リフォームで押し入れをクローゼットにする際のポイント

自宅の和室の押し入れがクローゼットになったらいいのに、と思ったことはありませんか?お気に入りの洋服が増えた、新しい家族が増えて洋服が入りきらなくなった。そんな時にクローゼットも増えたら、大事な洋服を処分しなくても済みますよね。
また、和室を洋間にリフォームを検討している人は、押し入れをクローゼットへ変更することも考えているのではないでしょうか。
そこで、今回は押入れをクローゼットにリフォームする際のポイントについてご紹介します。

押し入れをリフォームしてクローゼットにするメリット


まずは、押入れをクローゼットにリフォームすることのメリットについてご紹介します。もっとも大きなメリットは、押し入れに比べて、着丈の長い服もたたまずに収納できるということが挙げられるでしょう。一般的な押し入れの高さは上段が90~100cmで、下段は70cm程度です。一方、クローゼットの場合、180~230cm程度が一般的な高さで、押し入れに比べて約3倍も高くなります。ロングコートなどを折りたたむことなく収納できるので、衣類の収納には適しています。押し入れに折りたたんで収納するとシワになるほか、通気性が悪いため、衣類の管理には適しているとは言えません。

ちなみに、クローゼットにリフォームする際は扉を折れ戸に変更するのが一般的です。押入れだと引き戸を採用することがほとんどですが、クローゼットは折れ戸になるため開口部が広くなり、衣類がさらに収納しやすく、出し入れも容易になります。引き違い戸の場合だと片方に扉を寄せるため、収納可能な個所が一部に限られますが、折れ戸だと左右の扉を両端に寄せることができるので、広々と収納に使うことができます。

クローゼットにリフォームする際の種類とおおよその費用

押入れをクローゼットに変更するリフォームは、大きく分けて三つの種類があります。ここではそれぞれの特徴や、おおまかな費用についてお伝えします。

・一般的なクローゼットへのリフォーム
一般的なクローゼットのリフォームというと、押入れを完全にクローゼット化するリフォーム工事を指します。引き戸を折れ戸に変更し、中の棚をすべて撤去して、ハンガーパイプを取り付けます。この場合、床、壁、天井にそれぞれ石膏ボード、もしくは下地用の4mmベニヤなどを貼ってからクロスで仕上げます。石膏ボードのみ仕上げですと、衣服に白い粉が付着し汚れてしまう可能性があるため、クローゼット内はクロスで仕上げることが多いようです。
費用は8~15万円程度が目安となります。あくまで目安なので、ご自宅のリフォーム金額をより正確に知りたい場合は、リフォーム業者に見積もり依頼をしてみてください。

・中間の板を外す、扉を変更する簡易クローゼットリフォーム
次は簡易的なクローゼットリフォームについてご紹介します。このリフォームでは押入れの中棚や枕棚を取り外し、新たに枕棚やハンガーパイプを取り付けます。もともとの仕上がり壁や天井をそのまま使い扉も交換しない場合、半日程度で工事を終わらせることができます。収納することが最優先で見た目はあまり気にしない、工期を短くしたいという方におすすめの方法です。
費用はだいたい2~3万円で済むことが多いですが、押入れのサイズや中棚の造りなどによっては多少前後するでしょう。なお、扉も交換する場合は6~7万円くらいの費用が目安となります。

・ウォークインクローゼットへリフォーム
押入れのスペースだけでなく、さらに拡張してウォークインクローゼットにするという方法もあります。この工事はコストも時間もかかりますが、その分広々としたスペースを確保することが可能になります。後からハンガーラックなども設置できますし、服だけでなく靴やカバンといった小物類も収納できるようになるので、収納力は格段に高くなります。オシャレ好きな方にとって、ウォークインクローゼットは憧れかもしれませんね。
リフォームの費用は工事の規模や使用する部材などによって変わってきますが、20~50万円程度が目安となります。

クローゼットをリフォームする前に確認しておきたいこと


クローゼットへリフォームする前に、リフォーム後に何を収納したいのかをあらかじめ考えておきましょう。収納量に合ったリフォームを行うことで、予算や時間をかけ過ぎずに実施できるでしょう。
もう一つ確認しておきたいのが、押し入れの床の強度です。押入れの床材は薄いベニヤ板が使われている場合が多く、特にウォークインクローゼットへリフォームするときにはしっかりと補強をしたほうがいいでしょう。

押し入れをクローゼットにリフォームするだけでも、リフォームの種類から費用まで幅広い選択肢があります。まずは、収納したいものをイメージして、収納したいものに合ったリフォームを選択しましょう。今回ご紹介した内容があなたのリフォーム選びの参考になりましたら幸いです。

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • 耐震

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    今、あなたが住んでいる木造住宅は大きな地震が来たとしても倒壊や大破することなく、十分に耐えられる構造や性能を備えているでしょうか? もしも地震対策や耐震性について不安があるのなら、すぐにでも手を打っておくべきです。地震に…

  • 屋根

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    屋根ってメンテナンスが必要なの? ここ数年、中古住宅のリフォームやリノベーションが増えています。これからは、1度建てた住宅を長く大切に維持していく傾向にあるようです。 マイホームを長持ちさせ、いつまでも快適に暮らすには定…

  • リフォーム

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    修繕計画を立てて効率よいメンテナンスを 日銀のマイナス金利政策の影響で、預金利息がほぼ0%になっています。貯めて増やすのがむずかしい時代になりましたが、ご自宅の修繕資金は計画されていますか? うちは戸建てなので、マンショ…

  • 屋根

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    姫路城の屋根の色は白? それともグレー? 国宝であり、日本で初めての世界遺産である姫路城は、白鷺城(はくろじょう、しらさぎじょう)とも呼ばれ親しまれてきました。そう呼ばれるゆえんは、天守群のシルエットが、まるで鳥のシラサ…

  • 屋根材

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    あのフシギなお寺の屋根材は金属製!?個性的な文化財の屋根トリビア

    歴史あるフシギなお寺 東京の中でも、とりわけ江戸情緒が残る街・築地。 その象徴ともいえる、にぎやかな場外市場から1本の通りをへだてた場所にそのお寺はあります。江戸時代から続く歴史と由緒ある寺院ながら、一歩その境内に踏み入…

  • メンテナンス

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根はいつか「葺き替え」が必要に 家は長年にわたって住み続けるもの。戸建住宅でいつまでも快適に暮らしていくには、内外装や設備の適切なメンテナンスやリフォームが欠かせません。住まいの快適さを支えるのは住宅の性能ですが、住宅…

  • リフォーム

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    外壁のリフォームが必要になったら 外壁は屋根とともに雨風から住まいを守ってくれる大切な部分です。そのため、外壁にはいろんな性能が求められますが、なかでも、快適に暮らすために重要になるのが断熱性です。断熱性が高ければ、冷暖…

  • 屋根

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    災害に強い家にするために大切な屋根工事・メンテナンス

    地震対策で意外に大切なこと 地震や台風など、日本は災害の多い国です。それだけに、大切なわが家をしっかりと守りたいものです。特に、ここ数年は大きな地震が相次いでいることから、自宅の耐震性が気になる方は少なくないでしょう。地…

  • メンテナンス

    外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討しよう! 汚れにくい外壁塗装とは?

    外壁塗装を行う際に検討したいのは、汚れにくい外壁塗装選びです。汚れにくい外壁塗装を選ぶことで、メンテナンスや清掃の手間を減らして長く快適な状態をキープできます。外壁が汚れる、または汚れて見える理由を解き明かし、汚れにくく…

  • 屋根材

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    金属瓦は現代の屋根材? 日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。 ガルバリウム鋼…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ