瓦屋根にもいろいろあるってホント? 瓦の種類を知ろう

瓦屋根の材料はいろいろある?

瓦屋根は、文字通り瓦で葺いた屋根のことです。日本各地どこの住宅地でもよく見かけ、古くから神社仏閣やお城の屋根にも使われてきました。このように、瓦は、私たち日本人にとってとてもなじみ深い屋根材ですが、一口に屋根瓦と言ってもいろいろな種類があり、その種類ごとに特長や耐用年数などが異なります。
そこで、住宅の屋根に用いられる瓦の種類とその特長についてご紹介します。

瓦の種類を知ろう

瓦と言えば、狭い意味では粘土を焼いて作った粘土瓦を指しますが、広い意味では、それ以外の材料や製法で作った屋根材にも瓦と呼ばれるものがあります。一般的に「瓦」と呼ばれる屋根材について、分類すると次のようになります。

・日本瓦
日本に古くから伝わる、粘土を成型し高温で焼き上げて作る粘土瓦のことで、伝統的な和風の瓦屋根には定番の材料です。釉薬(ゆうやく)をかけて仕上げる「釉薬(陶器)瓦」、釉薬をかけずにいぶして光沢をつけた「いぶし瓦」などがあります。釉薬瓦は色数が豊富ですが、いぶし瓦は銀色系統になります。粘土瓦の形状にはJ型・S型・F型がありますが、S型とF型は洋風タイプになります。主に日本瓦と言えばJ型で、和瓦とも呼ばれます。
粘土瓦は耐久性が非常に高く、耐用年数は40~60年と言われていますが、それまでに下地が傷むので、30年程度で葺き替えの検討が必要になります。また、屋根材としては最も重くなりますが、近年、台風・地震に強い「防災瓦」も開発されました。これは瓦同士がかみ合う構造で、さらに釘などで下地に固定します。

・セメント瓦
見た目は粘土瓦に似ていますが、原材料や製造法は全く異なります。主原料のセメントや砂を加圧成型し乾燥させた後、塗装して仕上げたものをセメント瓦と言います。塗装製品なので、カラーバリエーションは豊富ですが、およそ10年おきに塗り替えメンテナンスの必要があります。粘土瓦よりもやや軽いのですが、割れやすく、20年程度で葺き替え時期となります。

・金属瓦
金属には、薄く伸ばせていろいろな形に成形しやすいという特長があります。この特長を活かして、銅やガルバリウム鋼板などで作った瓦が金属瓦です。銅は、古くから神社仏閣や城郭の屋根に用いられてきましたが、高価なため、現代の一般住宅の屋根にはガルバリウム鋼板がよく使われています。
ガルバリウム鋼板は、サビに強く、高い耐久性を持たせた屋根材で、塗装して仕上げます。そのため、カラーバリエーションも多く、和瓦や洋風の瓦の形状にも加工ができ、表面をマットに仕上げて粘土瓦の風合いに近づけた製品なども登場しています。また、非常に軽量なことから耐震性にも優れています。耐用年数は40年程度で、10年おきの塗り替えが推奨されていますが、20年間メンテナンスフリーのタイプもあります。

・洋瓦
もともとは欧米の住宅の瓦屋根に使われてきたもので、洋風住宅にマッチする瓦で、洋風瓦とも呼ばれています。原材料別に分類ができ、粘土瓦・セメント瓦・金属瓦のタイプがあり、特長やメンテナンス時期、耐用年数はそれぞれの瓦タイプと同様になっています。
洋瓦の形状は、主に、スパニッシュ瓦に由来するS型とフラットなF型の2種類になります。原材料タイプによって、カラーバリエーションは少しずつ異なりますが、欧米スタイルの瓦屋根づくりでは、テラコッタ調の色系統がよく選ばれています。

家を建てるときに「瓦屋根にしたい」と思っても、どのタイプの瓦を選ぶかによって、その後の寿命やメンテナンスの必要性などが違ってきます。以上の内容が既存の瓦屋根のメンテナンスや新築の際の屋根材選びの参考になれば、幸いです。

屋根材のおすすめ記事

  • 災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    東大に江戸時代の瓦屋根 日本を代表する最高学府、東京大学。その本郷キャンパスのシンボルとなっているのが、通称「赤門」です。江戸時代後期に建てられたものですが、もともとは何の門だったのか、ご存知ですか? 赤門は、旧加賀藩の…

  • 快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な室内空間づくりで大切なこと 室内の壁と天井は住まいの大きな面積を占める部分ですから、どのような質感や色に仕上げるかで内装のイメージは大きく変わります。また、使用する壁材や天井材の種類によっては室内環境にも影響します…

  • 屋根の強風・台風対策って屋根材によって違うって、ホント?

    屋根の強風・台風対策って屋根材によって違うって、ホント?

    台風から家を守るには 近年、台風が大型化し北上することが多くなりました。そのため、これまであまり台風が来ないとされてきた地域にも被害が及ぶようになっています。日本中どこでも、台風の強風による被害を受ける可能性があるという…

  • スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根の雨漏りの意外な原因 雨の多い季節になりました。木造住宅の大敵、雨漏りをしっかり防いでいきたいものです。 雨漏りの原因といえば、屋根の瓦やスレートの破損、ズレ、または窓のサッシまわりのシーリングの劣化などが考…

  • 世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    京都・清水の舞台の高さは? 千年の都として栄えた古都・京都。二条城や平等院など「古都京都の文化財」として知られる17ヵ所の文化財は世界遺産にも指定されています。 そうした文化財群のなかでも、特に有名なのが清水寺です。この…

  • 塩害を防ぎたい! 海風に強い屋根・外壁材の選び方

    塩害を防ぎたい! 海風に強い屋根・外壁材の選び方

    まだ劣化するほど古くないのに、屋根の金属部分がサビたり、外壁の塗装が剥げたり。 海沿いの地域でよく見られるこの「塩害」は、海水の蒸発によって空気に混じった塩分が海風に運ばれ、建物や自動車に付着することで起こります。 海の…

  • 日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    瓦にもいろいろある? 日本の住宅地でよく見かける瓦屋根。その屋根材といえば、当然ながら昔から伝わる日本瓦を思い浮かべる人は多いでしょう。とはいえ、日本瓦によく似た「セメント瓦」という屋根材について耳にしたことはありません…

  • ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    金属瓦は現代の屋根材? 日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。 ガルバリウム鋼…

  • 今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    外壁サイディングってなに? 家を建てたり、外装のリフォームをすることになったら、屋根や外壁にどのような材料を使うかが大きなポイントになります。材料によって建物全体の外観イメージが大きく変わりますし、その後の維持メンテナン…

その他のおすすめ記事

  • 屋根材

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根のデザインと屋根材選び 住まいを守る上で屋根はとても重要なものであり、さらには住宅の外装の大部分を占めることから、外観イメージにも大きく影響します。したがって、家を建てるときに、どのような屋根にするかは大きな問題です…

  • リフォーム

    住みながらリフォームは可能? 住みながらでもリフォームできる範囲と注意点

    住みながらリフォームは可能? 住みながらでもリフォームできる範囲と注意点

    家をリフォームする際、できれば家に住みながらリフォームをしたいと考える人は多いのではないでしょうか。ここでは、家に住みながらリフォームをする方法と、そのメリットやデメリットなどについてご紹介します。 家に住みながらリフォ…

  • 屋根

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    あなたの家を守る「屋根」について素朴な疑問に答えます

    屋根ってメンテナンスが必要なの? ここ数年、中古住宅のリフォームやリノベーションが増えています。これからは、1度建てた住宅を長く大切に維持していく傾向にあるようです。 マイホームを長持ちさせ、いつまでも快適に暮らすには定…

  • 耐震

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

  • 耐震

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    日本では比較的新しい工法、2×4 現代の日本で木造住宅を建てる場合、主に木造軸組構法と枠組壁工法の2通りの工法があります。 木造軸組構法は古来より日本に伝わる建築工法であることから、在来工法とも呼ばれます。これに対し、通…

  • 耐震

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    在来工法より良い? ツーバイフォーの耐震性とは

    「ツーバイフォー(2×4)」は、19世紀に北米で生まれた住宅工法のひとつです。日本には1970年代に導入され、“耐震性の高い工法”として幅広く普及しました。実際、阪神淡路大震災や東日本大震災ではこの工法で建てられた住宅の…

  • メンテナンス

    外壁にコケが生えてしまう原因は? コケが生えてしまったときの対処法

    外壁にコケが生えてしまう原因は? コケが生えてしまったときの対処法

    コケは観賞用に育てる分には良いものですが、マイホームの外壁に意図せずに生えてしまったものは非常に迷惑です。コケは見た目が悪いだけでなく、実は家や人にも悪影響を与える恐れがあります。コケに気づいたら、早めに正しく対処してお…

  • リフォーム

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    ベランダリフォームで住まいのアクセントづくり

    「家の顔」づくりに大切なスペース 洗濯物やふとんを干したり、エアコンの室外機置き場として、また植木鉢を置いてガーデニング気分を楽しむなど、ベランダは日々の暮らしに欠かせないスペースです。戸建住宅のベランダを安全に維持して…

  • メンテナンス

    外壁にひび割れが……ひび割れをしてしまう原因と発見後の対策

    外壁にひび割れが……ひび割れをしてしまう原因と発見後の対策

    外壁のひび割れは見た目が悪くなるだけでなく、ひび割れたところから建物の劣化が始まり非常に危険です。外壁にひび割れを発見した時は放置せず、早めに適切な処置をすることが必要です。外壁がひび割れてしまう原因を解き明かして、正し…

  • 屋根材

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    現代にも通じる洋館のスタイル 「家を建てるなら、おしゃれな洋館のような建物にしたい」そう思う人は少なくないでしょう。日本に洋風建築が入って来た明治以降から昭和初期にかけ、日本で暮らす外国人や裕福な日本人の住宅として、美し…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ