洋風の瓦がある? 洋瓦の種類とメンテナンス方法

瓦と聞くと古い木造住宅の屋根に使われている日本瓦をイメージするかもしれませんが、近年では洋瓦を採用した住宅が増えています。洋瓦とはどういったものなのでしょうか。ここでは瓦の一種である洋瓦の特徴や種類、メンテナンス方法などについてご紹介しましょう。

洋瓦とは?


洋瓦とは読んで字のごとく、主に海外の住宅で用いられていた瓦です。正式には洋式瓦と呼ばれており、現在では日本国内でも洋瓦が生産され、さまざまな建物で使われています。洋瓦にはセメント瓦と粘土瓦の二種類があり、それぞれに特徴が異なります。

また、洋瓦は比較的カラフルな色合いの製品が多いので、「個性的な家にしたい」という施主が洋瓦を採用したり、デザイナーズ系のオシャレな建築物に用いられることが多くなっています。屋根リフォームの際に和瓦から洋瓦に葺き替えることで、見た目の印象を変えることも可能です。最近では洋瓦調の金属屋根もあり、セメント瓦や粘土瓦に比べてメンテナンス性に優れているため人気を集めています。

洋瓦と和瓦の違い

洋瓦と和瓦でもっとも大きな違いはやはり見た目の印象です。和瓦はぼこぼこと大きく波打ったような形状で、カラーバリエーションが少なく、全体的に重厚な印象を受けます。対して洋瓦はオレンジやブラウン、紺色など、彩りが豊かでスタイリッシュな形状も多いことから、個性的でおしゃれな印象になります。

洋瓦の種類にはどのようなものがある?


洋瓦には大きく分けて三つの種類があります。ここでは、それぞれの特徴やどんな人におすすめかご説明していきたいと思います。

・S型瓦
「スパニッシュ」の頭文字に由来するS型瓦は、洋瓦の代表格と言っても過言ではないでしょう。S字型に波打つ見た目が印象的で、屋根材として採用すると立体感のある屋根にすることが可能です。大正時代に日本に伝わった瓦と言われており、現在でもさまざまな洋風建築物に用いられています。施工の難易度が高くはなりますが、その魅力的なビジュアルに惹かれて新築、リフォーム時にチョイスする人は少なくありません。

・平板(へいばん)瓦
現在もっともよく採用されているのが平板瓦と呼ばれるタイプです。F型瓦とも呼ばれていますが、古くから用いられている洋瓦の一つで、フラット形状なことから頭文字を取ってF型と呼ばれます。S型瓦とは異なり凹凸が少ないため、スッキリとした見た目の屋根に仕上げることができます。製品の仕上がりに差が生じることはあるものの、施工そのものは比較的容易なため、短期間で屋根工事を済ませたい人にもおすすめでしょう。

・混ぜ葺き(まぜふき)仕様
混ぜ葺き仕様は、F型瓦やS型瓦に色をつけて製造します。一つのカラーで統一してしまうのではなく、複数の色を使った屋根に仕上げる工法を混ぜ葺きと言いますが、その際に使用される洋瓦のことを指します。飲食店や洋菓子店の店舗などでもよく用いられます。屋根に豊かな表情を持たせることができ、オシャレで個性的な住宅を手に入れたいという人に向いています。ただ、配色の比率を失敗してしまうとシンプルになりすぎることや、逆に派手になりすぎるということもあるため、デザイナー、設計士からは具体的にイメージを共有してもらうようにするのが良いでしょう。

洋瓦のメンテナンス方法

洋瓦も和瓦と同じように、年月が経つにつれて劣化が進んでいきます。洋瓦の場合、和瓦に比べて屋根の漆喰(しっくい)部分がはがれてしまうという不具合がよく見られます。漆喰がはがれてしまうことで内部の土が見えてしまい、台風で強風にさらされたときに棟瓦が外れて飛んでしまうということもあります。特に古い建物だとこういった不具合が起こりやすいので注意が必要です。

漆喰のはがれや瓦のずれなどを防ぐためには、定期的なメンテナンスの実施がおすすめです」または②「実施をおすすめします。屋根の状態を把握し、適切な補修をしておくことが大切でしょう。自分で屋根の状態をチェックする場合、屋根材によっては滑りやすいため充分に注意してください。瓦の表面だけを見ても不具合が起こっているかどうか判断がつかないことも多いため、できれば専門業者に任せる事をおすすめいたします。

洋瓦だと和瓦では実現できないカラフルな屋根や個性的な屋根にすることができるなど、さまざまな表情を出すことができます。新築の際やリフォーム、リノベーションで瓦の張り替え屋根工事を検討している場合は、洋瓦も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

屋根材のおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • メンテナンス

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    屋根工事がポイント!良心的な外装業者を見分けるために

    家を守る大切な外壁や屋根の工事だから 外壁や屋根の修繕・リフォームが必要になったら、外装業者に工事を依頼することになります。外装は住宅全体を雨風から守る重要な部分ですから、きっちりとした施工が欠かせません。とはいえ、屋根…

  • 耐震

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    わが家の耐震性を再確認 1981年に新耐震基準が施行されましたが、それ以前に建てられた木造住宅と以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。全国の多くの自治体では、新耐震基準以前に建てられた木造住宅などを対象に耐震診断…

  • 屋根材

    世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    京都・清水の舞台の高さは? 千年の都として栄えた古都・京都。二条城や平等院など「古都京都の文化財」として知られる17ヵ所の文化財は世界遺産にも指定されています。 そうした文化財群のなかでも、特に有名なのが清水寺です。この…

  • リフォーム

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家は永遠じゃない? 家を購入したり、建てたりしたなら、いつまでも快適に暮らしたいものですね。とはいえ、新築から10年以上経てば、何かしらメンテナンスや修繕が必要になってきます。 また、エアコンや給湯器などの住宅設備の多く…

  • リフォーム

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    中古物件で思い通りの家づくり? ここ数年間、戸建住宅の建設費用ならびに新築住宅の価格も高止まりの傾向が続き、新築着工件数も低水準で推移しています。ただ、細部までこだわって思い通りの家を新築したい、ピカピカの新築住宅に住み…

  • リフォーム

    初めてのリフォームを成功させるために

    初めてのリフォームを成功させるために

    リフォームって、どうするの? 気に入って購入したマイホームも、何年か暮らすうちに修繕や変更したい箇所が出てきます。そこで、リフォームを検討することになりますが、初めての場合は、どこ(誰)に依頼すればいいのか、どのように進…

  • 屋根

    大阪城の美しい緑の屋根をよみがえらせた、驚きの屋根修理とは

    大阪城の美しい緑の屋根をよみがえらせた、驚きの屋根修理とは

    大阪城の屋根材は? 古くから、商都・大阪のランドマークであり続ける大阪城。美しい緑の屋根がそのシンボルになっていますが、この屋根は何でできているかご存知ですか?屋根材としては立派な本瓦の形状をしていますが、緑色の瓦を葺い…

  • メンテナンス

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    住宅の細かい不具合はリフォームのタイミングで一気に解決 住宅のリフォームをするきっかけや理由は人によりさまざま。とはいえ、戸建住宅の場合、壁紙の貼り替えや古くなったシステムキッチンやユニットバスの交換など、おおよそ10年…

  • 屋根

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の塗替えをする理由は? 日本の夏といえば、台風がつきもの。台風をはじめとする自然災害が多い日本の住宅においては、屋根メンテナンスをきちんとすることが家の寿命を伸ばす秘訣になります。屋根はつねに紫外線や風雨に直接さらさ…

  • 屋根材

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根の雨漏りの意外な原因 雨の多い季節になりました。木造住宅の大敵、雨漏りをしっかり防いでいきたいものです。 雨漏りの原因といえば、屋根の瓦やスレートの破損、ズレ、または窓のサッシまわりのシーリングの劣化などが考…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ