リフォーム中は何処に住む? 仮住まいの選び方

リフォームを検討している場合、リフォーム工事中の仮住まいについて気になったことはありませんか?住宅の一部分のリフォームであれば、自宅に住みながら工事をすることができますが、大掛かりな工事となると仮住まいへの引っ越しが必要になります。ここでは仮住まいが必要になるリフォームの種類や、仮住まいの選び方などについてお話したいと思います。

仮住まいが必要になるリフォームとは


ではどの程度の規模のリフォームなら、仮住まいが必要となるのでしょうか。例えば、建て替えのような工事になると、既存の建物を解体する必要があるので仮住まいが必要になりますが、リフォームの場合は、家主が施工されるリフォームに対してどの程度ストレスを感じるかが重要となってきます。下記のポイントについて気になる人は、仮住まいを検討してみてはいかがでしょうか。
・リフォーム期間中の施工業者の音などが気になる
・キッチンがリフォーム期間中に使えなくなる
・洗面所やトイレなどの水回りがリフォーム期間中に使えなくなる

仮住まいに住まなくてはいけない期間

仮住まいが必要な場合、どのくらいの期間、仮住まいで生活する必要があるのでしょうか。例えば、大規模なリフォームを想定した場合、およそ1~4カ月程度の期間が必要となってくるでしょう。一方、小規模なリフォームの場合は1日で終わってしまうようなものもあります。キッチンのリフォームの場合で考えてみると、1日~6日程度が仮住まいの目安となってくるでしょう。

仮住まいの選び方


ここでは代表的な仮住まいについてご紹介していきます。

・ウィークリーマンション
ウィークリーマンションとは週単位で借りることができるマンションです。ウィークリーマンションの特徴として、敷金や礼金といった初期費用が必要ないケースが多く、家具家電もついていることが挙げられます。週単位での契約になりますので、最初に入居期間を設定して前金で支払いをすることが多いようです。通常の賃貸マンションより費用は割高になってしまいますが、週単位で入居できるメリットは大きいでしょう。

・マンスリーマンション
こちらは1カ月月単位で借りることができるマンションです。こちらもウィークリーマンションと同様に、敷金や礼金などの初期費用がかからないケースが一般的です。ウィークリーマンションに比べると費用はやや安くなりますので、1ヶ月以上滞在することが決まっている人はマンスリーマンションの方をおすすめいたします。

・ホテル
最近では短期滞在用のホテルも増えてきましたので、仮住まいの選択肢に入れることもできるでしょう。スタッフも常駐しており、さまざまなサービスが受けられることが特徴です。仮住まい中も快適な暮らしをしたいという方にはもってこいでしょう。費用は短期滞在向けのマンションよりも割高ですが、1週間から1カ月の滞在であれば候補に入れてみるのもいいでしょう。

・賃貸物件
ウィークリーやマンスリータイプではなく一般的な賃貸物件も仮住まいとして考えることができます。初期費用が必要となるケースが多いものの、最近では敷金礼金無料の「ゼロゼロ物件」などもあります。長期間家を離れる必要がある場合は、家賃も安く初期費用も少ない物件を狙って借りるのもいいでしょう。建て替えや大掛かりなリノベーションなどのときには賃貸物件が良いかもしれません。

仮住まいに長い間住むときの手続き

仮住まいで長期間生活するときに気になるのが、各種の手続きです。ここでは半年から1年程度かかるような大規模工事の場合における手続きについてお話しいたします。

・郵便物の転送手続き
転送手続きをしていないと郵便物が工事中の住所に届けられてしまいますので、郵便局に転送届けを提出しなくてはなりません。これはインターネットから簡単に申し込みができます。転送サービスの申し込み、指示にしたがって手続きを進めると確認のメールが届きます。転送する住所や名義なども登録するだけですから時間はかかりません。

・電気水道ガスなどライフラインの使用停止手続き
仮住まい生活の間は電気や水道、ガスなどを使いません。そのため無駄な光熱費用を払わないためにも使用停止の手続きをとる必要があります。ガスの停止届けはガス会社に連絡するだけですが、立ち会いの必要があります。水道や電気は電話連絡のみですが、リフォーム業者が使う場合もありますので、工事の前に確認しておくと良いでしょう。

リフォームに際し仮住まいを何度も経験する人は少ないと思います。初めてのことで確認する点も多く大変かと思いますが、ご紹介した内容を参考にして仮住まいを検討してみてください。ご自宅のリフォームがスムーズにいけば幸いです。

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    あこがれの海外インテリアを上手に取り入れるには

    あこがれの海外インテリアを上手に取り入れるには

    海外インテリアを日本の住まいに取り入れるには 自宅の新築やリフォームをすることになったら、おしゃれでステキな住まいにしたいですね。そこで、気になるのが、ミッドセンチュリーや北欧スタイル、アーリーアメリカンなどのハイセンス…

  • リフォーム

    収納のリフォームトラブルを防ぐには

    収納のリフォームトラブルを防ぐには

    使いやすい収納をつくるには 何かとスペースが限られる日本の住宅事情では、収納に悩むご家庭は少なくないと思います。自宅をリフォームするのなら、後になって「収納が足りない」「なんとなくクローゼットが使いにくい」といったことは…

  • リフォーム

    リフォームやリノベーションを予算内で納める方法って?

    リフォームやリノベーションを予算内で納める方法って?

    リフォーム・リノベーションの予算オーバーを防ごう 自宅をリフォームやリノベーションすることになったら、「理想の家づくりがしたい!」といったふうに夢が広がります。とはいえ、他の買物と同じように、リフォーム、リノベーションも…

  • リフォーム

    浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室は快適で安全であってほしい場所 日本人にとって浴室は単に体を洗うだけの場所ではありません。一日の疲れを取り、ゆったり体と心を癒すスペースでもあります。ただ、浴室は住宅の中でも事故が起きやすい場所ともいわれています。浴…

  • リフォーム

    リフォーム後のトラブルを避けるために、ライフスタイルとキッチンのタイプの関係を知っておこう

    リフォーム後のトラブルを避けるために、ライフスタイルとキッチンのタイプの関係を知っておこう

    キッチンのタイプ選びで大切なことは キッチンは家の中でも家事作業をする時間が長く、使い勝手によっては毎日の暮らしの快適さが違ってきます。それだけにリフォームのときには、何かとこだわりたい場所です。後から「こんなはずじゃな…

  • メンテナンス

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    家を守る大切な外壁や屋根の工事だから 外壁や屋根の修繕・リフォームが必要になったら、外装業者に工事を依頼することになります。外装は住宅全体を雨風から守る重要な部分ですから、きっちりとした施工が欠かせません。とはいえ、屋根…

  • ライフスタイル

    個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    家づくりにとって重要な収納プラン 家を新築したり、リフォームしたりするなら、わが家のライフスタイルに合った家づくりをしたいですね。それには、ライフスタイルに合わせて機能・デザインともに暮らしやすいような内装や外装にしたい…

  • ライフスタイル

    今どきのおしゃれな家に和室は不要?それとも必要?

    今どきのおしゃれな家に和室は不要?それとも必要?

    和室があれば、何かと便利? ライフスタイルの欧米化にともない、現代は和室のない家が増えています。これから家を建てるなら、欧米風のモダンな家にしたいと思う人も多いでしょう。そんなおしゃれな家には和室は不要かもしれません。 …

  • メンテナンス

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    住宅の細かい不具合はリフォームのタイミングで一気に解決 住宅のリフォームをするきっかけや理由は人によりさまざま。とはいえ、戸建住宅の場合、壁紙の貼り替えや古くなったシステムキッチンやユニットバスの交換など、おおよそ10年…

  • リフォーム

    リフォームのトラブル事例集

    リフォームのトラブル事例集

    リフォームのトラブルが急増 ここ数年間で屋根や外壁のリフォームをめぐるトラブルが相次いでいます。 特に、訪問販売によるトラブルが急増しています。突然の訪問で屋根や外壁の不具合を指摘しリフォームを「即契約」させるケースが多…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ