地震に備えて屋根工事をしよう! 耐震性に優れている屋根とは?

耐震性を考えて屋根工事をしよう、と目にしたことがある方も少なくないと思います。では、耐震性に優れている屋根とはいったいどのような屋根なのでしょうか。ここでは、耐震性に優れた屋根、地震に強い屋根にするにはどんな工事が必要なのか、ご説明します。

屋根工事をすることで地震対策ができるって本当?

屋根が地震と大きな関わりがあると言われているのは、建物の一番上にある屋根が重いと、大きく揺れたときに柱や壁に多大な負荷がかかり、倒壊につながる可能性があるからです。もちろん、屋根が重いからといって確実に地震に弱いということではありません。重い屋根瓦、日本瓦を採用していたとしても地震に強い家はあります。太くしっかりとした柱や耐力壁がバランスよく配置されているなど、建物の耐震性はさまざまな要素によって決まりますので、ご自宅の耐震性が気になる場合は一度耐震診断を受けてみるのがよいでしょう。可能なら耐震リフォームも視野に検討するのがおすすめです。

耐震を考えた場合、どのような屋根工事をするべき?

一概に屋根の重さが問題とは言わないまでも、やはり耐震を考える上で屋根が重要な要素であることには変わりがありません。ではどういった対策が考えられるのでしょう?
ひとつには、屋根の葺き替え工事があります。スレートやガルバリウム鋼板といった、瓦よりも軽い屋根材に葺き替えることで耐震性の向上を図るものです。建物の外観上、どうしても瓦が良いという場合には防災瓦を検討してみてはいかがでしょうか。金属屋根に比べれば重くはなってしまうものの、瓦同士をかみ合わせる構造のため、通常の瓦よりも揺れや強風に強いとされています。
屋根の葺き替えは大掛かりな工事になるので、すぐに実施を検討するのが難しい場合もあると思います。屋根の葺き替えとまではいかなくても、屋根材が割れていたりはがれていたりしないか、メンテナンスを行うのが大切です。地震が起こったときに瓦などが落ちてこないよう、定期的に補修工事を行うようにしましょう。

耐震リフォームにおすすめの屋根材の特徴

屋根の耐震性アップにはより軽い屋根材に葺き替えることがポイントですが、それぞれどんな特徴があるのでしょうか。おすすめの屋根材について、簡単にご紹介したいと思います。

・ガルバリウム鋼板
ガルバリウム鋼板は近年、屋根材としてよく用いられている素材の一つです。最大の特徴は耐用年数が長いということで、およそ40年ほどといわれています。10年を目安に塗り替えを行うことで腐食防止をはかるのが一般的ですが、20年メンテナンスフリーのものもあるので葺き替え後の維持がお手軽というメリットもあります。耐火性にも優れ、さらに比較的安価なため、近年よく取り入れられるようになりました。色数が豊富で加工しやすいため、デザイン性が高いのも採用される理由のひとつです。

・ステンレス鋼板
ステンレス鋼板は先ほどご紹介したガルバリウム鋼板よりも、さらに耐用年数が長いことで知られています。ランニングコストを減らすことができるので、長期的な視点で考えて優れた屋根材と言えるのではないでしょうか。ステンレスはよく水回りにも使われているように、水に強く、メンテナンスフリーという魅力があります。費用は高くなりがちですが、軽量ですから耐震性にも優れています。

・スレート屋根
軽量で丈夫というのが、スレート屋根の特徴です。多くの住宅で使用されている屋根材ですが、カラーバリエーションが多いため個性的な住宅に仕上げることも可能です。遮音、耐熱性能が高いのも魅力的なポイントではないでしょうか。屋根材としての強度は日本瓦に劣り、定期的にメンテナンスを実施しないと割れやすくなってしまうものの、価格が安いので取り入れやすい屋根材です。

・軽量防災瓦
通常の瓦よりも一割ほど軽量化された瓦ですが、最大の特徴は瓦同士がかみ合う構造にあります。揺れや強風でも瓦が浮いたりズレたりしにくく、雨水の侵入も防いでくれます。通常の瓦と同様、サビや色落ちなどがないといったメリットがあります。費用は製品によって異なりますが、おおむね通常の瓦と同等か、若干高い程度のようです。

自宅の屋根はどんな屋根?

自宅の屋根がどんな屋根材を使っているのか把握している方は少ないかもしれません。今後のこと、地震が起きたときのことを考えると屋根材を把握しておくことは大切なことではないでしょうか。自分で確認するのもよいですが、足場が不安定であったり滑りやすい場合もあるので、十分に注意が必要です。なるべくなら専門の業者に依頼し、屋根の点検とあわせてチェックしてもらうのがよいでしょう。

屋根を葺き替えることで耐震性を高めることができるだけでなく、見た目が良くなる、今後のメンテナンスが楽になるといったさまざまなメリットを得ることができます。ぜひ具体的に検討してみてはいかがでしょうか。

耐震のおすすめ記事

  • 在来工法の家づくりって、どんなもの?

    在来工法の家づくりって、どんなもの?

    日本で最も多い家づくりの工法 住宅を建てるにはいろんな構法がありますが、日本で最も多く用いられているのが木造軸組構法です。在来工法とも呼ばれ、木材が豊かなこの国に古くから伝わってきた家づくりの方法です。木の柱や梁(はり)…

  • 2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    日本では比較的新しい工法、2×4 現代の日本で木造住宅を建てる場合、主に木造軸組構法と枠組壁工法の2通りの工法があります。 木造軸組構法は古来より日本に伝わる建築工法であることから、在来工法とも呼ばれます。これに対し、通…

  • どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    耐震診断・耐震補強は大切だけど 地震の多いこの国では、住宅の耐震性はとても大切です。今後も大きな地震の可能性が予測されており、家族を守るためにも、わが家がどのくらい安全なのか知っておきたいものです。そんなことから、耐震診…

  • 知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    知っているようで知らない、耐震と制震と免震の違いとは?

    地震大国として知られる日本。地震の多い地に併せて建築分野でもその対策が進化していますが、地震対策において耐震、制震、免震という三つの技術が用いられているのはご存知でしょうか。ここではそれぞれの特徴とメリット、デメリットを…

  • ツーバイフォーと免震の組み合わせなど 戸建住宅の耐震構造には種類があるって、ホント?

    ツーバイフォーと免震の組み合わせなど 戸建住宅の耐震構造には種類があるって、ホント?

    耐震、制振、免震の違いは? 日本において、大切なわが家を守っていく上でどうしても重要になるのが、地震対策です。特に戸建住宅の場合、家を守るのはオーナー自身ですから、耐震については気になるところです。近年は、「耐震」に加え…

  • わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫? この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。 木造住宅については、屋根が重いと地…

  • 古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • 在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    「ツーバイフォー(2×4)」は、19世紀に北米で生まれた住宅工法のひとつです。日本には1970年代に導入され、“耐震性の高い工法”として幅広く普及しました。実際、阪神淡路大震災や東日本大震災ではこの工法で建てられた住宅の…

  • 中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

その他のおすすめ記事

  • リフォーム

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    中古物件で思い通りの家づくり? ここ数年間、戸建住宅の建設費用ならびに新築住宅の価格も高止まりの傾向が続き、新築着工件数も低水準で推移しています。ただ、細部までこだわって思い通りの家を新築したい、ピカピカの新築住宅に住み…

  • 屋根

    ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ウッドデッキと屋根で作る開放感あるライフスタイル

    ライフスタイルを広げるスペースとは 断熱性の高い現代の住宅の室内は冷暖房がよく効き、季節を問わず暮らしやすくなっています。そうはいっても、気候の良い時期には、住まいの中に自然の風や光を取り入れたいもの。 屋内と外をつなぐ…

  • 耐震

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    わが家の耐震性を再確認 1981年に新耐震基準が施行されましたが、それ以前に建てられた木造住宅と以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。全国の多くの自治体では、新耐震基準以前に建てられた木造住宅などを対象に耐震診断…

  • リフォーム

    浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室のリフォーム成功のために抑えておきたいポイントとは

    浴室は快適で安全であってほしい場所 日本人にとって浴室は単に体を洗うだけの場所ではありません。一日の疲れを取り、ゆったり体と心を癒すスペースでもあります。ただ、浴室は住宅の中でも事故が起きやすい場所ともいわれています。浴…

  • 耐震

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    日本では比較的新しい工法、2×4 現代の日本で木造住宅を建てる場合、主に木造軸組構法と枠組壁工法の2通りの工法があります。 木造軸組構法は古来より日本に伝わる建築工法であることから、在来工法とも呼ばれます。これに対し、通…

  • ライフスタイル

    スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    スタイリッシュな住宅の外観作りのために

    外観イメージを決めるものとは 住宅の外観イメージは住まいの「顔」ともいえる大切なもの。家を新築したり、外装のリフォームをすることになったら、景観にほどよくマッチし、住む人はもちろん訪れる人にも好印象を与える外観にしたいで…

  • リフォーム

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家は永遠じゃない? 家を購入したり、建てたりしたなら、いつまでも快適に暮らしたいものですね。とはいえ、新築から10年以上経てば、何かしらメンテナンスや修繕が必要になってきます。 また、エアコンや給湯器などの住宅設備の多く…

  • 屋根

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の定期メンテナンス、塗装工事の注意点

    屋根の塗替えをする理由は? 日本の夏といえば、台風がつきもの。台風をはじめとする自然災害が多い日本の住宅においては、屋根メンテナンスをきちんとすることが家の寿命を伸ばす秘訣になります。屋根はつねに紫外線や風雨に直接さらさ…

  • ライフスタイル

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    おしゃれな家にするには間取りも重要? 家を新築したりリノベーションすることになったら、訪れた人がほめてくれるようなおしゃれな家にしたいですね。内外装のデザインはもちろん、壁紙や床材なども気になりますが、おしゃれな家づくり…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ