リフォームの流れについて把握しよう

もっと広々としたキッチンが欲しい、一日の疲れがとれる快適なバスルームを設置したい、などリフォームへの期待に胸を膨らませている人も多いでしょう。具体的にリフォームを進めようとした時に、いったいどのような流れで進めていけば良いのでしょうか。見積もりや現地調査、プランの決定、契約、工事、引き渡しとリフォームを進めるには多くのことを考える必要があります。今回はそれぞれの流れについてお話していきたいと思います。

リフォームを行う範囲と規模を確定する

まずはどのようなリフォームを行うかということを明確にすることから始めましょう。どこまでリフォームするのか、どの程度の規模でリフォームをしてもらうのかということをあらかじめ決めていきます。いきなり詳細な内容までを決める必要はありません。リフォーム業者に問い合わせをする前の段階では、大まかなプランを決めておくだけでも良いでしょう。

規模の大きなリフォームになってくると工事の範囲や規模がイメージしにくいですよね。そんな時は優先順位を決めておくことをおすすめします。絶対に外せない部分、妥協しても構わない部分などを決めてノート、メモ帳などに控えておきましょう。自分の中で優先順位が決まっていると、リフォーム業者に相談する際に話をスムーズに進めやすくなります。

リフォーム業者に相談、見積もり依頼


次にリフォーム業者へ相談をします。どのような工事を予定しているか、予算はどれくらいかといったことを伝えて具体的なプランを詰めていきましょう。
この時に注意したいのがリフォーム業者の選定です。一概にリフォームと言っても、業者によって得意な領域が異なるので、希望のリフォームに合わせて業者を選ぶようにしましょう。例えば、水回り工事に強い業者もあればエクステリア工事を専門にしている業者もあります。リフォーム業者の選定ですが、インターネットで検索するほか、雑誌の広告、チラシ、地元にある工務店などさまざまな方法から候補を探してみると良いでしょう。リフォームの大まかなプランがまとまったら見積もり依頼をします。

現地調査

実際にリフォームを行う現場を業者が確認します。現地調査ではさまざまな部分をチェックしていきます。躯体の老朽化はないか、シロアリの被害はないかといった部分をチェックすることもありますし、工事車両が入ってきやすいか、解体工事などがしやすいかという部分などを確認することもあります。

リフォームプランおよび範囲の決定

リフォーム会社からの見積もりが出てきたら、その金額をもとに再びプランを考えます。予算が合わない場合は使用する部材を変える、工事そのものを変更するなどして、より具体的にプランを詰めていきます。ここでどのようなリフォームになるかが、ほぼ決まりますので慎重にプランを練っていきましょう。

契約、打ち合わせ

見積りの内容や金額に合意したら契約となります。契約書の内容にきちんと目を通し、追加工事の際の費用を誰がどのように負担するか、引き渡しが遅れた場合の対処などについて盛り込まれているかも確認してください。アフターケアがどうなっているかも契約時に確認しておくと安心でしょう。

リフォームの下準備

いよいよリフォームの下準備に入っていきます。下準備とは本格的な工事を始める前の準備のことです。例えば、外装工事の場合だと足場の組み立てをしなくてはなりませんし、内装工事だと養生が必要です。また、大規模なリフォーム工事の場合には近所にリフォーム工事を行う旨のあいさつ回りに行くことをおすすめします。近隣へのあいさつ回りはリフォーム会社が代わりに行ってくれることもありますが、やはり施主本人があいさつをしたほうが丁寧な印象を与えることができるでしょう。
リフォームの期間が長くなる場合や、水回りの工事が必要となる場合は、仮住まいの準備が必要になる可能性が高くなります。直前になって慌てて仮住まいを探すことがないように、前もって準備しておくと安心ですね。
関連記事:住みながらリフォームは可能? 住みながらでもリフォームできる範囲と注意点

リフォーム工事


ついに工事に入っていきます。事前に確定したリフォームプランに従って工事が進んでいきます。ある程度工期の長いリフォームだと、随所で施主と業者とのあいだで確認のための打ち合わせが入ることもありますし、社内検査などが行われることもあります。社内検査とは、工事の担当者を除いたリフォーム会社の社員が現場に来て確認作業を行うことで品質担保をする仕組みです。

リフォーム工事部分の確認、引き渡し

工事が終われば、施主と業者がともに工事部分の確認を行います。プラン通りに工事が行われているかを確認し、万が一できていないところがあれば改善をしてもらいます。最終的なチェックで問題ないようならそのまま引き渡しとなり、これですべてのリフォームは完了となります。後日不具合が見つかった場合にはアフターフォローをしてもらいましょう。

以上がリフォーム工事における大まかな流れとなります。いかがだったでしょうか。すべてのリフォームがこの通りに進むとは言えませんが、一般的なリフォーム工事では、だいたいこのような流れで進んでいくでしょう。リフォームは何度も経験することではありません。今回ご紹介した流れを確認しながら、着実にリフォームを進めていきましょう。また、不明なことや疑問に感じていることがあればリフォーム業者に逐一確認の質問をしてみることをおすすめいたします。きっと、親身になって質問に答えてくれるでしょう。

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • 屋根材

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の優れた屋根材とは この4月から電力の全面自由化がスタートします。自由化によって事業者間で競争になれば、電気料金は安くなると思いがちですが、そうとは限りません。発電用の燃料費の変動が電気料金に大きく影響するよう…

  • ライフスタイル

    家を建てるなら、知っておきたい屋根材と屋根勾配の関係

    家を建てるなら、知っておきたい屋根材と屋根勾配の関係

    屋根づくりの重要ポイント 住宅にとって屋根は日々の雨風や日差し、また台風などの災害から住まいを守ってくれる大切な部分です。一方、洋風のとんがり屋根や重厚な大屋根など、屋根は建物の外観イメージづくりにも大きく影響します。し…

  • ライフスタイル

    モデル・香菜子さんインタビュー:使ってみて分かる本当に良いものの美しさ

    モデル・香菜子さんインタビュー:使ってみて分かる本当に良いものの美しさ

    モデル、イラストレーター、デザイナーと、いくつもの顔を持つ香菜子さん。二児の母でもある彼女は、本当に欲しいものを自分で作り、自然体のライフスタイルを実践することで、多くの女性からの支持を得ています。そんな彼女に、ご自身の…

  • 屋根材

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    金属瓦は現代の屋根材? 日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。 ガルバリウム鋼…

  • 屋根

    屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    東京駅の屋根に注目 日本の首都・東京の玄関といえる東京駅。保存復原プロジェクトにより、2012年に丸の内駅舎が創建当時の姿を取り戻しました。国の重要文化財でもある駅舎ですが、駅として日々機能しながら、観光スポットとしても…

  • 屋根材

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    スレート屋根にもいろいろある? 現代の戸建住宅向けの一般的な屋根材の1つにスレートがあります。スレートは薄い板状の屋根材で、瓦に比べて色数も多く、軽量で耐震性にも優れています。 そうしたことからか広く使用されているのです…

  • 屋根

    屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

    屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

    台風シーズンの後の大切なこと ここ数年、台風が大型化し、その被害も大きくなりがちです。雨風から住まいを守る役割を持つ屋根は台風の被害を最も受けやすく、それだけにデリケートな部分です。台風シーズンが過ぎた後、大きな被害はな…

  • 屋根

    こまめな屋根塗装を!直射日光がスレート屋根に与える影響

    こまめな屋根塗装を!直射日光がスレート屋根に与える影響

    メンテナンスが欠かせないスレート屋根 スレートは現代の多くの住宅に使用されている薄い板状の屋根材です。粘板岩を加工した高価な天然ものもありますが、一般的には薄型化粧スレートとも呼ばれるセメントに繊維素材を混入したものが住…

  • メンテナンス

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    持ち家の価値を維持するために 建築の専門家が住宅の状態を検査するサービス「ホームインスペクション(住宅診断)」が広がりつつあります。中古住宅市場の活性化を目指し、国交省もホームインスペクションを普及させる方針です。これか…

  • 屋根材

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    現代にも通じる洋館のスタイル 「家を建てるなら、おしゃれな洋館のような建物にしたい」そう思う人は少なくないでしょう。日本に洋風建築が入って来た明治以降から昭和初期にかけ、日本で暮らす外国人や裕福な日本人の住宅として、美し…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ