家の中が寒い……すきま風が起こる原因と対策

暖房をつけているのにも関わらず、部屋の中にすきま風が入ってきてしまい、とても寒いという経験をしたことはないでしょうか。すきま風を放置しておくと、部屋が寒くなってしまうだけではなく、部屋を暖めるために使用する光熱費も高くなってしまいます。では、すきま風はなぜ起こってしまうのでしょうか。ここでは、すきま風が入ってきてしまう原因と対策についてご紹介します。

すきま風が起こる原因

すきま風が入ってしまう原因として考えられるのは、家を構築する部材と部材のつなぎ目や合わせ目に隙間ができてしまい、そこから風が入ってくるというパターンです。また、新築物件だとすきま風は起こりにくいものですが、建築してから10年以上経過している場合、窓枠の歪みや建物自体が歪んでしまい、そこからすきま風が入ってしまう可能性もあります。

その他の家の中が冷えてしまう原因

他にも家の中が冷えてしまう原因にはいろいろとありますが、一つは住宅の断熱性能の低さが挙げられます。断熱性能が低い住宅は外の気温の影響を直接受けてしまい、家の中まで寒くなってしまいます。特に建築されてから年月が経った古い家だと、断熱性が低いケースが多く、家の壁や天井に断熱材があまり使用されていないこともあります。また、二重窓ではない通常の窓から外の冷気が伝わってきてしまう場合や一階がガレージなどで空洞になっている場合、遮るものが無いので冷えが伝わってきてしまうなど、さまざまな原因が考えられます。

すきま風がどこからきているか調べる方法

すきま風が入ってきてしまっているというのは分かるものの、どこからすきま風が入っているのか分からない場合がほとんどです。では、どのようにしてすきま風の侵入経路を調べればよいでしょうか。
もっともおすすめなのは線香の煙を使う方法です。風が入ってきている場所の近くにいけば煙の動きに変化があるはずです。同じように、蚊取り線香を使ってもよいでしょう。

冷気を遮断しよう!すきま風対策


すきま風がどこから入ってきているのかを確認することができたら、すきま風対策をしましょう。ここでは、具体的な対策方法についていくつかご紹介します。

・すきま風ストッパーを利用する
ドアの下に隙間ができてしまっている場合には、すきま風ストッパーを使いましょう。すきま風ストッパーとはその名が示す通り、すきま風をストップさせるためのアイテムです。ドアと床の間の隙間をふさぐことですきま風をシャットアウトでき、ドア付近にたまる埃も集めることができます。

・断熱カーテンを設置する
住宅の開口部分は断熱性能がどうしても乏しくなりがちで、窓付近から冷気が伝わってくることが多々あります。そのため、断熱カーテンを設置することで外気をシャットアウトするのも有効な方法です。以前は断熱カーテンの種類があまりありませんでしたが、現在ではさまざまな種類の断熱カーテンが販売されており、色・柄も豊富です。雰囲気を壊さないように、部屋にマッチするものを見つけてみましょう。

・雨戸やシャッターを下ろす
雨戸やシャッターを下ろすというのも、手軽かつ高い効果を得ることができる方法の一つです。先ほどもお話したように、開口部はもっとも外気の影響を受けやすい特徴があります。そのため、開口部である窓の雨戸やシャッターを下ろすだけで、外気の影響を受けにくくなります。ただ、暖かくなるかわりに日中でも太陽の光が入らなくなってしまうというデメリットがあるため、どうしても寒い日だけに行うと良いでしょう。

・二重窓へリフォームする
二重窓、いわゆるペアガラスにすることで開口部の断熱効果を高めることができるでしょう。ペアガラスに変更かつ断熱カーテンを設置すれば、開口部の対策はほぼ完ぺきです。その他、窓のリフォームであれば、ガラスを断熱性の高いガラスに変更することも可能です。二重窓へリフォームをする際には、一度検討してみましょう。

すきま風を放置してしまうと、毎日寒い思いをすることになり、部屋を暖めても効果が低く光熱費も高くなってしまいます。そのため、まずは簡単に始められるものからすきま風対策を試してみると良いでしょう。資金的に余裕があるのならペアガラスへの交換、断熱カーテンの設置なども検討してみてはいかがでしょうか。

リフォームのおすすめ記事

  • 収納のリフォームトラブルを防ぐには

    収納のリフォームトラブルを防ぐには

    使いやすい収納をつくるには 何かとスペースが限られる日本の住宅事情では、収納に悩むご家庭は少なくないと思います。自宅をリフォームするのなら、後になって「収納が足りない」「なんとなくクローゼットが使いにくい」といったことは…

  • リノベーションとは違う? スケルトンリフォームとは

    リノベーションとは違う? スケルトンリフォームとは

    みなさんは「スケルトンリフォーム」という言葉はご存知ですか?自由な間取りを選べて快適な住まいを作れる方法ですが、スケルトンリフォームにはリスクや注意点もあります。リノベーションとも似ていますが混同せずに正しい意味や効果、…

  • ウッドデッキも可能?ベランダをおしゃれで便利にリフォームしよう

    ウッドデッキも可能?ベランダをおしゃれで便利にリフォームしよう

    ベランダリフォームでアウターリビングに 初夏や秋口など気候のよい時期には、自然の風を家の中に上手に取り込んで快適に暮らしたいですね。家の中と外をつなぐ場所で自然の風を感じながらくつろげる、そんな「アウターリビング」という…

  • 外装リフォームのときには防犯のことも考えよう

    外装リフォームのときには防犯のことも考えよう

    秋冬は空き巣が増える!? このところ、朝夕冷え込むようになってきましたね。衣類を入れ替えたり、暖房器具を出したり、冬への準備をされるご家庭も多いと思います。これに加え、この時期に気をつけていただきたいことがあります。 そ…

  • 住居の増築リフォームを行うときの注意点

    住居の増築リフォームを行うときの注意点

    子どもが生まれる、親の介護のために同居する、など人生の過程において家庭環境は変化していきます。購入したマイホームの増築が必要になる可能性は誰にでもあるでしょう。ここでは、増築リフォームのメリットや注意点などについてご紹介…

  • リフォーム後のトラブルを避けるために、ライフスタイルとキッチンのタイプの関係を知っておこう

    リフォーム後のトラブルを避けるために、ライフスタイルとキッチンのタイプの関係を知っておこう

    キッチンのタイプ選びで大切なことは キッチンは家の中でも家事作業をする時間が長く、使い勝手によっては毎日の暮らしの快適さが違ってきます。それだけにリフォームのときには、何かとこだわりたい場所です。後から「こんなはずじゃな…

  • リフォームで押し入れをクローゼットにする際のポイント

    リフォームで押し入れをクローゼットにする際のポイント

    自宅の和室の押し入れがクローゼットになったらいいのに、と思ったことはありませんか?お気に入りの洋服が増えた、新しい家族が増えて洋服が入りきらなくなった。そんな時にクローゼットも増えたら、大事な洋服を処分しなくても済みます…

  • 浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室は快適で安全であってほしい場所 日本人にとって浴室は単に体を洗うだけの場所ではありません。一日の疲れを取り、ゆったり体と心を癒すスペースでもあります。ただ、浴室は住宅の中でも事故が起きやすい場所ともいわれています。浴…

  • 戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    浴室の施工法の違いとは? 自宅の浴室をリフォームすることになったら、快適でくつろげる場所にしたいものですね。ところで、浴室づくりといえば、ユニットバスが主流ですが、在来工法という選択肢もあるのをご存知ですか? 既成のパー…

  • リフォーム時に考えよう! タンクレストイレとタンク式トイレの比較

    リフォーム時に考えよう! タンクレストイレとタンク式トイレの比較

    トイレリフォームは人気のリフォームメニューの一つです。水回り、とりわけトイレは生活の中でも使用頻度が高いため重要な部分でしょう。せっかくならオシャレなトイレ、快適に利用できる機能性に優れたトイレにしたいですよね。そんな時…

その他のおすすめ記事

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ