外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

最近自宅の外壁がなんだか古臭くなってきた、と感じることはあるでしょうか。もしかすると、それは塗装のチョーキング現象かもしれません。 の可能性があります。チョーキング現象という言葉は建築用語ですので、あまり聞きなじみがないという方も多いかもしれません。 そこで、ここではチョーキング現象の概要や原因、確認方法などについてお伝えしたいと思います。

外壁から白い粉が出る?

チョーキング現象とは外壁の塗装が粉っぽくなる状態を指します。建物の外壁を手で触ったときに、白いものが手についた経験のある方は意外に多いのではないでしょうか。モルタルに塗料で仕上げを行っている住宅の場合、白い粉の原因がチョーキング現象である可能性が高いです。チョーキング現象は白亜化現象とも呼ばれ、塗料の塗膜劣化の兆候と言えます。なお、クリヤー塗膜は色素等の混ぜ物が少なく、耐候性が高いため、チョーキングは発生しにくい傾向にあります。

チョーキング現象が起こってしまう原因

では、どうしてチョーキング現象が起きてしまうのでしょうか。チョーキング現象が起きる原因は長い年月をかけて外壁塗装が受けるダメージにあります。建物の外壁は毎日、紫外線や雨風にさらされているので、塗装から5~10年間ほどで塗膜が劣化してしまい、顔料が粉化してしまうのです。

チョーキング現象を放置してしまうとどうなる?

チョーキング現象を放置したら、いったいどうなるのでしょうか?実は建物の耐久性そのものを引き下げてしまうことにつながるため、注意が必要です。建物の外壁は塗料によって外気から守られています。チョーキング現象が起きているということは、外壁の塗料の性能が徐々に失われており、外壁を守る力が低下している状態です。そのような状態で放置してしまうと、外壁は紫外線や雨風のダメージをじかに受けてしまいますから、結果的に家の寿命も短くしてしまう恐れがあります。

チョーキング現象の確認方法

すぐにできる確認方法は、外壁を手で触ってみることです。触ってみて、白い粉がつくかどうかを確認してみましょう。うっすらと白くなる程度ならまだそこまで劣化は進んでいないと考えられますが、真っ白くなってしまうようなケースだと、塗料が寿命を迎えていると考えられます。また、外壁に水をかけて外壁の色が明らかに変わったという場合は、チョーキング現象が起きている可能性が高いと考えられます。雨の日に外壁を見て、なんとなく違和感を抱いたらチョーキング現象を疑ってみましょう。

チョーキング現象が起こった場合の対処方法

チョーキング現象が起きているということはすでに外気に対して外壁の防御力が低下している状態です。この状態を放置すると、外壁のさらに奥、壁の合板やその中の躯体にまで影響を及ぼす可能性がありますので、対処を検討するタイミングと言えます。では、チョーキング現象が起きた時にはどのような対処をすればいいのでしょうか?
チョーキング現象が起きてしまった場合、外壁塗装の塗り直しが必要です。しかし、そのまま塗料を塗れば良いのではなく、粉化した塗料を丁寧に洗い落とし、塗料を塗る前の下地処理も行わなければなりません。広範囲の外壁の洗浄及び下地処理を行ってようやく塗装にうつれるほど難易度の高い作業となりますので、専門業者にまかせたほうが良いでしょう。

早めに対処していれば塗装工事だけで済んだのに、放置してしまったばかりに外壁の大掛かりな修繕工事が必要になるという可能性は十分考えられます。外壁塗装の専門業者ならチョーキング現象が起きているかどうかも確認してくれますし、現状の外壁がどのような状態なのかについても説明してくれるでしょう。相談や見積もりだけなら無料という業者が多いですから、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

メンテナンスのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • リフォーム

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    中古物件で思い通りの家づくり? ここ数年間、戸建住宅の建設費用ならびに新築住宅の価格も高止まりの傾向が続き、新築着工件数も低水準で推移しています。ただ、細部までこだわって思い通りの家を新築したい、ピカピカの新築住宅に住み…

  • ライフスタイル

    おしゃれな外壁の色選びって、どうすればいいの?

    おしゃれな外壁の色選びって、どうすればいいの?

    まずは「景観ガイドライン」の確認を 戸建住宅の外壁は建物の最も多くを占める部分なので、外壁の色によって家の外観イメージは大きく変わります。したがって、新しく家を建てるときや外壁の塗替えの際には色にこだわって、おしゃれな外…

  • 屋根

    屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

    屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

    台風シーズンの後の大切なこと ここ数年、台風が大型化し、その被害も大きくなりがちです。雨風から住まいを守る役割を持つ屋根は台風の被害を最も受けやすく、それだけにデリケートな部分です。台風シーズンが過ぎた後、大きな被害はな…

  • メンテナンス

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    住宅の細かい不具合はリフォームのタイミングで一気に解決 住宅のリフォームをするきっかけや理由は人によりさまざま。とはいえ、戸建住宅の場合、壁紙の貼り替えや古くなったシステムキッチンやユニットバスの交換など、おおよそ10年…

  • リフォーム

    リフォームが必要?知っておきたい屋根・外壁のお手入れ

    リフォームが必要?知っておきたい屋根・外壁のお手入れ

    家の状態を長く良好に保つためにできること 新築から数年経ったわが家の屋根や外壁が汚れてきたら、どうすればいいのでしょう。外にさらされている部分だから、多少の汚れは仕方ないでしょうか。 いいえ、その汚れは屋根や外壁リフォー…

  • リフォーム

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家は永遠じゃない? 家を購入したり、建てたりしたなら、いつまでも快適に暮らしたいものですね。とはいえ、新築から10年以上経てば、何かしらメンテナンスや修繕が必要になってきます。 また、エアコンや給湯器などの住宅設備の多く…

  • 屋根

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    屋根の色が変わっていく? 世界遺産 姫路城の屋根修理のヒミツ

    姫路城の屋根の色は白? それともグレー? 国宝であり、日本で初めての世界遺産である姫路城は、白鷺城(はくろじょう、しらさぎじょう)とも呼ばれ親しまれてきました。そう呼ばれるゆえんは、天守群のシルエットが、まるで鳥のシラサ…

  • 屋根材

    世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    京都・清水の舞台の高さは? 千年の都として栄えた古都・京都。二条城や平等院など「古都京都の文化財」として知られる17ヵ所の文化財は世界遺産にも指定されています。 そうした文化財群のなかでも、特に有名なのが清水寺です。この…

  • リフォーム

    リフォームのトラブル事例集

    リフォームのトラブル事例集

    リフォームのトラブルが急増 ここ数年間で屋根や外壁のリフォームをめぐるトラブルが相次いでいます。 特に、訪問販売によるトラブルが急増しています。突然の訪問で屋根や外壁の不具合を指摘しリフォームを「即契約」させるケースが多…

  • 屋根材

    アルベロベッロと白川郷 異なる屋根材のとんがり屋根の意外な関係

    アルベロベッロと白川郷 異なる屋根材のとんがり屋根の意外な関係

    イタリアのユニークなとんがり屋根 世界には、いろいろな変わった屋根があり、ユニークで美しい屋根が世界遺産となる景観をつくり出している場所があります。そんな場所の1つ、イタリア南部のアルベロベッロという村をご存知ですか? …

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ