保険を適応できる場合もあり!瓦のひび割れの原因と修理費用の目安

屋根の瓦にひび、割れが見つかったときは、早めの修理を心がけるべきです。放置していれば雨漏りや、ひどい場合は屋根の崩落などの危険性にもさらされます。瓦を修理するには業者に依頼するのが最善の策ですが、今回は自分で修理する方法についてもご紹介します。

屋根の瓦のひび、割れが起こる原因

瓦を素材で分けると「粘土瓦」、「スレート瓦」、「セメント瓦」、さらに金属系などその他の瓦があります。

最も古くから使われている粘土瓦(陶器瓦)は耐久性が高く、寿命は50年以上といわれます。また現在、最も普及しているのはスレート瓦で、寿命は20~25年程度と粘土瓦に比べると耐久性が落ちますが、安価で軽量なのが特徴です。

このように一定の耐久性を持つ瓦ですが、以下のような原因によってひびや割れが起こってしまうのも珍しいことではありません。

・台風などの強風で硬いものが飛来してきてぶつかる。
・屋根上のテレビアンテナなどが倒れて衝撃を受ける。
・太陽光発電のパネルなどの重さで負荷がかかる。
・屋根上での作業者などによる踏み割れ(特にスレート瓦では注意)。
・凍害や塩害による経年劣化の加速。
・釘の経年劣化による膨張。

屋根の瓦のひび、割れを放置するリスク

瓦に生じたひびや割れを放置しているとそこから劣化が進み、瓦の下の防水シートが露出し始めます。防水シートが紫外線や風雨にさらされると防水機能が劣化し、雨漏りのリスクが高くなります。防水シートが破れれば雨漏りに直結します。

それでもなお放置を続けていると侵入した雨水によって内部の腐食が進みます。木材はもちろん、鉄筋コンクリートも金属部分が錆びてコンクリートの強度が低下します。耐震性能も落ちるでしょう。そうなれば屋根の崩落や建物の倒壊の危険性も出てきます。

また、雨漏りや湿気によって漏電が起きることもあります。カビ、ダニ・シロアリが発生したり、健康を損ねたりといった二次被害も考えられます。

屋根の瓦の修理方法は屋根の瓦修理業者に頼むことです

では、屋根の瓦はどのようにして修理すれば良いのでしょうか。瓦の修理は瓦修理業者に相談・依頼するのが基本です。一般の方が勾配のきつい瓦屋根にて作業をするのはそれだけで滑落のリスクが高く危険です。また、現在は引っかけ桟瓦工法が主流で釘やネジで固定されているので、一部の瓦は差替ができないこともあります。勾配が緩いスレート瓦の点検はできないこともありませんが、踏み割れリスクが高く、やはり一般の方には不向きといえます。ですから、専門業者に委託するのが最善と考えます。それでは専門業者に頼む場合のメリットと費用について詳しく説明します。

瓦修理業者に頼む場合のメリット

安全であるという点が最も大きなメリットです。屋根上での施工作業は危険を伴うため、プロに任せておけば自分はリスクを負わなくてすみます。素人が雪下ろしなどのために自宅の屋根に上り、墜落・転落事故を起こしたといったニュースは毎年のように報じられています。瓦の修理や交換は複雑な作業を伴うため危険度も高くなります。

大きな事故にはつながらなくても、瓦の踏み方が悪く新たなひびや割れを生じさせてしまう可能性もあります。業者に依頼すればこうしたリスクも避けられます。

瓦修理業者に頼む際の費用

屋根の修理工事を瓦修理業者に頼んだ場合の費用の目安は以下の通りです。

・瓦のズレの補修費用⇒約5万円
・瓦の交換(1枚)⇒1~5万円
・雨漏り修理・補修(1箇所)⇒3~5万円
・瓦屋根の葺き替え(屋根面積120平米)⇒約150万円

屋根の瓦のひび、割れの修理は火災保険が適用される

台風や強風による被害(風災被害)で瓦にひびが入った、割れたという場合には、火災保険が適用される可能性があります。雪、雨、落雷、ヒョウなどによる損壊も同様です。経年劣化ではなく、これらの原因で瓦がダメージを受けた場合は、一部自己負担額がかかることもありますが、火災保険で修理できます。保険申請の方法も難しくないので、まずは保険会社か保険代理店に問い合わせてみましょう。

屋根の瓦を修理する際におすすめなのは、瓦修理業者に依頼し、火災保険を上手に使って費用を支払う方法です。屋根の瓦にひび、割れがあるとわかったときには、このことを参考に対応してみてください。

屋根材のおすすめ記事

  • スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    広く普及しているスレート屋根材とは 青空に風光る季節、日本の住宅街の眺めといえば、青い空に瓦屋根の家並みでしたが、それも懐かしいものとなりましたね。いま、瓦屋根にかわって、広く普及している屋根材はスレートと呼ばれるもので…

  • 塩害を防ぎたい! 海風に強い屋根・外壁材の選び方

    塩害を防ぎたい! 海風に強い屋根・外壁材の選び方

    まだ劣化するほど古くないのに、屋根の金属部分がサビたり、外壁の塗装が剥げたり。 海沿いの地域でよく見られるこの「塩害」は、海水の蒸発によって空気に混じった塩分が海風に運ばれ、建物や自動車に付着することで起こります。 海の…

  • いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    屋根は、熱い日差しや冷たい雨風から私たちの住まいを守ってくれる大切な存在です。 もしもあなたが新築やリフォームを考えているのであれば、その素材にもこだわってみませんか? 屋根材にはさまざまな種類があり、それぞれに異なる見…

  • ご存知ですか?あの歴史的建造物の瓦屋根のヒミツ

    ご存知ですか?あの歴史的建造物の瓦屋根のヒミツ

    お城やお寺の意外な瓦屋根 日本のお城や神社仏閣などの屋根には古くから瓦が使われてきました。伝統的な日本の瓦といえば、黒やグレーの陶器瓦が一般的です。そして、伝統的な建築物には、本葺瓦がよく用いられます。また、いぶし銀とい…

  • アルベロベッロと白川郷 異なる屋根材のとんがり屋根の意外な関係

    アルベロベッロと白川郷 異なる屋根材のとんがり屋根の意外な関係

    イタリアのユニークなとんがり屋根 世界には、いろいろな変わった屋根があり、ユニークで美しい屋根が世界遺産となる景観をつくり出している場所があります。そんな場所の1つ、イタリア南部のアルベロベッロという村をご存知ですか? …

  • 切妻屋根とドームを持つ図書館「中之島図書館」 その屋根材は?

    切妻屋根とドームを持つ図書館「中之島図書館」 その屋根材は?

      築100年を超えて現役の図書館 日本に西洋の建築技術が入ってきたのは、江戸時代末期の19世紀後半ごろ。明治時代以降には、国内外の建築家たちにより歴史に残る西洋風の名建築が数多く建てられるようになりました。そ…

  • 今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    外壁サイディングってなに? 家を建てたり、外装のリフォームをすることになったら、屋根や外壁にどのような材料を使うかが大きなポイントになります。材料によって建物全体の外観イメージが大きく変わりますし、その後の維持メンテナン…

  • 日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    日本瓦と似ているようで違うセメント瓦とは、どんな屋根材?

    瓦にもいろいろある? 日本の住宅地でよく見かける瓦屋根。その屋根材といえば、当然ながら昔から伝わる日本瓦を思い浮かべる人は多いでしょう。とはいえ、日本瓦によく似た「セメント瓦」という屋根材について耳にしたことはありません…

  • スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根の雨漏りの意外な原因 雨の多い季節になりました。木造住宅の大敵、雨漏りをしっかり防いでいきたいものです。 雨漏りの原因といえば、屋根の瓦やスレートの破損、ズレ、または窓のサッシまわりのシーリングの劣化などが考…

その他のおすすめ記事

  • 耐震

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    しっかり行おう! 木造住宅に行うべき地震対策

    今、あなたが住んでいる木造住宅は大きな地震が来たとしても倒壊や大破することなく、十分に耐えられる構造や性能を備えているでしょうか? もしも地震対策や耐震性について不安があるのなら、すぐにでも手を打っておくべきです。地震に…

  • 屋根材

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根のトラブルは屋根勾配が原因?

    スレート屋根の雨漏りの意外な原因 雨の多い季節になりました。木造住宅の大敵、雨漏りをしっかり防いでいきたいものです。 雨漏りの原因といえば、屋根の瓦やスレートの破損、ズレ、または窓のサッシまわりのシーリングの劣化などが考…

  • 屋根

    驚きの「屋根」活用術

    驚きの「屋根」活用術

    屋根を有効スペースとして考える ぽかぽかと暖かい陽気の日が増えました。気候の良い日には、アウトドアライフを楽しみたいですね。出かけることなく、自宅の庭で子供たちを思い切り遊ばせたり、ガーデニングやバーベキューなどができれ…

  • 屋根材

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    ハイテクなのに伝統的!?実は歴史ある屋根材、金属瓦

    金属瓦は現代の屋根材? 日本建築の屋根といえば、いぶし銀といわれる黒っぽいグレーの瓦屋根を思い浮かべる方も多いでしょう。一方で、最近は、和風の住宅の屋根にガルバリウム鋼板の金属瓦を使うケースが見られます。 ガルバリウム鋼…

  • メンテナンス

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    リフォームを思い立ったら、家じゅうをチェックするタイミング?

    住宅の細かい不具合はリフォームのタイミングで一気に解決 住宅のリフォームをするきっかけや理由は人によりさまざま。とはいえ、戸建住宅の場合、壁紙の貼り替えや古くなったシステムキッチンやユニットバスの交換など、おおよそ10年…

  • リフォーム

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    外装リフォームのお得なタイミングの見極め方

    修繕計画を立てて効率よいメンテナンスを 日銀のマイナス金利政策の影響で、預金利息がほぼ0%になっています。貯めて増やすのがむずかしい時代になりましたが、ご自宅の修繕資金は計画されていますか? うちは戸建てなので、マンショ…

  • 耐震

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    「耐震性」アップの取り組みにプラスしてできる「減災」の工夫

    わが家の耐震性を再確認 1981年に新耐震基準が施行されましたが、それ以前に建てられた木造住宅と以降のものでは、耐震性に大きな違いがあります。全国の多くの自治体では、新耐震基準以前に建てられた木造住宅などを対象に耐震診断…

  • 屋根材

    いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    いろいろあります。 住まいを守る「屋根」の素材と特徴

    屋根は、熱い日差しや冷たい雨風から私たちの住まいを守ってくれる大切な存在です。 もしもあなたが新築やリフォームを考えているのであれば、その素材にもこだわってみませんか? 屋根材にはさまざまな種類があり、それぞれに異なる見…

  • 屋根材

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    ガルバリウム鋼板で実現する あこがれのスパニッシュスタイルの屋根

    現代にも通じる洋館のスタイル 「家を建てるなら、おしゃれな洋館のような建物にしたい」そう思う人は少なくないでしょう。日本に洋風建築が入って来た明治以降から昭和初期にかけ、日本で暮らす外国人や裕福な日本人の住宅として、美し…

  • メンテナンス

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    こまめに塗装しよう! スレート屋根のメンテナンス方法とタイミング

    かつての主流だった和風住宅から、洋風住宅へ。日本の建築様式の移り変わりと共に高い需要が続いている 屋根材が「スレート屋根」です。薄くて軽い板状の素材「スレート」を使用したスレート屋根の寿命は約20年~25年と言われていま…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ