賢く使おう! 屋根のリフォームで使える助成金・補助金について

日々、強い日差しや風雨に晒され続けている屋根。年月が経てば劣化や破損は避けられないものです。しかしながら、いざ「リフォームを」と考えてはみても、屋根の重ね葺きや葺き替えにかかる費用は100万円を超える場合もあり、とても手軽にできるものではありません。
そんな時に頼りになるのが、居住地域の自治体が設けている住宅リフォームの優遇制度です。今回はリフォームをする前に知っておきたい補助金や助成金の制度についてご紹介しましょう。

屋根をリフォームする際に助成金や補助金が受けられるって本当?

先ほどお伝えしたように、自分が住んでいる家の屋根をリフォームすることで、助成金・補助金を受けられます。これは国や地方公共団体が実施する住宅リフォーム支援制度によるもので、省エネルギー化や環境対策、将来世代に良質な住宅を残すことなどを目的としています。

制度の内容や受けられる条件は各自治体によって異なりますが、条件を満たしていれば「助成金」を、審査に通れば「補助金」を受けることが可能です。いずれの場合も工事費の一部を負担する形で支給されます。

支給額は「工事費用の○%、上限○万円」と制度ごとに定められており、ほとんどは数万円程度。しかし、複数の制度を組み合わせて申請することもできるため、場合によっては数10万円単位で支給されることもあります。
有効に活用すれば、リフォーム費用を大幅に節約することができるでしょう。

自分の自治体でリフォームのための補助金や補助金が受けられるかを確認するには

では、自分が住んでいる地域では、どのような支援制度が用意されているのでしょうか?リフォームの支援制度について、確認したい方は、「一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会」が運営している「地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト」にアクセスしてみましょう。
ここで「お住まいの市区町村から探す」または「制度内容で探す」を選んで検索すると、その地域で実施されている住宅リフォームに関する制度を見ることができます。

ただし、「“屋根”のリフォームのみを選んで探す」というような検索はできないため、各制度の詳しい内容をお知りになりたい方は各地方公共団体にお問い合わせください。

屋根リフォームで助成金や補助金を利用するための条件

地方公共団体の住宅リフォーム支援制度により助成金や補助金を受給することはできますが、それはすべての屋根リフォーム工事に当てはまるわけではありません。各制度を利用するには、いくつかの条件を満たしている必要があります。

まず大前提として挙げられるのは、リフォームをする建物が「居住するための家」であることです。店舗や工場としてのみ使用している建物は対象外となるので注意しましょう。
市区町村ごとにさまざまな制度がありますが、利用できるのはお住まいの地域で実施されている制度のみ。つまりあなたの家が「支援制度の対象となる市区町村内に存在する」ことも重要な条件となります。
また、多くの場合は制度のある市区町村に「税金を納付している」ことも条件とされています。

そして、ここからはリフォームの内容に関する条件です。支援制度の多くは、耐震化、バリアフリー化、省エネルギー化、環境対策、防災対策などに関する住宅リフォームに適用されています。この中で“屋根”のリフォームにも適用されやすいのは、「耐震化」と「省エネルギー化」。
例えば、重い瓦を軽い屋根材に葺き替える(=耐震化)、トタンを断熱材入りの屋根材に葺き替える(=省エネルギー化)などは、その代表的なリフォーム例と言えるでしょう。

上記は主なものですが、制度によって条件は異なります。詳しくは各地方公共団体にお問い合わせの上、ご確認ください。

屋根リフォームで助成金や補助金を申請する場合に必要になるもの

助成金や補助金の申請を行うには、各地方公共団体が指定する書類の作成と提出が必要です。主な提出書類は以下のようなものです。

・事前申込書
・補助金(助成金)交付申請書
・住民票(コピー可)
・納税証明書
・家屋の登記事項証明書(コピー)
・工事契約書(コピー)
・工事見積書(コピー可)

そのほか、工事前の写真、家の見取り図・平面図・立体図などが必要になる場合もあります。中には用意するのに時間や料金がかかるものもありますのでご注意ください。
また、必要書類はお住いの市区町村や申請する制度によっても異なりますので、必ず各地方公共団体に問い合わせをして確認しておきましょう。

屋根リフォームで助成金や補助金を利用する際に注意したい点

助成金や補助金を申請する際に、つい見落としがちなポイントをまとめてみました。

助成金・補助金の申請は施工前に

原則として、住宅リフォーム支援制度を利用するには事前申請が必要です。すでに施工が始まってから申請しても、助成金や補助金を受けることはできません。
特に補助金は、申請が通れば受け取れる助成金と違い、希望者多数の場合は抽選となります。受給対象として認可されてから施工を始めるようにしましょう。

申請可能な期間かどうかを必ず確認する

支援制度の中には、期間限定で実施しているものや、申請期間が決まっているものがあります。その場合、期間内に申請しないと利用することはできません。

同じ地域にあるリフォーム業者を使うこと

多くの場合、施工を請け負う業者の本店が、依頼主と同じ市区町村にあることも条件となっています。申請前にあらかじめ対象となるリフォーム会社を確認しておくと良いでしょう。

また、複数の業者にリフォームを依頼しても、助成金・補助金の対象となるのは1社のみとなるケースも。
「A社ではできない工事があるから、B社にも頼まなきゃ…」とならないように、幅広い技術をもった業者を選ぶようにしましょう。

屋根のリフォームには大がかりなものになるため、どうしても高額の料金がかかってしまいます。国や地方公共団体が実施する支援制度は、申請する際に手間や時間がかかるものの、認可されれば助成金や補助金によって工事費の一部を負担してもらえる非常にうれしいシステム。上記で紹介した内容を参考にしてお得にリフォームしてみてください。

屋根のおすすめ記事

  • 屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

    屋根工事が必要かも?台風シーズンの後には屋根の点検を

    台風シーズンの後の大切なこと ここ数年、台風が大型化し、その被害も大きくなりがちです。雨風から住まいを守る役割を持つ屋根は台風の被害を最も受けやすく、それだけにデリケートな部分です。台風シーズンが過ぎた後、大きな被害はな…

  • 大阪城の美しい緑の屋根をよみがえらせた、驚きの屋根修理とは

    大阪城の美しい緑の屋根をよみがえらせた、驚きの屋根修理とは

    大阪城の屋根材は? 古くから、商都・大阪のランドマークであり続ける大阪城。美しい緑の屋根がそのシンボルになっていますが、この屋根は何でできているかご存知ですか?屋根材としては立派な本瓦の形状をしていますが、緑色の瓦を葺い…

  • 屋根の形にはどのようなものがある? 屋根の形状と特徴

    屋根の形にはどのようなものがある? 屋根の形状と特徴

    住まいの建て替えやリフォームの際、屋根の形状を変えることがあります。小規模なリフォームの場合だと屋根にまで手を加えることは少ないかもしれませんが、屋根のリフォームや建て替えとなると、屋根についての知識も必要になってきます…

  • 屋根から伝わる熱を遮断できる? 屋根の遮熱方法

    屋根から伝わる熱を遮断できる? 屋根の遮熱方法

    夏になると家の中はどうしても暑くなってしまいますよね。 でも、室内が暑いのは外の気温のせいだけではありません。実は、家の作りによって、室内がとても暑くなってしまう場合があります。ここでは夏に室内が暑くなってしまう原因や、…

  • 天窓をつけると雨漏りする? 屋根に天窓をつけるメリット

    天窓をつけると雨漏りする? 屋根に天窓をつけるメリット

    せっかく新築購入やリフォームをするなら、天窓を設置してみたいと思いませんか? 昼間は自然光が差し込み、夜は綺麗な星空を見ながら眠る……。天窓に憧れる方はたくさんいるでしょう。ここでは、天窓のメリットやデメリット、屋根に設…

  • 火災保険が使えるって本当? 火災保険で屋根工事を行う方法とは

    火災保険が使えるって本当? 火災保険で屋根工事を行う方法とは

    住宅ローンを組む際に加入義務があったため火災保険に加入している、という方も多いでしょう。実はこの火災保険、火災が起きたときだけに利用できる保険ではないのです。場合によっては火災保険を使って屋根工事を行うこともできます。こ…

  • 屋根の縦葺きと横葺きの違いって? それぞれの特徴

    屋根の縦葺きと横葺きの違いって? それぞれの特徴

    全国的に採用が伸びてきている金属屋根。建物に合った様々なデザインが楽しめるのが魅力のひとつですが、特に多く採用されている2大デザインは「縦葺き」「横葺き」です。 屋根の外観がストライプ(縦じま)に見えるものが「縦葺き」、…

  • 屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    屋根材にも歴史有り!東京駅 スレート屋根の物語

    東京駅の屋根に注目 日本の首都・東京の玄関といえる東京駅。保存復原プロジェクトにより、2012年に丸の内駅舎が創建当時の姿を取り戻しました。国の重要文化財でもある駅舎ですが、駅として日々機能しながら、観光スポットとしても…

  • 台風前に対策しよう!強風で屋根が飛ぶ前にしておくべきこと

    台風前に対策しよう!強風で屋根が飛ぶ前にしておくべきこと

    強風が原因で屋根が飛ぶ、ということがあります。気象庁の「風の強さと吹き方」の定義によると平均風速が15m/s(風に向かって歩くのが困難な状態)を超えると屋根被害の可能性が現れ始めるとされています。また、平成3年の台風19…

  • おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    住宅の外観デザインのポイントは これから家を建てることになったら、家の中も外も思い通りのデザインにしたいですね。このごろは、立地環境やライフスタイルにあわせて、住宅の外観にこだわる人が増えています。道行く人が感心するよう…

その他のおすすめ記事

  • 屋根材

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    瓦にもいろいろある? 日本の住宅地でよく見かける瓦屋根。その屋根材といえば、当然ながら昔から伝わる日本瓦を思い浮かべる人は多いでしょう。とはいえ、日本瓦によく似た「セメント瓦」という屋根材について耳にしたことはありません…

  • 耐震

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    2×4住宅の耐震性のヒミツとは

    日本では比較的新しい工法、2×4 現代の日本で木造住宅を建てる場合、主に木造軸組構法と枠組壁工法の2通りの工法があります。 木造軸組構法は古来より日本に伝わる建築工法であることから、在来工法とも呼ばれます。これに対し、通…

  • メンテナンス

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根の葺き替えって、どんなことをするの?

    屋根はいつか「葺き替え」が必要に 家は長年にわたって住み続けるもの。戸建住宅でいつまでも快適に暮らしていくには、内外装や設備の適切なメンテナンスやリフォームが欠かせません。住まいの快適さを支えるのは住宅の性能ですが、住宅…

  • 屋根材

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    屋根材を外壁に!?歴史と現代に見る個性的な家のつくり方

    ユニークな異人館 異国情緒ただよう神戸市北野地区の異人館街には、歴史ある美しい洋館が立ち並びます。これらの洋館が異人館と呼ばれるのは、幕末や明治時代以降に欧米人の住居として建てられたためです。北野の異人館には、贅を尽くし…

  • 屋根材

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    現代にも通じる洋館のスタイル 「家を建てるなら、おしゃれな洋館のような建物にしたい」そう思う人は少なくないでしょう。日本に洋風建築が入って来た明治以降から昭和初期にかけ、日本で暮らす外国人や裕福な日本人の住宅として、美し…

  • 屋根材

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    金属瓦は現代の屋根材? 日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。 ガルバリウム鋼…

  • 屋根材

    いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    屋根は、熱い日差しや冷たい雨風から私たちの住まいを守ってくれる大切な存在です。 もしもあなたが新築やリフォームを考えているのであれば、その素材にもこだわってみませんか? 屋根材にはさまざまな種類があり、それぞれに異なる見…

  • 屋根材

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根のデザインと屋根材選び 住まいを守る上で屋根はとても重要なものであり、さらには住宅の外装の大部分を占めることから、外観イメージにも大きく影響します。したがって、家を建てるときに、どのような屋根にするかは大きな問題です…

  • ライフスタイル

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    美しい街並を作り出すものとは ぬけるような青い空に映えるオレンジ色の屋根と白い壁の家並、??そんな南欧の街並にあこがれる人は少なくないでしょう。地中海の青い空と美しいコントラストを作り出している屋根はテラコッタと呼ばれる…

  • リフォーム

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    戸建住宅の浴室リフォームはユニットバスと在来工法、どちらがいいの?

    浴室の施工法の違いとは? 自宅の浴室をリフォームすることになったら、快適でくつろげる場所にしたいものですね。ところで、浴室づくりといえば、ユニットバスが主流ですが、在来工法という選択肢もあるのをご存知ですか? 既成のパー…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ