屋根・外壁のリフォーム時期はいつが適切?

屋根や外壁リフォームを行う時期はいつがいいのか、疑問を抱かれている方は少なくないでしょう。どのような状態になったら工事をすればいいのか、いつが適切な時期なのかは判断が難しいところです。そこで、ここでは屋根や外壁リフォームを行う時期などについてご説明します。

屋根のリフォームを行うべき時期は?

リフォームをするべき状態ですが、雨漏りをしているような状態に陥っているのであれば、すぐにでもリフォームを検討したほうが良いでしょう。そのまま放置してしまうと雨水によって躯体が侵食されてしまい、建て替えが必要になることも考えられます。また、屋根が割れている、屋根の色にばらつきがある、ムラがあるといった現象も、リフォームのサインとみて良いでしょう。金属屋根の場合はサビなどの腐食が見られたら、リフォームを検討すべき時期だと考えられます。

屋根の葺き替えや建物の建て替えなど、大がかりな工事になるのを避けるためにも、定期的に点検をし、補修工事や塗り替え工事といったメンテナンスを実施するのがおすすめです。メンテナンスの時期は屋根材や塗料によって変わりますが、新築からおおよそ10年ほどでなにかしらの修繕等が必要になるといわれています。
自分で屋根に上がって様子を確認する場合は充分に注意をした上で、万一に備えて誰かに作業を見守ってもらうのが良いでしょう。外壁業者に相談をしたり、ホームインスペクション(住宅診断)を受けて、メンテナンスやリフォームの検討材料にするのもおすすめです。

外壁リフォーム行うべき時期は?

外壁の全面リフォームは外壁に使われる素材に関わらず実施すべき目安時期が15~20年となります。しかし、素材によって点検するタイミングや塗り替えを検討する時期、適切なリフォーム方法が異なります。それでは、代表的な外壁の素材ごとに最適な点検の時期とリフォーム方法を確認してみましょう。

・モルタル壁
外壁の点検は2~3年ごとに行うことをおすすめします。モルタル壁が劣化すると、汚れ、色あせ、色落ち、割れ、はがれといった現象が生じます。軽微なリフォームの方法としては塗装の塗替えがあり、大規模なリフォーム方法としてはモルタルからサイディングへの張替えがあります。

・窯業系(ようぎょうけい)のサイディング壁
窯業系のサイディング壁の点検はモルタル壁よりも少し長く、3~4年を目安とすると良いでしょう。窯業系のサイディング壁が経年劣化すると、汚れ、色あせ、色落ち、割れ、シーリングの劣化が確認できます。軽微なリフォームの方法としては、塗装の塗り替え、サイディングの重ね張りがあります。サイディングの下地が痛んでいる場合、重ね張りができなくなってしまいます。そういった場合は、サイディングを張替える大規模なリフォームが必要となる事があります。

・金属板のサイディング壁
外壁の点検は2~3年ごとに行うことをおすすめします。金属板のサイディング壁が経年劣化すると、汚れ、さび、変形、サイディングのゆるみなどが発生します。軽微なリフォームの方法としては、塗装の塗り替え、サイディングの重ね張りがあります。塗装の塗り替えは3~5年ごとに行って下さい。重ね張りに関しては、窯業系サイディングと同様で下地が痛んでいない事が前提となります。窯業系のサイディング壁と同じく、大規模なリフォームを行う場合にはサイディングの張替えが必要になります。

外壁も定期的な塗装のメンテナンスが重要となってきます。例えば外壁をさわった時、白い粉が手に付着することはありませんか? このように外壁が白い粉をふいている状態をチョーキング現象と言います。チョーキング現象が発生している場合、すでに塗料は外気から外壁を守るという本来の役割を果たしていないため、紫外線や雨風の影響を受けやすくなります。早急に塗装の塗り替えを検討すべきでしょう。

関連記事:外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

屋根や外壁リフォームを行う場合、どの季節で行うと良い?

基本的には湿度も雨も少ない春や秋に工事をするとスムーズに進められるでしょう。屋根や外壁は屋外の作業になるため、雨が降ってしまうと工事ができません。雨が降っているなかで作業を強行すると、仕上がりに影響してしまうので湿度が少なく雨があまり降らないような時期を狙って工事を依頼したほうが良いでしょう。

ただ、どのような時期であっても工事の進捗具合が前後してしまう可能性はあります。天候だけでなく塗料や素材の仕入れ状況などによっても工期が左右されます。開始時期を意識するよりも、納期を意識するようにすると良いでしょう。工事を依頼しようと考えている業者がすでに見つかっている場合は、どのように工事を進めるのか、どれくらいで終わるのかについてあらかじめ確認しておくのがおすすめです。

屋根や外壁のリフォームを行う時期はその時々の状況によっても変わってきますが、ここで紹介した内容を参考にしてみてください。業者によっては進め方なども異なってきますが、相談しながらわかってくることもあるため、まずは専門業者に相談してみるのも良いでしょう。見積もりや診断だけなら無料で行ってくれる業者もいるので、活用してみる事をおすすめします。

リフォームのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールってなに? 外観をすっきりさせておしゃれな家に

    カーブアピールという考え方 家は快適に暮らすための場所であるのはもちろんですが、住む人のセンスやライフスタイルを表現できる場でもあります。おしゃれな家づくりをするなら、内装から外観までトータルにコーディネートしたいもので…

  • メンテナンス

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根はいつか「葺き替え」が必要に 家は長年にわたって住み続けるもの。戸建住宅でいつまでも快適に暮らしていくには、内外装や設備の適切なメンテナンスやリフォームが欠かせません。住まいの快適さを支えるのは住宅の性能ですが、住宅…

  • リフォーム

    ウッドデッキも可能?ベランダをおしゃれで便利にリフォームしよう

    ウッドデッキも可能?ベランダをおしゃれで便利にリフォームしよう

    ベランダリフォームでアウターリビングに 初夏や秋口など気候のよい時期には、自然の風を家の中に上手に取り込んで快適に暮らしたいですね。家の中と外をつなぐ場所で自然の風を感じながらくつろげる、そんな「アウターリビング」という…

  • ライフスタイル

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    ライフスタイルは変わるものだから 家は長年にわたって暮らすもの。家を建てることになったら、いつまでも家族みんなが快適で暮らしやすい住まいにしたいものです。とはいえ、年月が経つうち、住む人のライフスタイルは変わっていきます…

  • 屋根材

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    わが家の屋根材 スレートかガルバリウム鋼板で迷ったら

    いま、人気の屋根材とは 家を建てたり、屋根を葺き替えたりすることになったら、どのような屋根材を選べばいいのでしょう? 一般的な住宅用として、広く普及している屋根材のスレート。また、近年、耐震性が高く丈夫なことから人気上昇…

  • 屋根材

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根のデザインと屋根材選び 住まいを守る上で屋根はとても重要なものであり、さらには住宅の外装の大部分を占めることから、外観イメージにも大きく影響します。したがって、家を建てるときに、どのような屋根にするかは大きな問題です…

  • 屋根

    急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    急な屋根勾配が美しい スタイリッシュな北欧スタイルの家

    人気の北欧デザインって、どんなもの? 少し前から、日本では北欧デザインの家具や雑貨が人気です。北欧デザインとは、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドといった北欧諸国のデザインの総称で、世界的な評価も高く、家…

  • ライフスタイル

    屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    おしゃれな家は屋根がポイント? 「おしゃれな家を建てたい!」と思ったら、何を参考にすればいいのでしょうか。まずは建築の歴史に残るおしゃれな住宅を見ることをおすすめします。とりわけ1920年代に成立したモダニズムと呼ばれる…

  • リフォーム

    在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    在来工法じゃなくてもできる? こだわりの浴室づくり

    こだわりの浴室づくりなら、在来工法? 住まいの中でも浴室は、日々の疲れをいやし明日に向けてリフレッシュするための大切な場所。家を建てたり、リフォームしたりするなら「ホテルや旅館のようなお風呂にしたい!」と思う人も少なくな…

  • 屋根材

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    再注目される国立代々木競技場 2020年の2度目の東京オリンピック開催に向け、新国立競技場や選手村の建設が急ピッチで進んでいます。一方で、前回開催時の施設を今回も利用することが決まっています。そうした施設の中でも、特に有…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ