塩害を防ぎたい! 海風に強い屋根・外壁材の選び方

まだ劣化するほど古くないのに、屋根の金属部分がサビたり、外壁の塗装が剥げたり。
海沿いの地域でよく見られるこの「塩害」は、海水の蒸発によって空気に混じった塩分が海風に運ばれ、建物や自動車に付着することで起こります。

海の近くに住んでいる限り、塩害による建物の劣化を防ぐことはできないのでしょうか?
ここでは、塩分を含む海風にも負けない屋根材や外装材の選び方や、塩害対策についてご紹介します。

海沿いに家を建てるデメリット

素晴らしい景観、窓を開ければ香る潮風。近所で買える海産物はおいしくて……。海を臨む穏やかな暮らしに憧れを抱く方は少なくないでしょう。しかし海沿いに建つ家には、メリットだけでなく、デメリットがあることも忘れてはいけません。

ひとつ目は「塩害」です。塩分を大量に含んだ海風には、金属の腐食を早める働きがあります。屋根や外壁、玄関ドアやアルミサッシ、エアコンの室外機に至るまで、海風にさらされた金属部分は通常の劣化よりもはるかに早いスピードで腐食し、サビが発生するのです。
「我が家は海から離れているから大丈夫!」と安心するのは早計かもしれません。

一般的に、海岸線から200m~500m以内を「重塩害地域」、2km以内を「塩害地域」と呼んでいますが、実際には5km以上離れた場所で被害が出たという報告もあります。風向きと風の強さによって、思いもよらぬところにも被害をもたらすのが塩害の実態なのです。

もうひとつのデメリットは「強風」。海沿いの地域では、海上と陸上の空気の気圧差により、昼間は海側から強い風が吹き込みます。また、海沿いは風を遮るものがないため、時にまっすぐに歩けなくなるほどの突風が吹くことも少なくありません。当然ながら、屋根や外壁も大きなダメージを負うことになるでしょう。海沿いに家を建てるならば、強風に負けない屋根や、強化ガラス、雨戸など設置するなどの対策が必要です。

海沿いに家を建てる場合、屋根や外壁に使うのに避けたほうが良い素材

塩害や強風のリスクはあっても、やはり海沿いでの生活は魅力的です。「それでもここに家を建てたい」と思ったら、まずは屋根や外壁の素材を考えることから始めましょう。海沿いに家を建てる場合、屋根や外壁に使うには不向きな素材があります。それは、スチールやトタンといった「金属」の素材です。

前項でもお伝えした通り、塩分を含んだ海風は金属の腐食を早め、サビを発生させます。サビた金属はやがて強度を失い穴が開いてしまうこともあります。それが屋根や外壁であれば、雨漏りやすきま風の原因となるだけでなく、室内に入りこんだ雨水によって電気機器が故障したり、ショートしたりする可能性もあるのです。

また、同じく塩害に弱い素材として挙げられるのが「窯業サイディング」。これは金属ではなくセメントを主原料とする一般的な外壁材ですが、実はセメントも大量の塩分によって劣化することが分かっています。

海沿いの家の屋根や外壁におすすめの素材

では、海沿いの家に適した素材にはどんなものがあるのでしょうか?屋根材でおすすめしたいのは「ステンレス」です。ステンレスは“ステンレス・スチール”という鉄を主成分とした金属ではありますが、その名の通り、ステン(錆)/レス(ない)=サビない(厳密にはサビにくい)ことで知られています。表面を覆っているクロムという金属の薄い膜が、塩分によるサビを防いでくれるのです。

外壁材のおすすめは「樹脂サイディング」。これは塩化ビニール樹脂というプラスチックを主原料とする素材ですので、サビたり腐ったりする心配はほとんどありません。また、軽くて耐久性があり、防火性にも優れているスグレもの。日本での歴史は浅くシェアはまだ1%程度ですが、上記の特徴から注目を浴びつつあるようです。

近年、屋根材や外壁材として人気の「ガルバリウム鋼板」は金属素材ですが、耐食性に優れたアルミニウムや亜鉛で鉄板をコーティングしているため、サビに強い性質を持っています。さらに上から塗装をすることで、塩害による被害はかなり抑えることができるでしょう。

海沿いに家を建てた場合のメンテナンス方法

サビに強い屋根材や外壁材を選ぶことで塩害をある程度抑えることはできますが、より長持ちさせるには塗装による定期的なメンテナンスが不可欠です。塩害対策に有効な塗料として人気が高いのは「フッ素系塗料」。価格は1平方メートル当たり約3,500円と高めですが、耐用年数が約15年と長くメンテナンスの回数を減らすことができます。もっと高額の「無機系塗料」になると、耐用年数は約25年とさらに長持ち。価格と耐用年数はほぼ比例しますので、トータルで考えるとハイグレードな塗料がお得です。

日常的なメンテナンスとして、こまめに清掃することも大切です。強風や暴風雨に見舞われた後は、ホース、ブラシなどを使って屋根や外壁についた塩分を洗い流しましょう。洗浄の際には高圧洗浄機などを使ってしまうと塗装を剥がしてしまう恐れがあるため注意するようにしましょう。

また、同じ建物であっても、部位によってサビやすさは異なります。屋根など雨の当たる部位では雨によって塩分が洗い流されますが、軒下・軒裏など雨がかかりにくい部位は塩分が洗い流されずに凝縮され、サビが進行してしまうことがあります。そのため、雨がかかりにくい部位は、定期的に水で洗い流すことをおすすめします(屋内への漏水にはご注意ください)。

次世代ガルバリウム鋼板とは?

次世代ガルバリウムは、ガルバリウム鋼板のめっき組成にマグネシウムを追加したものです。独自の合金めっき構造を踏襲しつつ、マグネシウムの働きによってめっき層を強化したため、これまでのガルバリウム鋼板の3倍超の耐食性を獲得することができました。その次世代ガルバリウム鋼板を、屋根や壁材として利用することで、さらに塩害を防ぐことができるようになります。
次世代ガルバリウム鋼板について詳しい説明はこちら

海沿いに暮らしている限り、塩害のリスクは常について回ります。海に近い場所に家を建てる場合は、あらかじめ塩害に関する知識を学んで対策を立てておきましょう。もちろん居住後も、定期的なメンテナンスを忘れないようにしましょう。もし、これから家を建てようと思っている方はぜひ、次世代ガルバリウム鋼鈑の使用を検討してみてください。

屋根材のおすすめ記事

  • 洋風の瓦がある? 洋瓦の種類とメンテナンス方法

    洋風の瓦がある? 洋瓦の種類とメンテナンス方法

    瓦と聞くと古い木造住宅の屋根に使われている日本瓦をイメージするかもしれませんが、近年では洋瓦を採用した住宅が増えています。洋瓦とはどういったものなのでしょうか。ここでは瓦の一種である洋瓦の特徴や種類、メンテナンス方法など…

  • ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    金属瓦は現代の屋根材? 日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。 ガルバリウム鋼…

  • スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根の雨漏りの意外な原因 雨の多い季節になりました。木造住宅の大敵、雨漏りをしっかり防いでいきたいものです。 雨漏りの原因といえば、屋根の瓦やスレートの破損、ズレ、または窓のサッシまわりのシーリングの劣化などが考…

  • 快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な住まいづくりのための壁材と天井材選び

    快適な室内空間づくりで大切なこと 室内の壁と天井は住まいの大きな面積を占める部分ですから、どのような質感や色に仕上げるかで内装のイメージは大きく変わります。また、使用する壁材や天井材の種類によっては室内環境にも影響します…

  • 世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    京都・清水の舞台の高さは? 千年の都として栄えた古都・京都。二条城や平等院など「古都京都の文化財」として知られる17ヵ所の文化財は世界遺産にも指定されています。 そうした文化財群のなかでも、特に有名なのが清水寺です。この…

  • アルベロベッロと白川郷 異なる屋根材のとんがり屋根の意外な関係

    アルベロベッロと白川郷 異なる屋根材のとんがり屋根の意外な関係

    イタリアのユニークなとんがり屋根 世界には、いろいろな変わった屋根があり、ユニークで美しい屋根が世界遺産となる景観をつくり出している場所があります。そんな場所の1つ、イタリア南部のアルベロベッロという村をご存知ですか? …

  • 屋根の雨音がうるさい……屋根の雨音を軽減する方法とは?

    屋根の雨音がうるさい……屋根の雨音を軽減する方法とは?

    自宅の屋根の雨音がうるさくて気になる……というとき、何か雨音を軽減するための効果的な方法はあるのでしょうか?屋根材による雨音の違いとその理由、そして屋根を完全に葺き替えてしまう以外の、コストと手間を抑えた軽減のための対策…

  • 災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    災害に強い屋根材を求めて?江戸・東京の屋根の移り変わり

    東大に江戸時代の瓦屋根 日本を代表する最高学府、東京大学。その本郷キャンパスのシンボルとなっているのが、通称「赤門」です。江戸時代後期に建てられたものですが、もともとは何の門だったのか、ご存知ですか? 赤門は、旧加賀藩の…

  • 屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    屋根の葺き替え工事前に知っておきたい! スレート屋根の種類と特徴

    和風建築と洋風建築、どちらの住宅にもなじむ形状と高いデザイン性が多くの方に評価され、今や日本で普及率No.1と言われているのが「スレート屋根」です。陶器の瓦とも金属とも違うスレートとは、一体どのような素材なのでしょうか?…

  • オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    再注目される国立代々木競技場 2020年の2度目の東京オリンピック開催に向け、新国立競技場や選手村の建設が急ピッチで進んでいます。一方で、前回開催時の施設を今回も利用することが決まっています。そうした施設の中でも、特に有…

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板で作る高機能でスタイリッシュな家

    ガルバリウム鋼板の次世代建材 家を建てることになったら、安全で快適な住まいにするために気にしたいことがたくさんあります。耐震性など災害に強いことはもちろん、断熱性や湿気対策も大切です。そして、内外装ともデザインにこだわり…

  • 屋根材

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    オリンピックの屋根トリビア? 国立代々木競技場の屋根材と美しさのヒミツ

    再注目される国立代々木競技場 2020年の2度目の東京オリンピック開催に向け、新国立競技場や選手村の建設が急ピッチで進んでいます。一方で、前回開催時の施設を今回も利用することが決まっています。そうした施設の中でも、特に有…

  • ライフスタイル

    メルヘンの国の世界遺産と秘境に見る 美しい屋根と外壁の色合い

    メルヘンの国の世界遺産と秘境に見る 美しい屋根と外壁の色合い

    屋根と外壁の色はどう決める? 住宅の外観を形づくる屋根と外壁。どのようなカラーリングにするかで、大きく印象が異なります。屋根と外壁の色合いは家の個性を左右するものといえますが、住む人のこだわりを反映させる一方で、景観との…

  • ライフスタイル

    窓まわりを工夫して外国の家のような部屋づくり

    窓まわりを工夫して外国の家のような部屋づくり

    外国風の部屋づくりは窓まわりから? 家を訪れた友人に「まるで、外国の家みたい!」といってもらえるような部屋づくりをしたいと思いませんか? とはいえ、映画や雑誌で見るような外国の家は日本と違い、広くて天井も高く、そのまま真…

  • ライフスタイル

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    見せる収納と隠す収納で個性的な戸建住宅を

    収納で個性的な住まいを演出? ライフスタイルにこだわった個性的な住まいにしたいと思う人は少なくないでしょう。特に戸建住宅なら、外観から内装まで、まるごと思い通りの家づくりができます。わが家の個性を演出するなら、内・外装の…

  • メンテナンス

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    ホームインスペクションってご存知ですか?ポイントは”屋根工事”

    持ち家の価値を維持するために 建築の専門家が住宅の状態を検査するサービス「ホームインスペクション(住宅診断)」が広がりつつあります。中古住宅市場の活性化を目指し、国交省もホームインスペクションを普及させる方針です。これか…

  • 屋根材

    いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    屋根は、熱い日差しや冷たい雨風から私たちの住まいを守ってくれる大切な存在です。 もしもあなたが新築やリフォームを考えているのであれば、その素材にもこだわってみませんか? 屋根材にはさまざまな種類があり、それぞれに異なる見…

  • ライフスタイル

    外国人も興味津々、神社の屋根デザインあれこれ

    外国人も興味津々、神社の屋根デザインあれこれ

    屋根を見れば建てられた時代がわかる このところ、伊勢神宮の式年遷宮と出雲大社(写真)の大遷宮が重なり、京都では下鴨神社、上賀茂神社の遷宮が続きました。その話題はテレビやネットなどでも取り上げられ、日本国内はもちろん、外国…

  • 耐震

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    わが家の耐震性を再確認 1981年に新耐震基準が施行されましたが、それ以前に建てられた木造住宅と以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。全国の多くの自治体では、新耐震基準以前に建てられた木造住宅などを対象に耐震診断…

  • 耐震

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    古い家の耐震性を上げる屋根のリフォームとは?

    瓦屋根が地震に弱いって、ホント? 日本は非常に地震の多い国であることから、世界的に見ても建築における耐震技術のレベルは高く、住宅の耐震化も進んでいます。しかしながら、これまで特にメンテナンスをせず、今のお宅に長くお住まい…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ