「地震に強い家」とはどんな家? 地震に強い家と弱い家の違い

揺れを感じない小さな地震も含めると、日本では相当な回数の地震が起こっています。そんな日本で暮らしている以上、自宅が地震に弱い家か、それとも地震に強い家なのかは気になるところですね。そこで、ここでは地震に弱い家、強い家それぞれの特徴についてご紹介します。

地震に弱い家とは?

地震に弱い家とはどんな特徴があるのでしょうか。詳しく解説します。

・昭和56年(1981年)以前に建てられている
昭和56年(1981年)に施工された新耐震基準が適用されずに建てられた建物は注意が必要です。壁の強度が不足している場合があるため、耐震診断や耐震補強を検討したいところです。
ただし、築年数が浅くとも、雨漏りで腐食が発生していたりシロアリ被害にあっていたりすると、耐震性が充分とはいえない状態となってしまいます。屋根や外壁のメンテナンスを10年以上実施したことがない場合も、一度ホームインスペクション(住宅診断)を受けて自宅の状態を把握してみるといいかもしれません。

・地盤が軟弱で液状化しやすい土地に建っている
どんなに家が強固に造られていたとしても、地盤が軟弱で液状化しやすい土地に建っていては、自体は地震に耐えられても、地盤が沈下したり傾いたりしてしまう可能性があります。地盤の状態をチェックしてくれる専門業者もいますので、心配な方は相談してみるのも良いかもしれません。

・大きい窓がたくさんある
窓があるということは壁に穴をあけているのと同じことですので、耐震強度は低くなってしまうと考えられます。大きな窓がいくつもある場合、そのぶん建物の強度も低くなってしまいがちですので注意が必要です。

・2階部分の増築を行ったことがある
2階の増築をしたことがある場合、1階の壁が2階の重さに耐えられなくなってしまう可能性があります。通常、2階部分の増築をするにあたっては、支柱や壁を増やす事で補強しますが、建物全体のバランスを良くすることが必要です。

地震に強い家とは?

一方、地震に強い家とはどういった家なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

・ツーバイフォー工法でできている家
ツーバイフォーというのはもともと海外で確立された建築方法です。現在では日本でも複数の住宅メーカーがツーバイフォー工法を用いていますが、この工法の特徴は面で壁を強化するという部分にあり、従来の筋交いによる補強ではなく壁全体を面として捉えることで強度を高めています。
ただし、在来工法でも筋交いのほかに耐力壁をバランスよく配置することで耐震性を確保しますし、新築の場合は新耐震基準にもとづいた対策が施されるので、いずれの工法でも耐震性そのものに大きな差異はなくなってきているといえるでしょう。

・正方形に近く壁が多い家
正方形に近い家は、地震が起きたときの衝撃を上手に受け止めることができます。L字型やコの字型など、建物がデコボコな形だとそれぞれの部分が衝撃を受けてそれぞれの方向に揺れることになり、甚大なダメージを受けてしまうことがあります。

・接合部がしっかり固定されている家
木造住宅は接手と呼ばれる造りを柱や梁に行うことで、それぞれをつなぎ合わせています。こうした接合部がしっかりしている家ほど、地震には強くなります。現在では接合部に建築金物を使うのが当たり前になっていますが、柱脚と土台を金物で緊結することで地震時に柱にかかる引抜力に抵抗し、柱が土台から抜けてしまうことを防ぎます。また、筋交いの端を金物で補強すれば引っ張り筋交いとしての効果が期待できます。こうした耐震金物がバランスよく配置されている建物は、地震に強いといえるでしょう。
・地盤が強い家
先ほど地盤がもろい家は地震に弱いという話をしました。逆をいうと、地盤が強い家だと多少の地震では家がダメージを負ってしまうことは少ないといえるでしょう。

もし、自分の家が地震に弱いかもしれないと感じたら

では、自分の住んでいる家が地震に弱い家なのかもと感じた場合にはどうしたらよいのでしょうか。現在では住宅の耐震性などを診断してくれる業者もあるので、専門業者で耐震診断を受けるのも良いでしょう。もしそこで耐震性が低いという結果がでた場合には、建替えなどを検討したほうが良いでしょう。これから先、安心して安全に暮らしていくためには耐震性について真剣に考える必要があります。できるだけ早めに対処を検討するのがおすすめです。

耐震のおすすめ記事

  • 在来工法の家づくりって、どんなもの?

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    日本で最も多い家づくりの工法 住宅を建てるにはいろんな構法がありますが、日本で最も多く用いられているのが木造軸組構法です。在来工法とも呼ばれ、木材が豊かなこの国に古くから伝わってきた家づくりの方法です。木の柱や梁(はり)…

  • わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫? この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。 木造住宅については、屋根が重いと地…

  • 在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    「ツーバイフォー(2×4)」は、19世紀に北米で生まれた住宅工法のひとつです。日本には1970年代に導入され、“耐震性の高い工法”として幅広く普及しました。実際、阪神淡路大震災や東日本大震災ではこの工法で建てられた住宅の…

  • 知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    地震大国として知られる日本。地震の多い地に併せて建築分野でもその対策が進化していますが、地震対策において耐震、制震、免震という三つの技術が用いられているのはご存知でしょうか。ここではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを…

  • ツーバイフォーと免震の組み合わせなど 戸建住宅の耐震構造には種類があるって、ホント?

    ツーバイフォーと免震の組み合わせなど 戸建住宅の耐震構造には種類があるって、ホント?

    耐震、制振、免震の違いは? 日本において、大切なわが家を守っていく上でどうしても重要になるのが、地震対策です。特に戸建住宅の場合、家を守るのはオーナー自身ですから、耐震については気になるところです。近年は、「耐震」に加え…

  • どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    耐震診断・耐震補強は大切だけど 地震の多いこの国では、住宅の耐震性はとても大切です。今後も大きな地震の可能性が予測されており、家族を守るためにも、わが家がどのくらい安全なのか知っておきたいものです。そんなことから、耐震診…

  • 耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームのときに考えなければならないポイントとは

    耐震リフォームの重要なポイントとは この春で東日本大震災から5年になりますが、マイホームの耐震性については、気に留めておきたいものです。戸建住宅の耐震性を考える上で、何に気をつければ良いのでしょう。 よく言われているポイ…

  • 2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    日本では比較的新しい工法、2×4 現代の日本で木造住宅を建てる場合、主に木造軸組構法と枠組壁工法の2通りの工法があります。 木造軸組構法は古来より日本に伝わる建築工法であることから、在来工法とも呼ばれます。これに対し、通…

  • 古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • 在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

    在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

      工法によって、リフォームの仕方が変わる? 近年、年数を経た家を建て替えるのではなくリフォームをして暮らしやすさや価値を向上させるケースが多くなっています。また、地震や台風などの災害対策としてのリフォームを考…

その他のおすすめ記事

  • 耐震

    在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

    在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

      工法によって、リフォームの仕方が変わる? 近年、年数を経た家を建て替えるのではなくリフォームをして暮らしやすさや価値を向上させるケースが多くなっています。また、地震や台風などの災害対策としてのリフォームを考…

  • 耐震

    ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーの家づくりって、どんなもの?

    ツーバイフォーって、なに? 住宅を建てるにはいろいろな工法があります。日本で木造住宅を建てる場合、在来工法に次いで多く用いられているのが、ツーバイフォー工法です。通称「ツーバイフォー」や「2 x 4」とも呼ばれることが多…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ