リフォームでリビングに小上がり和室を作るメリット

リビングに小上がりの和室を作りたいと思ったことはありませんか?リビングなどに小上がりの和室があると、リラックスできる空間になりそうですよね。ここでは小上がりの和室を作るメリットや、作る際のポイントなどについてご紹介したいと思います。

小上がりの和室とは?

まずは小上がりの和室についてご説明します。小上がりの和室とは少しだけ嵩の上がった和室のことを指しますが、現代ではほとんど高さをつけないリビング横などの和室も小上がりと呼ぶことがあります。

一般的な和室との違いですが、床が少し上がっていることから、より空間に奥行きを感じることが挙げられます。また、一般的な和室だと床柱や書院など凝った造りになっていることが多いのですが、小上がりの和室は簡素な造りになっている点も特徴です。畳も従来の畳ではなく、おしゃれな現代風の畳を使用しているケースも多くなってきています。

リフォームをする際にリビングに小上がり和室を作るメリット


小上がり和室を作るメリットの一つとして、収納スペースが増えることが挙げられます。小上がり和室では、段差部分に収納スペースを作ることができます。友人や知人などが突然自宅を訪れてくるときなども、リビングに散らかっている荷物をすぐ小上がりの和室の段差部分に一時的に収納することができるのです。

小上がりの和室は、その段差に気楽に腰掛けることができるのも魅力です。その場に滞在する時間が増え、腰を上げるのも地面に直接座っているときよりも楽になりますので、段差に座っての会話が増えるでしょう。このような形で、小上がり和室は家族のコミュニケーションの中心になるかもしれません。

また、小上がりにすると段差になっていることから、和室部分にリビングからのごみや埃などが入りにくいというメリットもあります。

リフォームをする際に小上がり和室を作るデメリット

小上がり和室を作るデメリットについてもご説明します。まず、ご自宅をバリアフリーにしたいと考えている人にとっては向いていません。

また、小上がり和室は小さな子どもの遊び場所になるかもしれませんので、ある程度の段差がある場合だとそこから落ちてしまう可能性があるので注意が必要でしょう。腰を掛けられるくらいの高さでも、小さな子どもだとケガをしてしまう恐れがあります。

小上がり和室があることで、 一般的な和室を設置した場合ほどではありませんが、間取りや作り方に工夫をすることで広さを演出することもできるので、専門業者に相談してみるのが良いかもしれません。

小上がり和室を作る際のポイント


小上がり和室を設置する場合は、どのようなものを収納するかを考えた上で段差の高さを決めることが大切です。段差部分に収納スペースを作る場合は30cm程度の高さは必要になるでしょう。段差部分に収納スペースを作らない場合でもある程度、小上がりには段差をつけたほうが良いでしょう。10cm程度の段差では小さな子どもは気づきにくく、頻繁につまずいてしまうかもしれません。

また、間仕切りをつけるかつけないかも検討ポイントとなってきます。小上がりをプライベートなスペースとして使用したければ間仕切りをつけたほうが良いですが、存在感が増してしまうので圧迫感が出てしまう恐れがあります。メリット・デメリットがあるので、ご自身のライフスタイルに合わせて選択されるのが良いと思います。

いかがでしょうか?リビングに小上がり和室を作るメリットはたくさんあります。小上がり和室ができれば、家族が団らんできる素敵な空間になるでしょう。ご紹介したポイントをご参考にリフォームの計画を進めてください。

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • 屋根材

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    ユニークな異人館 異国情緒ただよう神戸市北野地区の異人館街には、歴史ある美しい洋館が立ち並びます。これらの洋館が異人館と呼ばれるのは、幕末や明治時代以降に欧米人の住居として建てられたためです。北野の異人館には、贅を尽くし…

  • 屋根

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    地震対策で意外に大切なこと 地震や台風など、日本は災害の多い国です。それだけに、大切なわが家をしっかりと守りたいものです。特に、ここ数年は大きな地震が相次いでいることから、自宅の耐震性が気になる方は少なくないでしょう。地…

  • ライフスタイル

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールという考え方 家は快適に暮らすための場所であるのはもちろんですが、住む人のセンスやライフスタイルを表現できる場でもあります。おしゃれな家づくりをするなら、内装から外観までトータルにコーディネートしたいもので…

  • 屋根材

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    瓦にもいろいろある? 日本の住宅地でよく見かける瓦屋根。その屋根材といえば、当然ながら昔から伝わる日本瓦を思い浮かべる人は多いでしょう。とはいえ、日本瓦によく似た「セメント瓦」という屋根材について耳にしたことはありません…

  • リフォーム

    リノベーションの予算はどう考えればいい?

    リノベーションの予算はどう考えればいい?

    リノベーションは大きな買い物 既存の住宅の内外装や設備を一新し、新築同様かそれ以上の状態に改修するリノベーション。新築よりも割安な費用で済むこともあり、近年注目されています。「古くなってきたわが家を住みやすく手直ししたい…

  • ライフスタイル

    あこがれの海辺の住まい作りを成功させるには

    あこがれの海辺の住まい作りを成功させるには

    海辺の家であこがれのライフスタイル 南の島の茅葺き屋根のリゾートホテルで海を見ながら過ごすひととき…自宅でそんな気分を味わえたら、と思ったことはありませんか?海の見える家にあこがれている方は少なくないかもしれません。 そ…

  • メンテナンス

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるために大切なこと 春の花が咲き、過ごしやすい季節になりました。比較的気候が穏やかに安定しているこの時期に、ご自宅のお手入れについて考えてみてはいかがでしょう。いつまでも快適に暮らすために、マイホームは…

  • リフォーム

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    浴室の施工法の違いとは? 自宅の浴室をリフォームすることになったら、快適でくつろげる場所にしたいものですね。ところで、浴室づくりといえば、ユニットバスが主流ですが、在来工法という選択肢もあるのをご存知ですか? 既成のパー…

  • 屋根

    ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ライフスタイルを広げるスペースとは 断熱性の高い現代の住宅の室内は冷暖房がよく効き、季節を問わず暮らしやすくなっています。そうはいっても、気候の良い時期には、住まいの中に自然の風や光を取り入れたいもの。 屋内と外をつなぐ…

  • リフォーム

    リフォームが必要?知っておきたい屋根・外壁のお手入れ

    リフォームが必要?知っておきたい屋根・外壁のお手入れ

    家の状態を長く良好に保つためにできること 新築から数年経ったわが家の屋根や外壁が汚れてきたら、どうすればいいのでしょう。外にさらされている部分だから、多少の汚れは仕方ないでしょうか。 いいえ、その汚れは屋根や外壁リフォー…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ