火災保険が使えるって本当? 火災保険で屋根工事を行う方法とは

住宅ローンを組む際に加入義務があったため火災保険に加入している、という方も多いでしょう。実はこの火災保険、火災が起きたときだけに利用できる保険ではないのです。場合によっては火災保険を使って屋根工事を行うこともできます。ここでは、火災保険の補償範囲や屋根工事に火災保険が適用される例、実際に火災保険を使って屋根工事をするまでの流れについてご紹介したいと思います。

火災保険の補償範囲は?

多くの方が、火災保険は火災が起きたときだけにしか使えない保険、と思っているようですが決してそんなことはありません。ご契約中の火災保険の種類にもよりますが、火災保険の補償範囲は意外と広く、火災以外に風災や雪災、雹災(ひょうさい)などの被害を受けてしまった場合にも、保険が適用になる可能性はあるのです。場合によっては災害だけではなく、漏水や家に自動車が突っ込んだ事故、ガス漏れによる爆発にも火災保険を適用できた事例もあります。ただし、地震による火災や津波、経年劣化は基本的に火災保険の補償対象ではありませんのでご注意ください。

火災保険で屋根工事が適用される例

では実際、どのようなケースにおいて火災保険を屋根工事に適用することができるのでしょうか。これまでに火災保険を使って屋根工事が行われた事例は数多く存在します。例えば、屋根にコケが生えてしまったことで火災保険の補償対象となったような事例もあります。コケが乾燥して火災の原因になる可能性もあるからという理由によるものです。

また、集中豪雨によって雨漏りなどが起きたときにも、火災保険で屋根の工事が可能になることもあります。経年劣化による雨漏りではなく、あくまで水災や風災などによる破損ということであれば火災保険の適用となる可能性があります。当然、保険会社の調査や審査を受ける必要はありますが、火災保険が適用できたのに自費で工事をしてしまった……、ということがないように被害を受けたときはまず火災保険が適用できるかどうかを検討してみましょう。

火災保険を使用し屋根工事をする際の流れ


実際に火災保険を利用して屋根工事をする際の流れについて見ていきましょう。なお、ご契約の保険会社によって手順が異なる場合があるため、詳細は保険会社や保険代理店に問い合わせてみる事をおすすめいたします。

・保険会社あるいは保険代理店に問い合わせ
今現在、家がどのような状態になってしまっているか、今回の場合保険が適用されるのかを、保険会社あるいは保険代理店に問い合わせます。

・被災、被害内容を伝える
先ほど少しお話したように、被災、被害の内容を伝えます。できるだけ細かく伝えた方がスムーズに進み、正確な返答を貰えるため、被災状況などをメモしておき、それを見ながら伝えたほうが良いかもしれません。被害の内容がきちんと伝わっていないと補償の対象外と言われてしまう可能性もあるため、しっかりと状況を伝えるようにしましょう。

・申請の書類の用意
火災保険を適用して工事ができることが確定したら、次は申請書類を用意します。申請書類は、保険会社の公式ホームページからダウンロードできるケースが一般的です。公式ホームページにアクセスし、申請書類をダウンロードし、記入をしてください。また、保険会社によっては申請書類以外の書類が必要となる可能性があります。その場合は指示に従って書類を用意するようにしましょう。

・屋根工事会社への工事依頼
申請に必要な各種書類を用意した後は、屋根工事を行ってくれる工事業者への依頼です。屋根工事を専門としている業者、リフォーム業者など様々な選択肢がありますが、できるだけ屋根工事を専門としている業者に依頼をしましょう。また、工事を依頼する場合は火災保険を適用しての屋根工事であることを伝えておくと良いでしょう。

火災保険の適用ができる、できないに関わらず、定期的に専門業者に屋根のコンディションをチェックしてもらってはいかがでしょうか。一回で屋根工事を済ますと、足場や養生の料金が二回工事を行うときに比べて削減することができますし、結果的に不動産としての資産価値を維持することにつながるかもしれません。
ご自宅は大事な資産です。ぜひ、定期的なメンテナンスを心がけてくださいね。

屋根のおすすめ記事

  • 台風前に対策しよう!強風で屋根が飛ぶ前にしておくべきこと

    台風前に対策しよう!強風で屋根が飛ぶ前にしておくべきこと

    強風が原因で屋根が飛ぶ、ということがあります。気象庁の「風の強さと吹き方」の定義によると平均風速が15m/s(風に向かって歩くのが困難な状態)を超えると屋根被害の可能性が現れ始めるとされています。また、平成3年の台風19…

  • 大阪城の美しい緑の屋根をよみがえらせた、驚きの屋根修理とは

    大阪城の美しい緑の屋根をよみがえらせた、驚きの屋根修理とは

    大阪城の屋根材は? 古くから、商都・大阪のランドマークであり続ける大阪城。美しい緑の屋根がそのシンボルになっていますが、この屋根は何でできているかご存知ですか?屋根材としては立派な本瓦の形状をしていますが、緑色の瓦を葺い…

  • 天窓をつけると雨漏りする? 屋根に天窓をつけるメリット

    天窓をつけると雨漏りする? 屋根に天窓をつけるメリット

    せっかく新築購入やリフォームをするなら、天窓を設置してみたいと思いませんか? 昼間は自然光が差し込み、夜は綺麗な星空を見ながら眠る……。天窓に憧れる方はたくさんいるでしょう。ここでは、天窓のメリットやデメリット、屋根に設…

  • 急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    人気の北欧デザインって、どんなもの? 少し前から、日本では北欧デザインの家具や雑貨が人気です。北欧デザインとは、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドといった北欧諸国のデザインの総称で、世界的な評価も高く、家…

  • 屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

    屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

    台風シーズンの後の大切なこと ここ数年、台風が大型化し、その被害も大きくなりがちです。雨風から住まいを守る役割を持つ屋根は台風の被害を最も受けやすく、それだけにデリケートな部分です。台風シーズンが過ぎた後、大きな被害はな…

  • 屋根の縦葺きと横葺きの違いって? それぞれの特徴

    屋根の縦葺きと横葺きの違いって? それぞれの特徴

    全国的に採用が伸びてきている金属屋根。建物に合った様々なデザインが楽しめるのが魅力のひとつですが、特に多く採用されている2大デザインは「縦葺き」「横葺き」です。 屋根の外観がストライプ(縦じま)に見えるものが「縦葺き」、…

  • 屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    東京駅の屋根に注目 日本の首都・東京の玄関といえる東京駅。保存復原プロジェクトにより、2012年に丸の内駅舎が創建当時の姿を取り戻しました。国の重要文化財でもある駅舎ですが、駅として日々機能しながら、観光スポットとしても…

  • 屋根から伝わる熱を遮断できる? 屋根の遮熱方法

    屋根から伝わる熱を遮断できる? 屋根の遮熱方法

    夏になると家の中はどうしても暑くなってしまいますよね。 でも、室内が暑いのは外の気温のせいだけではありません。実は、家の作りによって、室内がとても暑くなってしまう場合があります。ここでは夏に室内が暑くなってしまう原因や、…

  • 驚きの「屋根」活用術

    驚きの「屋根」活用術

    屋根を有効スペースとして考える ぽかぽかと暖かい陽気の日が増えました。気候の良い日には、アウトドアライフを楽しみたいですね。出かけることなく、自宅の庭で子供たちを思い切り遊ばせたり、ガーデニングやバーベキューなどができれ…

  • 屋根勾配って、どうやって決めるの?

    屋根勾配って、どうやって決めるの?

    屋根における重要な要素 屋根は住宅の外装の大きな面積を占める部分です。そのため、その形状や材質は家の外観イメージ並びに住宅の性能に大きく影響します。屋根には形状、軒の出幅といった要素がありますが、特に重要な要素が勾配(屋…

その他のおすすめ記事

  • 屋根材

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    いま、人気の屋根材とは 家を建てたり、屋根を葺き替えたりすることになったら、どのような屋根材を選べばいいのでしょう? 一般的な住宅用として、広く普及している屋根材のスレート。また、近年、耐震性が高く丈夫なことから人気上昇…

  • メンテナンス

    屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

    遮熱って、なに? 断熱との違いは? 今夏は記録的な猛暑となり、外出を控えたいほど暑い日が多くなっています。熱中症を防ぐためにも屋内を涼しく保つことが大切ですが、冷房のための電気料金も気になるところです。暑い夏だからこそ、…

  • ライフスタイル

    屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    おしゃれな家は屋根がポイント? 「おしゃれな家を建てたい!」と思ったら、何を参考にすればいいのでしょうか。まずは建築の歴史に残るおしゃれな住宅を見ることをおすすめします。とりわけ1920年代に成立したモダニズムと呼ばれる…

  • メンテナンス

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

  • 屋根材

    アルベロベッロと白川郷 異なる屋根材のとんがり屋根の意外な関係

    アルベロベッロと白川郷 異なる屋根材のとんがり屋根の意外な関係

    イタリアのユニークなとんがり屋根 世界には、いろいろな変わった屋根があり、ユニークで美しい屋根が世界遺産となる景観をつくり出している場所があります。そんな場所の1つ、イタリア南部のアルベロベッロという村をご存知ですか? …

  • メンテナンス

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根はいつか「葺き替え」が必要に 家は長年にわたって住み続けるもの。戸建住宅でいつまでも快適に暮らしていくには、内外装や設備の適切なメンテナンスやリフォームが欠かせません。住まいの快適さを支えるのは住宅の性能ですが、住宅…

  • 屋根

    屋根の形にはどのようなものがある? 屋根の形状と特徴

    屋根の形にはどのようなものがある? 屋根の形状と特徴

    住まいの建て替えやリフォームの際、屋根の形状を変えることがあります。小規模なリフォームの場合だと屋根にまで手を加えることは少ないかもしれませんが、屋根のリフォームや建て替えとなると、屋根についての知識も必要になってきます…

  • リフォーム

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    断熱性にすぐれたガルバリウム鋼板の外壁サイディングって、どんなもの?

    外壁のリフォームが必要になったら 外壁は屋根とともに雨風から住まいを守ってくれる大切な部分です。そのため、外壁にはいろんな性能が求められますが、なかでも、快適に暮らすために重要になるのが断熱性です。断熱性が高ければ、冷暖…

  • 屋根材

    いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    屋根は、熱い日差しや冷たい雨風から私たちの住まいを守ってくれる大切な存在です。 もしもあなたが新築やリフォームを考えているのであれば、その素材にもこだわってみませんか? 屋根材にはさまざまな種類があり、それぞれに異なる見…

  • 耐震

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ