リフォームの流れについて把握しよう

もっと広々としたキッチンが欲しい、一日の疲れがとれる快適なバスルームを設置したい、などリフォームへの期待に胸を膨らませている人も多いでしょう。具体的にリフォームを進めようとした時に、いったいどのような流れで進めていけば良いのでしょうか。見積もりや現地調査、プランの決定、契約、工事、引き渡しとリフォームを進めるには多くのことを考える必要があります。今回はそれぞれの流れについてお話していきたいと思います。

リフォームを行う範囲と規模を確定する

まずはどのようなリフォームを行うかということを明確にすることから始めましょう。どこまでリフォームするのか、どの程度の規模でリフォームをしてもらうのかということをあらかじめ決めていきます。いきなり詳細な内容までを決める必要はありません。リフォーム業者に問い合わせをする前の段階では、大まかなプランを決めておくだけでも良いでしょう。

規模の大きなリフォームになってくると工事の範囲や規模がイメージしにくいですよね。そんな時は優先順位を決めておくことをおすすめします。絶対に外せない部分、妥協しても構わない部分などを決めてノート、メモ帳などに控えておきましょう。自分の中で優先順位が決まっていると、リフォーム業者に相談する際に話をスムーズに進めやすくなります。

リフォーム業者に相談、見積もり依頼


次にリフォーム業者へ相談をします。どのような工事を予定しているか、予算はどれくらいかといったことを伝えて具体的なプランを詰めていきましょう。
この時に注意したいのがリフォーム業者の選定です。一概にリフォームと言っても、業者によって得意な領域が異なるので、希望のリフォームに合わせて業者を選ぶようにしましょう。例えば、水回り工事に強い業者もあればエクステリア工事を専門にしている業者もあります。リフォーム業者の選定ですが、インターネットで検索するほか、雑誌の広告、チラシ、地元にある工務店などさまざまな方法から候補を探してみると良いでしょう。リフォームの大まかなプランがまとまったら見積もり依頼をします。

現地調査

実際にリフォームを行う現場を業者が確認します。現地調査ではさまざまな部分をチェックしていきます。躯体の老朽化はないか、シロアリの被害はないかといった部分をチェックすることもありますし、工事車両が入ってきやすいか、解体工事などがしやすいかという部分などを確認することもあります。

リフォームプランおよび範囲の決定

リフォーム会社からの見積もりが出てきたら、その金額をもとに再びプランを考えます。予算が合わない場合は使用する部材を変える、工事そのものを変更するなどして、より具体的にプランを詰めていきます。ここでどのようなリフォームになるかが、ほぼ決まりますので慎重にプランを練っていきましょう。

契約、打ち合わせ

見積りの内容や金額に合意したら契約となります。契約書の内容にきちんと目を通し、追加工事の際の費用を誰がどのように負担するか、引き渡しが遅れた場合の対処などについて盛り込まれているかも確認してください。アフターケアがどうなっているかも契約時に確認しておくと安心でしょう。

リフォームの下準備

いよいよリフォームの下準備に入っていきます。下準備とは本格的な工事を始める前の準備のことです。例えば、外装工事の場合だと足場の組み立てをしなくてはなりませんし、内装工事だと養生が必要です。また、大規模なリフォーム工事の場合には近所にリフォーム工事を行う旨のあいさつ回りに行くことをおすすめします。近隣へのあいさつ回りはリフォーム会社が代わりに行ってくれることもありますが、やはり施主本人があいさつをしたほうが丁寧な印象を与えることができるでしょう。
リフォームの期間が長くなる場合や、水回りの工事が必要となる場合は、仮住まいの準備が必要になる可能性が高くなります。直前になって慌てて仮住まいを探すことがないように、前もって準備しておくと安心ですね。
関連記事:住みながらリフォームは可能? 住みながらでもリフォームできる範囲と注意点

リフォーム工事


ついに工事に入っていきます。事前に確定したリフォームプランに従って工事が進んでいきます。ある程度工期の長いリフォームだと、随所で施主と業者とのあいだで確認のための打ち合わせが入ることもありますし、社内検査などが行われることもあります。社内検査とは、工事の担当者を除いたリフォーム会社の社員が現場に来て確認作業を行うことで品質担保をする仕組みです。

リフォーム工事部分の確認、引き渡し

工事が終われば、施主と業者がともに工事部分の確認を行います。プラン通りに工事が行われているかを確認し、万が一できていないところがあれば改善をしてもらいます。最終的なチェックで問題ないようならそのまま引き渡しとなり、これですべてのリフォームは完了となります。後日不具合が見つかった場合にはアフターフォローをしてもらいましょう。

以上がリフォーム工事における大まかな流れとなります。いかがだったでしょうか。すべてのリフォームがこの通りに進むとは言えませんが、一般的なリフォーム工事では、だいたいこのような流れで進んでいくでしょう。リフォームは何度も経験することではありません。今回ご紹介した流れを確認しながら、着実にリフォームを進めていきましょう。また、不明なことや疑問に感じていることがあればリフォーム業者に逐一確認の質問をしてみることをおすすめいたします。きっと、親身になって質問に答えてくれるでしょう。

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • リフォーム

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    修繕計画を立てて効率よいメンテナンスを 日銀のマイナス金利政策の影響で、預金利息がほぼ0%になっています。貯めて増やすのがむずかしい時代になりましたが、ご自宅の修繕資金は計画されていますか? うちは戸建てなので、マンショ…

  • 屋根材

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    ユニークな異人館 異国情緒ただよう神戸市北野地区の異人館街には、歴史ある美しい洋館が立ち並びます。これらの洋館が異人館と呼ばれるのは、幕末や明治時代以降に欧米人の住居として建てられたためです。北野の異人館には、贅を尽くし…

  • ライフスタイル

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    収納で個性的な住まいを演出? ライフスタイルにこだわった個性的な住まいにしたいと思う人は少なくないでしょう。特に戸建住宅なら、外観から内装まで、まるごと思い通りの家づくりができます。わが家の個性を演出するなら、内・外装の…

  • リフォーム

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    住まいの断熱って、どんなもの? 木枯らしが吹く季節になってくると、家の中で暖かく過ごしたいと思う一方、暖房コストも気になりますよね。「家の中がなんだか寒い。暖房が効きにくい。」、そんなふうに感じることがあれば、実は住まい…

  • リフォーム

    ウッドデッキも可能?ベランダをおしゃれで便利にリフォームしよう

    ウッドデッキも可能?ベランダをおしゃれで便利にリフォームしよう

    ベランダリフォームでアウターリビングに 初夏や秋口など気候のよい時期には、自然の風を家の中に上手に取り込んで快適に暮らしたいですね。家の中と外をつなぐ場所で自然の風を感じながらくつろげる、そんな「アウターリビング」という…

  • メンテナンス

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根はいつか「葺き替え」が必要に 家は長年にわたって住み続けるもの。戸建住宅でいつまでも快適に暮らしていくには、内外装や設備の適切なメンテナンスやリフォームが欠かせません。住まいの快適さを支えるのは住宅の性能ですが、住宅…

  • 耐震

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

  • ライフスタイル

    家を建てるときに知っておきたい! 住宅の屋根勾配の考え方

    家を建てるときに知っておきたい! 住宅の屋根勾配の考え方

    家を建てようとするとき、ぜひしっかりと考えてほしいのが屋根の勾配をどうするかという問題です。屋根づくりにおいては素材選びとともに、勾配の度合い、屋根の形が重要な意味を持ってきます。 勾配の違いによるメリットとデメリットな…

  • 耐震

    ツーバイフォーと免震の組み合わせなど 戸建住宅の耐震構造には種類があるって、ホント?

    ツーバイフォーと免震の組み合わせなど 戸建住宅の耐震構造には種類があるって、ホント?

    耐震、制振、免震の違いは? 日本において、大切なわが家を守っていく上でどうしても重要になるのが、地震対策です。特に戸建住宅の場合、家を守るのはオーナー自身ですから、耐震については気になるところです。近年は、「耐震」に加え…

  • 耐震

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    「ツーバイフォー(2×4)」は、19世紀に北米で生まれた住宅工法のひとつです。日本には1970年代に導入され、“耐震性の高い工法”として幅広く普及しました。実際、阪神淡路大震災や東日本大震災ではこの工法で建てられた住宅の…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ