屋根に太陽光発電を設置する際の注意点

近年ではスマートハウスやゼロエネルギーハウス(ZEH)が話題となっています。また、2020年の省エネ基準適合住宅の義務化などもあり、ますます太陽光発電に注目が集まっています。ここでは、太陽光発電を設置できる屋根の種類やメリット、デメリットなどについてお伝えしたいと思います。

太陽光発電パネルを設置できる屋根の種類


太陽光発電は、電気を発電することで経済的なメリットを得ることができ、スマートハウスの基準を満たすこともできます。ゼロエネルギーの暮らしを実現するためには太陽光発電の設置は欠かすことはできません。そんな太陽光発電ですが、どのような屋根にでも設置できるわけではありません。特殊な形状をした屋根、デザイン性にこだわった複雑な構造の屋根だと、発電をするための太陽光発電パネルが設置できないこともあります。

では、具体的にどのような屋根だと、太陽光発電パネルの設置が可能なのでしょうか。一般的な切妻(きりづま)屋根だと問題なく設置が可能です。切妻屋根というのは、おそらく屋根と聞いてすぐにイメージが浮かぶような、三角形の形が特徴の屋根です。ほかにも寄棟(よせむね)屋根や陸(ろく)屋根などなら特に問題なく太陽光発電パネルを取り付けることが可能でしょう。よほど複雑で特殊な屋根でない限り太陽光発電パネルの取り付けはできますが、自分の家に太陽光発電パネルを設置できるかどうかが心配なら、一度太陽光発電パネル設置業者に問い合わせてみると良いかもしれません。

太陽光発電を行うメリット

では、具体的に太陽光発電を行うメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。
太陽光発電はその名の通り、太陽の光を電気エネルギーに変換することができるというものです。太陽の光を電気エネルギーに換えることによって光熱費などを抑えることができ、もし作った電気が自宅で使いきれない場合には、余った電力を電力会社に売却することも可能です。また、太陽光発電パネルを自宅に設置することで、自治体から補助金がもらえる場合もあります。

太陽光発電を設置するデメリット

このように経済的に大きなメリットがある太陽光発電ですが、一方で、デメリットもあります。デメリットとしては、太陽光発電パネルを設置するための初期費用がかかることが挙げられます。近年では太陽光発電パネルの耐用年数が長くなっており、設置から早い段階で費用を償却することもできるようですが、太陽光発電パネルは取り付けたらそれでおしまいというわけではなく、長持ちさせるために定期的なメンテナンスが必要となります。

また、いくら発電できるといっても、曇りや雨の日には発電量が低くなってしまうことから、日照量に左右されてしまい、場合によってはまったく発電ができないこともあります。

太陽光発電を設置する前に注意したい点


まず、太陽光発電パネルを設置する前に屋根の状態を確認しておく必要があります。屋根材の破損や塗装がはがれてしまっているのにも関わらず太陽光発電パネルを設置してしまうと、雨漏りなどの被害にあった場合、設置した太陽光発電パネルを移動させて屋根工事を行い、再度太陽光発電パネル設置をするという二度手間になってしまいます。その分余計に費用がかかってしまうでしょう。そのため、太陽光発電パネルを設置する前には一度屋根の状況を確認し、問題があるようでしたら屋根工事を行ってから太陽光発電パネルを設置すると良いでしょう。

太陽光発電パネルを設置する前に屋根工事が必要になった際には、太陽光発電パネルの耐用年数に見合った耐久性の高い屋根材を採用するようにしましょう。寿命の短い屋根材を選択してしまうと、太陽光発電パネルより屋根材の寿命が先にきてしまい、再度パネルを動かし、屋根工事を行う必要がでてきてしまいます。当然この時も余計な費用が発生してしまうので、できるだけ長寿命の屋根材を選んでおいたほうがトータルコストダウンにもつながります。

太陽光発電パネルを設置することで得られるメリットはたくさんありますが、先に屋根工事をしておかないと二度手間になってしまうばかりか、費用も余分にかかってしまいます。まずは屋根の状況をきちんと確認し、その上で太陽光発電パネルの設置を考えましょう。

屋根のおすすめ記事

  • あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    屋根ってメンテナンスが必要なの? ここ数年、中古住宅のリフォームやリノベーションが増えています。これからは、1度建てた住宅を長く大切に維持していく傾向にあるようです。 マイホームを長持ちさせ、いつまでも快適に暮らすには定…

  • 火災保険が使えるって本当? 火災保険で屋根工事を行う方法とは

    火災保険が使えるって本当? 火災保険で屋根工事を行う方法とは

    住宅ローンを組む際に加入義務があったため火災保険に加入している、という方も多いでしょう。実はこの火災保険、火災が起きたときだけに利用できる保険ではないのです。場合によっては火災保険を使って屋根工事を行うこともできます。こ…

  • 屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    東京駅の屋根に注目 日本の首都・東京の玄関といえる東京駅。保存復原プロジェクトにより、2012年に丸の内駅舎が創建当時の姿を取り戻しました。国の重要文化財でもある駅舎ですが、駅として日々機能しながら、観光スポットとしても…

  • 家がおしゃれになる! 屋根にドーマーをつけるメリットと注意点

    家がおしゃれになる! 屋根にドーマーをつけるメリットと注意点

    ドーマーとは屋根の上に突き出すように設置された「屋根窓」のことです。設置することで家の外観が欧米風のおしゃれなものに生まれ変わり、機能性も向上します。 その一方、ドーマーには注意点もあるため、導入にあたってはよく考慮する…

  • 軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    屋根は家づくりの重要ポイント 屋根は、住まいを直射日光や雨風から守ってくれる大切な部分です。屋根をどう作るかで、住宅の性能や外観のイメージにも大きく関係します。このように家づくりにおいて屋根は重要なポイントといえますが、…

  • 屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の塗替えをする理由は? 日本の夏といえば、台風がつきもの。台風をはじめとする自然災害が多い日本の住宅においては、屋根メンテナンスをきちんとすることが家の寿命を伸ばす秘訣になります。屋根はつねに紫外線や風雨に直接さらさ…

  • 屋根の形にはどのようなものがある? 屋根の形状と特徴

    屋根の形にはどのようなものがある? 屋根の形状と特徴

    住まいの建て替えやリフォームの際、屋根の形状を変えることがあります。小規模なリフォームの場合だと屋根にまで手を加えることは少ないかもしれませんが、屋根のリフォームや建て替えとなると、屋根についての知識も必要になってきます…

  • 急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    人気の北欧デザインって、どんなもの? 少し前から、日本では北欧デザインの家具や雑貨が人気です。北欧デザインとは、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドといった北欧諸国のデザインの総称で、世界的な評価も高く、家…

  • 屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    外観イメージを左右する屋根の色 屋根の塗替えリフォームをすることになったら、どのように色を選べばいいのでしょう? 屋根は外壁とともに、住宅の外観イメージを構成する主要な部分。屋根の色選びによって、家の見た目は大きく変わり…

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールという考え方 家は快適に暮らすための場所であるのはもちろんですが、住む人のセンスやライフスタイルを表現できる場でもあります。おしゃれな家づくりをするなら、内装から外観までトータルにコーディネートしたいもので…

  • 耐震

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

  • ライフスタイル

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    収納で個性的な住まいを演出? ライフスタイルにこだわった個性的な住まいにしたいと思う人は少なくないでしょう。特に戸建住宅なら、外観から内装まで、まるごと思い通りの家づくりができます。わが家の個性を演出するなら、内・外装の…

  • 屋根

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    屋根ってメンテナンスが必要なの? ここ数年、中古住宅のリフォームやリノベーションが増えています。これからは、1度建てた住宅を長く大切に維持していく傾向にあるようです。 マイホームを長持ちさせ、いつまでも快適に暮らすには定…

  • ライフスタイル

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    ライフスタイルは変わるものだから 家は長年にわたって暮らすもの。家を建てることになったら、いつまでも家族みんなが快適で暮らしやすい住まいにしたいものです。とはいえ、年月が経つうち、住む人のライフスタイルは変わっていきます…

  • メンテナンス

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    持ち家の価値を維持するために 建築の専門家が住宅の状態を検査するサービス「ホームインスペクション(住宅診断)」が広がりつつあります。中古住宅市場の活性化を目指し、国交省もホームインスペクションを普及させる方針です。これか…

  • ライフスタイル

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    おしゃれな家にするには間取りも重要? 家を新築したりリノベーションすることになったら、訪れた人がほめてくれるようなおしゃれな家にしたいですね。内外装のデザインはもちろん、壁紙や床材なども気になりますが、おしゃれな家づくり…

  • リフォーム

    リノベーションとは違う? スケルトンリフォームとは

    リノベーションとは違う? スケルトンリフォームとは

    みなさんは「スケルトンリフォーム」という言葉はご存知ですか?自由な間取りを選べて快適な住まいを作れる方法ですが、スケルトンリフォームにはリスクや注意点もあります。リノベーションとも似ていますが混同せずに正しい意味や効果、…

  • リフォーム

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    「家の顔」づくりに大切なスペース 洗濯物やふとんを干したり、エアコンの室外機置き場として、また植木鉢を置いてガーデニング気分を楽しむなど、ベランダは日々の暮らしに欠かせないスペースです。戸建住宅のベランダを安全に維持して…

  • メンテナンス

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ