瓦屋根にもいろいろあるってホント? 瓦の種類を知ろう

瓦屋根の材料はいろいろある?

瓦屋根は、文字通り瓦で葺いた屋根のことです。日本各地どこの住宅地でもよく見かけ、古くから神社仏閣やお城の屋根にも使われてきました。このように、瓦は、私たち日本人にとってとてもなじみ深い屋根材ですが、一口に屋根瓦と言ってもいろいろな種類があり、その種類ごとに特長や耐用年数などが異なります。
そこで、住宅の屋根に用いられる瓦の種類とその特長についてご紹介します。

瓦の種類を知ろう

瓦と言えば、狭い意味では粘土を焼いて作った粘土瓦を指しますが、広い意味では、それ以外の材料や製法で作った屋根材にも瓦と呼ばれるものがあります。一般的に「瓦」と呼ばれる屋根材について、分類すると次のようになります。

・日本瓦
日本に古くから伝わる、粘土を成型し高温で焼き上げて作る粘土瓦のことで、伝統的な和風の瓦屋根には定番の材料です。釉薬(ゆうやく)をかけて仕上げる「釉薬(陶器)瓦」、釉薬をかけずにいぶして光沢をつけた「いぶし瓦」などがあります。釉薬瓦は色数が豊富ですが、いぶし瓦は銀色系統になります。粘土瓦の形状にはJ型・S型・F型がありますが、S型とF型は洋風タイプになります。主に日本瓦と言えばJ型で、和瓦とも呼ばれます。
粘土瓦は耐久性が非常に高く、耐用年数は40~60年と言われていますが、それまでに下地が傷むので、30年程度で葺き替えの検討が必要になります。また、屋根材としては最も重くなりますが、近年、台風・地震に強い「防災瓦」も開発されました。これは瓦同士がかみ合う構造で、さらに釘などで下地に固定します。

・セメント瓦
見た目は粘土瓦に似ていますが、原材料や製造法は全く異なります。主原料のセメントや砂を加圧成型し乾燥させた後、塗装して仕上げたものをセメント瓦と言います。塗装製品なので、カラーバリエーションは豊富ですが、およそ10年おきに塗り替えメンテナンスの必要があります。粘土瓦よりもやや軽いのですが、割れやすく、20年程度で葺き替え時期となります。

・金属瓦
金属には、薄く伸ばせていろいろな形に成形しやすいという特長があります。この特長を活かして、銅やガルバリウム鋼板などで作った瓦が金属瓦です。銅は、古くから神社仏閣や城郭の屋根に用いられてきましたが、高価なため、現代の一般住宅の屋根にはガルバリウム鋼板がよく使われています。
ガルバリウム鋼板は、サビに強く、高い耐久性を持たせた屋根材で、塗装して仕上げます。そのため、カラーバリエーションも多く、和瓦や洋風の瓦の形状にも加工ができ、表面をマットに仕上げて粘土瓦の風合いに近づけた製品なども登場しています。また、非常に軽量なことから耐震性にも優れています。耐用年数は40年程度で、10年おきの塗り替えが推奨されていますが、20年間メンテナンスフリーのタイプもあります。

・洋瓦
もともとは欧米の住宅の瓦屋根に使われてきたもので、洋風住宅にマッチする瓦で、洋風瓦とも呼ばれています。原材料別に分類ができ、粘土瓦・セメント瓦・金属瓦のタイプがあり、特長やメンテナンス時期、耐用年数はそれぞれの瓦タイプと同様になっています。
洋瓦の形状は、主に、スパニッシュ瓦に由来するS型とフラットなF型の2種類になります。原材料タイプによって、カラーバリエーションは少しずつ異なりますが、欧米スタイルの瓦屋根づくりでは、テラコッタ調の色系統がよく選ばれています。

家を建てるときに「瓦屋根にしたい」と思っても、どのタイプの瓦を選ぶかによって、その後の寿命やメンテナンスの必要性などが違ってきます。以上の内容が既存の瓦屋根のメンテナンスや新築の際の屋根材選びの参考になれば、幸いです。

屋根材のおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • 屋根材

    スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    広く普及しているスレート屋根材とは 青空に風光る季節、日本の住宅街の眺めといえば、青い空に瓦屋根の家並みでしたが、それも懐かしいものとなりましたね。いま、瓦屋根にかわって、広く普及している屋根材はスレートと呼ばれるもので…

  • リフォーム

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    リノベーションするなら、住宅の断熱について知っておこう

    住まいの断熱って、どんなもの? 木枯らしが吹く季節になってくると、家の中で暖かく過ごしたいと思う一方、暖房コストも気になりますよね。「家の中がなんだか寒い。暖房が効きにくい。」、そんなふうに感じることがあれば、実は住まい…

  • リフォーム

    屋根・外壁のリフォーム時期はいつが適切?

    屋根・外壁のリフォーム時期はいつが適切?

    屋根や外壁リフォームを行う時期はいつがいいのか、疑問を抱かれている方は少なくないでしょう。どのような状態になったら工事をすればいいのか、いつが適切な時期なのかは判断が難しいところです。そこで、ここでは屋根や外壁リフォーム…

  • リフォーム

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    修繕計画を立てて効率よいメンテナンスを 日銀のマイナス金利政策の影響で、預金利息がほぼ0%になっています。貯めて増やすのがむずかしい時代になりましたが、ご自宅の修繕資金は計画されていますか? うちは戸建てなので、マンショ…

  • メンテナンス

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    住宅の細かい不具合はリフォームのタイミングで一気に解決 住宅のリフォームをするきっかけや理由は人によりさまざま。とはいえ、戸建住宅の場合、壁紙の貼り替えや古くなったシステムキッチンやユニットバスの交換など、おおよそ10年…

  • リフォーム

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    「家の顔」づくりに大切なスペース 洗濯物やふとんを干したり、エアコンの室外機置き場として、また植木鉢を置いてガーデニング気分を楽しむなど、ベランダは日々の暮らしに欠かせないスペースです。戸建住宅のベランダを安全に維持して…

  • リフォーム

    外装リフォームのときには防犯のことも考えよう

    外装リフォームのときには防犯のことも考えよう

    秋冬は空き巣が増える!? このところ、朝夕冷え込むようになってきましたね。衣類を入れ替えたり、暖房器具を出したり、冬への準備をされるご家庭も多いと思います。これに加え、この時期に気をつけていただきたいことがあります。 そ…

  • 耐震

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • メンテナンス

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根はいつか「葺き替え」が必要に 家は長年にわたって住み続けるもの。戸建住宅でいつまでも快適に暮らしていくには、内外装や設備の適切なメンテナンスやリフォームが欠かせません。住まいの快適さを支えるのは住宅の性能ですが、住宅…

  • 耐震

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    今、あなたが住んでいる木造住宅は大きな地震が来たとしても倒壊や大破することなく、十分に耐えられる構造や性能を備えているでしょうか? もしも地震対策や耐震性について不安があるのなら、すぐにでも手を打っておくべきです。地震に…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ