空き家をリフォーム、リノベーションして居住するメリット

近年、全国的に増え続けている空き家。総務省が発表した平成25年度住宅・土地統計調査のデータでも、空き家率は過去最高の13.5%となっています(※1) 。なぜ、いま空き家が増えてきているのでしょうか。ここでは、空き家が増えている理由や空き家をリノベーションして居住するメリットなどについてご紹介します。

空き家が増えている理由

空き家が増えている要因として、まず考えられるのが日本全体の人口減少です。ただ、人口は減少している一方で世帯数は増加しており(※2) 、単純に人口減少が原因だとは言い切ることができません。

実は、もう一つの大きな要因としてあげられるのが、日本人の「新築信仰」です。日本は欧米諸国と比較して、販売戸数に対する中古物件の割合が低く、新築物件の人気が非常に高くなっています。石造りの住宅が多く、年月を経ている物件の方が価値が高くなる、という国もある欧米諸国では、中古物件を改良して長く住むという文化が根付いています。
一方、日本では古い物件であるほど評価額は低くなります。古くから木造建築が主流であった日本の住宅は、年月を経ている物件=経年劣化している物件というイメージが強く、実際、戦後から高度経済成長期頃の住宅不足時に建てられた住宅の質を考えると、あながち間違いとも言えません。
また、近年の日本人の欧米風のライフスタイルに古い物件が合っていないこともあり、「新築信仰」が高いと言われています。
さらに、取り壊すにしても建物の解体費用や整地費用が必要になる上に、日本の固定資産税は土地に家屋が建っている場合、建っていない場合と比べて、原則、税金が安くなります。そうなると、いっそのこと空き家のままにしておこう、と考えても不思議ではありません。
中古物件の購入を検討している方としても、その物件が1981年に施行された『建築基準法施行令改正』における新耐震基準を満たしていない場合、そのまま住むことは難しいので建て替えをすることになります。気に入った土地に自分たちに合った家を建てることができるものの、中古物件の購入費用に加えて建て替えの費用も必要になります。築浅の中古物件を購入する場合に比べ、新居に移るまでに時間もかかってしまいますので、どちらがより良いか慎重に検討した上でなければ、古い物件の購入にはなかなか踏み切れないというのも一因と言えるでしょう。

空き家を空き家のままで維持するデメリット

売りに出すのも取り壊すのも難しく、空き家のままにしておく場合、デメリットはあるのでしょうか。
空き家を放置した場合のデメリットとして、治安の悪化が挙げられるでしょう。不法侵入が簡単にできてしまう上に気づかれにくいため、不審者が身を潜めたり違法取引の場所に使われたりする等、犯罪の温床となってしまう可能性があります。空き家が放火の被害に遭ってしまい、周囲の住宅にも大きな損害を与えた場合は、所有者の責任が問われて損害賠償を求められる可能性もあります。
その他、災害や老朽化で瓦や外壁が崩れ、第三者に危害を与えるリスクも考えられます。ごみの不法投棄による衛生面の悪化や、野良犬や野良猫、鳥、虫が棲みつき、近隣の住民に迷惑を及ぼすケースも発生しています。空き家をそのまま放置してしまうと、想像以上に深刻な被害を生み出してしまう可能性があるのです。

日本政府も空き家問題に対し、「空き家対策特別措置法」を2015年に制定して、こういった状況の本格的な改善に乗り出しています。

空き家をリフォーム、リノベーションして居住するメリット


さまざまなデメリットがある空き家問題。可能であればリフォームやリノベーションをしたほうが良いでしょう。ここでは空き家をリフォーム、リノベーションして居住するメリットについてお伝えします。

まず、更地にするだけでも費用がかかることを考えると、空き家をリフォームやリノベーションして付加価値をつけ、建物の資産価値を高めたほうが良いでしょう。仮に自分で居住をしなくなった場合でも、賃貸物件として貸し出すこともできます。近年ではシェアハウスやテラスハウスなどが有名になり、リフォームやリノベーションした一戸建て住宅の人気が再燃しています。また、ペットと一緒に住みたい人の増加により、規則の厳しい集合住宅を敬遠する人も増えています。賃貸市場の規模が年々低下していく中、一戸建ての賃貸物件は高い稼働率で推移しているのです。

空き家のリノベーションにかかる費用


実際に空き家をリノベーションする場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。ここでは一つ事例を出してご紹介したいと思います。

完全な空き家になっている住宅をフルリノベーションする場合、1㎡あたり10~15万円が一般的なボリュームゾーンになりますが、既存の設備を活かすのか、こだわりポイントを入れるのか等で単価は変わってきます。40坪程度の住宅だと132㎡ですので、平均的相場の10万円で計算すると1,320万円になります。使える部分はそのまま使用したり、既製品を取り入れることで価格を抑えることも可能です。リノベーションは高すぎると感じる方は、リノベーション業者があらかじめ素材やデザインをパターン化した中から組み合わせる「セレクト型リノベーション」もありますので、こういった方法も検討をしてみると良いでしょう。

空き家を放置してしまうとさまざまなリスクがあります。そのまま放置するより、資産価値向上のためにもリフォーム・リノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。まずはリノベーション業者のサイトで事例を探し、無料見積りを利用してみましょう。

※1平成25年住宅・土地統計調査(速報集計)結果の要約
http://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2013/pdf/yoyaku.pdf

※2世帯数と世帯人員の状況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa16/dl/02.pdf

リフォームのおすすめ記事

  • リフォーム中は何処に住む? 仮住まいの選び方

    リフォーム中は何処に住む? 仮住まいの選び方

    リフォームを検討している場合、リフォーム工事中の仮住まいについて気になったことはありませんか?住宅の一部分のリフォームであれば、自宅に住みながら工事をすることができますが、大掛かりな工事となると仮住まいへの引っ越しが必要…

  • 窓のリフォームを行うときに注意しておくべきポイント

    窓のリフォームを行うときに注意しておくべきポイント

    窓をリフォームする事で、日常生活のさまざまな悩みを解決する事ができます。しかし、リフォームを行う上で注意すべきポイントがいくつかあります。そこで今回は、窓のリフォームを行うときの注意点やメリット、工事の種類などについてご…

  • リフォームの流れについて把握しよう

    リフォームの流れについて把握しよう

    もっと広々としたキッチンが欲しい、一日の疲れがとれる快適なバスルームを設置したい、などリフォームへの期待に胸を膨らませている人も多いでしょう。具体的にリフォームを進めようとした時に、いったいどのような流れで進めていけば良…

  • 防音対策でリフォームを行うときのポイント

    防音対策でリフォームを行うときのポイント

    家で楽器の練習をしたり、ペットの鳴き声が近所に漏れないようにしたりと、防音対策をすることはご近所トラブルを防ぐ意味でとても重要です。しかし、防音対策としてリフォームを行うにあたっては、費用の問題をはじめさまざまな注意点が…

  • 浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室は快適で安全であってほしい場所 日本人にとって浴室は単に体を洗うだけの場所ではありません。一日の疲れを取り、ゆったり体と心を癒すスペースでもあります。ただ、浴室は住宅の中でも事故が起きやすい場所ともいわれています。浴…

  • 初めてのリフォームを成功させるために

    初めてのリフォームを成功させるために

    リフォームって、どうするの? 気に入って購入したマイホームも、何年か暮らすうちに修繕や変更したい箇所が出てきます。そこで、リフォームを検討することになりますが、初めての場合は、どこ(誰)に依頼すればいいのか、どのように進…

  • リフォームのトラブル事例集

    リフォームのトラブル事例集

    リフォームのトラブルが急増 ここ数年間で屋根や外壁のリフォームをめぐるトラブルが相次いでいます。 特に、訪問販売によるトラブルが急増しています。突然の訪問で屋根や外壁の不具合を指摘しリフォームを「即契約」させるケースが多…

  • どんなメリットがある? 減築リフォームを行うメリットとデメリット

    どんなメリットがある? 減築リフォームを行うメリットとデメリット

    リフォームといえば、部屋を増やしたり収納箇所を増やしたりと、新しくスペースを作るものをイメージする人が多いのではないでしょうか。しかし、近年では減築というリフォーム方法に注目が集まっています。そこで今回は、減築リフォーム…

  • リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    住まいの断熱って、どんなもの? 木枯らしが吹く季節になってくると、家の中で暖かく過ごしたいと思う一方、暖房コストも気になりますよね。「家の中がなんだか寒い。暖房が効きにくい。」、そんなふうに感じることがあれば、実は住まい…

その他のおすすめ記事

  • 耐震

    どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    耐震診断・耐震補強は大切だけど 地震の多いこの国では、住宅の耐震性はとても大切です。今後も大きな地震の可能性が予測されており、家族を守るためにも、わが家がどのくらい安全なのか知っておきたいものです。そんなことから、耐震診…

  • 屋根材

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    和風建築と洋風建築、どちらの住宅にもなじむ形状と高いデザイン性が多くの方に評価され、今や日本で普及率No.1と言われているのが「スレート屋根」です。陶器の瓦とも金属とも違うスレートとは、一体どのような素材なのでしょうか?…

  • リフォーム

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    住まいの断熱って、どんなもの? 木枯らしが吹く季節になってくると、家の中で暖かく過ごしたいと思う一方、暖房コストも気になりますよね。「家の中がなんだか寒い。暖房が効きにくい。」、そんなふうに感じることがあれば、実は住まい…

  • リフォーム

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    外壁のリフォームが必要になったら 外壁は屋根とともに雨風から住まいを守ってくれる大切な部分です。そのため、外壁にはいろんな性能が求められますが、なかでも、快適に暮らすために重要になるのが断熱性です。断熱性が高ければ、冷暖…

  • 屋根材

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    外壁サイディングってなに? 家を建てたり、外装のリフォームをすることになったら、屋根や外壁にどのような材料を使うかが大きなポイントになります。材料によって建物全体の外観イメージが大きく変わりますし、その後の維持メンテナン…

  • ライフスタイル

    新築か中古?戸建住宅を購入するならどっち?

    新築か中古?戸建住宅を購入するならどっち?

    新築 vs 中古、メリット・デメリットを知ろう 現在、新築マンションの価格が高騰し、新築戸建住宅の価格も高めで推移しています。戸建て派にとっても、マイホームに「新築」か「中古」のどちらを選ぶのかは大きな問題です。ピカピカ…

  • リフォーム

    リフォームやリノベーションの前に考えよう 使いやすいキッチンの条件とは

    リフォームやリノベーションの前に考えよう 使いやすいキッチンの条件とは

    使いやすいキッチンって、どんなもの? キッチンは家の中でも特にモノが多く、長い時間家事をする場所ですから、効率のよい空間であってほしいもの。リフォームやリノベーションをすることになった場合も、何かと要望が多くなる場所です…

  • リフォーム

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家は永遠じゃない? 家を購入したり、建てたりしたなら、いつまでも快適に暮らしたいものですね。とはいえ、新築から10年以上経てば、何かしらメンテナンスや修繕が必要になってきます。 また、エアコンや給湯器などの住宅設備の多く…

  • リフォーム

    浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室は快適で安全であってほしい場所 日本人にとって浴室は単に体を洗うだけの場所ではありません。一日の疲れを取り、ゆったり体と心を癒すスペースでもあります。ただ、浴室は住宅の中でも事故が起きやすい場所ともいわれています。浴…

  • 耐震

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    日本では比較的新しい工法、2×4 現代の日本で木造住宅を建てる場合、主に木造軸組構法と枠組壁工法の2通りの工法があります。 木造軸組構法は古来より日本に伝わる建築工法であることから、在来工法とも呼ばれます。これに対し、通…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ