在来工法やツーバイフォーだけじゃない? 住宅工法にはどんなものがある?

住宅工法の種類を知ろう

家を建てることになったら、いろいろと知っておきたいことがあります。その中でも基本となるのが住宅の工法です。工法とは建物の骨組み(躯体)をつくる方法のこと。在来工法とツーバイフォーがよく知られていますが、それ以外にも住宅をつくる方法はあります。

どの工法を選ぶかで、必要な費用や工期、アフターメンテナンスやリフォームの仕方が異なるので、建売りや中古の戸建住宅を購入する場合にも工法を知っておくことは大切です。今回は、住宅の工法にはどのようなものがあるか、それぞれの特徴についてお伝えします。

 

木造住宅の主な工法

日本の住宅は木造が一般的ですが、一口に木造住宅といっても、主に次のような工法の違いがあります。

 

・在来工法(軸組工法)

日本に古くから伝わる建築工法で、日本の住宅づくりでは最も普及しています。コンクリート基礎の上に、土台・柱・はりで骨格を組み上げ、小屋組を作って屋根を仕上げた後に、床や壁を作ります。後から壁を仕上げるので、開口部を大きくとることができ、間取りや増改築の自由度が高いのがこの工法のメリットです。耐震対策には、土台・柱・はりに囲まれた四角形に筋交いや構造用合板を張りつける、構造材の接合部を金具で緊結するなどの方法を用います。工期の目安はおおよそ6ヵ月。

 

・ツーバイフォー(枠組壁工法)

アメリカ生まれの工法で、1970年代から日本でも普及するようになりました。コンクリート基礎の上に1階の床を固定し、2×4インチの製材に構造用合板を張ったパネルで壁を構成した後に2階の床を作るといった具合に、下から順に箱を組み立てるようにして躯体を作ります。開口部の大きさや間取りが限られますが、がっしりとした箱型の構造なので横からの揺れに強く、特に耐震補強をプラスする必要はありません。3~4ヵ月と工期が短くて済むのも特長です。

 

・ログハウス(丸太組工法)

基礎の上に丸太などのログ材を垂直に交互にかみ合わせ、水平に重ねて作る、横揺れに強い構造です。ログハウスといえば、樹皮をはいだだけの丸太で組み上げるイメージがありますが、近年は角型に加工した「角ログ」を使うことが多くなっています。工期の目安は3~10ヵ月(ログ材の加工法によって異なります)。

 

※以上、いずれもカッコ内が正式名称。

 

 

プレハブ工法

前もって工場で、柱・はり・床・壁・屋根のトラスなどのパーツを製造し、現場で組み立てる工法です。躯体を構成する構造部材の違いなどにより、下記のように分類されます。いずれも工期は短めですが、分類タイプにより異なります。

 

・木質系:木質系パネル材

・鉄鋼系:鉄骨フレーム

・ユニット系:ボックス型フレームによるユニット

・コンクリート系:コンクリートパネル

 

 

その他の工法

木造よりも精度の高い工法として、次のようなものがあります。

 

・鉄骨造

柱やはりなどに鉄骨を用いて躯体を作る工法で、6mm未満の厚さの鋼材を使う「軽量鉄骨造」と6mm以上の鋼材による「重量鉄骨造」に分けられます。軽量鉄骨造は木造よりも費用は高くなりますが、重量鉄骨造よりは低く工期も短く、開口部の大きさや間取りの自由度が高いのが特長です。重量鉄骨造はより頑丈で大きな開口をとることができ、3階以上や賃貸併用住宅などに向いています。重量鉄骨造の工期の目安は6ヵ月程度で、コンクリート造よりも費用は低めです。

 

・鉄筋コンクリート造(RC造)

柱、はりなどの構造体を鉄筋の芯を入れたコンクリートで作る工法です。建物自体が重くなるので、地盤改良や基礎工事が必要になり、その費用もかかります。耐震性や耐火性、防音性に優れ、非常に耐久性の高い建物を作れるのがこの工法の大きなメリットですが、費用は高額になり工期も長くなります。新築時は設計や開口部の大きさなど自由度は高いですが、後からの変更や増改築がむずかしいというデメリットがあります。

 

このように住宅を建てるにはいろんな工法があります。どの工法を選ぶかは、予算に加え工期や地盤の状態、建てたあと何年住みたいかなどの条件によって違ってきます。設計者とよく相談の上、検討するとよいでしょう。

 

メンテナンスのおすすめ記事

  • 住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるメンテナンスとは

    住まいを長持ちさせるために大切なこと 春の花が咲き、過ごしやすい季節になりました。比較的気候が穏やかに安定しているこの時期に、ご自宅のお手入れについて考えてみてはいかがでしょう。いつまでも快適に暮らすために、マイホームは…

  • スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレート屋根が古くなってきたら 塗り替え、それとも葺き替え?

    スレートって、どんな屋根材? 住宅用の屋根材として広く普及しているものに人工スレートがあります。人工スレートとは、セメントと各種の繊維を混ぜ、薄く平たい板状に成型し、表面を塗装で仕上げたものです。スレートには、天然石でで…

  • 外壁をツートンカラーにするなら、どんな色の組み合わせがおすすめ?

    外壁をツートンカラーにするなら、どんな色の組み合わせがおすすめ?

    外壁塗装をする際にはカラー選びが重要になってきます。どのカラーを選ぼうか迷ったときには、思い切っておしゃれにツートンカラーにしてしまうのはいかがでしょうか。ここでは、ツートンカラーの外壁塗装についてご紹介していきます。 …

  • 葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    葺き替えとどう違う? 屋根のカバー工法の特徴とメリット

    どんなに小まめに掃除をしている家でも、年月が経過すれば劣化してしまうもの。特に、雨や風、雪や紫外線などから私たちの暮らしを守ってくれている“屋根”は大きなダメージを負うことになります。 ちょっとした色あせ程度であれば塗装…

  • 手入れは大変? 勾配天井がある家のメリットとデメリット

    手入れは大変? 勾配天井がある家のメリットとデメリット

    古民家風のカフェなどに入ると、勾配天井になっていることがあります。こうした天井はなんとなく趣もあって、素敵だなと感じている方も多いのではないでしょうか。もしかすると、自宅の新築やリフォームで勾配天井を採用してみようと考え…

  • 家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    家がボロボロに……家庭でもできるシロアリ対策

    シロアリは木造住宅にとって大敵です。シロアリが発生してしまうと家の土台や根太(ねだ)なども浸食されますし、放置しておくと被害は拡大します。ここでは、木造住宅の天敵とも言えるシロアリへの対策についてご紹介しますので、被害を…

  • しっかり計画をたてよう! 戸建住宅の修繕計画の立て方

    しっかり計画をたてよう! 戸建住宅の修繕計画の立て方

    新築で購入した憧れの戸建住宅。しかし、屋根や外壁、ピカピカのキッチンやバスルームも、長い年月を重ねれば劣化は避けられません。いつまでも快適に暮らし続けるにはどうしたら良いのでしょうか。 答えは、メンテナンスやリフォームと…

  • ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    ベランダやバルコニーから雨漏りをする原因

    雨漏りというと屋根が原因のように思われがちですが、ベランダやバルコニーから起こることもあるのはご存知でしょうか。放置しておくと建物の劣化を引き起こすため、早めの対策が必要です。天井のシミなどを見つけたら、まずはベランダや…

  • 外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    外壁から白い粉が! チョーキング現象の原因と対処法

    最近自宅の外壁がなんだか古臭くなってきた、と感じることはあるでしょうか。もしかすると、それは塗装のチョーキング現象かもしれません。 の可能性があります。チョーキング現象という言葉は建築用語ですので、あまり聞きなじみがない…

  • こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

その他のおすすめ記事

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ