうが良いでしょう。自分で対策しようとして床下や柱をいじってしまうと、家全体のバランスが崩れてしまうことがあります。また床下や壁などの配線により感電のリスクもあります。シロアリ駆除の業者に相談した上で今後の対策を決めてください。

大切なマイホームがシロアリに侵食されてしまうと家の強度が下がり大変危険ですし、シロアリの被害を受けた部分を修繕するのに多くの費用がかかってしまいます。できることなら被害が発生する前に対策を講じることが重要です。大切なマイホームにいつまでも住めるよう、シロアリには十分気を付けましょう。

メンテナンスのおすすめ記事

  • ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    雨漏りというと屋根が原因のように思われがちですが、ベランダやバルコニーから起こることもあるのはご存知でしょうか。放置しておくと建物の劣化を引き起こすため、早めの対策が必要です。天井のシミなどを見つけたら、まずはベランダや…

  • 外壁にひび割れが……ひび割れをしてしまう原因と発見後の対策

    外壁にひび割れが……ひび割れをしてしまう原因と発見後の対策

    外壁のひび割れは見た目が悪くなるだけでなく、ひび割れたところから建物の劣化が始まり非常に危険です。外壁にひび割れを発見した時は放置せず、早めに適切な処置をすることが必要です。外壁がひび割れてしまう原因を解き明かして、正し…

  • スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレートって、どんな屋根材? 住宅用の屋根材として広く普及しているものに人工スレートがあります。人工スレートとは、セメントと各種の繊維を混ぜ、薄く平たい板状に成型し、表面を塗装で仕上げたものです。スレートには、天然石でで…

  • 外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    最近自宅の外壁がなんだか古臭くなってきた、と感じることはあるでしょうか。もしかすると、それは塗装のチョーキング現象かもしれません。 の可能性があります。チョーキング現象という言葉は建築用語ですので、あまり聞きなじみがない…

  • 住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるために大切なこと 春の花が咲き、過ごしやすい季節になりました。比較的気候が穏やかに安定しているこの時期に、ご自宅のお手入れについて考えてみてはいかがでしょう。いつまでも快適に暮らすために、マイホームは…

  • 屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    遮熱って、なに? 断熱との違いは? 今夏は記録的な猛暑となり、外出を控えたいほど暑い日が多くなっています。熱中症を防ぐためにも屋内を涼しく保つことが大切ですが、冷房のための電気料金も気になるところです。暑い夏だからこそ、…

  • 外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁塗装の塗料ってどんなものがある?

    外壁の塗装メンテナンスが必要な理由 ご自宅の外壁が色あせてきたり、汚れが目立ってきたりすれば、それは塗替えメンテナンスが必要なサインかもしれません。外壁は、屋根とともに住まいを雨風や直射日光から守ってくれる大切な部分。外…

  • 結露してしまう原因は? 結露を防止するための対策

    結露してしまう原因は? 結露を防止するための対策

    冬場多くの家庭を悩ませている結露。放置するとカビやダニを発生させ家にダメージを与えることにもなるので、しっかりと対策を取ることが大切です。結露の原因を知って、効果的に対処できるよう気を配っていきましょう。 結露の原因とは…

  • 玄関ドアの塗装は必要? 玄関ドアの塗装を考えるべきタイミング

    玄関ドアの塗装は必要? 玄関ドアの塗装を考えるべきタイミング

    その家の顔ともいうべき玄関ドア。しかし、そのドアの塗装が剥げていたり色褪せていたりすると、これだけで家全体の印象が悪くなりかねません。そのため、玄関ドアの塗装や補修が必要になるわけですが、塗装のタイミングや、塗装ではなく…

  • 在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    住宅工法の種類を知ろう 家を建てることになったら、いろいろと知っておきたいことがあります。その中でも基本となるのが住宅の工法です。工法とは建物の骨組み(躯体)をつくる方法のこと。在来工法とツーバイフォーがよく知られていま…

その他のおすすめ記事

  • リフォーム

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    浴室の施工法の違いとは? 自宅の浴室をリフォームすることになったら、快適でくつろげる場所にしたいものですね。ところで、浴室づくりといえば、ユニットバスが主流ですが、在来工法という選択肢もあるのをご存知ですか? 既成のパー…

  • 耐震

    大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

    大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

      江戸時代以前の耐震対策とは 日本が世界でも有数の地震大国であるのは誰しもが認めるところです。そのため、日本の住宅耐震技術は非常にすぐれたものとなっています。特に1923(大正12)年の関東大震災以降、耐震研…

  • 耐震

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    日本で最も多い家づくりの工法 住宅を建てるにはいろんな構法がありますが、日本で最も多く用いられているのが木造軸組構法です。在来工法とも呼ばれ、木材が豊かなこの国に古くから伝わってきた家づくりの方法です。木の柱や梁(はり)…

  • メンテナンス

    在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

    住宅工法の種類を知ろう 家を建てることになったら、いろいろと知っておきたいことがあります。その中でも基本となるのが住宅の工法です。工法とは建物の骨組み(躯体)をつくる方法のこと。在来工法とツーバイフォーがよく知られていま…

  • リフォーム

    在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    こだわりの浴室づくりなら、在来工法? 住まいの中でも浴室は、日々の疲れをいやし明日に向けてリフレッシュするための大切な場所。家を建てたり、リフォームしたりするなら「ホテルや旅館のようなお風呂にしたい!」と思う人も少なくな…

  • 耐震

    木造住宅の地震対策!?ツーバイフォー、在来工法ともに大切なこと?

    木造住宅の地震対策!?ツーバイフォー、在来工法ともに大切なこと?

    地震対策は耐震補強だけじゃない? 日本で安心、安全な住まいづくりを考えるとき、非常に重要になるのが地震対策です。現在では、何らかの対策を施しているお宅は少なくないと思います。とはいえ、「わが家は地震に強いツーバイフォーだ…

  • ライフスタイル

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    ライフスタイルは変わるものだから 家は長年にわたって暮らすもの。家を建てることになったら、いつまでも家族みんなが快適で暮らしやすい住まいにしたいものです。とはいえ、年月が経つうち、住む人のライフスタイルは変わっていきます…

  • リフォーム

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    中古物件で思い通りの家づくり? ここ数年間、戸建住宅の建設費用ならびに新築住宅の価格も高止まりの傾向が続き、新築着工件数も低水準で推移しています。ただ、細部までこだわって思い通りの家を新築したい、ピカピカの新築住宅に住み…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ