屋根工事をする際に覚えておきたい、ルーフィングについて

ルーフィングという言葉を聞いたことはありますか?ルーフィングとは家の屋根材の下に用いられる防水シートのことです。自分の目では確認できないルーフィングですが、ルーフィングは屋根の防水に重要な役割を果たしています。ここでは、雨漏りが発生してしまう原因と屋根工事におけるルーフィングの重要性、そしてルーフィングの耐用年数などについてご紹介していきたいと思います。

雨漏りが発生してしまう原因


瓦などの屋根材が損傷した箇所から雨水が浸入したり、瓦を固定している漆喰に生えた雑草から雨水が入ってしまうなど、雨漏りの原因には様々なケースがあります。
中でも特に注意したい雨漏りの原因が、ルーフィングの損傷です。屋根になにも異常がないように見えるのに雨漏りしてしまう……そんな場合には、屋根材の下のルーフィングに何らかの異常が起きているかもしれません。屋根に異常がないように見えても、実はルーフィングの損傷が原因で雨漏りしていたという事例は少なくないのです。

屋根材の下に敷くルーフィングとは?

ルーフィングとは屋根と屋根材の間に敷く防水シートで、屋根を構成する非常に重要な材料の一つです。もしルーフィングがなかったら、屋根材の間を通った雨水が、そのまま建物内部の天井まで到達してしまいます。小雨程度なら屋根材だけでも雨水の侵入を防ぐことができるかもしれませんが、雨量が多くなると屋根材の下まで雨水が侵入してしまい、雨漏りを引き起こす確率が高くなってしまいます。

ルーフィングは薄い紙のようなものですが、高い防水性をもっています。屋根の垂木などをすべて配置したあとに野地板(合板、杉板、木毛板など)を貼りますが、ルーフィングはその上に敷きます。

ルーフィングの種類と特徴


ルーフィングにもいくつか種類がありますが、大きく三つに分けることができます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

・アスファルトルーフィング
アスファルトルーフィングは一般住宅によく用いられているルーフィング材です。道路を作るのに使われるアスファルトを板紙にしみこませて作られており、一般的にルーフィングと言えばこのアスファルトルーフィングの事を指します。タッカーと呼ばれる大きなホチキスのような金具でルーフィングを固定します。アスファルトルーフィングは、安価で施工できるという点も広く流通している理由として挙げられるでしょう。

・改質アスファルトルーフィング 改質アスファルトルーフィングは、 天然アスファルトやポリマーなどを加えることで性能を向上させたアスファルトのルーフィングです。前述したアスファルトルーフィングよりも破れにくい、防水性が高い、耐久性が高いといった点において優れています。
また、粘着性のアスファルトルーフィングもありその場合、タッカーを使用しなくても済み、穴が開かないため、タッカーを使用する場合よりも防水性に優れています。

・ストレッチルーフィング
ストレッチルーフィングは、ゴムアスファルトルーフィングとも呼ばれており、ストレッチャー(引き伸ばし)を行っても破れにくい耐久性の高さが特徴のルーフィングです。アスファルトルーフィングより使用されるケースは少ないようですが、さまざまな建築現場で用いられています。アスファルトルーフィングよりコストは高いですが、耐久性が高く下地とも馴染みやすいのが大きなメリットです。

ルーフィングの耐用年数

ルーフィングは半永久的に使えるものではなく、おおよその耐用年数があります。耐用年数を過ぎてしまうと劣化により損傷してしまう可能性が高まってしまうため注意が必要です。使用するルーフィングの種類によって耐用年数はやや異なってきますが、一般的にルーフィングの耐用年数は20年ほどと言われています。
ちなみにルーフィングは破損しなければよい、というわけではありません。ルーフィングの耐用年数が過ぎると防水機能が失われていきますので、破損していなくても交換の必要があります。

そのため定期的に屋根の点検、メンテナンスを行うことで雨漏りしてしまうリスクを回避したいところですが、ルーフィングは外側から目視で状態を確認することができないため、専門の屋根工事業者にメンテナンスや点検を依頼したほうが良いでしょう。専門家のメンテナンスを受けることでルーフィングの劣化だけではなく屋根材の状態もあわせて確認してもらうことができます。

また、再施工する場合にはルーフィングを隙間なく敷きつめて接着していく技術が必要です。DIYで行うことはせずに、専門の屋根工事業者に依頼するほうが良い結果になるでしょう。

瓦などの屋根材に異常が見られなかったとしても、ルーフィングが劣化で損傷したりしてしまうと雨水が浸入してしまいます。雨漏りを未然に回避するためにご自宅のルーフィングのメンテナンスを検討してみてはいかがでしょうか。

定期的な屋根のメンテナンスを行うことで、トラブルフリーな生活を送りましょう!

屋根のおすすめ記事

  • 屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    東京駅の屋根に注目 日本の首都・東京の玄関といえる東京駅。保存復原プロジェクトにより、2012年に丸の内駅舎が創建当時の姿を取り戻しました。国の重要文化財でもある駅舎ですが、駅として日々機能しながら、観光スポットとしても…

  • 屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    姫路城の屋根の色は白? それともグレー? 国宝であり、日本で初めての世界遺産である姫路城は、白鷺城(はくろじょう、しらさぎじょう)とも呼ばれ親しまれてきました。そう呼ばれるゆえんは、天守群のシルエットが、まるで鳥のシラサ…

  • 火災保険が使えるって本当? 火災保険で屋根工事を行う方法とは

    火災保険が使えるって本当? 火災保険で屋根工事を行う方法とは

    住宅ローンを組む際に加入義務があったため火災保険に加入している、という方も多いでしょう。実はこの火災保険、火災が起きたときだけに利用できる保険ではないのです。場合によっては火災保険を使って屋根工事を行うこともできます。こ…

  • おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    住宅の外観デザインのポイントは これから家を建てることになったら、家の中も外も思い通りのデザインにしたいですね。このごろは、立地環境やライフスタイルにあわせて、住宅の外観にこだわる人が増えています。道行く人が感心するよう…

  • 軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    軒の出幅や屋根勾配ってなに? 新築の屋根工事で大切なこと

    屋根は家づくりの重要ポイント 屋根は、住まいを直射日光や雨風から守ってくれる大切な部分です。屋根をどう作るかで、住宅の性能や外観のイメージにも大きく関係します。このように家づくりにおいて屋根は重要なポイントといえますが、…

  • 切妻屋根のファサードがシンボル 生まれ変わったもう1つの公会堂

    切妻屋根のファサードがシンボル 生まれ変わったもう1つの公会堂

    大阪のもう1つの公会堂? 大阪市の公会堂といえば、有名なのが、市の中心部・中之島公園に位置する中央公会堂です。「中之島公会堂」とも呼ばれ親しまれている大阪市中央公会堂は築100年を迎える、赤レンガの壁とアーチ状の銅屋根の…

  • 屋根勾配って、どうやって決めるの?

    屋根勾配って、どうやって決めるの?

    屋根における重要な要素 屋根は住宅の外装の大きな面積を占める部分です。そのため、その形状や材質は家の外観イメージ並びに住宅の性能に大きく影響します。屋根には形状、軒の出幅といった要素がありますが、特に重要な要素が勾配(屋…

  • 台風前に対策しよう!強風で屋根が飛ぶ前にしておくべきこと

    台風前に対策しよう!強風で屋根が飛ぶ前にしておくべきこと

    強風が原因で屋根が飛ぶ、ということがあります。気象庁の「風の強さと吹き方」の定義によると平均風速が15m/s(風に向かって歩くのが困難な状態)を超えると屋根被害の可能性が現れ始めるとされています。また、平成3年の台風19…

  • 国宝・阿弥陀三尊像の美しさのヒミツは屋根と天井にあった?

    国宝・阿弥陀三尊像の美しさのヒミツは屋根と天井にあった?

    不思議な関係の2つの国宝 長い歴史のあるわが国には、建造物や美術工芸品といった数多くの国宝があります。また、文化財と呼ばれるものもありますが、その違いは何なのでしょうか? 文化財とは、文化活動によって生み出され、文化財保…

その他のおすすめ記事

  • 屋根

    国宝・阿弥陀三尊像の美しさのヒミツは屋根と天井にあった?

    国宝・阿弥陀三尊像の美しさのヒミツは屋根と天井にあった?

    不思議な関係の2つの国宝 長い歴史のあるわが国には、建造物や美術工芸品といった数多くの国宝があります。また、文化財と呼ばれるものもありますが、その違いは何なのでしょうか? 文化財とは、文化活動によって生み出され、文化財保…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ