リフォーム中は何処に住む? 仮住まいの選び方

リフォームを検討している場合、リフォーム工事中の仮住まいについて気になったことはありませんか?住宅の一部分のリフォームであれば、自宅に住みながら工事をすることができますが、大掛かりな工事となると仮住まいへの引っ越しが必要になります。ここでは仮住まいが必要になるリフォームの種類や、仮住まいの選び方などについてお話したいと思います。

仮住まいが必要になるリフォームとは


ではどの程度の規模のリフォームなら、仮住まいが必要となるのでしょうか。例えば、建て替えのような工事になると、既存の建物を解体する必要があるので仮住まいが必要になりますが、リフォームの場合は、家主が施工されるリフォームに対してどの程度ストレスを感じるかが重要となってきます。下記のポイントについて気になる人は、仮住まいを検討してみてはいかがでしょうか。
・リフォーム期間中の施工業者の音などが気になる
・キッチンがリフォーム期間中に使えなくなる
・洗面所やトイレなどの水回りがリフォーム期間中に使えなくなる

仮住まいに住まなくてはいけない期間

仮住まいが必要な場合、どのくらいの期間、仮住まいで生活する必要があるのでしょうか。例えば、大規模なリフォームを想定した場合、およそ1~4カ月程度の期間が必要となってくるでしょう。一方、小規模なリフォームの場合は1日で終わってしまうようなものもあります。キッチンのリフォームの場合で考えてみると、1日~6日程度が仮住まいの目安となってくるでしょう。

仮住まいの選び方


ここでは代表的な仮住まいについてご紹介していきます。

・ウィークリーマンション
ウィークリーマンションとは週単位で借りることができるマンションです。ウィークリーマンションの特徴として、敷金や礼金といった初期費用が必要ないケースが多く、家具家電もついていることが挙げられます。週単位での契約になりますので、最初に入居期間を設定して前金で支払いをすることが多いようです。通常の賃貸マンションより費用は割高になってしまいますが、週単位で入居できるメリットは大きいでしょう。

・マンスリーマンション
こちらは1カ月月単位で借りることができるマンションです。こちらもウィークリーマンションと同様に、敷金や礼金などの初期費用がかからないケースが一般的です。ウィークリーマンションに比べると費用はやや安くなりますので、1ヶ月以上滞在することが決まっている人はマンスリーマンションの方をおすすめいたします。

・ホテル
最近では短期滞在用のホテルも増えてきましたので、仮住まいの選択肢に入れることもできるでしょう。スタッフも常駐しており、さまざまなサービスが受けられることが特徴です。仮住まい中も快適な暮らしをしたいという方にはもってこいでしょう。費用は短期滞在向けのマンションよりも割高ですが、1週間から1カ月の滞在であれば候補に入れてみるのもいいでしょう。

・賃貸物件
ウィークリーやマンスリータイプではなく一般的な賃貸物件も仮住まいとして考えることができます。初期費用が必要となるケースが多いものの、最近では敷金礼金無料の「ゼロゼロ物件」などもあります。長期間家を離れる必要がある場合は、家賃も安く初期費用も少ない物件を狙って借りるのもいいでしょう。建て替えや大掛かりなリノベーションなどのときには賃貸物件が良いかもしれません。

仮住まいに長い間住むときの手続き

仮住まいで長期間生活するときに気になるのが、各種の手続きです。ここでは半年から1年程度かかるような大規模工事の場合における手続きについてお話しいたします。

・郵便物の転送手続き
転送手続きをしていないと郵便物が工事中の住所に届けられてしまいますので、郵便局に転送届けを提出しなくてはなりません。これはインターネットから簡単に申し込みができます。転送サービスの申し込み、指示にしたがって手続きを進めると確認のメールが届きます。転送する住所や名義なども登録するだけですから時間はかかりません。

・電気水道ガスなどライフラインの使用停止手続き
仮住まい生活の間は電気や水道、ガスなどを使いません。そのため無駄な光熱費用を払わないためにも使用停止の手続きをとる必要があります。ガスの停止届けはガス会社に連絡するだけですが、立ち会いの必要があります。水道や電気は電話連絡のみですが、リフォーム業者が使う場合もありますので、工事の前に確認しておくと良いでしょう。

リフォームに際し仮住まいを何度も経験する人は少ないと思います。初めてのことで確認する点も多く大変かと思いますが、ご紹介した内容を参考にして仮住まいを検討してみてください。ご自宅のリフォームがスムーズにいけば幸いです。

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • 耐震

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

  • 屋根

    こまめな屋根塗装を!直射日光がスレート屋根に与える影響

    こまめな屋根塗装を!直射日光がスレート屋根に与える影響

    メンテナンスが欠かせないスレート屋根 スレートは現代の多くの住宅に使用されている薄い板状の屋根材です。粘板岩を加工した高価な天然ものもありますが、一般的には薄型化粧スレートとも呼ばれるセメントに繊維素材を混入したものが住…

  • 屋根材

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    瓦にもいろいろある? 日本の住宅地でよく見かける瓦屋根。その屋根材といえば、当然ながら昔から伝わる日本瓦を思い浮かべる人は多いでしょう。とはいえ、日本瓦によく似た「セメント瓦」という屋根材について耳にしたことはありません…

  • 屋根

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    住宅の外観デザインのポイントは これから家を建てることになったら、家の中も外も思い通りのデザインにしたいですね。このごろは、立地環境やライフスタイルにあわせて、住宅の外観にこだわる人が増えています。道行く人が感心するよう…

  • 屋根

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    姫路城の屋根の色は白? それともグレー? 国宝であり、日本で初めての世界遺産である姫路城は、白鷺城(はくろじょう、しらさぎじょう)とも呼ばれ親しまれてきました。そう呼ばれるゆえんは、天守群のシルエットが、まるで鳥のシラサ…

  • 屋根材

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根のデザインと屋根材選び 住まいを守る上で屋根はとても重要なものであり、さらには住宅の外装の大部分を占めることから、外観イメージにも大きく影響します。したがって、家を建てるときに、どのような屋根にするかは大きな問題です…

  • 屋根材

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    現代にも通じる洋館のスタイル 「家を建てるなら、おしゃれな洋館のような建物にしたい」そう思う人は少なくないでしょう。日本に洋風建築が入って来た明治以降から昭和初期にかけ、日本で暮らす外国人や裕福な日本人の住宅として、美し…

  • 屋根

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    屋根ってメンテナンスが必要なの? ここ数年、中古住宅のリフォームやリノベーションが増えています。これからは、1度建てた住宅を長く大切に維持していく傾向にあるようです。 マイホームを長持ちさせ、いつまでも快適に暮らすには定…

  • 屋根材

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の屋根材であるガルバリウム鋼板の凄さ

    世間で評判の優れた屋根材とは この4月から電力の全面自由化がスタートします。自由化によって事業者間で競争になれば、電気料金は安くなると思いがちですが、そうとは限りません。発電用の燃料費の変動が電気料金に大きく影響するよう…

  • 屋根材

    スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    広く普及しているスレート屋根材とは 青空に風光る季節、日本の住宅街の眺めといえば、青い空に瓦屋根の家並みでしたが、それも懐かしいものとなりましたね。いま、瓦屋根にかわって、広く普及している屋根材はスレートと呼ばれるもので…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ