リフォームで押し入れをクローゼットにする際のポイント

自宅の和室の押し入れがクローゼットになったらいいのに、と思ったことはありませんか?お気に入りの洋服が増えた、新しい家族が増えて洋服が入りきらなくなった。そんな時にクローゼットも増えたら、大事な洋服を処分しなくても済みますよね。
また、和室を洋間にリフォームを検討している人は、押し入れをクローゼットへ変更することも考えているのではないでしょうか。
そこで、今回は押入れをクローゼットにリフォームする際のポイントについてご紹介します。

押し入れをリフォームしてクローゼットにするメリット


まずは、押入れをクローゼットにリフォームすることのメリットについてご紹介します。もっとも大きなメリットは、押し入れに比べて、着丈の長い服もたたまずに収納できるということが挙げられるでしょう。一般的な押し入れの高さは上段が90~100cmで、下段は70cm程度です。一方、クローゼットの場合、180~230cm程度が一般的な高さで、押し入れに比べて約3倍も高くなります。ロングコートなどを折りたたむことなく収納できるので、衣類の収納には適しています。押し入れに折りたたんで収納するとシワになるほか、通気性が悪いため、衣類の管理には適しているとは言えません。

ちなみに、クローゼットにリフォームする際は扉を折れ戸に変更するのが一般的です。押入れだと引き戸を採用することがほとんどですが、クローゼットは折れ戸になるため開口部が広くなり、衣類がさらに収納しやすく、出し入れも容易になります。引き違い戸の場合だと片方に扉を寄せるため、収納可能な個所が一部に限られますが、折れ戸だと左右の扉を両端に寄せることができるので、広々と収納に使うことができます。

クローゼットにリフォームする際の種類とおおよその費用

押入れをクローゼットに変更するリフォームは、大きく分けて三つの種類があります。ここではそれぞれの特徴や、おおまかな費用についてお伝えします。

・一般的なクローゼットへのリフォーム
一般的なクローゼットのリフォームというと、押入れを完全にクローゼット化するリフォーム工事を指します。引き戸を折れ戸に変更し、中の棚をすべて撤去して、ハンガーパイプを取り付けます。この場合、床、壁、天井にそれぞれ石膏ボード、もしくは下地用の4mmベニヤなどを貼ってからクロスで仕上げます。石膏ボードのみ仕上げですと、衣服に白い粉が付着し汚れてしまう可能性があるため、クローゼット内はクロスで仕上げることが多いようです。
費用は8~15万円程度が目安となります。あくまで目安なので、ご自宅のリフォーム金額をより正確に知りたい場合は、リフォーム業者に見積もり依頼をしてみてください。

・中間の板を外す、扉を変更する簡易クローゼットリフォーム
次は簡易的なクローゼットリフォームについてご紹介します。このリフォームでは押入れの中棚や枕棚を取り外し、新たに枕棚やハンガーパイプを取り付けます。もともとの仕上がり壁や天井をそのまま使い扉も交換しない場合、半日程度で工事を終わらせることができます。収納することが最優先で見た目はあまり気にしない、工期を短くしたいという方におすすめの方法です。
費用はだいたい2~3万円で済むことが多いですが、押入れのサイズや中棚の造りなどによっては多少前後するでしょう。なお、扉も交換する場合は6~7万円くらいの費用が目安となります。

・ウォークインクローゼットへリフォーム
押入れのスペースだけでなく、さらに拡張してウォークインクローゼットにするという方法もあります。この工事はコストも時間もかかりますが、その分広々としたスペースを確保することが可能になります。後からハンガーラックなども設置できますし、服だけでなく靴やカバンといった小物類も収納できるようになるので、収納力は格段に高くなります。オシャレ好きな方にとって、ウォークインクローゼットは憧れかもしれませんね。
リフォームの費用は工事の規模や使用する部材などによって変わってきますが、20~50万円程度が目安となります。

クローゼットをリフォームする前に確認しておきたいこと


クローゼットへリフォームする前に、リフォーム後に何を収納したいのかをあらかじめ考えておきましょう。収納量に合ったリフォームを行うことで、予算や時間をかけ過ぎずに実施できるでしょう。
もう一つ確認しておきたいのが、押し入れの床の強度です。押入れの床材は薄いベニヤ板が使われている場合が多く、特にウォークインクローゼットへリフォームするときにはしっかりと補強をしたほうがいいでしょう。

押し入れをクローゼットにリフォームするだけでも、リフォームの種類から費用まで幅広い選択肢があります。まずは、収納したいものをイメージして、収納したいものに合ったリフォームを選択しましょう。今回ご紹介した内容があなたのリフォーム選びの参考になりましたら幸いです。

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • 屋根

    驚きの「屋根」活用術

    驚きの「屋根」活用術

    屋根を有効スペースとして考える ぽかぽかと暖かい陽気の日が増えました。気候の良い日には、アウトドアライフを楽しみたいですね。出かけることなく、自宅の庭で子供たちを思い切り遊ばせたり、ガーデニングやバーベキューなどができれ…

  • リフォーム

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    中古物件で思い通りの家づくり? ここ数年間、戸建住宅の建設費用ならびに新築住宅の価格も高止まりの傾向が続き、新築着工件数も低水準で推移しています。ただ、細部までこだわって思い通りの家を新築したい、ピカピカの新築住宅に住み…

  • ライフスタイル

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    おしゃれな家にするには間取りも重要? 家を新築したりリノベーションすることになったら、訪れた人がほめてくれるようなおしゃれな家にしたいですね。内外装のデザインはもちろん、壁紙や床材なども気になりますが、おしゃれな家づくり…

  • 屋根材

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    歴史あるフシギなお寺 東京の中でも、とりわけ江戸情緒が残る街・築地。 その象徴ともいえる、にぎやかな場外市場から1本の通りをへだてた場所にそのお寺はあります。江戸時代から続く歴史と由緒ある寺院ながら、一歩その境内に踏み入…

  • ライフスタイル

    外国人も興味津々、神社の屋根デザインあれこれ

    外国人も興味津々、神社の屋根デザインあれこれ

    屋根を見れば建てられた時代がわかる このところ、伊勢神宮の式年遷宮と出雲大社(写真)の大遷宮が重なり、京都では下鴨神社、上賀茂神社の遷宮が続きました。その話題はテレビやネットなどでも取り上げられ、日本国内はもちろん、外国…

  • ライフスタイル

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    美しい街並を作り出すものとは ぬけるような青い空に映えるオレンジ色の屋根と白い壁の家並、??そんな南欧の街並にあこがれる人は少なくないでしょう。地中海の青い空と美しいコントラストを作り出している屋根はテラコッタと呼ばれる…

  • 屋根材

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根のデザインと屋根材選び 住まいを守る上で屋根はとても重要なものであり、さらには住宅の外装の大部分を占めることから、外観イメージにも大きく影響します。したがって、家を建てるときに、どのような屋根にするかは大きな問題です…

  • 屋根材

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    ユニークな異人館 異国情緒ただよう神戸市北野地区の異人館街には、歴史ある美しい洋館が立ち並びます。これらの洋館が異人館と呼ばれるのは、幕末や明治時代以降に欧米人の住居として建てられたためです。北野の異人館には、贅を尽くし…

  • 耐震

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    日本で最も多い家づくりの工法 住宅を建てるにはいろんな構法がありますが、日本で最も多く用いられているのが木造軸組構法です。在来工法とも呼ばれ、木材が豊かなこの国に古くから伝わってきた家づくりの方法です。木の柱や梁(はり)…

  • リフォーム

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    浴室の施工法の違いとは? 自宅の浴室をリフォームすることになったら、快適でくつろげる場所にしたいものですね。ところで、浴室づくりといえば、ユニットバスが主流ですが、在来工法という選択肢もあるのをご存知ですか? 既成のパー…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ