屋根や外壁の遮熱塗装で夏の住まいを快適に

遮熱って、なに? 断熱との違いは?

今夏は記録的な猛暑となり、外出を控えたいほど暑い日が多くなっています。熱中症を防ぐためにも屋内を涼しく保つことが大切ですが、冷房のための電気料金も気になるところです。暑い夏だからこそ、冷房効率を良くして家の中を少しでも快適にしたいものですね。

そこで、「遮熱」という方法があります。遮熱とは、何らかの物の表面で日差しを反射させて、発生し伝わる熱の量を小さくすることです。例えば、遮熱機能のある塗料で屋根や外壁を塗装すれば表面の温度が上昇しにくくなり、家の中の温度が上がるのを抑えることができます。

ところで、遮熱は「断熱」と混同されることがよくあります。ここで、その違いについて確認しておきましょう。

住宅における断熱の考え方は、屋根裏や壁の中に入れ、熱の伝達を押さえることで、夏には暑い空気が外から家の中に伝わらないようにし、冬には室内の暖かい空気が外に逃げないようにすることです。光を通さない壁では光は熱になって伝わるので、断熱性があれば遮熱も兼ねることになります。これに対し、遮熱には家の中の熱を保つ効果はありません。

 

 

遮熱対策をした方がいい家とは

したがって、遮熱は、断熱にプラスする機能として夏場に効果を発揮します。特に夏に暑くなりやすい住宅の屋根や外壁に遮熱対策をすれば効果が期待できますが、そうした住宅には次のよう特長があります。

 

・金属屋根

金属は熱伝導率が高いため熱くなりやすく、また屋根材としてもとても薄いので、下地まですぐに熱が伝わり室内の温度も上がりやすくなります。

 

・スレート屋根

スレートも屋根材としては薄いものなので、屋根裏、室内へと熱が伝わりやすくなっています。

 

・小屋裏(屋根裏)がない、またはその空間が非常に小さい

通常、小屋裏には断熱材を施します。また小屋裏内部の空気が断熱の役割をするので、小屋裏がない、またはあっても非常に容積が小さい場合は、断熱効果が弱く屋根の熱が室内に伝わりやすくなります。

 

・吹き抜けがある

家の中に天井まで吹き抜けになっている部分があると、その分、室内空間の容積が大きく熱い空気が溜まりがちになります。また、上の階のガラス窓からの日差しも入り、室内全体が暑くなりやすく、冷房が効きにくい構造といえます。窓からの日差しが暑くなる主な原因でもありますので、窓の遮熱対策も重要です。

 

・最上階にリビングルームがある

リビングルームは通常家の中で最も大きな空間で、日光が差し込む窓も多い場所です。また、窓は高い場所にあるほど強い日差しが入ります。したがって、2階や3階など最上階のリビングは、吹き抜け空間と同じように暑くなりがちです。窓の遮熱対策も忘れずに行いましょう。

 

リフォームで遮熱対策をするなら

夏に自宅が非常に暑いと感じる場合、上記の条件に当てはまることがあれば、遮熱対策をしたほうがいいかもしれません。

ガルバリウム鋼板の金属屋根や外壁サイディングには遮熱機能を持たせたタイプがあり、新築やリノベーションのときにはこうした屋根材や外壁材を選ぶとよいでしょう。あまり築年数が経っていない住宅にリフォームで行うには、遮熱塗料で屋根や外壁を塗装する方法があります。

遮熱塗装の工事の内容は通常の屋根、外壁の塗替えと同様で、足場も必要になるなど、それなりに費用もかかります。金属屋根とスレート屋根はおよそ10年おきの塗替えが推奨されているので、そのときに遮熱塗料を選ぶとよいでしょう。

遮熱塗料にも種類がありますが、日射反射率が高いものが高い効果を期待できます。また、塗装後、汚れや劣化が進むと性能が落ちるので、性能を長く維持するには、汚れにくく紫外線などで劣化しにくい塗料を選ぶことが大切です。

塗料選びについては塗装業者とよく相談してくださいね。

メンテナンスのおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • 屋根材

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    再注目される国立代々木競技場 2020年の2度目の東京オリンピック開催に向け、新国立競技場や選手村の建設が急ピッチで進んでいます。一方で、前回開催時の施設を今回も利用することが決まっています。そうした施設の中でも、特に有…

  • ライフスタイル

    知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    知って得する屋根トリビア。世界の不思議な”屋根”

    茅葺き屋根は日本だけじゃない? この5月に開催予定の伊勢志摩サミットで注目される伊勢神宮。その本殿の屋根は急な勾配がついた特徴的な形をしています。これは、板の上に草で葺かれた茅葺屋根であるためです。茅葺きの「茅」とは、ス…

  • ライフスタイル

    ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板の次世代建材 家を建てることになったら、安全で快適な住まいにするために気にしたいことがたくさんあります。耐震性など災害に強いことはもちろん、断熱性や湿気対策も大切です。そして、内外装ともデザインにこだわり…

  • リフォーム

    リフォームやリノベーションはどこに依頼すればいい?

    リフォームやリノベーションはどこに依頼すればいい?

    家にはリフォーム、リノベーションがつきもの? マイホームを購入したら、いつまでも快適に暮らしたいものです。しかし、家は暮らしているうちに必ずリフォームしたい箇所が出てきますし、年数が経てばリノベーションを検討することもあ…

  • ライフスタイル

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    在来工法でライフスタイルの変化を見すえた家づくり

    ライフスタイルは変わるものだから 家は長年にわたって暮らすもの。家を建てることになったら、いつまでも家族みんなが快適で暮らしやすい住まいにしたいものです。とはいえ、年月が経つうち、住む人のライフスタイルは変わっていきます…

  • 耐震

    ツーバイフォーと免震の組み合わせなど 戸建住宅の耐震構造には種類があるって、ホント?

    ツーバイフォーと免震の組み合わせなど 戸建住宅の耐震構造には種類があるって、ホント?

    耐震、制振、免震の違いは? 日本において、大切なわが家を守っていく上でどうしても重要になるのが、地震対策です。特に戸建住宅の場合、家を守るのはオーナー自身ですから、耐震については気になるところです。近年は、「耐震」に加え…

  • 屋根

    こまめな屋根塗装を!直射日光がスレート屋根に与える影響

    こまめな屋根塗装を!直射日光がスレート屋根に与える影響

    メンテナンスが欠かせないスレート屋根 スレートは現代の多くの住宅に使用されている薄い板状の屋根材です。粘板岩を加工した高価な天然ものもありますが、一般的には薄型化粧スレートとも呼ばれるセメントに繊維素材を混入したものが住…

  • 屋根材

    いろいろあります。住まいを守る「屋根」の素材。

    いろいろあります。住まいを守る「屋根」の素材。

    快適な住まいを守る屋根 春は仕事や学業などで新しいことが始まるシーズンです。この時期は引越しをされる方も多いでしょう。心機一転の春は「家」についていろいろと見直したり、考えたりするのによい季節なのかもしれませんね。住宅ロ…

  • 屋根材

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    現代にも通じる洋館のスタイル 「家を建てるなら、おしゃれな洋館のような建物にしたい」そう思う人は少なくないでしょう。日本に洋風建築が入って来た明治以降から昭和初期にかけ、日本で暮らす外国人や裕福な日本人の住宅として、美し…

  • ライフスタイル

    屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    屋根勾配がデザインのポイント? 歴史に残るおしゃれな屋根の家

    おしゃれな家は屋根がポイント? 「おしゃれな家を建てたい!」と思ったら、何を参考にすればいいのでしょうか。まずは建築の歴史に残るおしゃれな住宅を見ることをおすすめします。とりわけ1920年代に成立したモダニズムと呼ばれる…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ