どの素材がおすすめ? 台風に強い屋根材の選び方

建物の中でもっとも風雨の影響を受けるのは屋根です。台風が頻繁に上陸する地域にお住まいの方や、引越する予定がある方は、マイホームを守る要である屋根であり、それを構成する“屋根材”選びにも慎重にならなければいけません。台風に強い屋根にするには、どのような屋根材を選んだら良いのでしょうか? ここでは、台風対策として屋根材に求めるべき性能や、各屋根材の特徴、おすすめの工法についてお話ししていきます。

台風に強い屋根材を選ぶ際のチェックポイント

台風が近づくと風速10m/s以上の風と雨が建物に吹きつけます。暴風域に入れば風速は25m/s以上に。これは何かに捕まらないと立てないほどの強風ですから、屋根にも相当のダメージがかかることが想像できますね。台風に強い屋根を作るには、屋根材の耐風性能、防水性能、重量が要となります。それぞれについて、チェックすべき点を見ていきましょう。

・耐風性能

屋根が強風を受けると屋根材のズレやめくれが起こり、雨漏りが生じる場合があります。そして、風にあおられた屋根材が剥がれて飛散すると、近隣の建物や車に当たったり、最悪の場合は人に直撃したりするケースも。こうした事故を防ぐためには、強風でも変形しない頑丈な屋根材を、ズレや飛散が起こらないようしっかりと固定できる工法で設置しなければいけません。

・防水性能

台風が接近した際は、さまざまな方向から強い雨が吹き込みます。どの角度からの雨にも耐えられるよう、建物上部を隙間なく覆ってくれる屋根材と工法を選びましょう。また、たとえ雨漏りを防いでも、屋根材に塗装の剥がれやひび割れがあればそこから水分が侵入し、建物全体を劣化させる可能性があります。防水性能だけでなく、耐久性と耐食性もチェックしたいところです。

・重量

強風によるズレや飛散を防ぐには、より重い屋根材を選べば良いと思われるかもしれません。しかし、風速25m/s以上の台風は一番重い瓦でさえも吹き飛ばすことがあるので、必ずしも重い=安全とは言えないようです。台風による被害を防ぐには、ある程度の重さを考慮するだけでなく、均一に屋根の下地へ固定するための工法を選ぶことも必要でしょう。

台風対策における各屋根材のメリットと注意点

日本の代表的な屋根材である瓦、スレート、ガルバリウム鋼板。台風対策としてこれらを使用する場合、どのようなメリットと注意点があるのでしょうか? 前項の「台風に強い屋根材を選ぶ際のチェックポイント」を参考にしながらご説明します。

・瓦

瓦は粘土を成形して高温で焼き固めた屋根材です。台風対策としてのメリットは、なんといっても「重量」。1㎡当たり約50kg以上と屋根材の中では一番重く、強めの風にも飛ばされません。また、陶器と同じ焼物であるため防水性が高く、耐候性も十分です。そんな、台風対策に最適と思える瓦ですが、風速25m/s以上の暴風域では飛ばされる可能性があります。古い物件ではガイドライン工法が出来る前に施工されているので、強風時に瓦がズレて重い瓦が歩行者を直撃したら……大ケガは免れないでしょう。瓦屋根を葺く場合は、瓦を下地にしっかりと固定できる工法を選ぶことと、定期的な点検で劣化をいち早く見つけることが肝心です。

・スレート

スレートはセメントを主原料とする薄い板状の屋根材です。重量は瓦の1/2~1/3ほどですが、正常に施工された状態であれば強風でも簡単にはズレたり剥がれたりすることはありません。また、スレート自体に防水性はないものの、高い防水効果のある塗膜が雨水の侵入を防ぎます。注意すべき点を挙げるならば、それは屋根材そのものの劣化です。スレートは劣化すると反りが生じて釘浮きが起こり、横殴りの雨が降ると隙間から雨水が入りこむ心配があります。さらに、風雨や紫外線などの影響で塗装が剥げると、防水効果が失われてしまう恐れも。回避するには定期的に塗装メンテナンスが必須です(一度目のメンテナンスは設置から10年後、その後は5年ごとに要メンテナンス)。

・ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は、鋼板にアルミニウや亜鉛などでメッキ加工を施した屋根材です。屋根材同士の隙間が少ないため強風にあおられても剥がれにくく、素材自体は金属製なので、非常に高い防水性能があります。金属ながら、サビに強く、風雨にさらされても劣化しづらい点も魅力です。台風対策の注意点としては、まず屋根材を下地にきちんと固定しておくこと。ガルバリウム鋼板は非常に薄く、しっかり固定されていないと剥がれたりめくれたりする場合があります。そして、飛来物が当たってメッキが剥がれるとそこからサビが発生するため、瓦やスレートと同じく定期的な点検が欠かせません。

台風に強い屋根材を活かす工法

優れた屋根材も、その特長を活かす工法で設置しなければ台風対策としては不十分。猛烈な風雨にも負けない屋根を作るための工法を、いくつかご紹介します。

・ガイドライン工法

災害時の屋根の脱落を防止する目的で2001年に発行された「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」に基づく工法です。対象となるのは瓦(粘度瓦)とスレート(厚型スレート)で、そのやり方は屋根材を釘・ビスで屋根本体に固定するというもの。台風対策に関しては、全国の自治体で定められた「基準風速」をもとに、それに耐えうる屋根の取り付け工事を行うため、細かい施工内容は地域ごとに異なります。

・金属系屋根の工法

金属屋根の場合でも、さまざまな工法があります。たとえば、平葺き、縦葺き、横葺き、金属瓦葺きなど。
主な工法の特長については、こちらのページをご覧ください。

屋根の縦葺きと横葺きの違いって? それぞれの特徴
http://roofstyle.nisc-s.co.jp/article/20190131b.html

どの屋根材にも注意点はありますが、メリットを活かせる工法を選ぶことで、台風に強い屋根を作ることができます。屋根材や工法を選ぶ際は、ぜひ上記を参考にして、安全・安心な暮らしを手に入れましょう。

屋根材のおすすめ記事

  • 今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    今どきの住宅の外壁はサイディングが主流? サイディングの種類を知っておこう

    外壁サイディングってなに? 家を建てたり、外装のリフォームをすることになったら、屋根や外壁にどのような材料を使うかが大きなポイントになります。材料によって建物全体の外観イメージが大きく変わりますし、その後の維持メンテナン…

  • 屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根の色やデザインは屋根材によって変わるって、ホント?

    屋根のデザインと屋根材選び 住まいを守る上で屋根はとても重要なものであり、さらには住宅の外装の大部分を占めることから、外観イメージにも大きく影響します。したがって、家を建てるときに、どのような屋根にするかは大きな問題です…

  • トタン屋根ってどんな屋根? メリットとデメリットとは

    トタン屋根ってどんな屋根? メリットとデメリットとは

    かつては日本全国の住宅で使われていた「トタン屋根」。現在ではスレートやガルバリウム鋼板を使った屋根が主流となり、その需要は減少傾向にありますが、まだまだ各地で活躍している姿を見ることができます。ここでは、そんなトタン屋根…

  • 世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    世界遺産の大屋根は修理中 有名すぎるお寺の屋根材は?

    京都・清水の舞台の高さは? 千年の都として栄えた古都・京都。二条城や平等院など「古都京都の文化財」として知られる17ヵ所の文化財は世界遺産にも指定されています。 そうした文化財群のなかでも、特に有名なのが清水寺です。この…

  • シンプルモダン、それとも和風? ガルバリウム鋼板でデザインにこだわる家づくり

    シンプルモダン、それとも和風? ガルバリウム鋼板でデザインにこだわる家づくり

    人気の住宅スタイル、シンプルモダンとは 住宅の建築デザインには、さまざまなスタイルがあります。いつまでも暮らしやすく、飽きのこないおしゃれなデザインの家をつくりたいと思ったら、どのようなスタイルにすればいいのでしょう? …

  • 保険を適応できる場合もあり!瓦のひび割れの原因と修理費用の目安

    保険を適応できる場合もあり!瓦のひび割れの原因と修理費用の目安

    屋根の瓦にひび、割れが見つかったときは、早めの修理を心がけるべきです。放置していれば雨漏りや、ひどい場合は屋根の崩落などの危険性にもさらされます。瓦を修理するには業者に依頼するのが最善の策ですが、今回は自分で修理する方法…

  • 歴史と現代に見る自然派の屋根材

    歴史と現代に見る自然派の屋根材

    日本で初めての屋根 飛騨高山の白川郷に代表される茅葺きの屋根の家並みは日本の原風景ともいわれます。そんな茅葺き屋根の材料「茅」ですが、これは特定の植物ではなく、ススキなどのイネ科の植物の総称です。この草で葺いた屋根を総じ…

  • 洋風の瓦がある? 洋瓦の種類とメンテナンス方法

    洋風の瓦がある? 洋瓦の種類とメンテナンス方法

    瓦と聞くと古い木造住宅の屋根に使われている日本瓦をイメージするかもしれませんが、近年では洋瓦を採用した住宅が増えています。洋瓦とはどういったものなのでしょうか。ここでは瓦の一種である洋瓦の特徴や種類、メンテナンス方法など…

  • スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    スレート屋根の修理はどのくらいの費用を見込めば良いか

    広く普及しているスレート屋根材とは 青空に風光る季節、日本の住宅街の眺めといえば、青い空に瓦屋根の家並みでしたが、それも懐かしいものとなりましたね。いま、瓦屋根にかわって、広く普及している屋根材はスレートと呼ばれるもので…

  • 塩害を防ぎたい! 海風に強い屋根・外壁材の選び方

    塩害を防ぎたい! 海風に強い屋根・外壁材の選び方

    まだ劣化するほど古くないのに、屋根の金属部分がサビたり、外壁の塗装が剥げたり。 海沿いの地域でよく見られるこの「塩害」は、海水の蒸発によって空気に混じった塩分が海風に運ばれ、建物や自動車に付着することで起こります。 海の…

その他のおすすめ記事

  • ライフスタイル

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    景観に溶け込むシックな家にするための色使い

    美しい街並を作り出すものとは ぬけるような青い空に映えるオレンジ色の屋根と白い壁の家並、??そんな南欧の街並にあこがれる人は少なくないでしょう。地中海の青い空と美しいコントラストを作り出している屋根はテラコッタと呼ばれる…

  • リフォーム

    屋根・外壁のリフォーム時期はいつが適切?

    屋根・外壁のリフォーム時期はいつが適切?

    屋根や外壁リフォームを行う時期はいつがいいのか、疑問を抱かれている方は少なくないでしょう。どのような状態になったら工事をすればいいのか、いつが適切な時期なのかは判断が難しいところです。そこで、ここでは屋根や外壁リフォーム…

  • 屋根

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    おしゃれな外観デザインの家にするためには、屋根勾配がポイント?

    住宅の外観デザインのポイントは これから家を建てることになったら、家の中も外も思い通りのデザインにしたいですね。このごろは、立地環境やライフスタイルにあわせて、住宅の外観にこだわる人が増えています。道行く人が感心するよう…

  • メンテナンス

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    住まいにとって意外と大事な雨どいはガルバリウム鋼板がおすすめ

    雨どいが大切な理由 戸建住宅の屋根や外壁は住まいを雨風から守る大切な部分です。それとともに、雨水から家を守るために大きな役割をしているのが雨どいです。雨どいには屋根の付属品のようなイメージがあるかもしれませんが、十分に機…

  • 耐震

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    わが家は大丈夫?屋根材と耐震性の関係を考える

    地震のとき、重い屋根は不安?それとも大丈夫? この数年間、日本列島では大きな地震が相次いでいます。わが家の耐震性はどうなのか気になっている戸建住宅のオーナーも多いのではないでしょうか。 木造住宅については、屋根が重いと地…

  • リフォーム

    住みながらリフォームは可能? 住みながらでもリフォームできる範囲と注意点

    住みながらリフォームは可能? 住みながらでもリフォームできる範囲と注意点

    家をリフォームする際、できれば家に住みながらリフォームをしたいと考える人は多いのではないでしょうか。ここでは、家に住みながらリフォームをする方法と、そのメリットやデメリットなどについてご紹介します。 家に住みながらリフォ…

  • ライフスタイル

    家を建てるときに知っておきたい! 住宅の屋根勾配の考え方

    家を建てるときに知っておきたい! 住宅の屋根勾配の考え方

    家を建てようとするとき、ぜひしっかりと考えてほしいのが屋根の勾配をどうするかという問題です。屋根づくりにおいては素材選びとともに、勾配の度合い、屋根の形が重要な意味を持ってきます。 勾配の違いによるメリットとデメリットな…

  • リフォーム

    リフォームのトラブルを少なくする「動線計画」って、なに?

    リフォームのトラブルを少なくする「動線計画」って、なに?

    リフォームトラブルと動線の関係 住宅のリフォームをする理由やきっかけは家庭によりさまざまですが、その目的は共通して、住宅の価値を向上させ、より暮らしやすくすることです。では、暮らしやすい住まいの条件とは、どのようなもので…

  • 屋根

    驚きの「屋根」活用術

    驚きの「屋根」活用術

    屋根を有効スペースとして考える ぽかぽかと暖かい陽気の日が増えました。気候の良い日には、アウトドアライフを楽しみたいですね。出かけることなく、自宅の庭で子供たちを思い切り遊ばせたり、ガーデニングやバーベキューなどができれ…

  • ライフスタイル

    天然の木材を使った家のナチュラルな内装づくり

    天然の木材を使った家のナチュラルな内装づくり

    心地よく飽きのこない内装づくりなら 家は長年にわたって暮らすものなので、その内側は心地よく飽きのこないデザインにしたいものです。また、数年前にはシックハウス症候群が問題になったことからも、天然木などの自然素材を活かしたナ…

すべて ライフスタイル 屋根 リフォーム 屋根材 メンテナンス 耐震

▲ページトップ