住みながらリフォームは可能? 住みながらでもリフォームできる範囲と注意点

家をリフォームする際、できれば家に住みながらリフォームをしたいと考える人は多いのではないでしょうか。ここでは、家に住みながらリフォームをする方法と、そのメリットやデメリットなどについてご紹介します。

家に住みながらリフォームすることはできる?

結論からお話すると、工事の内容によっては家に住みながらリフォームをすることは可能です。それではどの程度の工事内容や規模だと、家に住みながらリフォームすることができるのかを見ていきましょう。

例えば、トイレやキッチン、バスルームなど部分的なリフォームであれば、リフォーム中に家を空ける必要はありませんので、住みながらリフォームすることが可能です。これらの工事は1~6日程度が工期の目安となります。部分的な工事ですので、一部、日常生活に支障は出るものの、住みながらリフォームをすることは可能でしょう。

一方、キッチンの場所や部屋の向きを変えるなど、間取り変更を伴うような大規模なリフォームの場合は、家を空ける事になる可能性が高くなります。

家に住みながらリフォームをするメリット


家に住みながらリフォームを行うメリットは3点あります。1つは生活環境を変えなくて済むという点です。短期でも家を空ける場合は、日用品の運び出しや仮住まいの確保など、リフォームとは直接関係のない部分で時間を取られることになります。また家族が通勤や通学をしている場合、そのルートや時間が変更になる可能性があります。家に住みながらのリフォームであれば、そういった生活環境を変えるようなことは不要になります。

2つ目のメリットとして、金銭面の負担が挙げられます。家を一旦出るとなると仮住まいが必要になります。ウィークリーやマンスリータイプのマンションでも、工期によってはそれなりの費用が必要となりますし、こうした短期で借りるタイプのマンションは日割り計算してみると通常の賃貸住宅に比べて割高になりがちです。
出費の面から考えると、できる限り家に住みながらリフォームを行うのが良いでしょう。

さらに、工事の様子を確認できるのもメリットと言えます。仮住まいでの生活となると、工事がどのように進んでいるかを把握することができません。住みながら工事をしてもらう場合だと、工事中に家に滞在をしていれば作業の様子などを見ることができます。自宅がどんどんと変わっていく様子を見る楽しさもあるでしょう。

家に住みながらリフォームをするデメリット

デメリットとしては工事に伴う騒音が挙げられます。リフォームでは解体作業が発生する場合もありますので、作業中は大きな音が生じてしまうこともあるでしょう。大きな音が頻繁に発生する場合は、ストレスがかかる可能性が高くなります。

基本的にリフォーム工事をする際には、工事を行う部分以外が汚れないように養生などを行います。養生とはシートを敷いたりテープを貼ることで、作業箇所以外が汚れてしまうのを防ぐ処置のことです。しかし、養生を行ったとしてもほこりを防ぐことは難しいでしょう。ほこりアレルギーを持っている人や、神経質な人には家に住みながらのリフォームは向きません。

家に住みながらリフォームをする際の注意点


それでは、家に住みながらリフォームしてもらう場合には、どのようなことに注意をすればよいでしょうか。まず大事なのが、全体のスケジュールを事前に確認しておくことです。トータルでの工期はどうなっているのか、水周りがいつ使えるようになるのかといったことを事前に確認しておきましょう。

トイレやキッチンといった水周りが使えない間、どのように対処するかという部分も明確にしておく必要があるでしょう。特にトイレに関しては代用ができませんので、仮設トイレなどを設置してもらえるかどうかをリフォーム業者に確認しておく必要があります。ちなみに、リフォーム業者によっては仮住まいの手配などをしてくれるケースもあります。仮住まいについても相談してみましょう。

規模が大きな工事だと必然的に家を空けることになってしまいますが、部分的な工事であれば、家を空けずにリフォームすることができるでしょう。今回ご紹介したメリットやデメリット、注意点などをしっかりと把握したうえでリフォームを検討してみましょう。住みながらリフォームができるのかどうか判断が難しい場合は、専門業者に相談してみるのが良いでしょう。

リフォームのおすすめ記事

  • 戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    浴室の施工法の違いとは? 自宅の浴室をリフォームすることになったら、快適でくつろげる場所にしたいものですね。ところで、浴室づくりといえば、ユニットバスが主流ですが、在来工法という選択肢もあるのをご存知ですか? 既成のパー…

  • リフォームの際に吹き抜けを作るメリットと注意点

    リフォームの際に吹き抜けを作るメリットと注意点

    個性的な家に仕上げることができ、開放感を感じられる吹き抜けは人気がありますが、今回は吹き抜けのメリットとデメリットの両方についてお伝えしたいと思います。注意すべきポイントをしっかりおさえて、吹き抜けを取り入れるかどうかを…

  • 浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室は快適で安全であってほしい場所 日本人にとって浴室は単に体を洗うだけの場所ではありません。一日の疲れを取り、ゆったり体と心を癒すスペースでもあります。ただ、浴室は住宅の中でも事故が起きやすい場所ともいわれています。浴…

  • リフォーム中は何処に住む? 仮住まいの選び方

    リフォーム中は何処に住む? 仮住まいの選び方

    リフォームを検討している場合、リフォーム工事中の仮住まいについて気になったことはありませんか?住宅の一部分のリフォームであれば、自宅に住みながら工事をすることができますが、大掛かりな工事となると仮住まいへの引っ越しが必要…

  • 外装リフォームのときには防犯のことも考えよう

    外装リフォームのときには防犯のことも考えよう

    秋冬は空き巣が増える!? このところ、朝夕冷え込むようになってきましたね。衣類を入れ替えたり、暖房器具を出したり、冬への準備をされるご家庭も多いと思います。これに加え、この時期に気をつけていただきたいことがあります。 そ…

  • 部屋が広く見える? 腰壁リフォームの種類とメリット

    部屋が広く見える? 腰壁リフォームの種類とメリット

    インテリア上級者に人気というイメージの腰壁。最近、家のいろいろな場所での腰壁リフォームが人気を集めています。ここでは腰壁のメリットやデメリット、種類などについてご紹介します。 腰壁とは? 腰壁とは床から腰までの高さの壁の…

  • 家の中が寒い……すきま風が起こる原因と対策

    家の中が寒い……すきま風が起こる原因と対策

    暖房をつけているのにも関わらず、部屋の中にすきま風が入ってきてしまい、とても寒いという経験をしたことはないでしょうか。すきま風を放置しておくと、部屋が寒くなってしまうだけではなく、部屋を暖めるために使用する光熱費も高くな…

  • 外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    修繕計画を立てて効率よいメンテナンスを 日銀のマイナス金利政策の影響で、預金利息がほぼ0%になっています。貯めて増やすのがむずかしい時代になりましたが、ご自宅の修繕資金は計画されていますか? うちは戸建てなので、マンショ…

  • 快適な寝室にしよう! 寝室リフォームを行うときのポイント

    快適な寝室にしよう! 寝室リフォームを行うときのポイント

    睡眠は1日の中でも多くの時間を占めるため、とても重要な時間です。日々を快適に過ごすためにも良質な睡眠をとることが重要で、そのためには快適な睡眠環境が必要でしょう。そこで、おすすめなのが寝室のリフォームです。ここでは寝室リ…

  • リノベーションの予算はどう考えればいい?

    リノベーションの予算はどう考えればいい?

    リノベーションは大きな買い物 既存の住宅の内外装や設備を一新し、新築同様かそれ以上の状態に改修するリノベーション。新築よりも割安な費用で済むこともあり、近年注目されています。「古くなってきたわが家を住みやすく手直ししたい…

その他のおすすめ記事

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ