中古物件購入後によくあるトラブルとは?

中古物件を購入した後にトラブルになった、という話を聞いたことはあるでしょうか。実はだれの身にも起こる可能性があり、決して他人事ではないと言えます。ここでは、中古物件購入後に起きがちなトラブルの内容や、トラブルに気づいたときの対処法などについてお伝えします。近々、中古物件の購入を検討している方はぜひご覧になってみてください。

中古物件購入後に起こるトラブル

実際のところ、中古物件購入後に起こるトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは代表的なものをいくつかご紹介しましょう。

・雨漏り
入居してから雨漏りに気づいた、というのはよく耳にする話です。「どうしてそんなミスをしてしまうの?」と思われた方もいるかもしれませんが、主な原因は、晴れた日にしか物件の内覧をしていないことにあると言えるでしょう。わざわざ雨の日に住宅の内覧に行く方は少ないと思いますが、晴れた日にだけ内覧をして購入を決めてしまうのは早計と言えそうです。

・吐水、排水不良
蛇口や水栓などでありがちなトラブルは水漏れです。経年劣化やパッキンの破損など原因はさまざまですが、中古物件の場合こういった部分も含めて使っていたということになるので、起こりやすいトラブルでしょう。内覧のときには実際に水を出してみたり、蛇口などの調子を確認したりして慎重に検討しましょう。

・木部の腐食
木部が腐食していた、ということもあるようです。木部の腐食は建物自体の強度に関わってきますし、耐震性が損なわれている可能性もあります。屋根裏や床下、壁の中の木部は腐食していても表からは見えないため、こうした物件を購入してしまう可能性があります。


・シロアリなどの害虫被害
古い住宅だとシロアリの被害にあっている可能性もあります。最近の木造住宅だと施工時にしっかりとシロアリ対策もするのですが、築年数が古い家だとシロアリ対策がきちんと行われていない場合があるようです。また、新築時にしっかりとシロアリ対策していたとしても、やはり年月が経ってしまうと効果が薄れてしまいます。これも先ほどと同じように、目に見えない部分が多いため買主は気づきにくい部分です。

・基礎、地盤のひび割れや沈下
基礎は建物の中で、もっとも重要な部分と言っても過言ではありません。基礎や地盤のひび割れ、沈下にあとから気づいたというケースも少なからずあるため、物件を見学に行った際は建物だけではなく、基礎の部分も注意深く確認したいところです。

もし中古住宅購入後にトラブルに気づいたら

それでは、中古物件を購入後にこうしたトラブルに気づいた場合、いったいどうすればよいのでしょうか。最初にすることは契約書の確認です。契約書に記載されている「瑕疵担保責任」がどのようになっているかを確認することが先決です。

引き渡し時には知りえなかった躯体の腐食やシロアリ被害といった欠陥を「隠れた瑕疵」と呼びますが、こうした瑕疵の責任は契約書に明記されています。通常の不動産売買では売主が瑕疵担保責任を負う期間を限定していることが一般的ですから、その部分をしっかりと確認してください。責任期間を過ぎていると、損害賠償などを求めるのは難しくなってしまいます。契約のときに、瑕疵担保責任について自体もきちんと確認しておく必要があるでしょう。

瑕疵担保責任を確認したらすぐにその物件を購入したときに利用した不動産業者に連絡します。購入した物件でどのような被害が起きているかを説明して対応してもらいましょう。ただし、前述のとおり瑕疵担保責任の期間が過ぎていると、対応してくれない可能性もありますから注意が必要です。

不動産売買では大きなお金が動くことになりますから、中古物件を購入するときは契約時も慎重になる必要があります。購入する物件の状態はもちろん、瑕疵担保責任といった契約書の内容も事前に確認すべきことはしっかりと確認し、その上で購入するかどうかを決めるようにしましょう。

ライフスタイルのおすすめ記事

  • 外国人も興味津々、神社の屋根デザインあれこれ

    外国人も興味津々、神社の屋根デザインあれこれ

    屋根を見れば建てられた時代がわかる このところ、伊勢神宮の式年遷宮と出雲大社(写真)の大遷宮が重なり、京都では下鴨神社、上賀茂神社の遷宮が続きました。その話題はテレビやネットなどでも取り上げられ、日本国内はもちろん、外国…

  • カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールという考え方 家は快適に暮らすための場所であるのはもちろんですが、住む人のセンスやライフスタイルを表現できる場でもあります。おしゃれな家づくりをするなら、内装から外観までトータルにコーディネートしたいもので…

  • メルヘンの国の世界遺産と秘境に見る 美しい屋根と外壁の色合い

    メルヘンの国の世界遺産と秘境に見る 美しい屋根と外壁の色合い

    屋根と外壁の色はどう決める? 住宅の外観を形づくる屋根と外壁。どのようなカラーリングにするかで、大きく印象が異なります。屋根と外壁の色合いは家の個性を左右するものといえますが、住む人のこだわりを反映させる一方で、景観との…

  • 景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    美しい街並を作り出すものとは ぬけるような青い空に映えるオレンジ色の屋根と白い壁の家並、??そんな南欧の街並にあこがれる人は少なくないでしょう。地中海の青い空と美しいコントラストを作り出している屋根はテラコッタと呼ばれる…

  • 新築やリフォームの前に知っておきたい 広々としたリビングダイニングづくりのコツ

    新築やリフォームの前に知っておきたい 広々としたリビングダイニングづくりのコツ

    ワンルームのリビングダイニングが人気 近年は、戸建住宅でもリビングルームとダイニング、あるいはダイニングキッチンをつなげたワンルームのリビングダイニングやLDKが一般的になりました。ワンルームの大きな空間は、部屋を細かく…

  • 室内壁のプチリフォームで外国みたいなおしゃれな家に

    室内壁のプチリフォームで外国みたいなおしゃれな家に

    手軽に室内壁のイメージを変えるには 住宅の内装を構成する要素のうち、室内壁はつねに視界に入り、大きな面積を占める部分です。したがって、壁の色や模様、テクスチャーによってインテリアの印象は大きく変わります。外国の家やおしゃ…

  • とんがり屋根の異人館 風見鶏の大切な役割とは?

    とんがり屋根の異人館 風見鶏の大切な役割とは?

    神戸北野を代表する異人館 歴史ある異人館が建ち並び、多くの観光客が訪れる神戸市北野地区。その中でもひときわ有名で、この街を代表する建物が「風見鶏の館」の愛称で親しまれる旧トーマス邸です。なぜ、そう呼ばれているかは、その外…

  • 使いやすい間取りでおしゃれな家に

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    おしゃれな家にするには間取りも重要? 家を新築したりリノベーションすることになったら、訪れた人がほめてくれるようなおしゃれな家にしたいですね。内外装のデザインはもちろん、壁紙や床材なども気になりますが、おしゃれな家づくり…

  • 個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    家づくりにとって重要な収納プラン 家を新築したり、リフォームしたりするなら、わが家のライフスタイルに合った家づくりをしたいですね。それには、ライフスタイルに合わせて機能・デザインともに暮らしやすいような内装や外装にしたい…

その他のおすすめ記事

  • 屋根

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    屋根の色選び、基調の4色はこう使う

    外観イメージを左右する屋根の色 屋根の塗替えリフォームをすることになったら、どのように色を選べばいいのでしょう? 屋根は外壁とともに、住宅の外観イメージを構成する主要な部分。屋根の色選びによって、家の見た目は大きく変わり…

  • リフォーム

    リフォーム後のトラブルを避けるために、ライフスタイルとキッチンのタイプの関係を知っておこう

    リフォーム後のトラブルを避けるために、ライフスタイルとキッチンのタイプの関係を知っておこう

    キッチンのタイプ選びで大切なことは キッチンは家の中でも家事作業をする時間が長く、使い勝手によっては毎日の暮らしの快適さが違ってきます。それだけにリフォームのときには、何かとこだわりたい場所です。後から「こんなはずじゃな…

  • ライフスタイル

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    使いやすい間取りでおしゃれな家に

    おしゃれな家にするには間取りも重要? 家を新築したりリノベーションすることになったら、訪れた人がほめてくれるようなおしゃれな家にしたいですね。内外装のデザインはもちろん、壁紙や床材なども気になりますが、おしゃれな家づくり…

  • ライフスタイル

    個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    個性的な家づくりは収納も含めて考える、わが家にとって使いやすい収納とは

    家づくりにとって重要な収納プラン 家を新築したり、リフォームしたりするなら、わが家のライフスタイルに合った家づくりをしたいですね。それには、ライフスタイルに合わせて機能・デザインともに暮らしやすいような内装や外装にしたい…

  • リフォーム

    リフォームやリノベーションの前に考えよう 使いやすいキッチンの条件とは

    リフォームやリノベーションの前に考えよう 使いやすいキッチンの条件とは

    使いやすいキッチンって、どんなもの? キッチンは家の中でも特にモノが多く、長い時間家事をする場所ですから、効率のよい空間であってほしいもの。リフォームやリノベーションをすることになった場合も、何かと要望が多くなる場所です…

  • リフォーム

    空き家をリフォーム、リノベーションして居住するメリット

    空き家をリフォーム、リノベーションして居住するメリット

    近年、全国的に増え続けている空き家。総務省が発表した平成25年度住宅・土地統計調査のデータでも、空き家率は過去最高の13.5%となっています(※1) 。なぜ、いま空き家が増えてきているのでしょうか。ここでは、空き家が増え…

  • ライフスタイル

    外国風の住宅にするコツ

    外国風の住宅にするコツ

    外国風の住まい作りのポイントは日本との違い 海外の映画やドラマに出てくるインテリアにあこがれる人は少なくないと思います。自宅をリフォームすることになったら、外国風のおしゃれな住まいにしたいと思う人もいることでしょう。その…

  • リフォーム

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    住まいの断熱って、どんなもの? 木枯らしが吹く季節になってくると、家の中で暖かく過ごしたいと思う一方、暖房コストも気になりますよね。「家の中がなんだか寒い。暖房が効きにくい。」、そんなふうに感じることがあれば、実は住まい…

  • リフォーム

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    中古物件で思い通りの家づくり? ここ数年間、戸建住宅の建設費用ならびに新築住宅の価格も高止まりの傾向が続き、新築着工件数も低水準で推移しています。ただ、細部までこだわって思い通りの家を新築したい、ピカピカの新築住宅に住み…

  • リフォーム

    リフォームとリノベーションの違いとは

    リフォームとリノベーションの違いとは

    建物の「改修」の意味合いが強いリフォーム 最近、よく耳にするようになった「リノベーション」という言葉。建物の増改築に関することですが、「リフォーム」とはどのような違いがあるかご存知ですか。実は、これまで両者には厳密な定義…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ