火災保険が使えるって本当? 火災保険で屋根工事を行う方法とは

住宅ローンを組む際に加入義務があったため火災保険に加入している、という方も多いでしょう。実はこの火災保険、火災が起きたときだけに利用できる保険ではないのです。場合によっては火災保険を使って屋根工事を行うこともできます。ここでは、火災保険の補償範囲や屋根工事に火災保険が適用される例、実際に火災保険を使って屋根工事をするまでの流れについてご紹介したいと思います。

火災保険の補償範囲は?

多くの方が、火災保険は火災が起きたときだけにしか使えない保険、と思っているようですが決してそんなことはありません。ご契約中の火災保険の種類にもよりますが、火災保険の補償範囲は意外と広く、火災以外に風災や雪災、雹災(ひょうさい)などの被害を受けてしまった場合にも、保険が適用になる可能性はあるのです。場合によっては災害だけではなく、漏水や家に自動車が突っ込んだ事故、ガス漏れによる爆発にも火災保険を適用できた事例もあります。ただし、地震による火災や津波、経年劣化は基本的に火災保険の補償対象ではありませんのでご注意ください。

火災保険で屋根工事が適用される例

では実際、どのようなケースにおいて火災保険を屋根工事に適用することができるのでしょうか。これまでに火災保険を使って屋根工事が行われた事例は数多く存在します。例えば、屋根にコケが生えてしまったことで火災保険の補償対象となったような事例もあります。コケが乾燥して火災の原因になる可能性もあるからという理由によるものです。

また、集中豪雨によって雨漏りなどが起きたときにも、火災保険で屋根の工事が可能になることもあります。経年劣化による雨漏りではなく、あくまで水災や風災などによる破損ということであれば火災保険の適用となる可能性があります。当然、保険会社の調査や審査を受ける必要はありますが、火災保険が適用できたのに自費で工事をしてしまった……、ということがないように被害を受けたときはまず火災保険が適用できるかどうかを検討してみましょう。

火災保険を使用し屋根工事をする際の流れ


実際に火災保険を利用して屋根工事をする際の流れについて見ていきましょう。なお、ご契約の保険会社によって手順が異なる場合があるため、詳細は保険会社や保険代理店に問い合わせてみる事をおすすめいたします。

・保険会社あるいは保険代理店に問い合わせ
今現在、家がどのような状態になってしまっているか、今回の場合保険が適用されるのかを、保険会社あるいは保険代理店に問い合わせます。

・被災、被害内容を伝える
先ほど少しお話したように、被災、被害の内容を伝えます。できるだけ細かく伝えた方がスムーズに進み、正確な返答を貰えるため、被災状況などをメモしておき、それを見ながら伝えたほうが良いかもしれません。被害の内容がきちんと伝わっていないと補償の対象外と言われてしまう可能性もあるため、しっかりと状況を伝えるようにしましょう。

・申請の書類の用意
火災保険を適用して工事ができることが確定したら、次は申請書類を用意します。申請書類は、保険会社の公式ホームページからダウンロードできるケースが一般的です。公式ホームページにアクセスし、申請書類をダウンロードし、記入をしてください。また、保険会社によっては申請書類以外の書類が必要となる可能性があります。その場合は指示に従って書類を用意するようにしましょう。

・屋根工事会社への工事依頼
申請に必要な各種書類を用意した後は、屋根工事を行ってくれる工事業者への依頼です。屋根工事を専門としている業者、リフォーム業者など様々な選択肢がありますが、できるだけ屋根工事を専門としている業者に依頼をしましょう。また、工事を依頼する場合は火災保険を適用しての屋根工事であることを伝えておくと良いでしょう。

火災保険の適用ができる、できないに関わらず、定期的に専門業者に屋根のコンディションをチェックしてもらってはいかがでしょうか。一回で屋根工事を済ますと、足場や養生の料金が二回工事を行うときに比べて削減することができますし、結果的に不動産としての資産価値を維持することにつながるかもしれません。
ご自宅は大事な資産です。ぜひ、定期的なメンテナンスを心がけてくださいね。

屋根のおすすめ記事

  • 屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    東京駅の屋根に注目 日本の首都・東京の玄関といえる東京駅。保存復原プロジェクトにより、2012年に丸の内駅舎が創建当時の姿を取り戻しました。国の重要文化財でもある駅舎ですが、駅として日々機能しながら、観光スポットとしても…

  • 屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    外観イメージを左右する屋根の色 屋根の塗替えリフォームをすることになったら、どのように色を選べばいいのでしょう? 屋根は外壁とともに、住宅の外観イメージを構成する主要な部分。屋根の色選びによって、家の見た目は大きく変わり…

  • 屋根工事をする際に覚えておきたい、ルーフィングについて

    屋根工事をする際に覚えておきたい、ルーフィングについて

    ルーフィングという言葉を聞いたことはありますか?ルーフィングとは家の屋根材の下に用いられる防水シートのことです。自分の目では確認できないルーフィングですが、ルーフィングは屋根の防水に重要な役割を果たしています。ここでは、…

  • 屋根や外壁に生じるシミ、カビ対策はしっかりと

    屋根や外壁に生じるシミ、カビ対策はしっかりと

    屋根や外壁のシミ、カビの放置は厳禁 春風が気持ちいいシーズンになりました。梅雨を前にしたこの時期、衣替えや虫干しをされるご家庭が多いと思います。高温多湿の日本で1年を快適に暮らすための知恵ですね。 せっかくですから、この…

  • 屋根に太陽光発電を設置する際の注意点

    屋根に太陽光発電を設置する際の注意点

    近年ではスマートハウスやゼロエネルギーハウス(ZEH)が話題となっています。また、2020年の省エネ基準適合住宅の義務化などもあり、ますます太陽光発電に注目が集まっています。ここでは、太陽光発電を設置できる屋根の種類やメ…

  • 屋根の形にはどのようなものがある? 屋根の形状と特徴

    屋根の形にはどのようなものがある? 屋根の形状と特徴

    住まいの建て替えやリフォームの際、屋根の形状を変えることがあります。小規模なリフォームの場合だと屋根にまで手を加えることは少ないかもしれませんが、屋根のリフォームや建て替えとなると、屋根についての知識も必要になってきます…

  • 屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    姫路城の屋根の色は白? それともグレー? 国宝であり、日本で初めての世界遺産である姫路城は、白鷺城(はくろじょう、しらさぎじょう)とも呼ばれ親しまれてきました。そう呼ばれるゆえんは、天守群のシルエットが、まるで鳥のシラサ…

  • 屋根から伝わる熱を遮断できる? 屋根の遮熱方法

    屋根から伝わる熱を遮断できる? 屋根の遮熱方法

    夏になると家の中はどうしても暑くなってしまいますよね。 でも、室内が暑いのは外の気温のせいだけではありません。実は、家の作りによって、室内がとても暑くなってしまう場合があります。ここでは夏に室内が暑くなってしまう原因や、…

  • おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    住宅の外観デザインのポイントは これから家を建てることになったら、家の中も外も思い通りのデザインにしたいですね。このごろは、立地環境やライフスタイルにあわせて、住宅の外観にこだわる人が増えています。道行く人が感心するよう…

  • 賢く使おう! 屋根のリフォームで使える助成金・補助金について

    賢く使おう! 屋根のリフォームで使える助成金・補助金について

    日々、強い日差しや風雨に晒され続けている屋根。年月が経てば劣化や破損は避けられないものです。しかしながら、いざ「リフォームを」と考えてはみても、屋根の重ね葺きや葺き替えにかかる費用は100万円を超える場合もあり、とても手…

その他のおすすめ記事

  • 屋根材

    トタン屋根住宅のデメリットと葺き替えにおすすめの屋根

    トタン屋根住宅のデメリットと葺き替えにおすすめの屋根

    かつては日本全国の住宅で使われていた「トタン屋根」。現在ではスレートやガルバリウム鋼板を使った屋根が主流となり、その需要は減少傾向にありますが、まだまだ各地で活躍している姿を見ることができます。ここでは、そんなトタン屋根…

  • 屋根材

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根の雨漏りの意外な原因 雨の多い季節になりました。木造住宅の大敵、雨漏りをしっかり防いでいきたいものです。 雨漏りの原因といえば、屋根の瓦やスレートの破損、ズレ、または窓のサッシまわりのシーリングの劣化などが考…

  • メンテナンス

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    どんなに小まめに掃除をしている家でも、年月が経過すれば劣化してしまうもの。特に、雨や風、雪や紫外線などから私たちの暮らしを守ってくれている“屋根”は大きなダメージを負うことになります。 ちょっとした色あせ程度であれば塗装…

  • ライフスタイル

    中古物件購入後によくあるトラブルとは?

    中古物件購入後によくあるトラブルとは?

    中古物件を購入した後にトラブルになった、という話を聞いたことはあるでしょうか。実はだれの身にも起こる可能性があり、決して他人事ではないと言えます。ここでは、中古物件購入後に起きがちなトラブルの内容や、トラブルに気づいたと…

  • リフォーム

    リフォーム後のトラブルを避けるために、ライフスタイルとキッチンのタイプの関係を知っておこう

    リフォーム後のトラブルを避けるために、ライフスタイルとキッチンのタイプの関係を知っておこう

    キッチンのタイプ選びで大切なことは キッチンは家の中でも家事作業をする時間が長く、使い勝手によっては毎日の暮らしの快適さが違ってきます。それだけにリフォームのときには、何かとこだわりたい場所です。後から「こんなはずじゃな…

  • リフォーム

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    浴室の施工法の違いとは? 自宅の浴室をリフォームすることになったら、快適でくつろげる場所にしたいものですね。ところで、浴室づくりといえば、ユニットバスが主流ですが、在来工法という選択肢もあるのをご存知ですか? 既成のパー…

  • リフォーム

    「在宅時」にも要注意!外装リフォームのときに考えたい今どきの防犯事情

    「在宅時」にも要注意!外装リフォームのときに考えたい今どきの防犯事情

    今どきの防犯事情は在宅時がポイント 建物全体で防犯対策をするマンションと違い、戸建住宅では個別の防犯対策が必要です。特に注意したいのが侵入や窃盗犯ですが、近年は防犯意識の高まりからか防犯設備やホームセキュリティを取り入れ…

  • ライフスタイル

    湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    湿気やカビに悩まされない収納づくりのポイント

    収納にはしっかりと湿気対策を 高温多湿の日本で快適な住まいをつくるには、湿気対策が重要になります。それは、居室だけではなく、収納についてもいえることです。家の中には、ふだんあまり開け閉めすることがない収納スペースもあるか…

  • リフォーム

    リノベーションの予算はどう考えればいい?

    リノベーションの予算はどう考えればいい?

    リノベーションは大きな買い物 既存の住宅の内外装や設備を一新し、新築同様かそれ以上の状態に改修するリノベーション。新築よりも割安な費用で済むこともあり、近年注目されています。「古くなってきたわが家を住みやすく手直ししたい…

  • ライフスタイル

    今どきのおしゃれな家に和室は不要?それとも必要?

    今どきのおしゃれな家に和室は不要?それとも必要?

    和室があれば、何かと便利? ライフスタイルの欧米化にともない、現代は和室のない家が増えています。これから家を建てるなら、欧米風のモダンな家にしたいと思う人も多いでしょう。そんなおしゃれな家には和室は不要かもしれません。 …

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ