在来工法とツーバイフォー、工法に合ったリフォームを

 

工法によって、リフォームの仕方が変わる?

近年、年数を経た家を建て替えるのではなくリフォームをして暮らしやすさや価値を向上させるケースが多くなっています。また、地震や台風などの災害対策としてのリフォームを考えている方もいることでしょう。このように目的は人それぞれですが、家をリフォームすることにしたときに、まず確認したいのが、どのような工法で建てられているかです。木造住宅の場合、ほとんどが在来工法かツーバイフォーのどちらかで建てられていますが、リフォームの仕方は工法によって違います。
在来工法は日本に古くから伝わる住宅工法です。これに対し、ツーバイフォーは近年北米から伝わってきた工法です。日本では1974年に建築基準法に基づくルールが整備され、一般的工法として普及するようになりました。
この2つの工法では建物の構造が大きく異なります。
「ツーバイフォーよりも在来工法の家の方がリフォームしやすい」と耳にすることもありますが、必ずしもそういうわけではありません。工法が違えば、リフォームの仕方も違います。そこで、在来工法とツーバイフォーの家のリフォームの違いについて比較してみましょう。

在来工法のリフォーム

在来工法は木造軸組工法とも呼ばれます。これは、柱や梁・筋交いなどの「軸」で建物を支える骨組みを作り、そこに壁を取りつけていく工法です。先に骨組みを作っているので、壁を動かしやすく、柱や梁にも動かせるものがあり、リフォームでは比較的自由に間取り変更ができます。部屋と部屋の間の壁を取り除いて広いLDKにする、窓を増やしたり大きくしたりするなどといったことも可能です。
ただし、現行の耐震基準以前に建てられた物件をリフォームするときには注意が必要です。新しく作る部分は現行の耐震基準になりますが、耐震性を確保するためには、既存部分の耐震性能も現行に合わせなければなりません。そのため、事前に耐震診断を行い、必要に応じて残す既存部分の耐震補強をすることになります。
また、築年数にかかわらず、新築のときの詳しい図面がない場合は、設計プランの前に仕上げ材をはがして、使用されている部材を調べる必要があります。

ツーバイフォーのリフォーム

ツーバイフォーの正式名称は枠組壁工法と言います。この工法では、断面が2 x 4インチの木材の枠に合板を貼ったパネルで壁や床や天井を構成し、箱を組み立てるようにして構造を作ります。この構造自体が地震や強風への災害対策となっています。
一方、壁面で建物を支えているため、リフォームをするには、取り外せる壁が限られ、開口部や間取りの変更が制限されると言われています。しかし、壁や開口部の変更が全くできないわけではありません。ツーバイフォーでは、使用する部材や施工手順について細かく公的な基準が定められています。
リフォームのプランを考えるときには、この基準の範囲内でできることを最大限に引き出すことが大切です。また、規定により、耐震性能や、どこにどのような部材が使われているかが予め分かっているため、仕上げ材をはがすことなく、スムーズな設計プランが立てられます。
とは言え、これには十分なツーバイフォーの知識をもっていることが前提となります。したがって、この工法をよく知る設計者や工事業者に依頼することがリフォーム成功の第一歩になると言えるでしょう。

このように、在来工法とツーバイフォーにはそれぞれ特長があります。リフォームを考えている住宅の工法を踏まえ、その工法に詳しい業者に依頼し、適したリフォームを行うことが大切です。

耐震のおすすめ記事

  • ツーバイフォーと免震の組み合わせなど 戸建住宅の耐震構造には種類があるって、ホント?

    ツーバイフォーと免震の組み合わせなど 戸建住宅の耐震構造には種類があるって、ホント?

    耐震、制振、免震の違いは? 日本において、大切なわが家を守っていく上でどうしても重要になるのが、地震対策です。特に戸建住宅の場合、家を守るのはオーナー自身ですから、耐震については気になるところです。近年は、「耐震」に加え…

  • 在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    「ツーバイフォー(2×4)」は、19世紀に北米で生まれた住宅工法のひとつです。日本には1970年代に導入され、“耐震性の高い工法”として幅広く普及しました。実際、阪神淡路大震災や東日本大震災ではこの工法で建てられた住宅の…

  • 「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    わが家の耐震性を再確認 1981年に新耐震基準が施行されましたが、それ以前に建てられた木造住宅と以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。全国の多くの自治体では、新耐震基準以前に建てられた木造住宅などを対象に耐震診断…

  • 中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

  • 大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

    大震災に耐えた国宝のお寺 現代の在来工法にも通じる耐震対策とは

      江戸時代以前の耐震対策とは 日本が世界でも有数の地震大国であるのは誰しもが認めるところです。そのため、日本の住宅耐震技術は非常にすぐれたものとなっています。特に1923(大正12)年の関東大震災以降、耐震研…

  • 2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    日本では比較的新しい工法、2×4 現代の日本で木造住宅を建てる場合、主に木造軸組構法と枠組壁工法の2通りの工法があります。 木造軸組構法は古来より日本に伝わる建築工法であることから、在来工法とも呼ばれます。これに対し、通…

  • 耐震性にも優れる美しいデザインの家

    耐震性にも優れる美しいデザインの家

    家の耐震性は外観デザインと関係する? 地震をはじめとする自然災害の多い国、日本での住まい作りでは、耐震性や耐久性がとても大切になります。とはいえ、住宅に求められるのは性能だけではありません。せっかくのマイホームですから、…

  • どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    耐震診断・耐震補強は大切だけど 地震の多いこの国では、住宅の耐震性はとても大切です。今後も大きな地震の可能性が予測されており、家族を守るためにも、わが家がどのくらい安全なのか知っておきたいものです。そんなことから、耐震診…

  • 「地震に強い家」とはどんな家? 地震に強い家と弱い家の違い

    「地震に強い家」とはどんな家? 地震に強い家と弱い家の違い

    揺れを感じない小さな地震も含めると、日本では相当な回数の地震が起こっています。そんな日本で暮らしている以上、自宅が地震に弱い家か、それとも地震に強い家なのかは気になるところですね。そこで、ここでは地震に弱い家、強い家それ…

その他のおすすめ記事

  • リフォーム

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    住まいの断熱って、どんなもの? 木枯らしが吹く季節になってくると、家の中で暖かく過ごしたいと思う一方、暖房コストも気になりますよね。「家の中がなんだか寒い。暖房が効きにくい。」、そんなふうに感じることがあれば、実は住まい…

  • 耐震

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    わが家の耐震性を再確認 1981年に新耐震基準が施行されましたが、それ以前に建てられた木造住宅と以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。全国の多くの自治体では、新耐震基準以前に建てられた木造住宅などを対象に耐震診断…

  • 耐震

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    今、あなたが住んでいる木造住宅は大きな地震が来たとしても倒壊や大破することなく、十分に耐えられる構造や性能を備えているでしょうか? もしも地震対策や耐震性について不安があるのなら、すぐにでも手を打っておくべきです。地震に…

  • リフォーム

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    地方移住も選択肢?リフォーム、リノベ向き物件探しのポイント

    中古物件で思い通りの家づくり? ここ数年間、戸建住宅の建設費用ならびに新築住宅の価格も高止まりの傾向が続き、新築着工件数も低水準で推移しています。ただ、細部までこだわって思い通りの家を新築したい、ピカピカの新築住宅に住み…

  • 屋根

    大阪城の美しい緑の屋根をよみがえらせた、驚きの屋根修理とは

    大阪城の美しい緑の屋根をよみがえらせた、驚きの屋根修理とは

    大阪城の屋根材は? 古くから、商都・大阪のランドマークであり続ける大阪城。美しい緑の屋根がそのシンボルになっていますが、この屋根は何でできているかご存知ですか?屋根材としては立派な本瓦の形状をしていますが、緑色の瓦を葺い…

  • 耐震

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    「ツーバイフォー(2×4)」は、19世紀に北米で生まれた住宅工法のひとつです。日本には1970年代に導入され、“耐震性の高い工法”として幅広く普及しました。実際、阪神淡路大震災や東日本大震災ではこの工法で建てられた住宅の…

  • 耐震

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • リフォーム

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家の修繕が重なったら、リフォーム? それとも、建替え?

    家は永遠じゃない? 家を購入したり、建てたりしたなら、いつまでも快適に暮らしたいものですね。とはいえ、新築から10年以上経てば、何かしらメンテナンスや修繕が必要になってきます。 また、エアコンや給湯器などの住宅設備の多く…

  • 耐震

    どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    どんなことをするの? 耐震診断から耐震補強の流れを知っておこう

    耐震診断・耐震補強は大切だけど 地震の多いこの国では、住宅の耐震性はとても大切です。今後も大きな地震の可能性が予測されており、家族を守るためにも、わが家がどのくらい安全なのか知っておきたいものです。そんなことから、耐震診…

  • 耐震

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古住宅のリフォーム、リノベーションは耐震性と断熱性に要注意

    中古戸建住宅の購入にあたってのポイントは 新築住宅に比べて物件数が多く価格帯の幅も広い中古住宅。 新築よりもリーズナブルな価格の中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションをと考える人も多いのではないでしょうか。特に、戸…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ