どの素材がおすすめ? 台風に強い屋根材の選び方

建物の中でもっとも風雨の影響を受けるのは屋根です。台風が頻繁に上陸する地域にお住まいの方や、引越する予定がある方は、マイホームを守る要である屋根であり、それを構成する“屋根材”選びにも慎重にならなければいけません。台風に強い屋根にするには、どのような屋根材を選んだら良いのでしょうか? ここでは、台風対策として屋根材に求めるべき性能や、各屋根材の特徴、おすすめの工法についてお話ししていきます。

台風に強い屋根材を選ぶ際のチェックポイント

台風が近づくと風速10m/s以上の風と雨が建物に吹きつけます。暴風域に入れば風速は25m/s以上に。これは何かに捕まらないと立てないほどの強風ですから、屋根にも相当のダメージがかかることが想像できますね。台風に強い屋根を作るには、屋根材の耐風性能、防水性能、重量が要となります。それぞれについて、チェックすべき点を見ていきましょう。

・耐風性能

屋根が強風を受けると屋根材のズレやめくれが起こり、雨漏りが生じる場合があります。そして、風にあおられた屋根材が剥がれて飛散すると、近隣の建物や車に当たったり、最悪の場合は人に直撃したりするケースも。こうした事故を防ぐためには、強風でも変形しない頑丈な屋根材を、ズレや飛散が起こらないようしっかりと固定できる工法で設置しなければいけません。

・防水性能

台風が接近した際は、さまざまな方向から強い雨が吹き込みます。どの角度からの雨にも耐えられるよう、建物上部を隙間なく覆ってくれる屋根材と工法を選びましょう。また、たとえ雨漏りを防いでも、屋根材に塗装の剥がれやひび割れがあればそこから水分が侵入し、建物全体を劣化させる可能性があります。防水性能だけでなく、耐久性と耐食性もチェックしたいところです。

・重量

強風によるズレや飛散を防ぐには、より重い屋根材を選べば良いと思われるかもしれません。しかし、風速25m/s以上の台風は一番重い瓦でさえも吹き飛ばすことがあるので、必ずしも重い=安全とは言えないようです。台風による被害を防ぐには、ある程度の重さを考慮するだけでなく、均一に屋根の下地へ固定するための工法を選ぶことも必要でしょう。

台風対策における各屋根材のメリットと注意点

日本の代表的な屋根材である瓦、スレート、ガルバリウム鋼板。台風対策としてこれらを使用する場合、どのようなメリットと注意点があるのでしょうか? 前項の「台風に強い屋根材を選ぶ際のチェックポイント」を参考にしながらご説明します。

・瓦

瓦は粘土を成形して高温で焼き固めた屋根材です。台風対策としてのメリットは、なんといっても「重量」。1㎡当たり約50kg以上と屋根材の中では一番重く、強めの風にも飛ばされません。また、陶器と同じ焼物であるため防水性が高く、耐候性も十分です。そんな、台風対策に最適と思える瓦ですが、風速25m/s以上の暴風域では飛ばされる可能性があります。古い物件ではガイドライン工法が出来る前に施工されているので、強風時に瓦がズレて重い瓦が歩行者を直撃したら……大ケガは免れないでしょう。瓦屋根を葺く場合は、瓦を下地にしっかりと固定できる工法を選ぶことと、定期的な点検で劣化をいち早く見つけることが肝心です。

・スレート

スレートはセメントを主原料とする薄い板状の屋根材です。重量は瓦の1/2~1/3ほどですが、正常に施工された状態であれば強風でも簡単にはズレたり剥がれたりすることはありません。また、スレート自体に防水性はないものの、高い防水効果のある塗膜が雨水の侵入を防ぎます。注意すべき点を挙げるならば、それは屋根材そのものの劣化です。スレートは劣化すると反りが生じて釘浮きが起こり、横殴りの雨が降ると隙間から雨水が入りこむ心配があります。さらに、風雨や紫外線などの影響で塗装が剥げると、防水効果が失われてしまう恐れも。回避するには定期的に塗装メンテナンスが必須です(一度目のメンテナンスは設置から10年後、その後は5年ごとに要メンテナンス)。

・ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は、鋼板にアルミニウや亜鉛などでメッキ加工を施した屋根材です。屋根材同士の隙間が少ないため強風にあおられても剥がれにくく、素材自体は金属製なので、非常に高い防水性能があります。金属ながら、サビに強く、風雨にさらされても劣化しづらい点も魅力です。台風対策の注意点としては、まず屋根材を下地にきちんと固定しておくこと。ガルバリウム鋼板は非常に薄く、しっかり固定されていないと剥がれたりめくれたりする場合があります。そして、飛来物が当たってメッキが剥がれるとそこからサビが発生するため、瓦やスレートと同じく定期的な点検が欠かせません。

台風に強い屋根材を活かす工法

優れた屋根材も、その特長を活かす工法で設置しなければ台風対策としては不十分。猛烈な風雨にも負けない屋根を作るための工法を、いくつかご紹介します。

・ガイドライン工法

災害時の屋根の脱落を防止する目的で2001年に発行された「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」に基づく工法です。対象となるのは瓦(粘度瓦)とスレート(厚型スレート)で、そのやり方は屋根材を釘・ビスで屋根本体に固定するというもの。台風対策に関しては、全国の自治体で定められた「基準風速」をもとに、それに耐えうる屋根の取り付け工事を行うため、細かい施工内容は地域ごとに異なります。

・金属系屋根の工法

金属屋根の場合でも、さまざまな工法があります。たとえば、平葺き、縦葺き、横葺き、金属瓦葺きなど。
主な工法の特長については、こちらのページをご覧ください。

屋根の縦葺きと横葺きの違いって? それぞれの特徴
http://roofstyle.nisc-s.co.jp/article/20190131b.html

どの屋根材にも注意点はありますが、メリットを活かせる工法を選ぶことで、台風に強い屋根を作ることができます。屋根材や工法を選ぶ際は、ぜひ上記を参考にして、安全・安心な暮らしを手に入れましょう。

屋根材のおすすめ記事

その他のおすすめ記事

  • 屋根材

    屋根の強風・台風対策って屋根材によって違うって、ホント?

    屋根の強風・台風対策って屋根材によって違うって、ホント?

    台風から家を守るには 近年、台風が大型化し北上することが多くなりました。そのため、これまであまり台風が来ないとされてきた地域にも被害が及ぶようになっています。日本中どこでも、台風の強風による被害を受ける可能性があるという…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ